fc2ブログ

内閣総理大臣になる!─小原鐵五郎(城南信用金庫理事長)その1─昭和時代の私の履歴書

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉


小原 鐵五郎(おばら てつごろう、1899年(明治32年)10月28日 - 1989年(平成元年)1月27日)は
日本の信用金庫経営者。

城南信用金庫の第3代理事長であり、
全国信用金庫連合会(現信金中央金庫)会長、全国信用金庫協会長を永年にわたって務め、
信用金庫の発展に努める。

歯に衣着せぬ直言で金融界のご意見番といわれる。
従三位勲一等瑞宝章。



明治32年東京生まれ。
大正10年大崎信用組合創立に参加。
昭和20年東京城南地区の組合を統合、
城南信用組合専務理事、
26年信用金庫理事長、
全国信用金庫協会理事長として金融機関の対等を主張。
平成元年1月27日死去。

この私の履歴書は、昭和45年8月に連載している。



小原の生まれ育った故郷は、
昔の東京・大崎(居木橋)界隈。

その昔は、目黒の境まで白波をたてていた入海地帯、
ぐっと下がって戦国時代には、北条・上杉の戦ったと言われる古戦場、
そして徳川時代には幕府直轄領として厚い庇護のもとにあった地区でした。

大崎村が誕生したのは、将軍家綱の時。
品川宿からの分村。

明治22年、新しく町村制がしかれた時には、
上大崎、谷山、居木橋、桐ケ谷それに白金猿町が併合されて
新「大崎村」となりましたが、

当時は戸数四百、人口約千八百人の、
大消費地・東京を近くに控えた純農村地帯でした。


そして小原家は、
小さな集落のなかで古い家柄を持つ中農でした。

徳川家康以前からの江戸の住人とのこと、
小原は“生粋”の江戸っ子─大崎っ子と。


そして小原は「捨て子」でした。

地元に「厄年、マル年の子は、出世するか、まかりまちがえば大悪人になる」
という言い伝えがあるのでそうした生まれの子供はお七夜に「捨て子」にする習わしがあったのでした。

小原は、父兼治郎の厄年(42歳)の子供であるうえ、
10月28日誕生─母りんの胎内でその年まるまる育った“マル年の子”、7人兄弟の5番目でした。


母りんは隣村の戸越から嫁いできた農家の娘。
平凡な日本の女性、ひたすら夫に仕え、子供を育て一生を終えた人でした。

父兼治郎は、父親を18歳で失って以来、
祖母とともに一家を背負ってきただけに、謹厳実直、ただ働きつづけた人でした。

このような両親でしたので、小原兄弟もそのほとんどが実直そのものの性格を受け継いでいましたが、
小原だけはいささか毛色の違った存在でした。

これは祖母曾伝(そで)の薫陶に負うところが多いと小原は回想しています。

小原が生まれた二年後に弟が続いて誕生するということもあって、
小原は幼少年期を祖母の手で育てられます。

祖母はしっかりものでした。

平将門の血筋をひく荏原・平塚の鏑木家から、
当時“村のインテリ”であった祖父七郎左衛門(小原家も近江源氏の出)のもとにとついできたそうで、

娘のころは、若年寄から老中になった水野監物の屋敷に御殿女中にあがっていただけあって、
明治の御代になっても大の徳川びいき。

小原たちが天皇中心主義の話をすると、祖母は意地になって

「今帝さまは、京都におればいいものを、江戸に来て…、あの方はタン持ちだよ(いつもゼイゼイ=税々=と言う)」

と息まいたりしました。


また、女だてらになぎなた、六尺棒もたいへんな腕前でありました。

ある日祖母が庭先におりて、六尺棒をふるっているのをみましたが、
ピュッと風を切って打ちおろされるワザには、
子供の目にも「ものすごい」とうつったのでした。

祖父七郎左衛門が42歳で死亡、
そのあと女手一つで田畑を守り、
四人の子供を育て上げましたから、

小原を育てるに厳しいものがありました。

農家の朝は早く、
全員起き出して畑仕事。

早起きのつらい小原にも祖母は容赦しませんでした。
いつまでも寝床のなかでぐずぐずしていると、ピシッと手が飛ぶのでした。


そしてことあるごとに言います。

「乞食も三年しておれば大将になる、
 人間も偉くならねば・・・」

その仕込みからか、小原は小学生にもなると、

「太閤さんはどうだった」

「徳川家康は偉かった」

と“大きな話”を口にするようになります。

そして小原少年は、そこいら中に

「内閣総理大臣、従一位、勲一等、小原鐵五郎」

と大書するありさまでした。


少年は本気で内閣総理大臣になるつもりでいたのでした。





続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事

コメント

非公開コメント

ご支援御礼(令和元年10月)

渡辺勝幸は令和元年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,273票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に二回目の当選を果たしました。今後ともふるさと宮城の復興完遂のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(令和元年10月27日執行・投票率28.18%)
当 渡辺勝幸    自民現  10,273
当 三浦奈名美   立民新 7,634
当 福島一恵    共産現 7,047
次 高橋克也    自民新 6,486

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
20位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

メルマガを毎日書いています!

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
メルマガ購読・解除
 

ご支援御礼(平成27年10月)

渡辺勝幸は平成27年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,041票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に初当選しました。今後ともふるさと宮城に強い経済をつくるために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成27年10月25日執行・投票率31.28%)
当 渡辺勝幸    自民新  10,041
当 福島かずえ   共産新 9,433
当 細川雄一    自民現 7,490
次 千葉あさこ   民主新 5,849

渡辺勝幸後援会事務所

渡辺勝幸後援会事務所
984-0816 仙台市若林区河原町1-7-29-101
TEL 022-398-6266 FAX 022-398-6269

最近の講演報告・講演実績

検索フォーム

アクセスランキング

ご支援御礼

渡辺勝幸は平成23年11月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、5,042票という貴重な票をいただきましたが、落選いたしました。残念な結果ではありましたが、今後ともふるさと宮城の復興のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成23年11月13日執行・投票率34.65%)
当 細川雄一    自民現 7,728
当 本多祐一朗   社民現 6,536
当 千葉達     自民現 6,031
  福島かずえ   共産新 6,000
  渡辺勝幸    無新  5,042
  菊地ゆきお   み新 2,903
  小野寺かずたか 無新 978


120216 gaitorokuchonomeAkXOfoVCMAAmJYo 早朝街頭を続けています。平成24年1月撮影。

渡辺勝幸の政治活動を応援していただける方は、まず無料の「渡辺勝幸後援会メールマガジン」にご登録ください!

【渡辺勝幸応援団よりのお願いです】
渡辺勝幸後援会に入る方法

このブログについてご説明

このブログは、渡辺勝幸が3,300日以上毎日書いているメルマガ「日本一元気になるビジネスマガジン」の過去記事を中心に構成しています。メルマガでは、ブログに書けない話なども書いていますので関心のある方はぜひどうぞ。メルマガ登録はこちらから。

メルマガを3,300日以上毎日書いています

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。 9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。 政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、 意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。 1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。 失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。 著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。 起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Facebookページに「いいね!」

「いいね!」するだけで、つくる仙台の日々の更新情報が届きます。たまに「ここだけの情報」をお伝えします!