【再録】井深大(ソニー社長)その1─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

【再録】井深大(ソニー社長)その1─昭和時代の私の履歴書

2013年12月17日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉


井深 大(いぶか まさる、1908年4月11日 - 1997年12月19日)は、
日本の電子技術者および実業家。

盛田昭夫とともにソニーの創業者の一人。


明治41年栃木県生れ。
昭和8年早大卒、PCL入社、
20年東京通信研究所設立、専務。
25年社長、テープレコーダー開発。
30年トランジスタラジオを完成。
33年ソニーと改称、世界企業に育てた。
46年会長。


今や世界のほとんどの人が知る「ソニー」ですが、
戦後間もなくの時期には、
この会社も一ベンチャー企業であり、

その前身の会社を井深が経営していた時には、
収入らしい収入もなく、
預金を引き出して給料を払うようなときもあったのだそうです。

日本は、そんな小さな会社を、
たくさん世界企業に育ててきた国だと思うと、
まだまだ私たちにはやるべきことがあるように思います。





明治41年4月11日、
栃木県上都賀郡日光町字清滝の、
古河鉱業日光製銅所の社宅で、井深は生まれました。

父は新渡戸稲造の門下生、
蔵前高工(現在の東京工大)の電気化学科を出た、
科学技術の素養のある人でした。

学生時代に静岡県御殿場線の小山に
洋書と首っ引きで設計した小さな水力発電所を作ったのだそうです。

これは日本で最も古い発電所の一つとされていますが、
その父は井深が三歳の時に、
若くしてこの世を去ったのでした。



また井深の祖父は、代々会津藩士で、
藩主松平家で重きをなしていた「会津門閥九家」のうちの
井深家の出であったそうです。

祖父の弟は白虎隊として討死し、
祖父も若き藩主とともに斗南藩に移ったのでした。

しかし廃藩置県を機に北海道で開拓使として活躍、
道知事の深野一三に重用され、

深野が愛知県知事に就任するとともに、
愛知県で商工課長、郡長をして一生を終わったのでした。


この祖父井深基は愛知県碧南郡の郡長として、
明治用水から水を引き、新田開発に力を注いだ人でした。

これがいまの高岡町で、
市町村合併により平成の現在では、
豊田市高岡町となっています。


井深にとって、祖父は父に代わる存在でした。


父の死などもあって、
井深は小学校時代に土地を転々とします。

また母が再婚したこともあり、
祖父母に育てられたのでした。



「祖父はおりにふれ、
 なくなった父がいかに科学的であったかを語ってくれた。

 私の科学に対する興味は
 こうした生活環境や父をしのぶ中から芽ばえていったのではなかろうか。」



これは素晴らしい祖父だなと思いましたね。

自分の子供を若くして失うということはどんなにつらいことかと思いますが、
自分の子供がこういう人であったと孫に伝え、

その言葉から孫が同じように科学に目を向けていったということは、
ただ父の話をしただけではないんだろうなと推測します。


そのころの井深は、
なんでも機械をいじっているのが一番楽しかったそうです。

二年生で、祖父におねだりをし、
ベル、針金、乾電池を一揃い買ってもらい、
電鈴で遊んでいたり、

電池の両極を針金でつなぎ高熱を感じたり、

コイルを分解したり、
隣家の友達の家との間に電信機を作ったりします。

なかなかスゴイ小学生ですね。


また、当時の自転車についていた、
アセチレンランプを分解していたところ、
何かの拍子で爆発しあやうく大怪我をするところだったり。


小学校5年になると、
井深は母の再婚先である神戸の小学校に転校します。

神戸一中をめざすスパルタ教育の学校で、
勉強は大変でしたが、何とか一中に合格します。

しかし中3ぐらいから勉強をしなくなり、
無線にはまり込んだのでした。

こづかいをためて真空管を買い、
当時試験放送をやっていたラジオを聴いたりします。

井深の成績は急降下したため、
中学五年の時には無線をぱったりとやめ、
勉強に集中し、
早稲田大学の第一高等学院に入学します。



大学の理工学部で井深はケルセルの研究をします。
光を音とか、外から加えた電圧の通りに変調する研究でしたが、

この実験でネオン管に高周波の電流を通して周波数を変えてやると、
光がはでに伸び縮みすることを偶然の機会に発見し、
パリの博覧会に送ったところ、優秀発明として賞を受けたのでした。


井深が大学時代にちょうどテレビの研究が始まったそうで、
ブラウン管、ケルセルを使って
大きな鏡を回してやるという草創期の研究だったそうです。



大学を卒業した井深は、
PCLに入社します。

PCLとは、フォト・ケミカル・ラボラトリー、
写真化学研究所です。

ここは、日活など各映画会社のトーキーの下請けをする研究所でした。


ちなみに井深は、
PCLに入る前に東芝の入社試験を受け落ちていました。

PCLでは、光を音に変え、あるいは音を光に変えるという
録音技術に取り組みました。


そして私生活では、昭和11年、
当時朝日新聞の論説委員をしていた前田多聞の次女と見合い結婚をします。

井深はのちに三人の子どもに恵まれます。



しかしPCLはトーキーの下請けだけでは商売が成り立たず、
映画会社となります。

井深は、当時16ミリのトーキーを作るため発足した日本光音に入り、
真空管やブラウン管を作る仕事をしました。

次第に日本光音でも、軍の仕事が増えるようになり、
測定器を作る軍需工場に変化していきました。


そして昭和15年、
日本光音から資本を出させ、
日本測定器を発足、井深はここで常務に就任します。

ここでは陸海軍技術研究所の支援もあり、
音叉発振器や周波数継電器の試作研究を進めました。


────────────────────────────
【引用ここから】


戦局が不利になるにつれて、
私たちは陸軍の命令で「マルケ」という
熱線誘導兵器の一部の研究に全精力を集中した。

これは敵艦の熱を捜して爆弾を敵艦に命中させるもので、
画期的な新兵器であった。

こうした新兵器の研究会が、
当時海軍中尉に任官してホヤホヤの盛田昭夫君との出会いの場となった。


【引用ここまで】
────────────────────────────


次第に本土空襲も激しくなり、
工場を長野に疎開させます。

そのころは音叉を使った秘密通話装置を作っていました。



そして昭和20年8月15日。


勝つための研究もすべて無駄に終わったと井深は感じます。

事前に情報があり予期してはいたものの、
現実の敗戦となったときは井深にもショックでした。


日本測定器として、重役会議をしますが、
落ち着いてから東京に出て行ってもいいだろうとの意見があがります。


しかし井深は、
東京に出るのは早いほうがいいと思い、
彼らとたもとを分かちます。

昭和20年9月、
そのころ日産の管理下にあった日本橋白木屋の三階の一室を借り、


「東京通信研究所」


の看板を立てます。

これがソニーの始まりです。



しかし正直何から手を付けていいのかわからず無我夢中。
あれこれ考えているうちに月末になってしまいます。

収入らしい収入もなく。

井深は預金を引き出して給料を払いました。

「たけのこ生活」をしながらつくりあげたのが
短波も聞けるコンバーターでした。



この第一号製品が出きたとき、
朝日新聞の嘉治隆一氏が紙面で紹介してくれ、
新聞で見たというお客が行列を作りました。


そしてこの記事を見て、
愛知県の実家に戻っていた盛田から連絡があったのでした。

お互い気にかけながらも連絡の方法がなかった二人でしたが、
この新聞記事が縁で再び交際を始めることとなったのでした。


井深の話は来週に続けます。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉





昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの
私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。









(第539号 平成24年3月6日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1288-95617c91
    この記事へのトラックバック



    fx