「金融危機5周年、米経済に変革の兆し~シェールガス革命が復興の鍵に」(基礎研レポート) - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

「金融危機5周年、米経済に変革の兆し~シェールガス革命が復興の鍵に」(基礎研レポート)

2013年12月15日 18:00

「金融危機5周年、米経済に変革の兆し~シェールガス革命が復興の鍵に」
(ニッセイ基礎研究所「基礎研レポート2013年11月29日」)

 



100年に1度の大不況といわれたリーマンショックから5年が過ぎました。
5年間の調整を経て、現在アメリカ経済は回復の一途をたどっています。

その大きな一つの要因が、


「シェールガス革命」


と呼ばれるものです。

実際に、このシェールガス革命のおかげで、
アメリカの貿易赤字は縮小傾向にあり、

アメリカ経済の復活が見込まれるとともに、
同時に中長期的には中東情勢の大きな変化を呼び起こすことにもなるでしょうから、
日本としてもこのシェールガス革命の趨勢を見ておく必要があると思います。


この「基礎研レポート」では、


アメリカ経済は緩慢に回復している

FRBの異例の金融緩和政策が景気を下支え

オバマ政権では製造業の復活をめざす



などが分析されていますが、

さらに“シェールガス革命”の進行についての記述もあります。



───────────────────────────────
【引用ここから】


米国では、新規の技術開発でこれまで採掘できなかった天然ガスの産出が可能となり、
生産が急増するなどシェールガス革命が進行している。

一方、生産増でガス価格が急落、高コストのガス田を抱えた会社の倒産も生じている。

天然ガスの場合、国内や隣国への移動はパイプラインを通じて可能となるが、
海外輸出の場合は液化施設や専用船等、移動手段の構築に時間を要する。

そのため、海外との価格差は相当な開きがあり、輸出コストを考慮すれば、今後も一定の価格差が残される。

ただ、米国の天然ガスは消費の 100 年分とされる豊富な埋蔵量を有しており、
低価格の天然ガスを目的とした工場建設や輸出計画も多く、
製造業に加え、米経済に大きなインパクトをもたらす可能性がある。

一方、同様の技術によりシェールオイル(米国では一般的にタイトオイルと呼称)の開発も進められている。
天然ガスほど移動の制約が無い原油は国際価格との価格差も小さい。
国内産油量の増加で石油輸入は減少している。

また、天然ガスの輸出も考慮すれば、将来的には貿易赤字を改善して世界的な資金フローを転換させ、
金融市場や経済関係に変化が生じ、地政学的な影響も大きいと思われる。



【引用ここまで】
───────────────────────────────


シェールガスは従来のガス田より深いところにあり、
高コストのため採掘は難しいとされていました。

しかし2000年代に入って、
アメリカのベンチャー企業が工法を確立し、
コスト引き下げに成功、事業としての成功を見ることになります。

その後いわゆるメジャーが、
こうしたベンチャー企業を次々と買収し、
シェールガスの生産は飛躍的に伸びているところです。

ベンチャー企業を育てることが、
国家的大事業にもつながるという大きな事例でもありますね。


国際エネルギー機関(IEA)によれば、
シェールガスは2020年には200万バレルの生産量との見込みだそうです。

その結果、現在主流になっているアメリカの中東からの原油輸入は減少し、


2030年代には「脱中東」を果たす


とIEAは分析をしています。

つまり2030年代には、中東が不安定化し、
エネルギー供給が混乱する恐れがでてくるわけです。


アメリカの天然ガスは消費量の100年分を有しており、この

「100年の供給力」

は、21世紀の国際社会の流れに影響を与えるかもしれません。



わが国日本は資源がない国といわれています。

この資源をどのように獲得していくかは、
国家戦略上重要な問題でもありますので、
世界的な動向をしっかりと見ていかなければなりません。


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1286-bed5dd41
    この記事へのトラックバック



    fx