年末年始、渡辺のオススメ書籍七冊! - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

年末年始、渡辺のオススメ書籍七冊!

2013年12月23日 18:00

今日は天皇誕生日。
天皇陛下は今日で80歳となられました。

国民の一人として心よりお祝い申し上げます。


今年もあと少しで終わりですが、
ふだん分刻みのスケジュールの方も、
年末年始を生かして読書をしてみてはいかがでしょうか。


あらゆる人から学ぶ、

そんな気持ちを持っていると、
世の中のいろんな人々が書いた本を読むことこそ、
あらゆる人から学ぶことになるのではないかと感じます。


年末年始読みたいなと思っている本を、
以下にあげたいと思います。



【1、ダン・ゼドラ著、伊東奈美子訳『5 (ファイブ) 5年後、あなたはどこにいるのだろう?』】
 

5年間で何をできるか?
5年あれば世界一になれる。

最近そんな感覚を持っています。
世界一のメルマガを5年かけてつくるというのもおもしろい企画かもしれませんね。

262万8000分あれば、できるかもしれないと思ったりもします。


────────────────────────────────────
【引用ここから】


「見る」「読む」「書く」であなたの可能性に火をつける。

話題のベストセラー、日本語版登場!

色鮮やかにデザインされたページにちりばめられた、古今東西の名言や数々の質問。

これからの5年間を、これまでの人生で最高の5年間にするための第一歩!

人生で次に起きることを決めるのは、わたし。
それを実現するための戦略を立てるのも、わたし。

5年……260週……1825日……262万8000分。
この時間を使って、何をする?何ができる?


【引用ここまで】
────────────────────────────────────



【2、前川洋一、青木邦子『NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 一』】
 

来年の大河ドラマ黒田官兵衛。
豊臣秀吉の軍師であり、側近のあり方がこの一年間日本を席巻することでしょう。

予習も大事です。


────────────────────────────────────
【引用ここから】

2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』を
完全ノベライズ。全4巻刊行開始!

播磨・姫路城主の嫡男として生まれた官兵衛は、22歳にして結婚と同時に家督を継ぎ、主家・小寺家の家老の座につく。
織田信長の将来性をいち早く見抜き、主家を織田方帰順に導いた。
信長の命で羽柴秀吉の播磨平定を助けるうちに、官兵衛は秀吉にとって欠かせない参謀となっていく─。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────




【3、秋山利輝『一流を育てる 秋山木工の「職人心得」』】
 

日本人が本来大切にしてきたものを、
もう一度取り戻していくことが私たちの中長期的課題であり、
私自身の政治目標の根幹にもなります。

そのヒントがこの職人の心得にあるのではないかと
最近思い始めているところです。


────────────────────────────────────
【引用ここから】

入社したら男も女も丸坊主。
5年間の研修期間中の恋愛は絶対禁止。
携帯電話、メールも禁止、代わりに手紙を書く……。

「秋山木工」は注文家具を作る職人集団です。
徒弟制度を取り入れた独自の人材育成制度に注目が集まり、
全国から、海外からも
多くの経営者や幹部の方々が、
続々と見学に訪れています。

この『職人心得三十箇条』は、
秋山木工の職人育成制度の基本中の基本で、
職人としての心構えを説いたものです。
修業期間中は、毎朝、全員で唱和し、
潜在意識に落とし込みます。

「挨拶のできた人から現場に行かせてもらえます」
「連絡・報告・相談のできる人から現場に行かせてもらえます」
「明るい人から現場に行かせてもらえます」
「周りをイライラさせない人から現場に行かせてもらえます」


一流の基本といっても、
特別なものはひとつもありません。

礼儀、感謝、尊敬、気配り、謙虚な心……など、
昔から日本人が実践してきた教えばかりです。
人としての基本を大切にすれば、
「心」は自然と育つのです。
心が一流になれば、技術も必ず一流になります。

職人だけでなく、
ビジネスマン、商売をされている方、
学校の先生方、子育て中のお母様お父様、
世の中で人と関わりながら生きているすべての方の役に立ちます。

ぜひ、みなさんのお仕事に人生にお役立てください。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────



【4、本田健『これから、どう生きるのか ~人生に大切な9つのこと~』】
 


以前から何冊か読んでいた本田健さんの本ですが、
今年は仙台で本田健さんの講演を聞く機会を得ることができました。

読んでみたい一冊。


────────────────────────────────────
【引用ここから】

■『ユダヤ人大富豪の教え』『20代にしておきたい17のこと』など、
著書累計560万部突破の著者が、いま最も伝えたいこと。

「自分にとって何が大切なのか?」を、
あなた自身があらゆる角度から見られるように考えて、
この本を書きました。あなたの現在地がどこか、
このままいくとどうなるかが、
浮き彫りになるように話を進めていきます。
(「はじめに」より)

人間関係、お金、仕事、パートナー、運命、時間.....
1つずつ「イヤなこと」を手放し、
「好きなこと」を増やしていく生き方とは?

◎あなたにお金を持ってきてくれる人、奪っていく人
◎人生では少なくとも3度、不運に見舞われる
◎先立つ後悔で自分の未来を変える
◎どうやって人生の目的を探すのか
◎「出会いに運命を感じる人」ほどうまくいかない
◎「いまを手放すこと」で幸せになれる

社会が大きな転換点を迎え、生き方に迷う人が
増えているいま、不安な時代の歩み方を示す一冊。
幸せに生きるための指針を説き、ベストセラーを重ねてきた
著者による新たな代表作!


【引用ここまで】
────────────────────────────────────




【5、北野幸伯『日本自立のためのプーチン最強講義 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら』】
 


このメルマガでもときどき紹介してきた北野幸伯さんの最新刊。、
北野さんの視点は新鮮でありながら、

まっとうな現実的戦略構築でもありますので、
この本のプーチンの言葉はかみしめたいですね。


────────────────────────────────────
【引用ここから】


●プーチン、日本に亡命!
09年9月、米の策略にだまされた○○○─ジェフ大統領は、首相プーチンを突如解任! 命の危険を感じたプーチンは、「政治家引退」を宣言。「柔道を究めるぜ! 」と言い残し、日本に政治亡命する。

●矢部元総理、プーチンを極秘訪問
日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。だが日本政界は彼を放っておくはずはなかった。プーチンを密かに訪問し、日本の針路を聞きたがる政治家の中に、再起を誓う矢部元自眠党総理の姿が……。

●ついに始まった、プーチン最強講義!
「90年代、(今の日本同様)米国の属国だったロシアを、プーチンはなぜ短期間で自立させえたのか」を、そして現在日本が抱える難問の解決策を知りたがる矢部に、プーチンが語り始めた内容とは……。

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成し遂げる方法とは?
・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天国」、後者は「地獄」になるのか?
・難問TPPにどう対処すべきか?
・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?
・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?
・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは、「日本自立」までの道筋を、日本の「平和ボケ」政治家以上に理解できるようになっているでしょう!



【引用ここまで】
────────────────────────────────────




【6、リチャード・ステンゲル著、グロービス経営大学院、田久保善彦訳
 『信念に生きる──ネルソン・マンデラの行動哲学』】

 

今年亡くなった偉大なる政治家、ネルソンマンデラの人生論。
この時期に人生指針となりそうな本を読んでおくことは大切です。


────────────────────────────────────
【引用ここから】


何に人生を賭すか──。
大統領就任の歴史的瞬間に立ち会い、人生と勇気について語り合い、
寝食を共にした2年間。書き綴った12万語の日記から生まれた、
タイム誌編集長によるマンデラ珠玉の人生論。

●マンデラ15の行動哲学
勇敢に見える行動をとれ
常に冷静沈着であれ
先陣を切れ
背後から指揮をとれ
役になりきれ
原理原則と戦術を区別せよ
相手の良い面を見出せ
己の敵を知れ
敵から目を離すな
しかるべきときにしかるべく「ノー」と言え
長期的な視野を持て
愛ですべてを包め
「負けて勝つ」勇気を持て
すべての角度からものを見よ
自分だけの畑を耕せ


【引用ここまで】
────────────────────────────────────




【7、エリック シノウェイ、メリル ミードウ著、岩瀬大輔訳
『ハーバード・ビジネススクール「これから」を生きるための授業: 「夢の見つけ方」「自分らしい価値」「大切なビジョン」』】

 

ハーバードにある「起業家学」という学問。
来年は、起業教育に少し力を入れていきたいなと思っています。

世界トップレベルの起業家学は、
人生とは何かを教えてくれる授業のようです。

そうであるならば起業家にとどまらず、
多くの人々にとって大事な学問であり、

新しい世界をつくるリーダーたちは、
起業家学を身につけることが大事でしょうね。


────────────────────────────────────
【引用ここから】

ハーバード・ビジネススクールの名物教授であり「人生の師」ハワード・スティーブンソン先生が教える、仕事と人生において知っておきたいこと。
「何が本当の成功なのだろう」
「何が自分の人生を豊かにしてくれるのだろう」
「夢をかなえるために、どうすればいいのだろう」
「何が大切で、何を手放すべきなのか」
誰の人生にも、一度はこんなふうに考えねばならないときが来る。大きなチャンスやターニング・ポイントに出会ったとき、ハワード先生の言葉は、必ずあなたの役に立つだろう。

●「変動期」──チャンスとピンチの見極め方
●「理想」──“モザイク画”をつくるように
●「自信」──“他人の長所”と“自分の短所”を比べていないか
●「バランス」──“7人の自分”に聞いてみる
●「5つの宿題」──“完璧”より、“満足”を
●「人間関係」──“一緒に穴に飛び込んでくれる人”をつくる……etc.



【引用ここまで】
────────────────────────────────────




すべて読めるわけではなく、
いつものように積ん読になる可能性大ですが、

メルマガ読者の皆さんのなかでこれを読んだとか、
この本いいですよというオススメがあれば、
メールをください!


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1273-85c5cb03
    この記事へのトラックバック



    fx