【再録】企業には人間の体と同じように復原力がある─早川種三 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

【再録】企業には人間の体と同じように復原力がある─早川種三

2013年12月10日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈1〉


早川種三の履歴書の続きです。

早川は財産分与を受けたのを軍資金に
お茶屋遊びと山岳部に精を出し、
大学在学十年、卒業したときには三十万円(今でいう数億円)
を使い果たしてしまいます。

就職口もない。


そこで早川は友人と塗装店を開業することにします。
震災後、都心ではビルの建設ラッシュが起きており、
復興需要が大いに期待できると踏んだのでした。

素人集団はどこへ売り込むか思案し、
三菱が日本一の大家だと聞き、売り込みに行く。

すると、三菱の技師長が対応し、

「商売人には安物の材料を調合してごまかす者が多い。
その点素人は仕様書通りやるだろう」

と信用し、仕事をくれたのだとか。

復興需要もあって業績は順調に伸び、
早川は昭和2年には上野梅子と結婚します。


次第に塗装だけではなく、
米国の世界一の塗料メーカー、フーラー社の
ペンキ販売権を獲得します。

そして、
わが国でスチールサッシやスチール家具のパイオニアである、
東京建鉄の子会社、大東工業が大のお得意さんになりました。

ここでいい気になって売り込んでいたところ、
急に支払いが滞り始め、あっという間に
巨額の焦げ付きができてしまったのでした。

当時で八万円、いまだと数億円の焦げ付き。


人生で初めての試練に早川は当たります。
とにかく当たって砕けろと乗り込みますが、
相手はないそでは振れないとの対応。

代わって経営したらどうだと提案され、
早川は大東工業の役員となります。


そして親会社の東京建鉄社長に会いに行くと、

「もう自力ではいかんともしがたい。
なんとか三菱にわたりがつけられないだろうか」

と逆に頼まれてしまいます。


早川はここから、半世紀にわたり
企業再建の人生を送ることになるわけです。



早川は三菱と交渉を進めていきますが、
ここで仙台に父が建てた学生寮に住んでいた友人、
十年ぶりに会ったスキーの弟子に会うなど、

三菱でいままでの知り合いに助けられたりしています。


そして昭和6年、
会社を「強制和議」という形で整理し、
日本建鉄として再出発することになりました。

しかし人手が多いことには変わりなく、
約300人の従業員を半分にすることにします。

当時は治安維持法下で、
労働運動は厳しい制約を受けていた時代でしたが、
人員整理案は労組の強い抵抗にあいます。

団交でのつるしあげにとどまらず、
自宅まで押し掛けてきて、
いろんないやがらせをされたのだそうです。

戦前も強い組合があったのですね。


また工場を競売にかけたことで、
第二、第三担保権を消滅させたのはよかったのですが、
早川自身が個人保証をしていたため、
六万円を自ら払う覚悟を決めます。

家を差し押さえられ、厳しい生活を送ったようです。


企業を再建するということは、
社員を削るということでもあり、
自らの身を削るということも当然なされなければならない
ということなんだと思いました。

厳しいようですが、これがないと進まないんでしょうね。



この日本建鉄、日本の戦線拡大とともに、
軍からの要求も高まり、
従業員も昭和19年には二万人に膨れ上がるほどになります。


しかし、終戦とともに進駐軍がやってきます。
軍需もなくなり、従業員は10分の1の二千人に。
必死に軍需から民需への転換を図ります。

ようやく民需のめどが立ち始めたころに、
労組は賃上げとともに労働協約の改定を要求、
長期ストへと突入したのでした。

約40日間にわたる長期ストを受け、
早川ら経営陣は姿をくらますなどしたりしたため、

逆に労組の方が音を上げ始め、
組合員の自主的操業開始という
異例の終幕を迎えたのでした。


なんとか長期ストをおさめてすぐのこと、
今度は公職追放ということになり、
早川は運の悪いことに職を追われる身となってしまいました。


大学を出てから二十年余り、
初めて全く無役の浪人生活を送ることになったのでした。
まだ49歳の男盛り。


追放になったとき、
蓄えで生活できるのはせいぜい二、三カ月ということで、
仕事を探す。

戦前、飛行機の下請け企業で部品懇話会を結成していたのでしたが、
この連中も仕事がなくなっていました。
しかし、材料の手持ちはかなりあるということで、
日協産業を設立、早川は社長となりました。


この時旧知の三菱商事の荘氏が救いの手を差し伸べる。
百以上に解体した商事の事業のうち、
機会と船舶の貿易部門を引き受けないかと。

事業も順調になってきたころ、
早川は三菱銀行の宇佐美洵営業部長から
建鉄が危ないとの知らせを受けます。


宇佐美氏は、慶應の同窓で三つ年下。
あとから入学してきたのに先に卒業されてしまったといいます。

早川にはこうした「年下の先輩」がかなりいるとのことで、
これもまた人のつながりを重層的に広げられた
一つの要因ではないかと私は推測します。


昭和32年6月日本建鉄の再建も完了。

以後、老舗機械メーカー朝比奈鉄工所、
有楽フードセンターなどの再建も手がけます。


そして昭和39年、当時仙台放送の社長をしていた早川に、
三菱銀行の田実渉副頭取から、
日本特殊鋼の再建を引き受けてほしいと依頼を受けます。

従業員2500人の大企業。
裁判所で管財人の指名を受けると大森の本社工場へ乗り込みます。

玄関前には数千人の労組員が、
「整理の鬼・早川帰れ」とプラカードを持ち、騒然。

そして翌日本社玄関前はさらに多い労組員であふれているなか、
早川は車を乗り付け、
わざと労組員が詰めかけている広場の方へ降りて手を振りました。

これに労組員は興奮して投石、二階の窓ガラスが割れます。


早川はすぐに労組幹部を呼び、

「まだ何も話していないのにこの乱暴は何だ。弁償するだろうな」

とまず先手を打つと、

「申し訳ない。弁償します」と殊勝に答える労組幹部。


──--──--──--──--──--──
【引用ここから】

交渉事は理屈ではない。相撲の立ち合いに似ている。呼吸であり、気合だ。となると先手必勝だ。

「そちらが先に頭を下げたのだからこの戦はおれの勝ちだなあ」と私は言ってやった。

【引用ここまで】
──--──--──--──--──--──


交渉事の鉄則を垣間見たような気がします。

その後、早川は日本特殊鋼の再建を完了し、
島根の佐藤造機の再建も果たします。


一方ふるさと仙台では、
仙台放送の社長や仙台コカ・コーラボトリングの設立、
また電力の温排水を利用したカキの養殖研究会の支援など
故郷に貢献しています。

そして昭和50年興人が会社更生法適用を申請し倒産。
齢78歳最後のご奉公として、再建に尽力します。

石原慎太郎環境庁長官による、
公害防止設備設置の政治決断の話などもこのときのこと。



最後に「再建の極意は何か」という問いに対して、
早川は以下のように答えています。


──--──--──--──--──--──
【引用ここから】


特別なキメ手はない。日本人は昔から勤勉な国民だ。

それが、倒産によって働く意欲を失い、働く場所さえなくなってしまう。

だからそうなった障害さえなくなれば、皆働くようになり、企業も立ち直る。

企業は人間の体と同じように復原力があるのだ。この障害の除去が私の仕事だと思っている。

だから、私は肩ひじ張らず、気楽にやってきたつもりだ。これが半世紀も企業再建をやってこれた秘訣だと思う。


【引用ここまで】
──--──--──--──--──--──


前半生は遊び呆けて何もしていないような人生に履歴書上は見えるかもしれません。

しかし、このときに多くの知り合いが生まれ、
早川の信頼がそのころからあったからこそ、

のちの企業再建人生の節目節目で、多くの人が手を差し伸べてくれたんだろうと推測します。

公職追放で失意の時にさえ、
花柳界の危機を救う活動をしたりしていたその生きざまは
勉強になりました。







私が再建する企業へ単身乗り込んでいった当初は、「首切り屋」「整理の鬼」と敵視していた社員たちも「再建は私のためにやるのではない。みんなのためにやるのだ。とにかく一緒に働いて、この苦境を乗り切ろう」と繰り返す私の話に耳を貸すようになり、やがてやる気を出してくれるようになりました。
--------------------------------------------------------------------------------
[早川種三の名言 格言|企業再生は関係者みんなのために行うこと]


私はこれまで、日本建鐵、佐藤造機、興人などいくつかの企業を再建してきましたが、再建の成るならぬを最終的に決めたのは人と人との交流でした。人との付き合い方いかんで物事の帰趨が決まるといっても過言ではありません。その付き合い方の要諦は「自分を殺す」ということです。つまり自分の自由のみを主張しないことです。
--------------------------------------------------------------------------------
[早川種三の名言 格言|企業再建を成功させるものは関係者、関係各社との人間関係]


私の履歴書─昭和の経営者群像〈1〉






(第176号 平成23年3月9日発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1269-4b5292a0
    この記事へのトラックバック



    fx