ベガルタ仙台今季ホーム最終戦を見てきました─手倉森誠監督は仙台から世界へ! - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 
自由民主党・県民会議
 事務局長
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
みやぎパラボウリング協会 会長。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

ベガルタ仙台今季ホーム最終戦を見てきました─手倉森誠監督は仙台から世界へ!

2013年12月01日 18:00

昨日11月30日、
サッカーJリーグベガルタ仙台の今季ホーム最終戦を、
ユアテックスタジアム仙台に家族で応援に行きました。

ベガルタ仙台の手倉森誠監督は、
来年からリオ五輪出場に向け、
サッカー日本代表監督に就任が決まっています。


仙台から、世界で戦うことになるわけで、
日の丸を背負って戦う監督をぜひ私たちも応援したいですね。


手倉森誠監督は青森県五戸町出身、
五戸高校から住友金属(鹿島アントラーズ)、
NEC山形を経て、

2004年からベガルタ仙台のコーチに就任、
2008年からベガルタ仙台の監督になりました。

2009年J2で優勝、
2010年からJリーグに昇格、
2011年東日本大震災にあうものの、
2012年にはJリーグ2位の成績を修めました。


監督に就任した際、手倉森誠監督は、

「5年以内にACL(アジア・チャンピオンズリーグ)に出る」

と大見えを切ります。

当時の仙台は4年連続でJ2に定住するチーム。
新人監督が掲げる公約としては大風呂敷でしたが、
本人は大まじめでした。

実際に今年ベガルタ仙台はACLに出場しました。



昨日の試合終了後のセレモニーで、
監督のスピーチがありました。


───────────────────────────────────────
【引用ここから】


【仙台】手倉森監督勇退スピーチ全文/J1(日刊スポーツ)



「(大型ビジョンに映し出された監督就任からの6年間を振り返る)VTRを見て、涙が出てきました。
 考えていたことを忘れるくらい、感極まっています。
 まず、去年に引き続きホーム最終戦を飾れず、すいませんでした。

 去年の悔しさを胸に、今シーズンは優勝を目標に戦ってきましたが、厳しい、悔しいシーズンとなってしまいました。
 皆さんの期待に応えることができず、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 ただ、選手たちは希望の光としての使命を果たすべく、1戦1戦に力を注いでくれたと思います。

 今シーズンの成績は、私は、決してベガルタ仙台の低迷ではないと思っています。
 2011年、震災の起きた年、クラブ史上最高の4位。
 そして、復興元年の昨年は準優勝。チームは躍進を遂げてきました。
 今シーズン、さらなる躍進はできなかった。ACLの戦いの中で厳しさ、悔しさを味わいました。
 厳しい状況の中でも、ベガルタ仙台は大崩れせず、J1で十分戦っていける土台を築けたと証明できたシーズンだったのではないでしょうか。
 強豪クラブになるのは、これからです!

 私は、今季限りでベガルタを退団することになりました。
 就任してから常々言ってきた、ベガルタ仙台は東北のシンボルになるんだと。
 それは、これからクラブの皆さん、選手、ここにいる(サポーターの)皆さんに託さなければなりません。

 来年、オリンピックに向けて日本を背負って戦う仕事をしてきます。
 東北の皆さんの意をくんで、東北のために、日本のために一生懸命、仕事をしていきたいと思います。

 その前に、メダルの前に、カップを掲げようと。サポーターの思いは、重々承知です。
 12月22日の東京戦、今回苦しんだリーグ戦と今日の敗戦の悔しさを思い切りぶつけたい。
 準決勝も国立、決勝も国立。2014年のスタートは、国立から始められるように最後を戦っていきましょう。
 天皇杯を取りましょう。ありがとうございました!」


【引用ここまで】
───────────────────────────────────────


一サッカーファンとして、
東北人として、

逆境を乗り越え、
世界でこれから戦おうとする手倉森誠監督を応援したいと思うと同時に、

勝手ながら、
東北を基盤として戦うその姿勢は、私も同じ志を持っているなと感じました。

私の選挙の時にも二回応援に来ていただき、
落選した後も色々なアドバイスをいただいたり、
こんな本を読んだ方がいいとか、
サッカーの戦術論を教えてくれたり、
海外のサッカーチームの話を教えてくれたりと、

本当にお世話になりました。


東北を元気にしようという志、
そしてこの震災後の逆境を乗り越えるんだという思いを、

サッカーというスポーツを通して監督から学ぶことができました。


今年の仙台は、
サッカーよりもプロ野球楽天の話題が強かったのですが、
いずれにしてもスポーツから多くのことを学べるんだということを、
この数年とても感じましたね。


そして私の尊敬する、
そして東北を元気にしようとする志を共有していると感じている
もう一人のスポーツ人が、

手倉森誠監督の兄弟である、

手倉森浩さん

です。


手倉森浩さんは、
青森県立五戸高等学校在籍時に全国高校サッカー選手権で活躍しユース日本代表に選出。

卒業後、住友金属(鹿島アントラーズ)に入団。
名称がアントラーズとなった1992年まで在籍、
1993年にNEC山形(モンテディオ山形)に移籍。
1996年までプレーし、

2007年ベガルタ仙台コーチ、
2008年ヘッドコーチに就任しました。


手倉森浩さんは現在、
JFA復興支援特任コーチとして、
被災地の子供たちにサッカーを通して、
元気な東北を取り戻す活動をしています。

具体的には、東日本大震災後の被災エリア(岩手県、宮城県、福島県)における
サッカー支援活動の充実を図っているそうです。


───────────────────────────────────────
【引用ここから】

<ショートインタビュー> 手倉森・山崎両コーチが東日本大震災復興支援活動について語る


手倉森浩 JFA復興支援特任コーチ

岩手県、宮城県の被災地域のチームを回り思うことは、復興は進んでいないということです。
津波の爪痕は所々にあり、仮設住宅生活もまだ続きます。
サッカーチームの活動も練習場所を転々としたり、仮設住宅で狭くなったグランドだったり、他スポーツとの関係で時間やスペースに制限があります。
そんな中、その地域で協力と工夫をして取り組んでいます。
これからも地道に足を運び要望を聞き練習環境整備など力になれればと思います。
皆さんも引き続きのご支援宜しくお願い致します。


【引用ここまで】
───────────────────────────────────────

震災の風化が取り上げられる時期もありましたが、
震災の風化という言葉さえ聞かれなくなってきている今日、

手倉森浩さんは、
被災各地を地道に回りながら、
子供たちにサッカーを教え、
東北を元気にしようとしています。

子供たちはうれしいでしょうね。


サッカーはボールさえあれば、
世界中どこでもプレイすることができます。

震災からの復興はまだまだ途上ですが、
いつの日か復興したあとに、

手倉森浩さんからサッカーを教わった東北の子供たちが
東京オリンピックで日本代表として活躍するときがきたら、

こんなにうれしいことはありませんね。



───────────────────────────

JFAにサッカーファミリー復興支援金なる募金するところがあることご存知でしたか?


このファミリー募金の用途は・・・
東日本大震災で被災された地域や避難されたサッカーファミリーが、これまで通り、
誰もがいつでもサッカーを楽しむことができる環境の復興支援に使われます。

【募金団体】
公益財団法人日本サッカー協会
〒113-8311 東京都文京区サッカー通り(本郷3-10-15)JFAハウス
【口座】三菱東京UFJ銀行(005)渋谷支店(135)
【普通預金口座番号】0290451


───────────────────────────


こうした尊敬する東北のスポーツ人から学びながら、
彼らに負けないよう、
私も自分の分野で、東北を元気にしていきたいと思っています。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1250-56a6999f
    この記事へのトラックバック



    fx