イモトアヤコの登山歴から私たちが学べること - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

イモトアヤコの登山歴から私たちが学べること

2013年11月18日 18:00

日本テレビ日曜午後8時から、
「世界の果てまでイッテQ!」というテレビ番組があります。

ウッチャン仕切りのバラエティ番組で、
見ていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

私も家族で見たりするのですが、
そのなかでも、イモトアヤコの登山企画がおもしろいです。


────────────────────────────────
イモトアヤコ(1986年1月12日 - )は、日本のお笑い芸人である。
本名、井本 絢子(いもと あやこ)。
愛称、珍獣ハンター・イモト。
鳥取県西伯郡岸本町(現伯耆町)出身。
ワタナベエンターテインメント所属。
────────────────────────────────


私自身、山登りはきらいではないので、
関心を持っているのですが、

お笑い芸人の若い女性であるイモトアヤコが、
世界の山を登り、先日の放送では8000m級の、
ヒマラヤ・マナスルに登頂を成功させました。

すごいことです。

ネット上では賛否両論があるようですが、
私は純粋にすごいことだなあと思っています。



【イモトアヤコの登山歴】

平成21年6月 キリマンジャロ登頂(5895m)
平成22年2月 崋山登山(2160m)
平成22年9月 モンブラン登頂(4810m)
平成23年8月 キリマンジャロ登頂(5895m)
平成24年2月 アコンカグア登山(悪天候の為、6890mで登頂断念)
平成24年9月 マッターホルン・ヘルンリ尾根登頂(4478m、下山はヘリを使用)
平成25年10月 ヒマラヤ・マナスル登頂(8156m)?
平成26年夏? エベレスト登山?


そしてイモトアヤコの登山歴を見て思ったことは、


人は何かをやろうと決意すると、
五年もあれば世界一になれる可能性がある



ということです。

キリマンジャロに登ろうというテレビの番組企画は、
最初のうちはバラエティのネタだったのかもしれませんが、

もちろんイモトに登山家としての適性が、体力があったのでしょうが、

イモト本人が「山に登る」という決意をしない限り、
この番組は成り立たないわけです。


山に登ると決意をして、
登山のトレーニングを続け、
さまざまな山に登りつづけ、
メンタルトレーニングも続けてきた。


その結果、8000m級の山にも登れるようになったわけです。

来年は世界一のエベレストに挑戦するというところまできたわけです。


何かをやろうと決意し、
次々とその目標に向かって行動し続ければ、
五年で世界レベルにまで到達する。


もちろん、その過程では様々な批判があり、
本人も精神的に追い込まれたときもあったことでしょう。

しかし、普通の芸人から、
肉体的な努力と精神を鍛えることで、
少しずつ少しずつ変化をなしとげることができたのは、
すばらしいことです。


そしてその前提として、
イモトアヤコは、
仕事を選ばないということを新聞紙上で言っています。


「未体験の事をやれといわれたときは、まずは1回挑戦してみます。
 嫌と断るのは2回目から。」



ふつう仕事をしていると、
断れる仕事と言うのはなかなかないものではありますが、
心の中でいやな仕事だなあと思うことはあるかもしれません。

しかしそれでも、
初めて頼まれた仕事は、
まずは快くやってみる。

頼まれるということは「あなたにはできるはずだ」と思った人が頼んでくるわけですから、
期待に応える、テストを受けて立つという姿勢は大事でしょう。



イモトは来年の夏はエベレスト登頂に挑戦するとのこと。

大いに期待したいところですが、
一方で、テレビとはいえ状況判断は現実に即して、
むずかしい状況になったら断念することもあっていいのではないかと
個人的には思っています。

伝えるすべはありませんが。。。


しかしいずれにしても、
これからの彼女のチャレンジを、
ウォッチし続けたいなと思いました。


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1247-85a656ea
    この記事へのトラックバック



    fx