【再録】出光佐三(出光興産社長)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】出光佐三(出光興産社長)─昭和時代の私の履歴書

2013年11月12日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈5〉


出光 佐三(いでみつ さぞう、1885年8月22日 - 1981年3月7日)は、
石油元売会社出光興産の創業者。



明治18年福岡県生れ。
44年出光商会(のち出光興産)を創業、
支店網を広げ、中国・南方まで進出。
戦後石油国策を唱え、外資に対抗、
昭和33年石油国有化のイランから輸入を実現。
家族経営を貫く。56年3月7日死去。


「私の履歴書」は昭和31年7月に連載している。

出光佐三は冒頭、
一生を通じてある一貫したものを持ってきたと回想しています。

それは、


読書に縁がない


ということでした。
出光は小学校のころから体が弱くなり、

不眠症や神経衰弱になってしまい、
読みたいのに読めないという状況になってしまったそうです。


そこで読書せずに、


ものをよく考える


という習慣がつきます。
何かやるにしても考えて考えて考え抜く。

体が弱いので仕事を怠ける。
何をやってもあくびが出ていやになる。
短気になる。

それを克服しようと出光は病と闘ってきたのでした。
自分を殺す克己の精神、
利益本位ではなく商売本位、事業本位。

からだの弱かったということは不幸せであったけれども、
その反面、非常に自分というものが変わったものにできたと
出光は言っています。


出光は福岡県宗像郡に生まれ、
人の恵みのなかで育ちました。

親類兄弟たくさんいましたが、
非常にみな仲のいいうるわしい家庭で外から見てびっくりするくらいだったと。

いざこざが家にはなかった。
これが出光にとっての第一の恵み。


また、出光は神戸の高等商業に入ったのですが、
その校長、水島鉄也は人をつくる人でした。

そこで人間としての生き方を学びます。
これが第二の恵み。


また出光はのちに神社の復興なども手がけますが、
なぜ神様を拝むのかという問いに以下のように答えています。

─────────────────────────
【引用ここから】

若い社員がはいってきてどういうわけで神様をおがむのかと質問する。

それから私は説明してやる

「君らは三年か五年大学にいったためにうぬぼれ過ぎている。

 そして人間が完成したように思っているが、
 人間というものは実は何も力はないのだ。

 ここの会社にはいったならばまずおれは大学を出た、卒業したという気持と
 卒業証書を捨てろという。

 人間社会の人情の複雑な中に飛び込んで、
 その中で鍛えて鍛えて鍛え上げていくところに人間としてのえらさがでてくる。

 苦労をすればするほど人間は完成に近づくのだ。

 私は神様をおがむが、そのときはまだ無我の状態にはいるのだ。

 家庭では神様と仏様をおがむし一日に何回か無我無心の状態にはいる。

 それは非常に尊いことだ。

 どうぞ金もうけさせて下さい。いい思いをさせて下さいというようなことを頼んだことはない。
 無我無心になる、これだ」


【引用ここまで】
─────────────────────────


神戸高商を出て、出光は当時高等教育を受けたものには珍しい
店員奉公をします。

神戸の酒井商会。石油と小麦粉を商売していました。

しかし友だちから強い言葉で非難されます。

「お前はどうかしている。学校のつらよごしだ」


出光は当初、外交官になるつもりでした。
そのことを父親に言うと、

役人は辞令一本で新しい任地にいかなければならない、
何でもいいから自分の仕事をやることだ

と反対され、神戸の鈴木商店に入りたいと水島校長にお願いしたものの、
学校出が入る口はないとされ、やむなく酒井商会に入ったのでした。


出光はここで一生懸命働きます。

「お前たちがおれを非難するのならこっちにも覚悟がある。
 お前が重役になるのが早いか、おれが独立するのが早いか、
 どっちが早いか競争しようじゃないか」

といって大いにがんばりました。


しかし酒井商会に二年いたとき、実家が破産してしまいます。
今までの仕事は放てきして、自分がここで仕事を始めなければと思い、
仕事をはじめたのでした。

そのきっかけは当時出光が住んでいた西宮の家の近所に
日田重太郎という人がいて、親しくしていたのですが、
風雅一点張の人でした。

あるとき日田から、西宮から宝塚まで歩こうじゃないかと誘われます。


─────────────────────────
【引用ここから】


私が酒井商会にまだいるときだったが、二人で歩いているうちに

「私は京都に別荘をもっているが、それを八千円で売りに出してその金を君にやるがどうだ」

ということをいわれた。

私は突然の申し出に非常に驚いた。またその条件が一風変わっている。

「ただやるのだから返さないでいい、利子もいらない。
 また事業の報告もせんでいい。君が好きに使え、ただ一つおれに希望がある。

 それは君が独立を貫徹することだ。そうして兄弟仲良くやってくれ」

日田という人はあまり金回りはよくないが、
自分に薄く人に厚い人で、汽車なども三等に乗っていた。

そうして人のためには金を惜しげもなく出す。
つまり、私を見込んだのだろう。


【引用ここまで】
─────────────────────────


出光は、日田氏から無償で受けた金を元手にして店をもちます。
それから門司に出て石油の店を始めたのでした。

当時の8,000円は、いまでいうところの4,000万円ぐらいでしょうか。
いずれにしてもこういう人がいるのが戦前日本のすごいところでもあります。


さて、
それまでは小麦をやっていたのですが、
なぜ石油にしたのかというと、


潤滑油は毎月売れるから


という理由でした。

しかし、スタンダードとか日本石油にいる先輩たちからは、
これから電気が発達してきて、油は使わなくなる。
見通しのよくない油に手を出すことはないだろうと。

とにかく出光は初心貫徹で一生懸命に、
この石油事業にかじりついてやりました。

実際にそれは大変な苦労だったようです。


そんなとき、漁業が興ってきました。新事業。
さらに満洲大陸方面に出かけて新販路を開拓し、
成功が始まります。


成功しはじめた出光でしたが、矛盾を感じ始めます。

自分は信念を持ち、理想を掲げてはじめ、
資本家に反感をもっておこしたものでもある。

しかし、自分が油を売るに当たって高く売れば向こうが損をする。
向こうが安く買えば私が損をする、
こんな割に合わないことをなぜはじめたか、それが一番の矛盾でした。

といってここでやめたら生涯何事も成就しないだろうと、
とにかく是なりと信ずるところをやろうと。


そのうち大正6年、7年になると、第一次欧州戦争がはじまります。
仕事を初めて6、7年目のことでした。

戦争で油は足りなくなるだろうと出光は思います。
しかし使うほうは分からないものが多い。

そこで出光は、
使う人に油が無くなるからいまのうちに手当てをしておきましょう、
といって商売気を離れて油の用意をしました。

そのため出光の顧客だけは
油が不足して仕事を休むようなことはなかったのでした。

他社では油が切れて事業を休んだところがたくさん出ます。

出光は顧客のために油を用意しただけで、
お金は儲けませんでした。


しかし戦争がすむと、油は出光に任せておけということになります。


「私は金はもうけなかったが得意先をもうけたのだ。」


これが商売人の使命と出光は知り、
いままでおれがもうければ人が損をするというナゾが解けたのでした。



金をもうけずに得意先をもうけるという言葉はうまい言葉ですね。
何度もメルマガに書いていますが、
ポーターの共通価値の話に通じるものがあります。

実際に、震災のときにももうけようとした人は恨まれていますが、
もうけ度外視でがんばっている人のところには、
人が集まっているように感じます。

不思議なものです。





私の履歴書─昭和の経営者群像〈5〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの
私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。








(第308号 平成23年7月19日発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1241-03c470c2
    この記事へのトラックバック



    fx