プロスポーツ選手引退後の起業について - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

プロスポーツ選手引退後の起業について

2013年11月07日 18:00

起業と一口に言っても色々な形があり、
その形は千差万別です。

しかし必ずやるべきことと、
必勝パターンはどんな業種でもこれというものがあるので、
それをしっかりやることが大事になってくるわけです。


仙台では、
サッカーJ1ベガルタ仙台、
プロ野球楽天の活躍と、
プロスポーツが大いに盛り上がっています。

プロバスケットボールチーム89ersも盛り上がっていますね。


プロスポーツ界の方々と話していると、
この世界にある大きな問題点は、


引退後の仕事がない


ということです。


多くは、セカンドキャリアの準備をしていなかったということが、
引退後に苦労する一つの原因でもあるようです。


プロ野球選手やお相撲さんは、
飲食店を経営するということがよく聞かれますが、

実際にある統計で、
若手プロ野球選手が引退後に希望する職業の、
約2割が飲食店経営なのだそうです。


飲食店経営は、
初期投資に多額の設備投資が必要であり、
経営には当然数字が読めるようになる必要もあるので、

野球とは全くちがう世界であり、
しっかりと経営を支える人がいないとなかなか回らないというのが現状のようです。


一方、ヨーロッパのプロスポーツ選手のセカンドキャリアは、
しっかりとしているようです。

筑波大学のセカンドキャリアに関する研究、
国際シンポジウムでの議論から引用します。



──────────────────────────
【引用ここから】


公務員職という競技スポーツ選手の「受け皿」

ヨーロッパでは、軍隊や警察等、国家公務員職が競技スポーツのトップアスリートを「受け皿」として支援する場合が多いと言えます。

ドイツの競技スポーツ界でも、軍とのネットワークでは国境警備隊に75人、ドイツ連邦軍には700人のアスリート枠があり、
冬季種目の選手も夏季種目の選手もオリンピック強化指定選手であれば、その対象になります。

アスリート枠で軍に所属できるのは、引退後も含めた12年間であり、
その間は種目毎のトレーニング拠点となるオリンピア拠点に近い勤務地に赴任(ふにん)することができます。

そこで競技生活と平行して、または引退後でも職業訓練のコースを受けられます。

そして資格を取得し、除隊後にそれを活かした職に就くのです。

オーストリアにも、このような軍隊競技スポーツ支援制度があります。

男性は必ず兵役義務を受けなければなりませんが、兵役義務の代わりに競技スポーツ選手制度があり、
そこには150人の枠がありますので、約1か月の訓練後に全国10か所のオリンピアセンターで競技のみに集中できる選手生活を送ることが可能になります。

それ以外に、兵役義務期間後にも競技成績が評価されると、
そのまま軍の支援を受けながら競技に集中できる環境で競技を継続することができる約190人の選手枠もあります。

この制度では、現役のときから学業との両立へのサポートもありますが、
競技引退後2~3年の猶予期間が与えられ資格取得等のセカンドキャリアのための準備に充てることができるような制度もあります。

そのときは、現役時代と同じく健康保険や社会保険もそのまま付き、月々の給料ももらえるようになっていますので、
安心して大学や職業訓練等のセカンドキャリアへの準備を進めることができます。

警察のほうにも、同じような支援モデルがあり、オーストリアでは2007年からオーストリア政府による競技スポーツ選手枠が作られました。

現在は11人のトップアスリートが所属することになっていますが、
将来が保障されながら競技活動に集中できるような環境になっています。


【引用ここまで】
──────────────────────────


競技生活と並行して、
または引退後に、職業訓練や支援のモデルがあるということです。

また、スポーツ選手を採用したいという企業も、
当然あるわけです。


──────────────────────────
【引用ここから】


ドイツのトップアスリートには、
職業界に必要な性格や能力を持っている人材が多くいるということがわかりました。
この研究で比較対象になったそれぞれの専門職員と比べると、

トップアスリートには、

モチベーションが高いこと、
規律のあること、
効率のいいこと等、

職業にも非常に役に立つ性質や能力が専門家より高いということが分かりました。

このようなもの以外も、

忍耐力、
向上心、
チーム・スピリット、
負担力、
気力及び意欲、
持久力等の、

トップアスリートが競技を通して培った「ソフト・スキル」が職業界でも高く評価されることも言われています。

ただ、それだけでは、確実に採用されるということはなく、
それぞれの職種に関する知識や実務経験も必要不可欠ですので、
それを高等教育や職業訓練等で身につけることが必要になります。


【引用ここまで】
──────────────────────────


日本のスポーツ界の事情では、
まだこうした支援がしっかりしているとはいえません。

こうした支援も必要であると同時に、
飲食業の起業だけではなく、

プロスポーツ選手本来の力を生かした、
スポーツ関連産業の起業、
あるいは地域に根差した様々な事業に携われるような、

そんな仕組みをつくれたらいいなと思います。


つくる仙台の起業支援ノウハウが、
プロスポーツ界の取り組みに役立てたらいいなと感じているところです。






ヨーロッパからみた日本のセカンドキャリア問題
カトリン・ユミコ・ライトナー(ウィーン大学博士課程)
(筑波大学セカンドキャリアプロジェクト)



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1236-8708c29f
    この記事へのトラックバック



    fx