東電に対抗するために東力を拡大す─松永安左エ門(電力中央研究所理事長)その9─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

東電に対抗するために東力を拡大す─松永安左エ門(電力中央研究所理事長)その9─昭和時代の私の履歴書

2013年10月15日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉


松永は、衆院選に落選し政界を引退、
病気で二年間静養をしましたが、

その後「東邦電力」を合併に次ぐ合併で作り上げます。


第一次大戦で、わが国は工業化が急速に進み、
電気事業では大正5年から動力用電力の比重が電灯を上回るようになりました。

大正の初めから10年ごろまでに4倍ほどになっていたのでした。


ちょうど東邦電力になったころが
電気事業の転機にあったわけでした。

松永はこのころ新聞に以下のような論文を記します。


「動力時代となると、大資本の下に、大規模の大経営となし、
 広大な範囲にわたる連携を構成し、
 大容量の電力を数百マイルを隔てた地方に授受するにあらざれば、

 低廉良質の電力を供給し得ず、
 産業の興隆に弊害を生ぜしむる。

 従って、集中統一・相互連絡に基づく大経営とならざるを得ない」


まずは相互連絡─主要電力会社の送電連係であり、
小さな電気事業を参加合同させること、
大正の中期から松永はこんな構想をもくろんでいたのでした。


第一次大戦中に米国ではスーパーパワーシステムが計画され、
英国では送電網計画(グリッド・システム)が実施されていました。

この構想を日本に取り入れようと松永は考えます。

東邦電力が発足した翌年の12年には、
具体的に東京・名古屋・大阪・神戸の間を
15万ボルトないし22万ボルト線でつなぎ、

これに東北・関東・北越方面の水力を入れ、
火力の多い関西と水力の多い関東をつないで各地のピーク差を利用して
電力を有効に融通して供給する送電会社の設立を計画しました。

そして財界の有力者、
東京電灯の神戸挙一、大同電力の福沢桃介、
宇治川電気の林安繁、日本電力の池尾芳蔵ら主要電力会社の社長連に賛同を求め、
翌13年4月には福沢を創立委員長にした

「大日本送電株式会社」

創設案を発表しました。


しかし肝心の電力会社がその気になりませんでした。
結局、日の目を見ず、
松永を理解していた財界の有力者根津嘉一郎は、

「電力界の社長諸君は、やはり自己にとらわれすぎる。
 その意味で、君の案は時代より一歩早すぎたんだ・・・」

と惜しみました。


また関東大震災後、焼け残った帝国ホテルに東電が仮事務所を置いていたころ、
副社長で実力者だった若尾璋八をたずね、
東電の経営について勧告したことがありました。


────────────────────────────
【引用ここから】


復興についてはなんでもお手伝いすると約束したうえで、


「この際、東電は東京の市街から電柱を一掃し、
 ロンドン並みに地下に配電線・変電所を設けて革新すべきだ」


と言ったのだが、彼は


「おれは電気事業などにはあまり興味がないんだ。
 それより政界で働き(当時政友会の台所を引き受けて総務だった)総理になるつもりだ。

 君も電気みたいなケチなことは考えず、
 政界に戻っておれといっしょに政治をやろう」


などという始末。

若尾は無邪気なところがあり、
総理をねらってもさほどおかしくない男だったが、
こんな調子だから、
何事によらず東電は積極性がなかったのだ。

この送電連係ができていたら、
その後の電気事業は実績とはよほど違ったものになっていたはずである。

大正末期ころの東京電灯は、
政治資金の捻出に使われ、
料金は高く経営は放漫、消極で、非難の声が高かった。

電気事業の責任を果たしていないと考えた。

そこで私は、東京進出を計画した。


【引用ここまで】
────────────────────────────


東京進出となると一種の戦争でした。

静岡、山梨、川崎から横浜と東京の南に供給権を持っていた早川電力に出資をし、
早川興業という会社をつくって対等合併します。

戦時中に商相、鉄相などをやった前田米蔵が早川電力の取締役であり、
以前からの知り合いであったため、
松永のところに持ち込んだのでした。

さらにこの後、安田財閥系の群馬水力の資本を肩代わりして入手。

この両社を合併して「東京電力」をつくりました。


しかしこの東京電力は10万キロそこそこで、まだ力が足りないと、
寸又川水電を手に入れ、上毛電力と提携、
田代川水力、静岡電力を合併、
東京湾電気の設立、須川電力の設立により発電所建設を計画、

これでようやく東京電灯とほぼ拮抗できる見込みがついたのでした。


東電=東京電灯
東力=東京電力


このころの略称です。


松永がつくり上げた東邦電力の東京進出部隊が東京電力でした。
東力の無休送電・地下配線は需要家によろこばれます。

そのうえ動力料金は三割安く設定します。

東電は月に二日の休電日がありましたが、
東力はそれがなく、地下線と休電日なしをキャッチフレーズにして需要家にPRして回ったのでした。


そのころ、5つの代表的工業団体が東力支持になってくれました。

日清紡の宮島清次郎などは、

「東電経営者の横暴づらが憎いから、東電から買うのをやめた」

などと言っていました。


また大口の東京市電・鉄道省も全部ではありませんでしたが、
東力から購入することを決めてくれました。


しかし、松永の東京進出の計画は、
昭和2年の暮れには早くも頓挫してしまいます。

三井銀行の池田成彬が提案者になって、
金融界の主だった人たちを誘い、

東電・東力が合併することを申し入れてきたのでした。



起業家が大きくなるにつれ、
既存勢力の大きな壁にぶち当たることがありますが、
松永もまさにその壁にぶつかったのでした。



続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1214-464ef936
    この記事へのトラックバック



    fx