拒絶される恐怖を大きな力に変えるには - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

拒絶される恐怖を大きな力に変えるには

2010年12月22日 18:00

101222+109832832447_convert_20101222121759.jpg


マイケル・ボルダック著、堀江信宏訳『一瞬で恐怖を消す技術』

のお話の続きです。


いったい恐怖を力にするにはどうしたらよいのか?

マイケル・ボルダックは、拒絶される恐怖を力に変えるには、
ステップが7つあると言っています。


【ステップ1:なぜ恐怖を克服するのかを知る】


誰かがあなたの頭に銃を向けて、

「あそこの女性に話しかけてこい」

と言われれば、どんな男性でも話しかけるはず。
つまり、


人間は何か理由があれば、行動を起こす


のだということだそうです。
自分で、「なぜ恐怖を克服するのか」考えてみるということです。


【ステップ2:恐怖のきっかけは何か?】


恐怖は通常、外部からの刺激、外部の要因がきっかけで生まれる。

恐怖にはきっかけがあるものなので、
その引き金は一体何かを特定することが重要。

具体的にどういうときに自分が恐怖を感じるかを知っておきましょう。


【ステップ3:恐怖のパターンを破る!】


拒絶される恐怖を感じたときの答えは2つしかない。

1、戦う

2、飛んで逃げる

拒絶される恐怖を持つ人は「飛んで逃げるタイプ」。
つまり、自分の恐怖に対処してこなかった、
直面してこなかった、
恐怖から逃げ出して、
避けてきた人。

戦うというアプローチを選んでほしい、

とマイケル・ボルダックは言っています。

そして一番最悪なことは、



恐怖を抱えていることを誰かに言ってしまうこと。



誰かに恐怖を抱えていることを教えたら、
恐怖を認めることになって、
その人が持つ自分のイメージに恐怖のイメージが投影されるのだと。


【ステップ4:アンカーを作り出す】


パターンを作り出すということでしょうか。
自信のある状態を作り出すためには、

自分の人生で、
「本当に自信を感じたときのことを思い出してください」

と、ボルダックは書いています。

以前に私も書いたことがありますが、
「勝利の方程式を思い出す」ということですね。


【ステップ5:テストする】


ここまでやってきて、
心ひかれる美しい女性を目の前にしたとき、
まだネガティブな感情が現れるなら、
これまでの成果が出ていないので、

またステップ1からやり直す。
ニュートラル、ポジティブな感情が現れるなら
行動を起こしてください。


【ステップ6:自分へのご褒美】


いままでの自分にはなかったなと思うのが、これです。

行動した後は結果にかかわらず、
拒否されたとしてもすぐに自分を褒める

美しい女性に声をかけたがフラレてしまう。
それでも行動をした自分を褒めご褒美をあげる


【ステップ7:コーチを見つける】


人は自分が結びつく人と同じようになる。
だから、自分を高い基準に維持してくれる人と関係を持つようにする。

著者のマイケル・ボルダックはコーチなので、
最後は営業トークかなどと思ってしまうのは
素直じゃないと思います。


いままでの人生を振り返ってみても、
この人はすごいなあと思える、先生や先輩、同級生や後輩から
得たものは非常に大きかったと思います。

たとえば前回の就活キュッカでは、
内定をとった先輩のエントリーシートを
ゲットしてくるという作業をしましたが、

成功した人のESを研究するのと、
そうでない人のESをただ読んでいるのとでは、
大きなちがいが出てくるものと思います。


この7ステップは、言われてみれば
なるほどと思えるものばかりですが、

それを言えるか言えないかが大きな分かれ目であり、
拒絶される恐怖を大きな力に変える方法は
よくわかりました。


あとは行動するのみです。




さて、小1の娘ですが、先週からは一生懸命練習するようになり、
クリスマス会には自分から行くと言って参加しました。

本番では1回まちがったけども、きちんと弾けたようです。

少し自信がついたような様子はまたほほえましく。




マイケル・ボルダック著、堀江信宏訳『一瞬で恐怖を消す技術』

第1章 言葉による支配とは?─恐怖の根源にある「拒絶」の正体
第2章 「NO」の数だけ成功できる!─目標と意識の正しい設定方法
第3章 40年間デートできなかった男性の話─ピークの精神状態の作り方
第4章 コミュニケーションの達人はどう生まれるのか?─拒絶の3段階の乗り越え方
第5章 断られてから始まる!─究極の成功のための5ステップ
第6章 恐怖から力へ─拒絶される恐怖を力に変える7つのステップ
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/119-f61bebab
    この記事へのトラックバック



    fx