落ち込んだ売り上げを復活させる方法 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

落ち込んだ売り上げを復活させる方法

2013年09月26日 18:00

動物村に、
ライオンさんが経営するパン屋さん「パンでライオン」がありました。

動物村では大人気のパン屋さんで、

動物たちは毎日ライオンさんのお店へ行き、
おいしいパンを食べていました。



ところがあるとき、
この「パンでライオン」の近くに、

サルさんがパン屋さん「パンツサル」を起業します。


「パンツサル」は低価格の商品を売りに、
大々的なキャンペーンをし、

「パンでライオン」は売り上げが
急激に落ち込んでしまいました。




ライオンさんは怒ります。

にっくき「パンツサル」。。。


しかし間もなく低価格路線に動物村のみんなも飽きてしまい、
「パンツサル」は廃業してしまいました。


ライオンさんはホッとします。


しかし、
なぜでしょうか。


「パンツサル」が廃業した後も、
なぜかライオンさんのパン屋さん「パンでライオン」の売り上げが元に戻りません。


ライオンさんは焦ります。


「なぜ売り上げが元に戻らないんだ!」


ライオンさんが焦り嘆き、
困っていたところに、
ちょうどウサギじいさんがやってきました。

ウサギじいさんはその昔、
ニンジンだけを売る株式会社「ウサギ集団つくるニンジン」をつくって

世界中にニンジンを売り歩き、
億万長者になって、リタイヤをしていました。


ライオンさんはウサギじいさんに、


「お客さんが減ってしまい困ってしまったのです。
 どうかアドバイスをください。」


と言いました。

するとウサギじいさんはこう言いました。


「1か月後にこの『パンでライオン』がまだつぶれてなかったら、
 わしの秘策を授けてしんぜよう。」

「ええ!?1か月も?」


ライオンさんには自信がありませんでしたが、
自分も起業家のはしくれ、

何とか経営をがんばってみようと、
いろいろな本を読み、マーケティングの勉強をし、
様々な策を打ち出しました。


値引きセールもやり、
派手なチラシもたくさん作り、
ネット広告も派手に打ってみました。


特典をしっかりつけて、
マーケティングの基本通りにやりましたが、

売り上げは戻ったものの、
利益率がなかなか元に戻りません。


ライオンさんは1か月の努力があり、
何とか「パンでライオン」をつぶすことは避けることができました。


そしてちょうど1か月後、
ウサギじいさんがやって来て、
ニンジンパンを注文しました。


ライオンさんはたずねます。



「ウサギじいさん、なんとか1か月がんばったけど、
 利益率は全然元に戻りません。

 いったいどうしたらよいのでしょう?」




さて、ここで、
みなさんがウサギじいさんなら、
どんなアドバイスをするでしょうか?






その問いに、ウサギじいさんは答えました。



「わしがアドバイスしても、答えはわからんなあ。

 ライオン君よ、いまここに来てくれている客にアドバイスをもらいなさい」



そう言って、
ウサギじいさんはピョンピョンはねて、
山の向こうへ行ってしまいました。


「1か月も頑張ったのに!」


ライオンさんは怒り心頭!
怒ると手が付けられません。

暴れ回りました。


しかしライオンさんは、
怒りに怒った後に、
素直にウサギじいさんの言葉を思い出します。

素直なところが、
ライオンさんのいいところです。


「いまここに来てくれている客にアドバイスをもらえ、か。」




物語はここまでです。

かんのいい起業家・経営者のみなさんならば、
ウサギじいさんのアドバイスになるほどと思うことでしょう。



パン屋さんをはじめとする飲食店経営においては、
景気の浮き沈みはよくあることです。

ここで様々な策を打つことももちろん大事ですが、
一番重要なことは、


原点に立ち返ること。


売り上げが落ち込んでいても来てくださるお客様は、
なぜうちのパンを買ってくれるのか?

パンの味、お店の雰囲気、
あるいはライオンさんの接客を気に入って来てくれていることでしょう。

いま来てくれているお客さんが、
ご自身がリピーターになっていない、
紹介をしてくれていないとなっていくと、

売り上げは落ちていきます。

つまりライオンさんの知らないうちに、
パン屋さんの質が落ちてしまっているところに問題点があるわけです。


まずはこの状態を解消しないと、
集客にお金をかけてもムダ金になってしまいます。

しっかりした商品やサービスをつくるという、
原点に立ち返るのが先決なわけです。


逆に言えば、ライオンさんにとってはいい機会ですね。

接客態度がどうだったか?
パン屋さんの雰囲気はどうだったか?
出しているパンの種類は?

それぞれ再点検して、
顧客満足度を高めることをまず考える必要があります。


今日パンを買ってくれたお客さんがまた来てくれれば、
売り上げは戻ります。当たり前ですね。

そのとき、
顧客満足度は回復していますから、

そこからまた集客をするということが、
順番としてはよろしいのではないかと思うところです。



この考え方は、

「パンでライオン」以外にも使えると思いますので、

他の業種の方も自分の仕事の場合はどうなるだろうかと、
想像してやってみて下さい。






経営相談は「つくる仙台」へ


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1189-ad7bddf4
    この記事へのトラックバック



    fx