ビジネスチャンスは逆境にも存在する─定石が通用しにくい時代─バスカー・チャクラバルティ タフツ大学フレッチャースクール教授─DIAMOND Harvard Business Review - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

ビジネスチャンスは逆境にも存在する─定石が通用しにくい時代─バスカー・チャクラバルティ タフツ大学フレッチャースクール教授─DIAMOND Harvard Business Review

2013年09月20日 18:00

タフツ大学のバスカー・チャクラバルティ
フレッチャースクール教授が、


『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年10月号』に、


「ビジネスチャンスは逆境にも存在する─定石が通用しにくい時代」


という論文を書いていますので、
これをみなさんにシェアしたいと思います。


DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年10月号




───────────────────────────────────────
困難な時期にイノベーションや起業が促進されることは、多くのデータで実証されている。

ダウ工業株を構成する30社の多くは不況期に創業した起業であるし、
マンハッタン計画や環境への取り組みなど、
危機をバネにイノベーションが進んだものも多い。

本稿では、さまざまな厳しい状況を打破して成功を勝ち取った
グラミンフォンのイクバル・カディーアなどの起業家たちの事例から、

逆境に存在しているビジネスチャンスを分析する。

逆境に強い起業家なら、
一つの事業に行き詰まってもそこで余分になった経営資源を別のニーズに活かせる。

実現困難な事業アイデアでも、思いもかけないパートナーを引き込めば、成功が可能だ。

また大きな問題でも小さな思いつきで画期的な解決策が見えてくることもある。

現在、我々の前にはいくつもの大きな課題が存在し、
これまでの知識や定石も通用しにくくなっているが、

逆境のなかにこそ競争優位があるともいえるのである。
───────────────────────────────────────



さまざまな難局のなかで創設、
または改革された何百もの企業を調べると、

革新的な起業家が厳しい逆境のなかで見出すチャンスには
主に四種類あることがわかったのだそうです。


ビジネスの逆境とは何か?

困難な時期には、イノベーションや起業が促進されるということが、
多くのデータで実証されています。



カウフマン起業活動指数によると、
新規事業が立ち上げられた比率は、

2009年の不況の最中の方が、
それ以前の14年間(1999~2000年のITブームを含む)よりも高かったのでした。



では、逆境を利用して競争優位性を手にする起業家や
革新的な企業、投資家にしか見られない特徴は何か?

彼らは困難な時代ならではのチャンスをよく理解している。


満たされていないニーズを把握できれば競争相手に先んじることができるし、
高い参入障壁があれば、競争は緩和される。


逆境ならではのチャンス、
困難な時代に成功するためのチャンス。

バスカー・チャクラバルティ教授は四つの分類をしています。



【1、余分な資源を満たされていないニーズに振り向ける】

逆境によって、
満たされていないニーズが生じ、
重要ではない余分な資源が発生する。

その余分な資源を満たされていないニーズに振り向けることができる
創造的な起業家にとっては、これがチャンスとなる。



【2、思いも寄らない仲間を集める】

逆境の特徴の一つに、
ビジネス・システムの肝心なポイントで、
あるべき要素がない、または足りないということがあります。

そこで思いもかけないパートナーを独自に探し当てることができれば、
その起業家は一歩リード。


たとえば投資銀行家のイクバル・カディーアは、
様々なパートナーたちのインセンティブを相互に絡み合いながら見事に調整、
常識破りの協力体制をまとめ上げます。

そしてグラミンフォンというベンチャー企業を
バングラデシュ最大の電話会社に育て上げます。


また、未知のパートナーのスキルを利用するために
コンテストや賞を活用し、厳しい逆境を乗り越えようとする起業家もいます。



【3、大きな問題の小さな解決策を探す】

逆境が厳しければ厳しいほど、
現状を変えるのは難しいものです。

しかし、

「小さなイノベーションも大きなチャンスとなりうる」

といえます。

小さなイノベーションは価格を手頃な水準に抑えやすく、
初期費用もあまりかかりません。

また、機能や複雑さを必要十分程度にそぎ落としているので、
満たされていないニーズを満たすにはちょうどよい。

そして、規模が小さいため、
環境への影響をはじめマイナスの外部性を最小限に抑えられる。

最後に、ごくわずかな調整を加えれば現行モデルに統合しやすい。



【4、製品だけでなくプラットフォームを構想する】

起業家が目指す成功の水準は様々ですが、
利益がどれだけ上がるかを決めるのは、

顧客価値、コスト管理、成長ベクトルの創出で、
ビジネスモデルを強化できるかどうか。


ベンチャーキャピタリストや買収に乗り出す企業は普通、
自分たちが販売する具体的な製品とセットになったコア技術を持つ企業に投資します。

しかし、インセプトを創業したソーニーとコスラビは、

プラットフォーム
─そして、様々な問題を解決する数々の用途─

を活かしておこうとしたのでした。


プラットフォームという考え方は、
技術やプロセスに限定する必要はありません。

パフォーマンス集団のブルーマングループの場合の事例です。

彼らは、顔を真っ青に塗り、
音楽や演劇など様々なパフォーマンスを展開していますが、

彼らも年を重ね、子供を持つようになり、
初等学校教育に関心を向けます。

創造性を呼び起こし、人々の根源的活力を引き出す

というミッションをプラットフォームとして、
特別なカリキュラムを持つ「ブルー・スクール」という小学校を設立しました。






世界では様々な課題が生じ、
逆境の種は尽きません。

しかしだからといって、
起業家精神やイノベーションが損なわれるわけではありません。


「新しい規範にとらわれない人たち」

─生き残る起業家─



は、逆境が持つ競争優位を利用することができます

起業家、経営者、投資家として、
こうした深刻な危機の数々を無駄にするのは
実にもったいない話なのです。





つくる仙台では、
仙台で、東北で、数多くの起業支援をしてきましたが、

東日本大震災という「危機」があったからこそ、
「逆境」があったからこそ、

創業しようと思い立ったわけですし、
逆境に伴うチャンスと、
起業家の情熱があったからこそ、

おかげさまでいい仕事をすることができています。


まさに、

「東北での起業」こそが、
日本の飛躍のカギになるのではないか


そんな強い決意をもって私自身も取り組んでいるところです。






DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年10月号



Harvard Business Review
2013年10月号
特集:顧客を読むマーケティング



社会の大きな変化に目を向けよ
消費者はデータから見えない
高岡 浩三ネスレ日本 代表取締役社長兼CEO

世界7000人の消費者調査から明らかになった
顧客は情報に飽きている
パトリック・スペナーコーポレート・エグゼクティブ・ボード マネージング・ディレクター
カレン・フリーマンコーポレート・エグゼクティブ・ボード マネージング・ディレクター

顧客のビヘイビアとアティテュ-ドは違う
【インタビュー】ビッグデータはマーケティングを変えるのか
フィリップ・コトラーノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 教授

顧客の反応をシンプルにつかむ法
実験はアナリティックスに勝る
エリック T. アンダーソンノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 教授
ダンカン・シミスターマサチューセッツ工科大学 スローン・スクール・オブ・ビジネス 教授

最高水準のマーケティングを全社で実行する
GE流マーケティング徹底術
ベス・コムストックゼネラル・エレクトリック 最高マーケティング責任者(CMO)
ランジェイ・グラティハーバード・ビジネス・スクール 教授
スティーブン・リグオーリゼネラル・エレクトリック エグゼクティブ・ディレクター

携帯電話を活用する新たな調査
顧客の反応をリアルタイムで収集する究極の方法
エマ K.マクドナルドクランフィールド大学 スクール・オブ・マネジメント 上級講師
ヒュー N.ウィルソンクランフィールド大学 スクール・オブ・マネジメント 教授
ウムト・コヌシュアイントホーフェン工科大学 助教授

5つの要素に分解し、売上げとの相関を見る
クリエイティブ広告の効果は測定できるか
ベルナー・ラインアーツケルン大学 教授
ペーター・サファートケルン大学 研究員


■ HBR Articles

画期的なアイデアは社内を説得する前に形にする
イノベーションは秘密裏に遂行せよ
パディ・ミラーIESEビジネス・スクール 教授
トーマス・ウェデル=ウェデルスボルグザ・イノベーション・アーキテクツ パートナー

定石が通用しにくい時代
ビジネスチャンスは逆境にも存在する
バスカー・チャクラバルティタフツ大学 フレッチャー・スクール 教授


■ Serial Article

盛田昭夫 グローバル・リーダーはいかにして生まれたか
[第12回]ブランドに魂が入る瞬間
森 健二ジャーナリスト

OPINION
文化を日本の競争力に
近藤 誠一前 文化庁 長官
BRAIN FOOD
人生で最も大切な言葉
ロバート A. エッカート元 マテル 会長兼CEO





DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年10月号
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1187-cf85ff91
    この記事へのトラックバック



    fx