『一瞬で恐怖を消す技術』マイケル・ボルダック著、堀江信宏訳 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

『一瞬で恐怖を消す技術』マイケル・ボルダック著、堀江信宏訳

2010年12月21日 18:00

101221great2_convert_20101221123400.jpg



毎年この季節になると、小1の娘は近所のピアノ教室の先生から、

クリスマス会をやるのでいま練習している曲を発表したらどうかと、お誘いをいただきます。


大変ありがたいことで、
そういう機会があることはいい練習なのですが、

先々週ぐらいから、
クリスマス会に行くのはいやだと言い出し、
練習もしないと言い出しました。


なんでかと聞いてみると、
みんなの前で弾くのは緊張するから、うまく弾けなかったら恥ずかしいから、
と言っていました。




なるほどと思いつつ、
このことが頭にあったので、先日タイトルが気になっていた、


マイケル・ボルダック著、堀江信宏訳『一瞬で恐怖を消す技術』

を読んでみました。スイスイと読めました。

例によって、原題を探してみたのですが、
Michael Bolduc の洋書は以下の3冊しか見つからず、
本書の原題は分かりませんでした。ざんねん。


Personal Goals Planner for Success: Transform Your Life from Slow Progress to Fast Success Within Only 60-days!

The Story

The Life Story of Anthony Robbins


マイケルは、成功した人について
徹底的に研究したのだそうですが、

そこでわかった


「できる人」と「モテる人」の共通点は、

「行動することを恐れていない」ということ。


つまり、

「行動することで受けるかもしれない拒絶への恐怖にうまく対処し、どんどん行動していた」

のだそうです。


これを読んで、そういえばスタンフォード大の教授が
『20歳のときに知っておきたかったこと』という本でも同じようなことが書いてあったなあと思いだしました。


魅力のない男性でも女性にモテる方法(10/21)


もうひとつ大事なことに、

「人の拒絶への対応」というものがあります。



よくかみしめないといけないなと思ったのが、
両親と子どもの関係という話でした。

マイケルが言うには、

「両親とより健全な関係を築けている人たちというのは、子どもの健全な自尊心が育つよう何らかの形で励まして」

いるのだそうです。たとえば、

あなたは本当に賢い子だ
あなたは本当に、とても自信があるのね
あなたはとても頭がいい
あなたはとてもきれい

などなど。親が子供に言うことのできる最も力強い言葉が

「あなたは~」

なのだと。子どもが自己否定を覚えてしまうとしたら、
それは両親が子どもを繰り返し拒絶するからなのだと、
マイケルは言います。


たしかに、幼い子供について言えばマイケルの言う通りかもしれませんが、

ある程度自我が発達した大人には
そうは言えないように私は思いました。

大人になったら、自分の努力であるいは工夫で、
健全な自尊心が育つよう、
自信を保てるようにしていけるのではないかと思っています。

実際、このマイケルは、7歳の時に父親が母親を殺すという経験をし、重度の吃音障害と対人恐怖症になったのだそうです。

そこから今の地位を築いたわけで、努力を重ねたのだろうと推測します。








もう一つ興味深かった話が、拒絶への対応3つのレベル。


【レベル1:自己の否定】

何か拒絶されることがあると、
原因は自分自身がダメだからと感じる状態。


【レベル2:完璧さの追求】

何か拒絶されることがあると、それに対して全ての人を
満足させることを目指す、つまりあらゆる人に対して
完璧さを追求する状態。


【レベル3:拒絶の利用】←これが理想的

拒絶されればされるほど成功も得られるということを理解した上で、成功するために多くの拒絶を受け入れる姿勢。

つまり、
「ノー」と言われることそのことが成功へつながっているのだ
と認識するようにすることなのだそうです。



これは、営業をやっている人はよくわかると思います。
最初のうちは×印の反応ばかりで滅入ってきますが、

だんだん慣れていくと、×印が増えれば増えるほど、
○に近づいている感覚になってきます。

選挙でいうところの戸別訪問とか電話がけはまさにこれですね。


ちなみに、ここで例示されているのが、
ケンタッキー・フライド・チキンを創業した、カーネル・サンダース

彼はKFCのフランチャイズを作ろうとした時、
最初の「イエス」を得るまでに、

1,009回拒絶されたのだそうです!




もう一人、俳優のシルベスター・スタローン
彼は無名時代に、映画「ロッキー」の脚本を自分で書いたのだそうです。

脚本を売りに出かけても「拒絶」。
脚本だけを買おうという提案もありましたが
自ら断り「拒絶」される。

彼が出演しないなら脚本に25万ドル払うといわれても断ったそうです。

「ロッキー」はいまでこそ多くの人が知っている映画ですが、
受け入れてもらう前に相当「拒絶」されていたのです。



拒絶は単なる成功の前提条件



ということを認識することが、
人生においても恋愛においても大事なんだとあらためて感じました。

女性に拒絶された数が多いほど、
男性として魅力的になるのだろうと言われると、
人生を振り返ってみると、納得できます。

たしかにそういう人はかっこよかったですね。



それでは、恐怖を力にするにはどうするのか?

明日に続けたいと思います。







マイケル・ボルダック著、堀江信宏訳『一瞬で恐怖を消す技術』

第1章 言葉による支配とは?―恐怖の根源にある「拒絶」の正体
第2章 「NO」の数だけ成功できる!―目標と意識の正しい設定方法
第3章 40年間デートできなかった男性の話―ピークの精神状態の作り方
第4章 コミュニケーションの達人はどう生まれるのか?―拒絶の3段階の乗り越え方
第5章 断られてから始まる!―究極の成功のための5ステップ
第6章 恐怖から力へ―拒絶される恐怖を力に変える7つのステップ









関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/118-cb380236
    この記事へのトラックバック



    fx