証券会社新入社員Sさんに大阪からアドバイスをいただきました! - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

証券会社新入社員Sさんに大阪からアドバイスをいただきました!

2013年09月07日 18:00

先日、つくる仙台にきた、
証券会社の新入社員Sさんの悩みをこのメルマガで公開しました。
まずはこちらをご覧ください。


【お願い】証券・営業の方に新入社員へのアドバイスを



このメルマガを発行して27分後に、
大阪のTさんからさっそく以下のようなメールをいただきました。


──────────────────────────────
【Tさんメール引用ここから】


こんにちは。

さて、メールの件ですが

>まずはゼロのお客様との信頼関係の築き方と商品提案の際にどういったことがお客様の心を引き付けるトークが出来るかと言うのがとても悩んでおります。
>支店でも先輩社員も忙しそうにしておりなかなか話を聞いてくれない現実があります。

とありますよね。

厳しい言い方かもしれませんが、
スキルに依存し過ぎのように感じてしまいました。
セールストークだけで結果を得ようとしている様に
感じてしまいました。

まず、顧客とのリレーションシップを
意識して行動することが大事と思います。

とにかく、情報を与える、与え続ける。
信頼に足る情報であれば、お客様から
接触してきます。

で、クロージングを意識するのではなく
お客様が決断出来る情報を最後にまた提供する。

そんなシンプルな事で解決出来そうな気がします。

与えたら頂く・・・その様な思考では
大きくは改善されない様に感じます。

先輩社員の方とのやりとりも同じですよね。
先輩社員の時間を頂くわけですから、
それ以上に何かを与えなければ。

つまり、スキル・テクニックの問題ではなく
思考の問題ではないでしょうか。

少しでもご参考になれば。


【引用ここまで】
──────────────────────────────




なるほどなあと感じ、
Tさんにお礼のメールをお送りしたところ、
さらに以下のようなメールをいただきました。




──────────────────────────────
【Tさんメール引用ここから】

昨日のメールを読み返したところ
本質はズレていいないとは思いますが、
具体性に欠けていますので、
若干の追記をさせて下さい。

まず、与える情報については
目的をはっきりさせる事が肝要です。

・お客様の接触回数を増やし、信頼を得るため
・決断しかねている時に、お客様の背中を押してあげる
 (決断した後、未来がお客様の望むものに近づく)
・購入した商品だけでなく、それに関係しているもの
 (今回の場合は国や地方、新興国、為替等)にご興味を
 持って頂く

主に以上の3つの種類の情報は用意すべきです。

そして、上記の1つ目の情報を継続的にお客様に
提供し続けます。
目的はザイアンス効果を狙ったものです。

で、クロージングの代わりに
上記の2つ目の情報をお客様に提供します。
あくまでも、お客様がお客様にとって
将来メリットがある商品をご自身で選択して頂くのです。
営業で言う、フューチャーペーシングです。


で、契約が終われば
上記の3つ目の情報を継続的にお客様に
提供します。
目的は
・お客様の決断が良かった事を継続的にご納得頂く
・リピートして頂く
・お知り合いや他のお客様のご紹介を頂く
となります。

お客様に受け取って頂くものでも
・目的
・定義
・意味
をはっきりさせないと
お客様の時間泥棒にもなりかねない事を
合わせてお伝え下さい。


【引用ここまで】
──────────────────────────────


メルマガを読んで27分後に
すぐメールを送っていただいたことにも驚きましたが、

ここまで丁寧に、会ったことのないSさんのことを考えて
メールを書いていただいたことに、
Tさんはすごいなあと思いました。


さっそく、個人情報をわからないようにして、
Sさんに読んでいただきました。


そしてぜひ、

「気づき」と「置き換え」

を自分で書いてみて下さい、とアドバイスをしました。

「気づき」とはこれを読んで気づいたこと、
「置き換え」はそれを受けてどのような行動をこれからとっていくのか、

ということです。



またすぐに証券会社新入社員Sさんから
以下のメールが来ました。





──────────────────────────────
【Sさんメール引用ここから】


貴重な意見、誠にありがとうございます。

まずこのご意見を見て2つ程感じた気付きがありました。

第1に思ったことはお客様の事を考えないで自分の売らなきゃいけないと決めつけたものを押し付けてしまったかなと後悔しました。社債を提案したお客様に、私自身同じ商品で同期が何人も約定を決めておりとても焦りが有りました。その時、何がなんでもこの商品を売ってやろう、絶対に他の同期に負けたくないと思い、相手の意見を聞かずにひたすらお客様にごり押しをしてしまいました。今考えればあれはかなりまずい事をしてしまったと後悔しています。
これは反省しなくてはいけない点だと痛感しています。

もうひとつは何よりもお客様に必要とされることがとても大切だと感じました。
今まで私がずっと商品提案をして断られた。こういうケースばかりです。
それでいつも失敗ばかりでした。
しかしこの意見を読んでお客様から声かけが来るように仕向けることがとても重要な事であり、そのためには商品のセールストークだけではなくやはりお客様第一に考えた誠意のある行動が大切だと感じました。

この意見を拝見したあと、先輩に思いきって意見を聞きました。
お客様と信頼を築くためには商品提案なんかよりももっとお客様との距離を縮めること、それはお客様ともっと雑談や世間話をしてお互いの事をもっとわかりあうこと、商品提案は二の次でいいと助言を頂きました。そして信頼関係を築いたら相手からお話も出てくるかもよ?と意見をもらいました。

これからは今までガツガツし過ぎて自分の事しか考えない固い営業をしていた自分を捨てて、
もっと柔軟にお客様のための営業をしていきたいと思います。

今回本当に貴重な意見を下さった方とこのような機会を作ってくれた渡辺社長には本当に感謝します。
この感謝の想いを糧にしてこれからの営業にいかしていきます。
それで少しでも恩返しが出来ればと思っております。

本当にありがとうございました。


【引用ここまで】
──────────────────────────────



私自身は何もしていないのですが、
メルマガをやっていてよかったなと思うのはこういうときです。


呼びかけにはTさんのほかに何人かも応えてくださいました。

多くの方がSさんのメールを読んでいらっしゃるかと思いますが、
実際に行動して下さった方には本当に感謝です。

心より御礼申し上げます。


そしてTさんのメールを読みながら、このアドバイスは、
Sさんの今後の人生の何かの糧になるのではないかと感じました。


これで、もしSさんの人生がよりよい方向へ向かうのならば、
とてもいいことだと思います。

いい結果が生まれることを、
期待したいと思います。



メルマガを書くことでアウトプットにより、
私自身の勉強にもなっているわけですが、

こうやって投げかけたことに読者の方から貴重なご意見をいただくことによって、
さらにフィードバックし、深まっていきますね。

いまやっているアンケートも同様です。

こうして、よりよい方向へ循環していくことは、
とてもすばらしいことです。



これからもぜひいろいろな知恵を読者の皆さんからいただきたいなと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1176-456f8fbe
    この記事へのトラックバック



    fx