結婚式当日に人生最大の石炭契約─松永安左エ門(電力中央研究所理事長)その4─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

結婚式当日に人生最大の石炭契約─松永安左エ門(電力中央研究所理事長)その4─昭和時代の私の履歴書

2013年09月03日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉


慶應義塾から飛び出した松永は、
福沢桃介とともに職を転々とし、
新規事業を動かし始めました。


そのころの商社が扱う商品としては、
石炭が大きいものでした。

松永も最初は手数料稼ぎでやっていましたが、
ぼつぼつ石炭の販路が広がっていきます。



後年船成金となる山下亀三郎が松永の身辺に現れたのもこのころでした。

山下は横浜で横浜石炭商会をやっていましたが、
北海道の石炭を阪神地方に売り込むため、

桃介の紹介状を持って、松永の協力を求めてきたのでした。


松永は、
福松商会松永御主人様といううれしがらせる手紙をもらって、
神戸の海岸通りの西村旅館で山下と初対面します。

山下は、目の前で二、三十枚の十円札をヒラヒラさせ、
二、三枚を取り出して宿のお手伝いさんに

「これで東京に持って帰るみやげ物を買ってくれ・・・」

などといって松永をビックリさせます。


十円札一枚でも相当な大金でした。

“山下は金持ちだな”と思いましたが、
あとで聞けば、これは芝居であらかじめお手伝いさんに言いつけて、

大金を渡すけれど、言う通り、けっして買うんじゃない、と言い聞かせ、
その二、三十枚も高利の日歩借りの金でした。




さらに松永は、談合破りをやって、
大阪の大手石炭商のこの悪習を解消させます。

本拠を大阪に移したころのことでした。


石炭の納入は、

三井・古河・今西・安川などの大手がやっていましたが、
ほとんど談合で行われていたため、
福松商会のような駆け出しではチャンスがありませんでした。


そこで、

帝国物産という会社から支配人の中西竹次郎という腕のよいのを引き入れて、
入札に顔が出せるようにしました。

─────────────────────────
【引用ここから】

しかし、警戒されていた福松商会の札は
今西林三郎(のちに大阪商議会頭・貴族院議員)商店が預かって入れることになったので、

ほんものとにせものの二枚の札をつくり、
にせものの方を今西の者にみせ、
認めたところで目の前でほんものとスリ代えて入札し、
談合破りをやった。

そのときは落ちなかったものの、結局はこの納入をとった。

スリかえの手品は一晩かかって練習した。

これがキッカケとなって、
長い間の慣習の談合はやんだが、
参加した石炭商は、手下の作業員をつかって

「松永をやっつけろ!」

と暴力をふるおうとしたほど怒っていた。


【引用ここまで】
─────────────────────────


北海道炭を四日市に売り込んだときには
警察ざたになる騒ぎを起こしてしまいます。


この事件で松永の北炭の取り扱いが危なくなってきたので、
北海道炭鉱汽船に復職していた桃介をたずねて東京に行くと、


「君のやることは商売人じゃない。
 全く政治家式だ。

 商売なんかやめて満州ゴロにでもなり給え」


と頭から怒鳴られます。



そして松永の石炭の扱いは、
英国の商社サミエル商会とも提携、

扱い高は次第に増え、
店も大阪・九州に広げます。


そのころ安川敬一郎、麻生太吉らの発議で、
筑豊炭を若松に運ぶために筑豊炭鉱鉄道というのができましたが、

この鉄道で運ばれる石炭の量では、
福松商会の扱い分が住友・安川をしのぎ、
大手最大の三井物産と肩を並べた時期もあったほどでした。

しかし浮沈も激しく、
4円50銭で買い付けたものが半分の2円30銭に下がるかと思うと、
10円にも売れることがあるほどでした。




松永はこのころ、
破産必至の状態から一夜にして大もうけとなったことがありました。


───────────────────────────
【引用ここから】


明治38年のはじめごろ、
旅順は容易に陥落せず、
戦争は長引きそうな気配であった。

そのため一時上がった石炭も下り坂になってきた。

買い取った貯炭はふえる一方で店の財政はひっぱくしてきた。

そんな状態で全く窮地に陥っていたころのことであった。

博多をたって悲壮な気持ちで大阪へ帰る途中、
小倉駅まで来るとものすごい雨である。

山から下りてきたらしい炭鉱作業員にきくと

「二、三日前からの豪雨続きで、
 この調子だとつぶれるやまも出そうです」

という返事だ。

これを聞いた瞬間、
私にとっては天佑だ、助かるという感じがした。

さっそく旅程を変更し、
炭鉱地帯を走り回ってできるだけの石炭を買い付けた。


この豪雨による炭鉱被害はのちのちの語り草になるほどひどかった。

市況は一日で逆転した。

手当てが早かったため、
私は大量の買い付けができ、毎日平均して五百円ずつもうかった。

そのころ米は一升十三、四銭の時代であったから、
いま(昭和30年代)の金に直すとこの500円はざっと60万円ほどに当たるだろう。


【引用ここから】
───────────────────────────


このころ松永は新婚早々でした。
結婚式当日も石炭手当てで飛び回っていました。

結婚式の日は、それまでの松永にとって最大の石炭契約をした日でありました。

のちに第百銀行の頭取になった原六郎の経営していた
大任炭鉱の石炭を一手に引き受けることになった日で、

その調印が終わると、
支配人が、

「今夜はやまに泊まってユックリ飯でも食っていき給え」

といいます。

「婚礼だから帰ります」

「だれの・・・」

「私の・・・」

「自分の婚礼だのにソンナ顔もせず取り引きするやつがあるか」

と冷やかされます。

最終列車にようやく飛び乗って
式場である下関の春帆楼にかけつけます。




しかし山あれば谷あり。

まもなく松永は、またスッテンテンになってしまうのでした。





続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1171-78a5d08b
    この記事へのトラックバック



    fx