福沢桃介とともに起業人生、ゼネラルブローカー福松商会─松永安左エ門(電力中央研究所理事長)その3─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

福沢桃介とともに起業人生、ゼネラルブローカー福松商会─松永安左エ門(電力中央研究所理事長)その3─昭和時代の私の履歴書

2013年08月27日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉


慶應義塾で学生時代を謳歌した松永でしたが、
父が38歳で急逝し、松永18歳であとを継ぐために壱岐へ帰ることとなってしまいました。

そして松永は21歳秋に慶應義塾に復学します。


しかし松永は株で小遣いをつくったり、
悪所通いも適当にやっていて、
一部の先生には厄介視されていました。

福沢に独特の指導を受けているのはよかったのですが、
次第に学校生活というものが、だんだんつまらないものとなってきます。

法科をあと一年ほどでおえるというころ、
率直に福沢にそんな心境を披瀝すると

「学校の卒業などということはたいして意義はない。
 それに君は前の慶応義塾は卒業しているんだし、そんな気持ちなら社会に出て働くがよかろう」

と言われます。

しかし、役人、銀行、会社員にはなるな。
月給取りはつまらぬから、うどん屋さんやふろ屋さんのように独立した実業人になれとすすめられます。

塾出身の朝吹英二を松永に福沢は紹介します。
朝吹は三越になる前の三井呉服店の専務でした。

しかし落第します。


ある日、福沢の養子、福沢桃介が日本銀行に入らないかという話を持ってきます。
桃介の紹介で松永は時の総裁、山本達雄に会いに行きました。

営業部為替課に入り、月給は東大卒並みの25円と決まります。
国元から月々30円くらい送ってもらい、
高級生活をして暮らします。

そのうちにまた桃介がやって来て、

「日銀なんかやめてしまえ。
 第一、銀行なんぞ君の柄じゃない。
 それより僕といっしょに仕事をやろう」

といってきます。

桃介はそのころ、王子製紙の取締役をやりながら、
利根川水力電気の設立発起人になり、
京橋の三十間堀に丸三商会をつくって、これから商売に手を出すというのでした。

総裁の紹介で日銀に入ったのだからと、
山本総裁に会うと、

「仕方あるまい。福沢君も困ったものだが、君の仲のいい先輩だから…。」

ということで松永は一年目で日銀をやめました。


丸三商会に行ってみると、
安っぽい建物で、店にはゴタゴタ見本などが雑然と積んであり、
ミシミシ音のする階段をあがると、二階を事務所にして桃介が大将然とがんばっています。

それでいて米国人と提携して、
中国全土を相手に大仕事をやるんだと力んでいました。

三井、三菱眼中になしと大変な勢い。

何でも屋でありましたが、
大連に木材を送るのが主な仕事。

そのうちにセメント、土管などを積み出すため、
神戸に支店を設けることになって、桃介の命令で25歳の松永が支店長になりました。

明治32年のことでした。


しかし、25歳の丸三商会神戸支店長は一年とは続きませんでした。

大将の桃介がやめてしまったので、
松永はそれに殉じたからでした。


もうかったお金も一年ほどの間に使い果たし、
世の中も不景気になってきます。

神戸を切り上げ、独立する相談をしに上京した時には、
懐中わずか十円札を一枚残すのみでした。

当時桃介は築地にいて再起を画策していましたが、
逼塞時代でとりあえずの当てはありませんでした。

そこでしばらくはすることもなく、
桃介邸で居候をきめこみます。


この上京の途中スリにあい、
松永は持ち物一切をとられてしまいます。

まさに泣きっ面に蜂。


そうこうするうちに桃介が住友銀行の小切手で500円を持ってきて、

「これで神戸に戻って何かやらないか」

といいます。

500円では大したことはできないと思いましたが、
他に金のできる当てもなかったのでありがたくもらって、

「儲けたら半分わけにしよう。
 店の名前はあなたの福と私の松をとって福松商会としよう」

ということで、また神戸に戻ります。

電話を買って店舗を借りたら500円はだいたいなくなりました。
それでも“ゼネラルブローカー福松商会”という看板だけは掲げられます。


しかし、何をしていいやら見込みが立ちません。

綿糸の取り扱いを鐘紡の武藤山治に頼んでみますが商売にならず。
国から丸三商会時代に呼んだ辻川という若者と二人で、
粗末な仕出し屋の弁当めしで頑張っていましたが、

そのころ実家の昔の千石船の船長でのちに朝鮮仁川に行って
貿易商として成功していた横山清吉という老人が、
たまたま商用で神戸にきて気の毒がって言いました。

──────────────────────────
【引用ここから】


「なぜ国元から金をもらわないのか、
 自分も幸い持ち合わせがあるから、資本の一部においていく」


「こうみえても、自分は独立した一個の商人だ。
 飢える気づかいはない青年だ。
 国の母や君に金をもらうケチな考えはない」

私はカラ元気にいばったら、清吉老人は


「それこそ祖父様の孫だ!」

とよろこんでくれた。


【引用ここから】
──────────────────────────


福松商会が最初にわずかばかりもうけたのは
阿麻仁油のかめの売り上げ代でした。

阿麻仁油のブローカーをやりましたが、
仲介料は一文ももらえず、
そのからのかめだけをもらって、それを売ったに過ぎませんでしたが、

松永はそれでも俺の初仕事だと思うとうれしかったのでした。



このころの松永の話は、
まさに起業家の世界ですね。

起業後の初売上というのは、
大事なものであり、松永にとって記憶に強く残っていることなのでしょうね。




続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1162-174c1efb
    この記事へのトラックバック



    fx