もう、あきらめようかと考えています。 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

もう、あきらめようかと考えています。

2013年08月11日 18:00

参院選、市長選があったので、
一昨年以来継続していた早朝の街頭活動を、
控えてきました。

政治活動自体を最小限に、
つくる仙台を中心とする仕事や、
さまざまな社会活動をこの二か月してまいりました。


街頭活動を続けていたときは、
一つの理想に燃えて直線方向を見据えて活動してきましたが、

一度休んでしまうと、
いろいろなことを考えるきっかけとなりますね。


自分のなすべきことはいったい何なのだろうか?

政治の道以外の道へ進んだ方が世の中に貢献できるのではないだろうか?

自分の理想とする道をあきらめるのも大事なのではないか?


そんなことを考えたりもします。




あきらめる。



世の中の多くの人は、

「夢をあきらめてはいけない」

「あなたの夢をあきらめないで」

「あきらめたらそこで終わり。あきらめなければ夢は実現する」

と言っています。


確かに私も、最後まであきらめない生き方のほうがカッコいいと思ってはいます。

でも、はたして、本当にそうでしょうか?



たとえば、経営者は常に最高の判断をしなければなりません。

A、B、C、三つの選択肢があったとき、
Aを選ぶという決断をしたならば、
BとCは「あきらめ」なければなりません。

AもBもCも選べればそれは素晴らしいことですが、
予算や時間の制約からすべて選ぶことはできないものです。

つまり、

決断とはあきらめになるわけです。

あきらめることで次の展開が見えてくる。



いままでの私自身の人生を振り返ってみても、
自分の目標に向かって精いっぱい努力して、
さらに粘ってみてそれでもだめだったとき、

あきらめることでそこからちがう世界が開け、
その世界は実に楽しい世界だったということが何回かあります。


それでもあきらめきれないとき、
やはり原点に立ち返ることが必要なのでしょう。

コアな部分は変えずに、
行く道を変えてみる。

手段を変えてみるんですね。



あきらめること。

それは「決断し選んでいる」ということ。



それもまた人生において大事なことではないかと最近考えています。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1138-00902a4d
    この記事へのトラックバック



    fx