【再録】父と徹底的に対立、社長解任か?VW、ベンツとの提携か?─梁瀬次郎(ヤナセ社長)その7─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】父と徹底的に対立、社長解任か?VW、ベンツとの提携か?─梁瀬次郎(ヤナセ社長)その7─昭和時代の私の履歴書

2013年07月30日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉



梁瀬次郎のお話の続きです。


続く苦難を何とか乗り越えた梁瀬ですが、
井上治一という経験豊かな相談相手がいたことで助けられます。

井上は梁瀬に訪米をすすめたのでした。

梁瀬はためらいます。
学生時代は英語の時間は軍事教練にあてられ、
ほとんどまともな英語の勉強をしていませんでした。

英会話もできません。


井上はこういいました。

「人間は言葉も必要ですが、もっと大切なのは心と心の触れ合いです。
 これを言葉抜きでやってらっしゃい。」



梁瀬はようやく渡米の決心をします。

父に渡米の旨を告げると、一瞬、沈黙しました。
しかし、ひとこと

「気をつけて行ってこい」

それだけでした。

母は初めてのアメリカ行きに不安だったのか、
あれこれと気をつかってくれました。

東京出発は十一月の末、
「あたたかくしていらっしゃい」
と、無理やりにメリヤスのズボン下と長そでのアンダーシャツを着せられます。

せっかくの好意なので、
これも親孝行と思い厚着して出かけますが、

途中、エンジンの修理と燃料補給のためウェーク島に寄り、
その間、暑くて暑くて体中に汗が噴き出て、

「親孝行とは何と暑くて苦しいものか」

と嘆いたのでした。


一路ハワイ・ホノルルに向かいます。

ホノルルのGMの事務所でフランク・ワイズ氏と話し合います。
白髪の上品な紳士で、
梁瀬の片言の英語を一生懸命理解しようとしてくれました。

梁瀬も手ぶりを入れながら説明します。

現在の日本のGMの実情、
特にスチーブンソン大佐問題について必死になって理解を求めました。

個人攻撃ではダメだと考え、
このままの状態が続いたらGMの評価が落ちるばかりであることを力説します。

フランク・ワイズ氏もようやく事情が分かり、
同情と理解を示し、本国に打電してくれます。



ニューヨークのGM本社には毎日足を運びました。

本社幹部に何度も日本のGMの実情を話しました。

GM側もやっと善処を約束、
梁瀬の初渡米の目的は達成したのでした。


梁瀬34歳。

はじめてのアメリカに大きな夢と期待を持っていました。


三つのニュービジネス。

コカ・コーラの販売権を獲得すること、
スリーエムのスコッチテープの輸入権を得ること、
ステンレスの台所の流しの輸入をすること、

でした。

どうしたら販売権を得ることができるか、
考え抜きましたが、
当時の米国には友人は一人もおらず、コネもありませんでした。

三か月の米国滞在中はGMがよいだけで終わり、
土日は朝から晩まで映画館で過ごしたのでした。





昭和28年1月に27年度の下期分として、

米国車250万ドル、
英国車189万ドル、
ドイツ車75万ドル、
フランス社27万ドルの

外貨割り当てが行われました。

梁瀬は、

「外貨割り当て時代には、貨幣の種類に応じて外車を販売しなければならない」

と考え始めていました。

アメリカの割り当ては今後減る一方。
GMの大型車を扱うだけでは、とても会社は存続できない。

何とかしてVWとベンツの販売権を取りたいと
梁瀬は思うようになっていました。



しかし、梁瀬の考えに父は真っ向から反対します。

「もし、お前がメルセデスベンツやVWを一緒に販売すれば、
 GMは即座に販売権を取り消す。
 われわれはあくまでもGM車のみを売るべきだ。」

と強く主張します。


確かに当時、GMは、
GMのディーラーが他のメーカーの車を販売することは認めていませんでした。

しかし梁瀬は

「最初から不可能と決めつけるのはおかしい。
 ぶつかって何とかするのが経営者ではないか」

と食ってかかったのでした。


梁瀬の父もまた

「お前のように乱暴なことをする者は経営者としての資格がない。
 ドイツ車を取り扱うつもりなら即刻社長を解任する」

と一歩も退きませんでした。


深刻な対立が続くさ中、
27年11月22日、VWのノルトホフ社長、エルツェン副社長が来日します。

彼らのところに連日、VW車を取り扱いたいと希望者が殺到します。


当時、VWとベンツに対し強い力を持っていたのは、
三菱商事系の商社、不二商事でした。

しかしVWは、不二商事が輸入元として力のあることは認めていましたが、
小売販売をするのは無理と見ていました。

来日後、梁瀬の販売力、サービス施設に満足したノルトホフ社長は、梁瀬に

「不二商事と梁瀬が手を握れば、販売は梁瀬に任せよう」

と提案します。


梁瀬はGM社の許可をもらうことが前提なので、

「GM社の許可を条件に引き受ける」

と答えます。

さっそく、梁瀬はアメリカ生まれの若い社員、ジャック石尾とともに、
28年1月24日、アメリカへ向けて飛び立ちます。

父は家を出るときも、再度にわたり

「絶対にドイツに行ってはいかんぞ」

と念を押します。


しかし梁瀬はGMが承認してくれれば、
その足でドイツへ行きVWだけでなくベンツ社も訪問、
販売権を獲得してくるつもりでした。


ロサンゼルスに着くと父からの電報を梁瀬は受け取ります。


「もしVWの件をGMに話したら社長を解任する」


梁瀬も直ちに、

「いつなんどき解任されても結構です。新会社を設立してでもやりぬきます」


と打電。

退くに退けない立場に追い込まれてしまいました。


ニューヨークでは日本担当マネージャーマクナップ氏に会おうとしたところ、
次の日の早朝、出張してしまうとのことで、
徹夜して陳情書を書き上げ、翌朝空港に向かいます。

七時ころマクナップ氏に会え、あいさつもそこそこに手紙を渡します。

「事情は分かった。
 本社に連絡しておくから、担当重役と会って結論を出すように。」

と言い残します。


担当重役のフィリップ氏に面会を求めたところ、

「今日の昼、一緒に食事をしよう」

ということに。

梁瀬はフィリップ氏には子供のころからかわいがってもらっていたのでした。

日本政府の厳しい外貨規制、
大型高級外車の輸入制限などについて詳しく説明し、

「生き残っていくためには、VWとベンツの取り扱いを認めてほしい」

と何度もお願いします。


フィリップ氏は結局、

「いいだろう」

と言って承認してくれました。


─────────────────────────────────
【引用ここから】


私は昔から、父が

「銀行などで融資を頼んで許可してもらったらすぐ帰ってこい。

 安心して雑談したり、
 お茶を飲んだりしているうちに、相手は考え直して

 『その件は二、三日待ってくれ』

 と言い出すことがしばしばある。」

と言っていたのを思い出し、
デザートもそこそこに、

「サンキュー・サー」

と言ってホテルに走り戻ります。

直ちに父に交渉成功の電報を打ったが、
父からは何の返事もなかった。


【引用ここまで】
─────────────────────────────────







続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。












(第770号 平成24年10月23日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1130-c7b41726
    この記事へのトラックバック



    fx