【再録】「安全第一」の標語は、100年前には「安全第三」だった!? - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

【再録】「安全第一」の標語は、100年前には「安全第三」だった!?

2013年07月24日 18:00

130731 morguefiles safe




「安全第一」

という標語があります。


いままわりを見渡してみれば、どこにでもある標語ですが、
100年前この標語は、「安全第三」でした


安全第一 (safety-first)は、
アメリカで誕生した標語です。

1900年代初頭、
アメリカ国内では不景気のあおりを受け、
労働者たちは劣悪な環境の中で危険な業務に従事していました。

その結果、多くの労働災害に見舞われていたのでした。



当時、世界有数の規模を誇っていた製鉄会社、
USスチールの社長であったエルバート・ヘンリー・ゲーリーは
労働者たちの苦しむ姿に心を痛めていました。

熱心なキリスト教徒でもあった彼は
人道的見地から、当時の


「生産第一、品質第二、安全第三」


という会社の経営方針を抜本的に変革し、


「安全第一、品質第二、生産第三」


としたのでした。


この方針が実行されると、
不思議なことに労働災害はたちまち減少しました。

品質・生産も上向いた景気の波に乗り、
この安全第一という標語はアメリカ全土に、
そして世界中に広まったのでした。


「安全第一」


は、アメリカ発の生産管理の方法で、


「働く人が無事なら品質は二の次」などという意味ではなく、


「労働者の安全を優先すれば士気が上がり、結果的に品質も向上する」


という発想から100年前に生まれた標語なのでした。




100年前には「安全第三」が世の中の当たり前、
スタンダードな考えだったわけです。

USスチールのゲーリーは、
おそらく当時、たたかれたことでしょう。

安全を守っても生産が増えなければ会社がつぶれるだろう!

とか、

安全第一の理想はいいけれど、品質が落ちるだろうね。

とか、

きっといろんなことを言われたことと思います。


それでもゲーリーは、
安全第一をスローガンに掲げたのです。


これはおそらく、
まずは信頼関係の構築が大事だ
ということなのではないかと思います。

会社が「生産第一」という方針であれば、
安全は後回しでも生産をしなければと追い立てられますが、

会社が「安全第一」という方針であれば、
ああ俺たちは会社に大事にされているんだなと
そこに信頼関係が生まれることでしょう。

そこで士気が上がります。


もちろんそうした方針があって、
実際に安全が第一の工程が実行されていなければなりませんが。

この標語が広まったということは、
安全が第一の工程を実行したことで、
生産が結果として本当に上がったからこそ、
多くの人々に広まり、受け入れられたのだろうと思います。



信頼関係の構築と実行がよい結果をつくる、
非常に興味深い100年前の事例だと思いました。








(第657号 平成24年7月2日(月)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1126-fbb4afcf
    この記事へのトラックバック



    fx