fc2ブログ

【再録】「安全第一」の標語は、100年前には「安全第三」だった!?

130731 morguefiles safe




「安全第一」

という標語があります。


いままわりを見渡してみれば、どこにでもある標語ですが、
100年前この標語は、「安全第三」でした


安全第一 (safety-first)は、
アメリカで誕生した標語です。

1900年代初頭、
アメリカ国内では不景気のあおりを受け、
労働者たちは劣悪な環境の中で危険な業務に従事していました。

その結果、多くの労働災害に見舞われていたのでした。



当時、世界有数の規模を誇っていた製鉄会社、
USスチールの社長であったエルバート・ヘンリー・ゲーリーは
労働者たちの苦しむ姿に心を痛めていました。

熱心なキリスト教徒でもあった彼は
人道的見地から、当時の


「生産第一、品質第二、安全第三」


という会社の経営方針を抜本的に変革し、


「安全第一、品質第二、生産第三」


としたのでした。


この方針が実行されると、
不思議なことに労働災害はたちまち減少しました。

品質・生産も上向いた景気の波に乗り、
この安全第一という標語はアメリカ全土に、
そして世界中に広まったのでした。


「安全第一」


は、アメリカ発の生産管理の方法で、


「働く人が無事なら品質は二の次」などという意味ではなく、


「労働者の安全を優先すれば士気が上がり、結果的に品質も向上する」


という発想から100年前に生まれた標語なのでした。




100年前には「安全第三」が世の中の当たり前、
スタンダードな考えだったわけです。

USスチールのゲーリーは、
おそらく当時、たたかれたことでしょう。

安全を守っても生産が増えなければ会社がつぶれるだろう!

とか、

安全第一の理想はいいけれど、品質が落ちるだろうね。

とか、

きっといろんなことを言われたことと思います。


それでもゲーリーは、
安全第一をスローガンに掲げたのです。


これはおそらく、
まずは信頼関係の構築が大事だ
ということなのではないかと思います。

会社が「生産第一」という方針であれば、
安全は後回しでも生産をしなければと追い立てられますが、

会社が「安全第一」という方針であれば、
ああ俺たちは会社に大事にされているんだなと
そこに信頼関係が生まれることでしょう。

そこで士気が上がります。


もちろんそうした方針があって、
実際に安全が第一の工程が実行されていなければなりませんが。

この標語が広まったということは、
安全が第一の工程を実行したことで、
生産が結果として本当に上がったからこそ、
多くの人々に広まり、受け入れられたのだろうと思います。



信頼関係の構築と実行がよい結果をつくる、
非常に興味深い100年前の事例だと思いました。








(第657号 平成24年7月2日(月)発行)
関連記事

コメント

非公開コメント

ご支援御礼(令和元年10月)

渡辺勝幸は令和元年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,273票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に二回目の当選を果たしました。今後ともふるさと宮城の復興完遂のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(令和元年10月27日執行・投票率28.18%)
当 渡辺勝幸    自民現  10,273
当 三浦奈名美   立民新 7,634
当 福島一恵    共産現 7,047
次 高橋克也    自民新 6,486

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
370位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
51位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

メルマガを毎日書いています!

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
メルマガ購読・解除
 

ご支援御礼(平成27年10月)

渡辺勝幸は平成27年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,041票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に初当選しました。今後ともふるさと宮城に強い経済をつくるために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成27年10月25日執行・投票率31.28%)
当 渡辺勝幸    自民新  10,041
当 福島かずえ   共産新 9,433
当 細川雄一    自民現 7,490
次 千葉あさこ   民主新 5,849

渡辺勝幸後援会事務所

渡辺勝幸後援会事務所
984-0816 仙台市若林区河原町1-7-29-101
TEL 022-398-6266 FAX 022-398-6269

最近の講演報告・講演実績

検索フォーム

アクセスランキング

ご支援御礼

渡辺勝幸は平成23年11月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、5,042票という貴重な票をいただきましたが、落選いたしました。残念な結果ではありましたが、今後ともふるさと宮城の復興のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成23年11月13日執行・投票率34.65%)
当 細川雄一    自民現 7,728
当 本多祐一朗   社民現 6,536
当 千葉達     自民現 6,031
  福島かずえ   共産新 6,000
  渡辺勝幸    無新  5,042
  菊地ゆきお   み新 2,903
  小野寺かずたか 無新 978


120216 gaitorokuchonomeAkXOfoVCMAAmJYo 早朝街頭を続けています。平成24年1月撮影。

渡辺勝幸の政治活動を応援していただける方は、まず無料の「渡辺勝幸後援会メールマガジン」にご登録ください!

【渡辺勝幸応援団よりのお願いです】
渡辺勝幸後援会に入る方法

このブログについてご説明

このブログは、渡辺勝幸が3,300日以上毎日書いているメルマガ「日本一元気になるビジネスマガジン」の過去記事を中心に構成しています。メルマガでは、ブログに書けない話なども書いていますので関心のある方はぜひどうぞ。メルマガ登録はこちらから。

メルマガを3,300日以上毎日書いています

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。 9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。 政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、 意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。 1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。 失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。 著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。 起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Facebookページに「いいね!」

「いいね!」するだけで、つくる仙台の日々の更新情報が届きます。たまに「ここだけの情報」をお伝えします!