【再録】続く苦難を相談相手がいたことで助けられる─梁瀬次郎(ヤナセ社長)その6─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】続く苦難を相談相手がいたことで助けられる─梁瀬次郎(ヤナセ社長)その6─昭和時代の私の履歴書

2013年07月23日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉



梁瀬次郎のお話の続きです。


戦後紆余曲折を経て梁瀬は英文タイプライターの輸入をはじめました。
このビジネスが大当たりし、
本業よりも稼ぎ、梁瀬は得意の絶頂にいました。

しかしそれもつかの間、
大きな落とし穴が待ち受けていたのでした。


役員会でクーデター。
梁瀬は社長を解任されてしまいます。


茫然自失とする梁瀬。


本業に戻ります。

昭和23年になって、
ようやくGM車の販売を再開しました。

正確には販売仲介業務でしたが、
当時は米本国においても戦時中乗用車生産を厳しく制限していたため、
かんたんに車が手には入りませんでした。

ここで梁瀬は、本国受け渡し注文を考えます。

帰国する軍人からあらかじめGM車の注文を受け、
帰国後ニューヨーク、サンフランシスコ、デトロイトの三か所で
すぐに注文した車を引き渡す。

購入した客はその場で全額を支払い、
GMは小売価格と卸価格の差額を日本の大蔵省に送り、
日銀、梁瀬の取引銀行を経て、
最終的に梁瀬が日本円で受け取るという仕組みでした。


この仕事はヒットします。

梁瀬の収益源となりました。


しかし、GM販売店協会は猛反発。
全シボレーのディーラーを糾合し、梁瀬を圧迫しました。
梁瀬は断固として闘う決意をします。


このころ、梁瀬は人生の師となる人に出会います。
井上治一氏でした。

東洋レーヨンの常務を公職追放で引退され、
若い梁瀬の相談相手としてふさわしいと話があったのでした。


梁瀬は井上に一目会ってほれこみます。

にこやかな顔の中で鋭く目が光り、
心のすみずみまで見抜かれてしまいそうでした。

井上氏をぜひ会社にお招きしたいと父に返事をし、
早速顧問としてお願いします。

昭和24年に取締役に就任、
以来43年12月26日に亡くなられるまで19年間、
梁瀬のそばにいて見守ったのでした。


昭和24年3月20日、
戦後初入荷したビュイックの代金が入金されました。

梁瀬の生涯を通じて自動車を販売してお金をいただいた第一号でした。

芝浦工場でナッパ服を着て働き、
自動車を売ったことがなかったので、

梁瀬はうれしさのあまり、翌日、輸入担当の若手社員を数人引き連れて熱海に出向き、
一晩中飲み明かしたのでした。


25年6月のある日、父から、

「今度の水曜日、帝国ホテルで開かれる東京ロータリークラブの例会に出席するように」

と言われます。

日本で初めてアディショナルクラブ(支部)を南東京と北東京に設立したい、
ついては虎屋の黒川武雄氏の長男の光朝君と二人で南クラブの設立を計画してもらいたい、と。

南クラブの初代会長は国立国会図書館の金森徳次郎氏、
副会長に大谷知昇東横百貨店社長が就任、
梁瀬は副幹事、黒川は会計となりました。


またその前年の24年には、
青年会議所(JC)が誕生、
梁瀬もその設立メンバーの一員として名を連ねました。

経営者としての失敗も多かったのですが、
ようやく青年実業家の仲間入りができるようになったのでした。


しかしうまくいかないことも多い日々でした。
GMは梁瀬との取引が活発になるにつれ、
日本にGMの代表者を置くことにしました。

日本は占領下でしたので、
代表者には米国の海兵隊隊長スチーブンソン大佐を任命します。

ところが、このスチーブンソンがくせものでした。

日本は負けた国であり、米国の占領下にあるという意識が強く、
命令的、高圧的でした。

さらに商業主義で事を運ばず、気分で経営にあたっていました。


梁瀬が体を張って勝ち取ったシボレーの販売権も、
スチーブンソン大佐の手で東日本と西日本に分割、
西日本については昔のシボレーの販売店に渡してしまいました。


シボレー販売も思うように成績は上がらず、
梁瀬はどうしたらよいものかと日々悶々としていました。


そんな昭和25年秋のある日、
相談相手の井上治一氏が梁瀬の部屋にやってきます。


「社長、そろそろこの辺でアメリカに行かれ、
 GM本社に日本の実情を訴えたらいかがですか。

 それにアメリカの様子をいろいろ見られたら、
 大いに勉強になると思うのですが...」


渡米のすすめでした。




時代劇を見ていると、
元気な若い殿様に対し、じいが諌めるというシーンがよく見られます。

若い時はどうしても経験が足りないので、
経験豊かなベテランの力を借りるということも大事だと思います。


しかし同時に、
そんな諫言を受け入れる度量が若者にも必要でしょうし、
諌める側のものの言い方や間合いというものもじいには求められるのでしょう。

梁瀬次郎にとっての井上治一は、
そういう意味では抜群のマッチングだったのでしょう。

勉強になります。







続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。











(第763号 平成24年10月16日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1124-102c6d3a
    この記事へのトラックバック



    fx