【再録】梁瀬、裏切られ社長を解任される─梁瀬次郎(ヤナセ社長)その5─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】梁瀬、裏切られ社長を解任される─梁瀬次郎(ヤナセ社長)その5─昭和時代の私の履歴書

2013年07月16日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉




梁瀬次郎のお話の続きです。

昭和20年5月、梁瀬次郎は社長に就任しますが、
その後も波乱が起きます。

社長に就任した翌日、梁瀬は、
被災を免れた日本橋本社に代表取締役会長の父、長太郎に呼ばれます。

「お前は社長になったが、軍納部長兼芝浦工場長はそのまま続けろ」

との命を受けます。

ずいぶんと無茶な話でしたが、断るわけにもいかず、
8月15日に戦争が終わっても、
軍納部長という肩書が営業部長に変わっただけで、

社長兼営業部長兼芝浦工場長

となっていました。


9月になって進駐軍が上陸してきます。

全員軽機関銃を持ち、

「これがゼネラル・モーターズの販売店か」

と言ってぞろぞろ入り込んできました。


家族は会津から群馬県の吉井に移りましたが、
都内転入の許可はなかなか下りず、

梁瀬も住む家も着るものもない状態が続きました。
工場内で寝たり、近くの寮に泊まったりして
一人暮らしをしていました。

10月になると、
日本橋の本社社屋は米軍のポストオフィスとして接収され、
芝浦工場も進駐軍の婦人兵舎として使用されることになり、

やむなく高浜工場に本社を移し、全従業員を集めました。

毎日あまり仕事もないので、
バレーボールなどをして過ごしたのでした。

何とか生きていかなければならないので、
ありあわせの手持ちの資材を使って庭下駄やフライパンをつくって
上野や御徒町に行って売りさばいたり、
女性のブローチをつくったりして食いつなぎます。

このブローチは名古屋の丸栄百貨店に買ってもらい、
荷車に積んで運搬するのも梁瀬の仕事でした。

社長兼運搬係。


21年になり、本業にも仕事が入ってくるようになります。

三井精機で製造していた三輪トラックの販売や中古トラックの販売、
バス車体の製作などが始まり、
工場にようやく活気が戻ってきたのでした。


梁瀬は社長としてまず、
人づくりから手がけることにしました。

会社は仕事を探して生きていかねばならないし、
仕事をつくるのは人間であり、
すぐれたスタッフが絶対必要と考えたからでした。

21年10月、母校の慶応大学に依頼し、
卒業生の中から二人の青年を採用することに決めます。

一人は現在(当時)専務取締役の熊谷茂、
もう一人はヤナセ設備工業社長(当時)の和裕でした。
そしてもう一人英文タイピストも採用します。


しかしこの梁瀬の決定に、父は烈火のごとく怒ります。


「仕事も始まらないうちに人を採用するバカがどこにいるか、
 即刻採用した三人を解雇しろ」


梁瀬も負けません。


「若い人を毎年これから採用します。
 そしてこの人たちが次の仕事を見いだし育てていくのです。

 人が会社の最大の財産です。絶対に解雇しません。」


すると梁瀬の父は、


「こんなバカ者を社長にした私も悪いが、
 こんな社長ではこの会社は一年と持たぬであろう」


と席を立ってしまいました。


梁瀬は社長拝命の時のことを思い出します。
全員を集め、

「本日私は社長を拝命した。これからは和の力で会社を盛り立てていこう」

とあいさつしました。

すると梁瀬の父は、

「和の力とは何だ。和などというものは必要ない。
 従業員は経営者の言う通りについてくればいいのだ」

とそのときもつらく当たったのでした。

しかし梁瀬は、

「この点では父には譲れない。和の力で仕事をしていくべきだ」

と信念はますます強まったのでした。



昭和21年に入ると、GHQからいろいろな調査書類が回ってくるようになります。
しかし当時、日本には英文タイプライターはほとんどなく、
梁瀬だけでなく、どこの会社も困っていました。

そんなとき、梁瀬に一つのアイデアがひらめきます。


「タイプライターを輸入したらどうだろう。
 かなり売れるのではないだろうか。」


問題はGHQが輸入を認めるかどうか。
梁瀬は一計を案じます。


「知り合いのUP通信の記者に頼んで、
 日本の会社がタイプライターがなくて困っていることを書いてもらおう。

 それをGHQの幹部に読んでもらえば、
 輸入申請を許可してもらえるかもしれない。」


思惑は当たり、
社説に取り上げてもらい、GHQも申し出をスンナリ受け入れたのでした。

さっそく、


「梁瀬貿易」


という会社を設立します。

日本橋の梁瀬商事から常務を派遣し、
彼に若手の優秀な人材を集めてもらい、

とりあえず二千台を輸入しますが、
あっという間に売り切れてしまいました。

日を追って収益は拡大し、
本家の梁瀬自動車の商売が軌道に乗らないうちに、
梁瀬グループの稼ぎ頭に育ったのでした。




社長に就任して一年。

梁瀬は得意の絶頂にいました。





しかしそれもつかの間、大きな落とし穴が待ち受けていたのでした。


21年の末、梁瀬貿易の定例取締役会が開かれました。

社長の梁瀬以下、全役員が列席、いつものように円滑に議事が進行していきました。


───────────────────────────────
【引用ここから】


ところが、突然、ある若手役員が立ち上がり

「社長は梁瀬自動車の仕事に専念されるべきで、
 梁瀬貿易はわれわれにまかせてもらいたい」

と発言、私を除く全役員が賛成の挙手をした。

私は社長をあっさり解任されてしまった。

しばらく茫然自失としていた。


ようやく「某常務が仕組んだワナだ」と気がついたが、
すべてが後の祭りだった。


私は工場育ちでいわゆる職人上がり。
会社経営についての勉強も不足している半素人社長と言っていい。

株式の過半数を持っていれば絶対安全と思い込んでいた。

お人よしでもあった。

某常務は、給仕として子どものころから会社で働き、
彼の父親も芝浦工場の塗装係で、
私はすっかり信頼し切っていた。

取締役会でも彼が推薦する若い人たちを、
すんなり認め役員に任命していた。

彼が裏切るなどとは夢にも思わなかった。


【引用ここまで】
───────────────────────────────


社長解任の衝撃で、梁瀬はしばらく放心状態となります。

会長の父、長太郎は三か月もの間、
毎日梁瀬をなじり、ののしりました。

あらゆる悪口雑言が落とされ、言い返す言葉もなく、ただうなだれていました。


梁瀬は裏切った人たちに対し当初は激しくうらみ、
絶対に許せないと思っていました。

時がたつにつれ、あの事件は、
経営者の自分に貴重な勉強をさせてくれた出来事と思うようになってきたのでした。

今では彼らを、仕事の進め方、考え方を教えてくれた恩人であるとさえ考えていると回想しています。


梁瀬はのちの多角化戦略に大きな財産を残した事件であったとも言っています。




信じていた人に裏切られ、
ひどい目に合うということはなかなかない経験ですが、

後になってみるとそのことに意味があったのだと思え、
貴重な経験だったと感じられるのかもしれません。

まだ私は人間ができていないので、
そこまで思えませんが、いつの日かきっとそう思うときが来るのだろうと思っています。






続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。









(第756号 平成24年10月9日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1117-d1b364a0
    この記事へのトラックバック



    fx