ノモンハン事件失敗の教訓─情報敗戦 本当に「欧州ノ天地ハ複雑怪奇」だったのか【DIAMONDハーバードビジネスレビュー 】 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

ノモンハン事件失敗の教訓─情報敗戦 本当に「欧州ノ天地ハ複雑怪奇」だったのか【DIAMONDハーバードビジネスレビュー 】

2010年12月16日 18:00

101216201009281900_convert_20101216135737.jpg


今月号のハーバードビジネスレビュー特集

「日本軍 戦略なき組織 検証失敗の本質」

について、もうひとつおもしろいと思ったのは、


杉之尾宜生元防衛大学校教授の

「ノモンハン事件失敗の教訓
─情報敗戦 本当に「欧州ノ天地ハ複雑怪奇」だったのか」


です。


ノモンハン事件とは、昭和14(1939)年、
満洲国と外蒙古の国境線をめぐって

日本軍とソ連軍が軍事衝突した事件です。
世界史の教科書にも出てくる大きな事件ですね。

ソ連崩壊後に機密文書が公開され、

日本軍はこの事件前夜に、
せっかく入手した貴重な生情報(インフォメーション)を
情報(インテリジェンス)に転換する情報業務の基本を踏まず、
この事件を単なる国境紛争と位置づけてしまいます。

そしてまさかの独ソ不可侵条約締結により、
時の平沼騏一郎内閣は総辞職となります。



ここでは、情報分析・情報活動・外交情報の3点を検証していました。

まず第一に、リュシコフ大将亡命の影響。

そして、陸軍大佐土居明夫の対ソ情報報告。

そして、独ソ関係見通しの誤算。


まとめると、リュシコフの情報、土居大佐の有用な情報を、
収集はしているものの、これを適切に分析処理し、
独ソ提携を予測する情報業務能力が日本にはなかった。

そして独ソが同盟を結び、日本の平沼騏一郎総理大臣は辞職にいたった、
というところでしょうか。


ここで杉之尾さんが指摘されたのは、

情報活動上の教訓。

これはどんな企業でも役立つものと思いますが、
本文中の以下の総括が参考になります。

───────────────────────────────
【情報活動における五つのサイクル】

1、要求する:情報要求・情報関心の明示はトップの責任である

2、集める:インフォメーションを収集する

3、処理する:インフォメーションを分析処理してインテリジェンスに転換する

4、判断する:トップの情報要求に対して、情報見積もり・情勢判断をする

5、報告する:トップおよび関係者に適時に報告・通報する

───────────────────────────────

「要求する」という第一過程は、
スターリンには明確にあったと指摘。
「日独の東西二大脅威の存在を回避する」と。

しかし日本のトップには、明確な戦略と問題意識がなかった。


また、陸軍省と外務省とが連携せず、
陸軍中央と関東軍に意思疎通がなされなかった、
などという指摘は、

現代にも通じるようなものがあります。


しかしここで、日本のセクショナリズムはダメだとか、
日本のトップはいつの時代もダメだねなどという結論を出すだけではなく、

それではどうしたらよいのだろうか、
という建設的姿勢を持つ必要があるのだろうと思います。

セクショナリズムの強い政府を批判している人の会社が、
自分の会社の部署間で同じような話になっていたりすることは
よく聞かれる話です。


たとえば解決策としては、
セクション同士の連絡会議を設置するとか、
トップ直属の組織を育てるとか、
マネジメント上の諸問題は、解決事例がいくつもあります。

最終的にはトップがその判断をできるか、
そしてトップが任せ、育てられるかというところに
かかってくるのではないでしょうか。

3人ぐらいの組織でもそうだと思いますし、

日本という大きな視野でみれば、
そのトップは菅直人内閣総理大臣ではなく、
1億2000万人の日本人になるのだろうと思います。





『DIAMONDハーバードビジネスレビュー』


特集 日本軍「戦略なき組織」検証失敗の本質

求められる「現場感覚」「大局観」「総合的判断力」
戦場のリーダーシップ
野中郁次郎 一橋大学 名誉教授

山口多聞に見る理性と情熱のリーダーシップ
危機に積極策を取る指揮官
山内昌之 東京大学大学院 総合文化研究科 教授

昭和期陸軍の病理
プロフェッショナリズムの暴走
戸部良一 国際日本文化研究センター 教授

戦艦大和特攻作戦で再現する
合理的に失敗する組織
菊澤研宗 慶應義塾大学 商学部 教授

ノモンハン事件「失敗の教訓」
情報敗戦:本当に「欧州ノ天地ハ複雑怪奇」だったのか
杉之尾宜生 元 防衛大学 教授

生産現場から見た太平洋戦争
航空決戦と「航空機産業」の崩壊
新治 毅 星槎大学 共生科学部 教授

HBR Article
異なる経験が、リーダーの強みを左右する
出身軍隊別:元軍人CEOの適性診断
ボリス・グロイスバーグ ハーバード・ビジネス・スクール 准教授
アンドリュー・ヒル ハーバード・ビジネス・スクール 博士課程
トビー・ジョンソン 元 アメリカ陸軍大尉・飛行士

Serial Article
論語の「上司」論【最終回】
自信家の部下の個性を伸ばす〈2〉
齋藤 孝 明治大学 文学部 教授

OPINION
革新的イメージを生み出す精神
米沢富美子 慶應義塾大学 名誉教授

BRAIN FOOD
「トレード・ドレス」の価値
ベッツィー D.ゲルブ ヒューストン大学 C. T. バウアー・カレッジ・オブ・ビジネス 教授
パーサ・クリシュナムルティ ヒューストン大学 C. T. バウアー・カレッジ・オブ・ビジネス 准教授

CHIEF OFFICERS
既存モデルをゼロから見直し、スマート・イノベーションを目指せ
ローランド・ベルガー ローランド・ベルガー・ストラテジー・コンサルタンツ 名誉会長




12月31日締切企画【カツユキさんの強みを教えてください!】
ご協力なにとぞよろしくお願いいたします。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/111-e36ce8a0
    この記事へのトラックバック



    fx