酒を飲みながら、年金制度を真剣に議論する話の巻。 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

酒を飲みながら、年金制度を真剣に議論する話の巻。

2009年07月05日 02:31

高校の同級生Y君が上京してきたのでサシで焼き肉。なかなかおいしかったですが、マッコリを飲んでも、酒という感じがしないのは体質にあっているからだろうか。むかし、じいさんがにごり酒をおいしそうに飲んでいたのを思い出しました。

上京するということで声をかけてくれるのはありがたいことですし、彼の話はいつも勉強になり、また感心することが多いので、あっという間に時は過ぎ去りました。同級生がいろんな分野で活躍しているのを見るのはとてもうれしいものです。自分も頑張らなくてはな。


盛り上がった会話の中で、年金のお話。やはり若い世代の多くの人は、将来年金がもらえなくなるのではないかとか、もういまの制度は未納者も増えていて破綻するのではないかと考えている人が、意外と多いことと思います。みなさんの中にもいることと思います。

ここで年金のことをよく勉強したいときにオススメなのが、

慶應義塾大学の権丈教授の主張

と、

細野真宏さんの新書『「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った?』

です。権丈教授も細野さんも、官邸が2008年に設置した社会保障国民会議のメンバーで、年金問題のエキスパートとして参加されていました。

細野さんはこの新書でも述べていますが、最近若い世代の人たちで、国の年金に加入しても、自分たちの老後には年金が破綻していて、払い損になると考える人が増えてきており、自分でお金を貯めて運用した方が安心だとして、年金を未納する人が増えてきているそうです。

これは一見正論に見えますが、細野さん曰く、

「知識がないために出てくる間違い」

なんだそうです。では、どういう間違いなのか、権丈教授の書いた文章を以下のpdfでごらんください。


権丈善一「安心なさい、年金は破綻しない」『文藝春秋』新春特大号(2008年12月10日)
http://news.fbc.keio.ac.jp/~kenjoh/work/IMG18.pdf


権丈教授の話は、ちょっとむずかしいので、細野さんの新書を読むとわかりやすく、ぜひ読んでいただきたいのですが、簡単にいうと、


現在20歳になる人でも、実際に払う保険料よりも、平均的に将来もらえる年金は1.7倍に増える。

保険料の負担の半分は税金から出ているため、国民年金の保険料を払わないと、税金の払い損になる。

国の年金には民間の年金とちがって、「物価スライド」があるので、世の中の物価の動きに合わせて、年金の額も変動する。

障害になったときの障害年金、生計を支えていた家族が亡くなったときの遺族年金は、保険料を払わないと無年金になる。

未納率が上がろうが下がろうが年金制度そのものに与える影響は、現実的には非常に小さいし、未納者は将来に年金をもらうことができないので、未納者が増えても、いまの年金制度は破綻しない。




といったところです。参考までに以下のサイトをリンクしておきます。

ここがヘンだよ!日本の年金破綻論(細野真宏@niftyビジネス)
http://business.nifty.com/articles/math/090519/index2.htm


社会保障国民会議の議事録が公開されていますので、もっと専門的に見ていきたいという人はこちらで、吉川座長と権丈教授の議論を見ると、深く掘り下げられるかと思います。


社会保障国民会議 所得確保・保障(雇用・年金)分科会 第7回会合 平成20年 9月 8日
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/syakaihosyoukokuminkaigi/kaisai/syotoku/dai07/07gijiyousi.pdf


民主党の年金制度のマニフェストでは、年金制度はすべて一元化されるとのことなので、厚生年金に入っているサラリーマンは、現行制度よりかなり年金額が減ることになると思うのですが、そこには触れずに、いまの年金制度は破綻すると、さかんに主張していることはどうも納得がいきません。

未納者が増えても現行の年金制度は破綻しないけれど、年金制度を一元化すれば、大多数の人はもらえる年金が減ってしまうということをきちんと説明したうえで土俵にあがってほしいものです。



権丈善一・勿凝学問234「今の時代、年金モンロー主義者が日本を亡ぼすんだろうな 社会保障審議会年金部会から1日経っての感想」(09/5/27)
http://news.fbc.keio.ac.jp/~kenjoh/work/korunakare234.pdf

それから僕が言ったことは、財政検証の経済前提を決める経済前提専門委員会や年金部会で、前提を議論し、承認して年金の試算を行っているのに、なぜ、野党が出してくる荒唐無稽の前提をそのまま受け入れて年金局は試算をするのか? 年金部会に集まっている専門家集団は、年金を政治から守る役割をはたしているということもできるわけで、今後は、経済前提専門委員会や年金部会で、外から要求される前提について、意味がある話なのかどうかを試算の事前に議論するような仕組みを考えてもらいたいということ。そういう仕組みをしっかりと作っておかないと、次の選挙も、そしてその次の選挙も、いつまで経っても不毛な年金論が第1の争点になって、医療介護や財源問題は先送りされ、われわれ生活者の生活はボロボロになっていくだけ。政策アジェンダを正しく設定するためには、年金を政治から守る仕組みが必要。この国は、再び不毛な年金選挙をやって、他の政策アジェンダを押し出してしまい、結果、国民の生活は疲弊するということを繰り返すのか。
だってねぇ、この前、民主党の山井さん達は、「なぜ政府は納付率60%の時の所得代替率の試算を行わないのか」と騒いでいたけど、去年、社会保障国民会議で、納付率65%の試算を行ったら、日経の大林氏は、次のように文句を言うわけなんだなぁ。

「政府試算をもとに年金議論を深めよ」『日経新聞』2008年5月21日
さらに理解に苦しむのは、国民年金の保険料徴収率が六五%で推移し続けた場合の試算を出したことだ。年金の財政収支への影響が軽微だと強調したかったのだろうが、政府自らが肝心の皆年金を見捨てるかのような前提を置いたのは驚きである。

この時も、僕らは65%の納付率で試算を行うつもりは無かったわけだけど、(制度を理解しておらずかつ年金が破綻していることを示したかった)外部の人から、納付率65%の試算をやれという指示がでたからやっただけ。ことほどさように、年金の試算は政治に翻弄され、その試算の評価はメディアに弄ばされる。だから、専門家集団としての経済前提専門委員会があり、この委員会は年金という国民生活に非常に重要な制度を政治から守ることに存在意義があるという考え方もできるわけである。



焼肉 Fine Dining Hu’u(フー)渋谷
http://r.gnavi.co.jp/a527401/
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/11-f32fee88
    この記事へのトラックバック



    fx