【再録】父との戦いから武田勝頼に学ぶ─梁瀬次郎(ヤナセ社長)その2─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 
自由民主党・県民会議
 事務局長
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
みやぎパラボウリング協会 会長。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】父との戦いから武田勝頼に学ぶ─梁瀬次郎(ヤナセ社長)その2─昭和時代の私の履歴書

2013年06月25日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉



梁瀬次郎のお話の続きです。

梁瀬の父は独立し、梁瀬自動車を起こします。
しかし大不況でとん挫、苦しい状況に陥りました。

しかし関東大震災の後の機転を利かせた行動により、

発注した乗用車は、
船が横浜に到着する前に全部プレミアムがついて売り切れ。
在庫の自動車も全部はけ、破産寸前であった会社は、一挙に立ち直ってしまったのでした。


大きな利益を得た梁瀬自動車でしたが、好事魔多し。

大正14年12月18日、
芝浦工場食堂から出火、工場を焼き尽くし、
輸入した自動車250台の新車すべてが灰となります。

梁瀬は慶應幼稚舎の三年生でした。


その後、日本での外車販売戦国時代となります。
昭和2年GMが大阪で組み立て生産を開始、
その過程で父は、他の販売会社を使おうとしたGMとけんかをします。

結局、他社は破産したのですが、このとき梁瀬は、


「商人はギリギリのところまで交渉するが、決裂してはならない」


と思うようになったそうです。

40数年後、梁瀬自身も、
日産自動車と西独フォルクスワーゲンが提携したとき、
同じ立場に立たされますが、

ここでじっと耐え抜くことができたのは、
この事件の教訓だとのべています。


父がGMと手を切ったこのころ、
会社は非常に苦しく、父は毎日不機嫌、
そのはけ口は梁瀬に来たのでした。

ほとんど朝から晩まで叱られ、
父は口癖のように、


「日本の歴史上二代目で一番のバカ者といわれているのは武田信玄の息子勝頼である。
 ところが最近、勝頼よりもっと愚かな二代目がいることを発見した。
 それはお前だ。」



と言っていました。

度重なるうちに、梁瀬は勝頼に好奇心を持ち、
兄のような親近感を抱くようになります。

梁瀬は心の中で、

「勝頼にだって言い分はあるだろう。
 結果だけを見て愚か者として片づけるのはおかしい」


と思うようになり、

勝頼に関する本が出るたびに買って夢中で読みあさります。


──────────────────────────────
【引用ここから】


信玄の後継ぎの勝頼は人並み以上の能力、素質は十分あったのに、
父のあまりの偉大さを常に大きな負担に感じ、

信玄の死後、部下の信望を得ようとあせって無謀ないくさをいどみ、
三十七歳の若さで天目山の露と消えてしまった

──ということが見えるようになった。


これは、私にとって貴重な教訓となった。
父に負けまい、部下に尊敬されようとあせることは危険なことである。

親の力は七光どころか倍の十四光と思い、
決して自分の力以上に自分を誇示してはならない、

二代目と笑われようが軽蔑されようが、
コツコツと努力するのが二代目の道であることを

“兄勝頼”に教わったのである。


【引用ここまで】
──────────────────────────────


朝から晩まで叱られた梁瀬ですが、
同じようにしかられ続けたので精神的に弱く自信がなくなってしまったという人もいるのではないでしょうか。

最近は多いような気がします。


そういう人もいるのでしょうが、
梁瀬の場合は、朝から晩まで勝頼以下としかられたからこそ、
勝頼に学び、二代目のあるべき姿を必死に考えたのでしょう。


同じような悲劇が起こっても、
そのことが自分をダメにしたと思う人もいれば、
そのことで自分は強くなれたと思う人もいます。

そうだとしたら、
この梁瀬次郎のように、

朝から晩まで親父にしかられたからこそ、
自分は強くなれた!

そう思う方がいいような気がします。






昭和4年、梁瀬は慶應幼稚舎から普通部に進みます。

スポーツに熱中し野球部で夜遅くまで練習し、
勉強する気力を失っていました。

2年まではどうにか上位の成績でしたが、
突然、下の下に落ち込んでしまいます。

通信簿を母は父にみせまいと、
一生懸命かばってくれましたが、
あるときついに父の目に留まります。


「お前のようなバカ者はいますぐこの家から出て行け!」


父から勘当を言い渡されたのでした。

それでは出ていきます、とリュックサックに身の回りの物を詰めて出ていくと、
玄関には風呂敷包みを抱えた母が立っていました。

「あなたがお父様に勘当されるような悪い男の子ならば、
 それを育てた母親も同罪ですから一緒に勘当されましょう。」

お堀端を歩き、しばらくすると母は、

「もうお父様のご機嫌も直ったはずです。
 さあ、一緒に帰りましょう。」

梁瀬は、黙って母について家に帰ったのでした。

梁瀬は幼稚舎のころ、先生に、
大きくなったら何になりたいか、と問われ、

「偉くなりたい。偉くなって母を喜ばせたい」

と答えたのだそうです。

梁瀬にとって、父への競争心であり、
自分の人生に対する挑戦のバネとなっている言葉なのだそうです。



外車販売の黄金期を迎え、
日本陸軍はハドソン、
海軍はビュイック、
財界人はパッカードと、

さまざまな外車があふれていましたが、
軍国主義が強まるにつれ、
自動車の国産化機運が次第に熱を帯びてきました。


梁瀬の父は、自動車業界の草分けの一人として、
国産メーカーの創立期に活躍した人たちから、
相談や頼みごとを受けていました。

自宅には自動車関係の人たちがしょっちゅう出入りします。
重要な話もあり、お茶くみはまだ学生だった梁瀬がしたりしました。


日産コンツェルンの鮎川義介、
トヨタの豊田喜一郎、豊田利三郎なども訪れていたのでした。



続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。










(第735号 平成24年9月18日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1095-e8bbe19d
    この記事へのトラックバック



    fx