今どきの若者は○○である - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

今どきの若者は○○である

2013年06月17日 18:00

私は学生時代、近代日本政治史を専攻していました。
戦前日本の新聞や雑誌、本などを読み漁っていたのですが、
大正時代のある文章に出会いおもしろいなと思ったことがあります。


「大正時代になって時代は変わった。
 最近の若者は明治のころとちがってまったくなっていない」



じいさんのじいさんぐらいの話でしょうが、
そんな昔の時代でもそういう「最近の若者はなっていない」という言葉があったのかと驚きました。


しかしその後調べてみると、「今どきの若者はなっとらん」という言葉は、
人類最古の嘆きの一つなのだそうです。


ローマ時代にもそんな言葉があったり、
エジプト時代にも、ピラミッドにそのような古い落書きがあったのだそうです。

おもしろいですね。

いつの時代でも年寄りから見れば「若者はなっていない」わけです。


しかしいかなることにも例外があって、
ある大物経営者はインタビューに答えて、


「今どきの若者は、私たちが若かった頃より優れています」


と答えたのだそうです。


「まずは感性ですね。
 それと、ものごとに打ち込むときの集中力。
 とてもすばらしいですよ」


当時すでに大物経営者であったその方は、
若者を肯定的に語り、
若者に期待し、励ましの言葉をかけることができる人といえます。

そんな人のもとにいたら、
期待に応えたいと思い、大きな成果を出すこともあるでしょう。

そんな人材がどんどん生まれれば、
さらに若者はすごいねということになり、好循環が生まれます。



90代の方で老人会の幹部が、70代の老人会新人の方に、
最近の若いやつはなってないという言葉を使ったという話を聞いたこともありますが、
年齢は関係ないということも言えますね。


年齢がいくつであれ、
今どきの若者を肯定的に語ることで、
いい循環を作り出していきたいものです。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1087-29343280
    この記事へのトラックバック



    fx