【祝1000号!】継続をせざるを得ない仕組みをつくる - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【祝1000号!】継続をせざるを得ない仕組みをつくる

2013年06月10日 12:00

本日をもって、

ついに、

このメールマガジン「渡辺カツユキの日本一元気になるビジネスマガジン」は、


第1000号



に到達いたしました!


長いようであっという間の1000号です。

思い起こすとこの1000号分の間には、
いろいろなことがありました。




議員落選により失業。

起業。

東日本大震災。

ネットを通してのボランティア活動。

県議選出馬、そして落選。

つくる仙台起業。

林塾、維新塾。

衆院選、参院選。




いろんなことがこの3年間にあり、
ほとんどすべてをこのメールマガジンで書き、
それについてご意見をいただいたり、ぶつけたりしてきました。


自分がつらいだけではなく、
私の住む仙台、そして東北全体が打ち沈んだ3年間でもあったように思います。

しかしそんな中でも、
この3年間はとにかく行動だけはし続けた3年間であり、

その足跡は過去のこのメルマガ、バックナンバーブログを見て頂ければ、
すべて記されていますのでぜひごらんいただければうれしいですね。


http://cuccanet.blog72.fc2.com/



ある意味では、

私自身の大河ドラマをメルマガ上で公開しているようなものです。






1000号。

900日以上毎日このメルマガは発行されていますが、

「渡辺さんはよくもまあ毎日メルマガを発行できますね」

と言われます。


なぜ継続できるのかと言えば、
いろいろな理由はあると思いますが、


「継続せざるを得ない仕組みをつくる」


というのが重要ではないかと思っています。

1000号になるともはや習慣になってくるので、
書かない方が具合が悪くなりそうなのですが、

最初のころはやはりちょっと無理かなあというときもありました。



しかし、現在もやっていますが、
三か月に一度、アンケート方式で、
読者の方の生の声を聞いたり、

あるいは、毎日のメルマガの感想をいただくことによって、
相互のやりとりが生まれ、
一人だけでやっているわけではないなと実感すると、
また、
メルマガを楽しみにしている人が一人でもいると思うと、

継続したくなってしまうわけです。



早朝街頭活動も同様で、
そこに行くと、いつもの小学生がいたり、
いつも挨拶する近所の方がいたり、

車で必ず通って手を振って下さる方がいると思うと、
うれしくなって街頭に立ちたくなるわけです。



人は一人では生きていけないと言いますが、
誰かが反応してくれる、ただそれだけで「続けよう」という気持ちになれるものです。


しかしそこに到達するまでは、

メルマガを発行しても反応はなく、
街頭に立ってもみんなが白い目でこちらに視線を投げかけているときは、

なかなか厳しい心境になります。


だからこそ、
最初の立ち上げ時は厳しいのでしょう。

起業直後の経営は厳しいものです。




1000号到達して、
今日は記念すべき、
とてもうれしい日なのですが、

いつもメルマガに感想をくれたり、
いいね!を押してくれたり、
アンケートに答えて下さる方のおかげだと、

本当に心からつくづく感じます。

ありがとうございます!



昨年は大阪に行くことが多かったので、
その流れで多くのメルマガ読者の方に直接お会いすることができました。

いつも感想をくださる方とお酒を飲んだり、
メルマガについて語ることができたのはとても幸せなことでした。


今年は、仙台での活動がメインになっていますが、
どこかのまちで、またこのメルマガを読んでくださる皆さんとお会いできたらうれしいものです。

ぜひやりましょう。






継続せざるを得ない仕組み


というのは、自分が継続すればするほどうれしくなる仕組みでもありますね。

そして、このメルマガに、
ありがたいことに広告を出してくださる方がいたり、

またメルマガ相互紹介によって、
全世界のメルマガ発行者の方とやりとりをするご縁をいただけるというのも、

「継続せざるを得ない仕組み」

でありますね。


続ければ続けるほど、
いろいろな方との出会いが生まれてくるわけです。

こちらはふつうに暮らし黙っていても、
ある日突然メールが送られてきて、
やりとりが生まれるんですね。


メルマガをただ1000回継続して発行するだけで、
こんな楽しい出会いが生まれます。


そうなると、なかなかやめられなくなってきます。
継続せざるを得ないですね。



これから2000号、3000号になるときには、
自分がどのような人生を送っているのか、
読者数がどれくらいになっているのか予想もつきませんが、

私なりに私なりのペースでこれからもメルマガを続けていきたいと思いますので、
ぜひ読者の皆さんにはこれからも読んでいただき、
たまにでも、みなさんからもメールをいただければとてもうれしいです。



今後とも、
なにとぞよろしくお願いいたします。






平成25年6月10日

渡辺勝幸


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1070-a6b23f63
    この記事へのトラックバック



    fx