fc2ブログ

久野晋作・日本維新の会参議院千葉県選挙区支部長の事務所開きに行ってきました。


久野晋作公式サイト


5月11日(土)、
千葉県我孫子市において、

久野晋作さんの事務所開きが行われましたので、
私渡辺も参加してまいりました。


思い起こすと久野さんと初めて会ったのは、
8年ほど前、私が秘書時代のこと、
市川議員のパーティーで支持者の方とともにお会いした時でした。

少しお話をしただけで、
若さあふれる我孫子市議会議員というだけではなく、
まっすぐな思いが話しぶりからも伝わってくる方だなあという印象を持っていました。


時は流れて、
私が林英臣政経塾に参加するようになり、
久野さんと再会しました。

林塾の志士政治家は、
他の政治家と比べて常に真剣で、覚悟を持った人ばかりですが、
久野さんはそのなかでも容赦なくド真剣な政治家です。

夜を徹して酒を片手に議論をしていても、
少しでも曲がったことがあればそれはおかしいということを
はっきりと切り付けてくる政治家です。


いま多くの政治家は、
妥協に妥協を重ね、長いものには巻かれ、
日本を救うと口では言いながら
日本の沈没を助長するようなことをしています。


久野さんのように、我孫子市議会議員として、
将来世代にツケを回すなと本気で活動をする政治家は、
ともすると嫌われてしまったり、
票を減らしたりすることもあるかもしれません。


しかし本当の意味で、
日本の将来を、地域の将来を考えるならば、

久野さんのように、
おかしいことをおかしいとはっきりいい、
ときに有権者に対してもはっきりとものを言う、
そんな政治家が今こそ求められているのだと思います。





私が県議選に落選して数か月後のこと、
久野さんからアドバイスをいただいたことがあります。

私の政治を志す原点とは何か、
政治家としてやりたいことは何か、
という話でした。

私は何としても、仙台の、東北の復興のために政治の世界で力を尽くしたい、
雇用をつくり、ビジネスをつくり、新しい農業をつくり、
強い東北をつくりたいのだという話をした記憶があります。


久野さんは、

「渡辺さんの言っていることはいいことだと思うけれど、
 それは政治家でなくてもできることだ。

 政治家でなければできないことは、
 渡辺勝幸でなければできないことは、

 いったい何なのか?

 それを見つけ出してほしい。
 今すぐ見つからないかもしれないけれど、
 それが見つからなければただ「復興、復興」と言っている普通の政治家と何ら変わりなくなってしまう。

 それではもったいない。
 あなたはそれを見つけ出すべきだ」

と言われました。


久野さんの真剣な言葉になるほどと思い、
そのときは答えが見つからなかった記憶があります。


いま思うとその答えの一部が「つくる仙台」であるなと思いますが、
まだ残念ながら「渡辺勝幸でなければできないこと」の答えは見つかっていないと言えます。

しかし真剣に久野さんからアドバイスをいただいたことで、
私にとっては自分の原点とは何かを考える大きなきっかけをいただいたと
ありがたく思っています。


普通の人間関係ならば、
なれあいのごとくお互いを持ち上げて、
円滑に事を進める、
もちろんこれも時には大事でしょうが、


このままの日本ではいけない、
日本を救うのだという大局に立ったとき、

政治家はこれぐらいの覚悟をもって、
何事にも真剣に当らなければならないのではないでしょうか。


しかし当然ながら、
真面目に、真剣に、まっすぐに取り組めば取り組むほど、
敵は増えていきます。

そして久野晋作のように真剣に政治を変えようと考える政治家ほど、
嫌われ、ありもしない誹謗中傷や、讒言が出てくるものです。




その昔、幕末の志士に高杉晋作という男がいました。
脱藩し牢獄につながれていましたが、

あるとき長州藩は四国連合艦隊に惨敗し、
この事態の収拾にあたれるのは高杉晋作しかいないと、

毛利公は晋作を呼び出し、晋作を家老とし、
講和交渉をさせました。

イギリスのクーパー提督は、
講和条件として彦島の租借を持ち出します。

しかし高杉晋作はそこで断固として「ノー」といいました。

実は高杉晋作はその二年前に、
上海に行って西洋の租借地を見ていたのでした。

「犬と中国人入るべからず」と書かれた立札を見て、烈火のごとく怒り、

このままでは日本もいずれこうなる、
絶対に日本の土地を租借させてはいけない

と考えていたのでした。

ここで高杉以外の者が講和交渉をし、
恐れをなして租借を受け入れていたら、
彦島は香港のようになり、
日本の歴史は大きく変わってしまっていたことでしょう。

高杉晋作は、紋付き袴の正装で、
イギリスに毅然と「ノー」を突きつけたのでした。




5月11日の久野晋作事務所開きは、
林塾の若手政治家が全国から集まり、

地元千葉県の日本維新の会の衆議院議員、県会議員はじめ、
地元の市議会議員や後援会の方々がたくさん集まり、
会場は溢れるほどの人だかりでした。

記者の方々もいて取材をしていましたが、
注目選挙区でもあるのだと思います。


どの方のあいさつも熱気にあふれていて、
真剣そのもの。

地域の方々も同級生も熱い思いがひしひしと伝わってきました。


後は残り2か月、
どれだけ千葉県内に久野さんの主張と人となりをわかっていただけるかにかかっているでしょう。




久野晋作公式サイト

関連記事

コメント

非公開コメント

ご支援御礼(令和元年10月)

渡辺勝幸は令和元年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,273票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に二回目の当選を果たしました。今後ともふるさと宮城の復興完遂のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(令和元年10月27日執行・投票率28.18%)
当 渡辺勝幸    自民現  10,273
当 三浦奈名美   立民新 7,634
当 福島一恵    共産現 7,047
次 高橋克也    自民新 6,486

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
21位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

メルマガを毎日書いています!

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
メルマガ購読・解除
 

ご支援御礼(平成27年10月)

渡辺勝幸は平成27年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,041票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に初当選しました。今後ともふるさと宮城に強い経済をつくるために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成27年10月25日執行・投票率31.28%)
当 渡辺勝幸    自民新  10,041
当 福島かずえ   共産新 9,433
当 細川雄一    自民現 7,490
次 千葉あさこ   民主新 5,849

渡辺勝幸後援会事務所

渡辺勝幸後援会事務所
984-0816 仙台市若林区河原町1-7-29-101
TEL 022-398-6266 FAX 022-398-6269

最近の講演報告・講演実績

検索フォーム

アクセスランキング

ご支援御礼

渡辺勝幸は平成23年11月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、5,042票という貴重な票をいただきましたが、落選いたしました。残念な結果ではありましたが、今後ともふるさと宮城の復興のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成23年11月13日執行・投票率34.65%)
当 細川雄一    自民現 7,728
当 本多祐一朗   社民現 6,536
当 千葉達     自民現 6,031
  福島かずえ   共産新 6,000
  渡辺勝幸    無新  5,042
  菊地ゆきお   み新 2,903
  小野寺かずたか 無新 978


120216 gaitorokuchonomeAkXOfoVCMAAmJYo 早朝街頭を続けています。平成24年1月撮影。

渡辺勝幸の政治活動を応援していただける方は、まず無料の「渡辺勝幸後援会メールマガジン」にご登録ください!

【渡辺勝幸応援団よりのお願いです】
渡辺勝幸後援会に入る方法

このブログについてご説明

このブログは、渡辺勝幸が3,300日以上毎日書いているメルマガ「日本一元気になるビジネスマガジン」の過去記事を中心に構成しています。メルマガでは、ブログに書けない話なども書いていますので関心のある方はぜひどうぞ。メルマガ登録はこちらから。

メルマガを3,300日以上毎日書いています

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。 9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。 政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、 意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。 1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。 失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。 著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。 起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Facebookページに「いいね!」

「いいね!」するだけで、つくる仙台の日々の更新情報が届きます。たまに「ここだけの情報」をお伝えします!