久野晋作・日本維新の会参議院千葉県選挙区支部長の事務所開きに行ってきました。 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

久野晋作・日本維新の会参議院千葉県選挙区支部長の事務所開きに行ってきました。

2013年05月12日 18:00


久野晋作公式サイト


5月11日(土)、
千葉県我孫子市において、

久野晋作さんの事務所開きが行われましたので、
私渡辺も参加してまいりました。


思い起こすと久野さんと初めて会ったのは、
8年ほど前、私が秘書時代のこと、
市川議員のパーティーで支持者の方とともにお会いした時でした。

少しお話をしただけで、
若さあふれる我孫子市議会議員というだけではなく、
まっすぐな思いが話しぶりからも伝わってくる方だなあという印象を持っていました。


時は流れて、
私が林英臣政経塾に参加するようになり、
久野さんと再会しました。

林塾の志士政治家は、
他の政治家と比べて常に真剣で、覚悟を持った人ばかりですが、
久野さんはそのなかでも容赦なくド真剣な政治家です。

夜を徹して酒を片手に議論をしていても、
少しでも曲がったことがあればそれはおかしいということを
はっきりと切り付けてくる政治家です。


いま多くの政治家は、
妥協に妥協を重ね、長いものには巻かれ、
日本を救うと口では言いながら
日本の沈没を助長するようなことをしています。


久野さんのように、我孫子市議会議員として、
将来世代にツケを回すなと本気で活動をする政治家は、
ともすると嫌われてしまったり、
票を減らしたりすることもあるかもしれません。


しかし本当の意味で、
日本の将来を、地域の将来を考えるならば、

久野さんのように、
おかしいことをおかしいとはっきりいい、
ときに有権者に対してもはっきりとものを言う、
そんな政治家が今こそ求められているのだと思います。





私が県議選に落選して数か月後のこと、
久野さんからアドバイスをいただいたことがあります。

私の政治を志す原点とは何か、
政治家としてやりたいことは何か、
という話でした。

私は何としても、仙台の、東北の復興のために政治の世界で力を尽くしたい、
雇用をつくり、ビジネスをつくり、新しい農業をつくり、
強い東北をつくりたいのだという話をした記憶があります。


久野さんは、

「渡辺さんの言っていることはいいことだと思うけれど、
 それは政治家でなくてもできることだ。

 政治家でなければできないことは、
 渡辺勝幸でなければできないことは、

 いったい何なのか?

 それを見つけ出してほしい。
 今すぐ見つからないかもしれないけれど、
 それが見つからなければただ「復興、復興」と言っている普通の政治家と何ら変わりなくなってしまう。

 それではもったいない。
 あなたはそれを見つけ出すべきだ」

と言われました。


久野さんの真剣な言葉になるほどと思い、
そのときは答えが見つからなかった記憶があります。


いま思うとその答えの一部が「つくる仙台」であるなと思いますが、
まだ残念ながら「渡辺勝幸でなければできないこと」の答えは見つかっていないと言えます。

しかし真剣に久野さんからアドバイスをいただいたことで、
私にとっては自分の原点とは何かを考える大きなきっかけをいただいたと
ありがたく思っています。


普通の人間関係ならば、
なれあいのごとくお互いを持ち上げて、
円滑に事を進める、
もちろんこれも時には大事でしょうが、


このままの日本ではいけない、
日本を救うのだという大局に立ったとき、

政治家はこれぐらいの覚悟をもって、
何事にも真剣に当らなければならないのではないでしょうか。


しかし当然ながら、
真面目に、真剣に、まっすぐに取り組めば取り組むほど、
敵は増えていきます。

そして久野晋作のように真剣に政治を変えようと考える政治家ほど、
嫌われ、ありもしない誹謗中傷や、讒言が出てくるものです。




その昔、幕末の志士に高杉晋作という男がいました。
脱藩し牢獄につながれていましたが、

あるとき長州藩は四国連合艦隊に惨敗し、
この事態の収拾にあたれるのは高杉晋作しかいないと、

毛利公は晋作を呼び出し、晋作を家老とし、
講和交渉をさせました。

イギリスのクーパー提督は、
講和条件として彦島の租借を持ち出します。

しかし高杉晋作はそこで断固として「ノー」といいました。

実は高杉晋作はその二年前に、
上海に行って西洋の租借地を見ていたのでした。

「犬と中国人入るべからず」と書かれた立札を見て、烈火のごとく怒り、

このままでは日本もいずれこうなる、
絶対に日本の土地を租借させてはいけない

と考えていたのでした。

ここで高杉以外の者が講和交渉をし、
恐れをなして租借を受け入れていたら、
彦島は香港のようになり、
日本の歴史は大きく変わってしまっていたことでしょう。

高杉晋作は、紋付き袴の正装で、
イギリスに毅然と「ノー」を突きつけたのでした。




5月11日の久野晋作事務所開きは、
林塾の若手政治家が全国から集まり、

地元千葉県の日本維新の会の衆議院議員、県会議員はじめ、
地元の市議会議員や後援会の方々がたくさん集まり、
会場は溢れるほどの人だかりでした。

記者の方々もいて取材をしていましたが、
注目選挙区でもあるのだと思います。


どの方のあいさつも熱気にあふれていて、
真剣そのもの。

地域の方々も同級生も熱い思いがひしひしと伝わってきました。


後は残り2か月、
どれだけ千葉県内に久野さんの主張と人となりをわかっていただけるかにかかっているでしょう。




久野晋作公式サイト

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1042-146986de
    この記事へのトラックバック



    fx