営業を科学する方法─プロセスマネジメント大学 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

営業を科学する方法─プロセスマネジメント大学

2013年04月25日 18:00


プロセスマネジメント大学



先日、お世話になっているある社長の方からお誘いをいただき、

「営業を科学する」

無料セミナーに行ってまいりました。

大変勉強になりましたので、一部みなさんにシェアし、
プロセスマネジメントとは何かということをお伝えしたいと思います。



「営業」と「科学」に相関があるわけがない。

「営業」は人間関係が基礎にあるもので、根性があればなんとかなるものだ。




そんなご意見をお持ちの方もいらっしゃることと思います。

私もどちらかといえば、根性論で生きてきたようなところがあるので、
逆に興味を持って「科学性」とは何か、知りたいと思いました。



ところで、なぜおいしいパンができるのか?

考えてみたときに、

「パンを何年もかけて修行し、一生懸命作れば、いずれおいしいパンを作れるようになる」

という意見もあるかと思いますが、ここで考える「科学的な」手法は、


パンをつくるプロセスを分解するところから始めます。


材料は、小麦粉、水、イースト菌(X:Y:Z)です。

1、配合

まず、素材の配合を考えます。適切な配合割合があるわけです。X:Y:Zですね。

2、こねる

生地をこねる適切な回数があるわけです。回数N。

3、発酵

発酵させる時間を考えます。時間T。

4、焼く

焼く温度があります。温度T。


この4つのプロセスに分解して、それぞれを仮説を立て、予測し、実際にやってみて検証する。
これによって適切なプロセスが見え、おいしいパンが生まれるというわけです。


この、配合、こねる、発酵、焼くというプロセスが、

営業で言えば、

面談

提案

見積

稟議


となり、結果、成果が表れるという理論です。


具体的に見てみると、


「目標から逆算する」


「行動を明確化する」



ということが重要になってきます。

例えばある会社で月間目標売上5000万円とします。
その会社の製品の平均受注単価が200万円であるとすると、

5000万÷200万=25

つまり月間で必要な受注件数は25件になるわけです。


逆算すると、過去のデータを見て、
最終調整の段階から受注にいたる成約率が30%であるならば、

25÷0.3=83.3

つまり必要な見積もり件数は、83件あればよいとなります。


さらに逆算をして、過去のデータを見て、
プレゼン提案し最終調整にいたる見積もり提出率が80%であるならば、

83÷0.8=103.75

つまり必要な提案件数は、104件あればよいとなります。


さらにさらに逆算をして、過去のデータを見て、
初回面談・要望確認からプレゼン提案にいたる案件化率が20%であるならば、

104÷0.2=520

つまり必要な面談件数は520件となります。


したがって、この会社の営業部隊は、
月間520件の面談件数をいかにこなすか。

あるいはそれぞれのプロセスをいかに確実に次の段階へ持っていけるか
ということに力を注げばよいということになります。


あらゆるトップセールスマンは、
このようにプロセスを分解してみると、
事前準備に約50%の力を入れているのだそうです。

何ごとも準備の段階で勝負が決まっているということですね。


ということで営業を科学する一端をシェアしましたが、
ご関心のある方は、以下のサイトをご覧ください。



プロセスマネジメント大学





「プロセスマネジメント大学」は、営業マネージャーの役割である「結果の最大化」へ導くために必要な「プロセスマネジメント」と「ソリューションセールス」という2つの仕組みが学べるビジネススクールです。(プロセスマネジメント大学は学校法人ではございません)


当社グループ会社が述べ2,000社におよぶ営業コンサルティング実績の中で、業種業界を問わず特に効果的なものを体系的なカリキュラムとして提供しています。座学だけの一般的な研修とは違い、ワークやディスカッションも多くあり、研修を受けた後にすぐ実行に移せる実践的なプログラムになっています。また、様々な企業間でディスカッションがある事で、自社だけでなくさまざまな業種からの話を聞く事ができ知識と人脈を増やす事ができます。

通常、個別企業向けのコンサルティングサービス(費用は1,000万円以上)で行っている内容を「自他共育」精神の下、中小企業でも
個人でも参加可能な費用でご提供しています。また、地方企業でも参加できるように全国開催に向けて順次開講を展開しています。

すでに3、000名を超える卒業生がおり、そのうち93.1%が効果を認めています。
「利益が5倍になった」「売上が2倍になった」「成約率が3倍になった」など伝えきれないくらいの声をいただいております。
営業人材育成の研修プログラムは企業収益に有効である、との調査結果もあります。
(「営業人材の育成について実態調査2011」リサーチ (http://www.softbrain.co.jp/research/))


まずは、あなた自身が現状から変わるために参加しましょう。あなたが変わる事で周りにも変化が生まれ
会社全体の変革へ結びつく事になるでしょう。私たちと一緒にがんばりましょう。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1038-3bfd5846
    この記事へのトラックバック



    fx