震災、徴兵、そして新婚直後に妻を病で失う─井植歳男(三洋電機社長)その4─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

震災、徴兵、そして新婚直後に妻を病で失う─井植歳男(三洋電機社長)その4─昭和時代の私の履歴書

2013年04月23日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉



井植は、一年間懸命に働き、
2500円もの大金を貯めます。

起業準備をしながら大金を稼いだわけですが、
徴兵検査の結果は甲種合格でした。

一年間苦心して準備した他流試合はお流れに。
井植は、いさぎよく二つの契約書を義兄松下幸之助に渡し、再び松下の人に戻りました。




そして大正12年9月1日を迎えます。

関東大震災。


昼前であったこともあり、
店員である前田と二人で抱えられるだけのパンを買い集めました。

状況を見るため上野の西郷さんの銅像の前へ行って驚きます。

見慣れた浅草の十二階が途中から折れてしまっており、
市街十数か所から煙が立ち上がり、全体が燃えている感じに。


「こりゃ、エライこっちゃ」

と引き返してみますが、今度は店の前の道がふさがれて、
店へ入るすきまもなくなっていました。

その晩は市電のなかで寝ました。
電車は家を失った人たちであふれ、
朝鮮人の暴動のうわさがしきりに語り伝えられます。
井植は棒切れを持ったまま眠りについたのでした。

夜が明けます。

店はまだ焼けていませんでしたが、
余震が続いていたのでどうなるかわかりません。

やっと店に入り込み、書類、帳簿、衣類などをリヤカーに積み避難し、
その晩は野宿をしました。

三日目にお得意先も心配になります。
神保町は一面の焼野原。
店の跡と思われるあたりへ名刺を置き、三越前、茅場町、蔵前の得意先を次々と回ります。


行くところ行くところ、
悪臭が漂い、どこも廃墟に等しかったのでした。

生き残った人々も、右往左往しているだけで、
とても商売どころではありませんでした。



関東大震災の記述を読むと、
平成23年東日本大震災の光景がよみがえってきますね。




そこで井植はひとまず大阪へ帰ることにしました。
東海道線は不通のため、日暮里から直江津まわりで帰阪。

安否を気遣っていた大阪の人々は、
井植の無事な姿を見て大喜びでした。


しばらくして井植は再び上京します。

復興にかかった東京はものすごい物価高となり、
電気器具も震災前の三、四割高にはね上がっていましたが、
それでも飛ぶように売れていました。

東京はそのころ、二十日締め切りの五日勘定だったので、
八月分と九月分の売掛金は未回収でした。

しかし井植は、
このときこそ大阪商人の誠意の見せどころと考え
お得意先には以下のように言いました。


「売掛金は半分に割り引きますから、現金で払ってください。
 そのかわり、新しい品物は全部前替で届けましょう。」



つまり、これから売る分も震災前と同値にすると言ったのでした。

これが非常に喜ばれ、
品物は大阪からいくら取寄せても足りないほどでした。

関西の商売がすっかり見直され、
それ以後の仕事をずいぶんやりやすくしたのでした。



「何事によらず、人が困っているときこそ、
 当面の利害をこえて相手に便宜をはかっていくことが、
 あとあとに大きな信用となり、利益となって返ってくるのではあるまいか。

 実際、集金に寄らない店まで、私には全額を支払ってくれたりしたのでした。」





大正12年の暮れ、
井植は入隊、旅順港の重砲隊となります。

食事当番の二年兵からいじめを受けますが、
殴られそうになったまさにそのときに、素早く服を脱ぎました。

冬の満洲、土間は凍りついていましたが、おかまいなし。


「さあ、なぐるなりけるなり、どうにでもしてください!」


と。

反抗の仕方がただごとではなく、薄気味悪かったのでしょう。
二年兵たちはこそこそと立ち去ってしまいました。

井植は軍隊で三つの精勤賞、優等記章、表彰休暇など、
規定にある賞を全部もらい、昇進もトップを続けます。

中隊の幹部からは、井植は模範兵だということで、
再役して職業軍人として働いてはどうかと提案があります。

しかし井植は、田舎に老母を残していることを理由にして、
再三のすすめを断ったのでした。


自由にものを創造し、
改善することの好きな井植の性格では、
軍隊は窮屈すぎました。

自分の実力通りに働けるところがいちばん幸福であり、
世のためにもなると考えたのでした。



井植は兵役中でも商売を忘れませんでした。

休みがあると必ず市内を回り、時には大連まで出かけ、
市況を調べては松下に報告していました。

また、あまり筆まめではない義兄松下幸之助からも、
除隊したら早く帰っていっしょに働いてほしいという手紙を再々もらっていたのでした。






大正15年正月、除隊した井植はすぐに松下に復職します。

そこで井植を待っていたのは縁談でした。
縁談の相手は遠縁にあたる石川うめの。

家は代々村長をしていて隣村でした。

当時は、嫁は親がさがし、
息子はそれに従うものとされていました。

「それじゃ、まあ、おまかせします」

恥ずかしくて井植は母にこれだけの返事をするのがやっと。


大正15年3月、23歳で結婚式を挙げました。

しかし、楽しかるべき新婚生活はまことに短いものでした。
式が終わり、“三日帰り”をすませた妻が、
かぜをこじらせて急性肺炎にかかってしまったのです。

井植は看病に尽くしました。

しかし付ききりの世話もむなしく、床についてわずか八日目、
妻は帰らぬ人となってしまいました。


────────────────────────────
【引用ここから】


ふびんというほかなかった。

なんとはかない夢であったことか。

私は社会人としてその前途を無残にへし折られた切なさ、悲しさでいっぱいであった。

白木の小箱をふところに、
私は大阪へもどり、忘れようとして仕事に打ち込んでみた。

また遊びにも行った。
だが少しもおもしろくなかった。

それからの一年余は、毎月の命日に欠かさず天王寺さんへお参りし、
淡い面影をしのんだことであった。

のちに仏壇の真新しい位牌を見た今の妻ひで子が「私は後添えでしたのか」とびっくりした。

しかしやがて私の気持ちもわかってくれたらしく、
以来、線香も絶やさないようである。


【引用ここまで】
────────────────────────────




「私の履歴書」を読んでいくと、
成功者には以下の三つの経験のどれかがあることがわかると、
私はこのメルマガで何度も紹介してきました。


1 浪人

2 大病

3 入獄



このうち、2番の「大病」ですが、
本人が大病をしたことはなくとも、
最愛の家族が「大病」をするということも、
多いですね。

井植は結婚して間もなく奥さんを亡くしました。

これは本人にとって自分が大病をする以上に、
つらい経験です。



しかしここからどのようにして立ち直るか、
そこが人生の分かれ目なのでしょう。





続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1035-b7a5e8ad
    この記事へのトラックバック



    fx