GWに読むオススメの本その2 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

GWに読むオススメの本その2

2013年04月27日 18:00

今週末からゴールデンウィークです。
ふだんは分単位の予定を刻み、ビジネスに追われている方も、
五月上旬までは少し余裕ができることでしょう。

こんな時にわずかの細切れ時間を使って、
読書をし、5月以降の自分の糧をつくっておくことは大事なことと思います。


このメルマガでは毎年恒例のことですが、

お休みの合間に私渡辺が読んでみようかなと思っている本、
そして周囲からおすすめされている本、
そして私の大学の後輩である大西氏おすすめの本を、

複数回にわたってお伝えしようと思います。

この中から早速Amazonや近所の書店などで購入していただき、
ゴールデンウィーク期間中に英知を養っていただければ幸いです。



GWに読むオススメの本その1(13/4/26)






6、エリック シノウェイ、メリル ミードウ、岩瀬 大輔 (翻訳)
『ハーバード・ビジネススクール「これから」を生きるための授業: 「夢の見つけ方」「自分らしい価値」「大切なビジョン」』




ハーバード大学には、

「起業家学」

という学問があるのだそうです。

こんな学問が日本でもあるのなら、
私も勉強したいですし、教えることもできそうな気もしますが、

このハーバードの「起業家学」の生みの親、
ハワード・スティーブンソン教授の教えを、教え子がまとめたのがこの本です。

本書に出てくる言葉、


「失敗は将来の成功の種を、
 成功は将来の失敗の種を宿している」


この言葉はいいですね。



────────────────────────────────────
【引用ここから】

ハーバード・ビジネススクールの名物教授であり「人生の師」ハワード・スティーブンソン先生が教える、
仕事と人生において知っておきたいこと。

「何が本当の成功なのだろう」
「何が自分の人生を豊かにしてくれるのだろう」
「夢をかなえるために、どうすればいいのだろう」
「何が大切で、何を手放すべきなのか」

誰の人生にも、一度はこんなふうに考えねばならないときが来る。
大きなチャンスやターニング・ポイントに出会ったとき、ハワード先生の言葉は、必ずあなたの役に立つだろう。

●「変動期」──チャンスとピンチの見極め方
●「理想」──“モザイク画”をつくるように
●「自信」──“他人の長所”と“自分の短所”を比べていないか
●「バランス」──“7人の自分”に聞いてみる
●「5つの宿題」──“完璧”より、“満足”を
●「人間関係」──“一緒に穴に飛び込んでくれる人”をつくる……etc.

【引用ここまで】
────────────────────────────────────




7、米国国家情報会議 (編集)、谷町 真珠 (翻訳)『2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」』



かつては大統領と閣僚、議会有力者などにしか公開されていなかったといわれる、
貴重なレポートの最新版。

17年後に世界はどのようになっているのか、
非常に興味深い記述がたくさんあります。

今後の世界を大きく左右する4つの分野についても本書は紹介しています。

「情報技術」

「機械化と生産技術」

「資源管理技術」

「医療技術」

興味深いですね。




────────────────────────────────────
【引用ここから】

「日本はもはや復活しない。
アメリカは2年後、中国も12年後にはピークを過ぎる。
すさまじい大変化が起こるだろう」(立花隆氏)

立花隆氏が「世界の将来を展望する上で非常に役に立つ」(文藝春秋 2013年2月号)と激賞し、
翌3月号では読売新聞主筆の渡邉恒雄氏が内容の一部を批判した話題の報告書「グローバル・トレンド2030」の邦訳です。

とにかくまずは、
表紙カバーの下にある、右下の小さいグラフを
クリックしてみてください。
日本の国力(中間層の購買力)は、世界と比較してどんどん小さくなっていきます。

2030年は今とはまったく違う世界になっています。
1995年に国家としてのピークを過ぎた日本の国力は、人口減少・高齢化とともに
衰えていきます。2015年にはアメリカもピークを迎え、「唯一の超大国」の地位から脱落します。
経済発展著しい中国も2025年あたりを境に経済が失速、日本と同様高齢化社会を迎えます。
2030年ごろ、経済成長著しい国はインド・ブラジル・イランなどです。

これから「世界一の高齢者大国」「経済が縮小していく」日本は、
国家としてのグランドデザインを大きく代える必要があります。
にもかかわらず、2012年の衆院選で、その点についてきちんと
主張を行い、議論を呼びかけた政党は皆無でした。
それで良いのでしょうか?
この国で生きていく私たちの子供や孫がよりよい暮らしを送ることが
できるためにも、私たちはもっと真剣にこの国の未来について
「この国をどのような形にするのか」について話し合う必要があるのでは
ないでしょうか。

この本は、そんな議論のための「叩き台」になると思います。

【引用ここまで】
────────────────────────────────────




8、坂本孝『俺のイタリアン、俺のフレンチ─ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方』



ブックオフ創業者の坂本さんの一冊。

食材費60%超。
フレンチなのに立ち食い形式で驚異の3回転。

「一流の料理人が、高級食材を“じゃぶじゃぶ”使用した一流の料理をつくり、お客さまが驚くほどの安い価格で提供する」

既成の概念を覆したビジネスモデルを構築し、
成功を収めています。

坂本さんはこう言っています。

「ビジネスの戦いに勝つ条件は、そのビジネスモデルに「競争
 優位性」があること。そして、参入障壁が高いことです」

勉強になる一冊です。


────────────────────────────────────
【引用ここから】

今最も注目を集め、常に行列の絶えない飲食店「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」。
その代表取締役社長・坂本孝(ブックオフ創業者)の「俺の企業理念」は「利他の精神」だった。
その「利他の精神」は集う人々の能力を高め、業界の常識を覆していく──。
ビジネスのトップランナーに、業界でぶっちぎりに勝つ「競争優位性」を学ぶ!

第1章 希代の繁盛店「俺のイタリアン」誕生
立ち飲み居酒屋と、星付きレストランに着眼 ほか
第2章 2勝10敗の事業家人生
最初の家業で倒産の危機と、事業再生を経験 ほか
第3章 ブックオフがNo.1企業になれた理由
古本流通に新しい価値基準をつくる ほか
第4章 稲盛和夫氏の教えと、私の学び
稲盛氏との出会いで「利他の精神」を学ぶ
第5章 「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」は進化する
次の「競争優位性」はジャズライブとのコラボ ほか
第6章 「物心両面の幸福を追求する」決意表明
「人生を懸けて飲食業に革命を起こす」決意の数々
第7章 業界トップとなり、革新し続ける
株式公開に向かって動き出す ほか

今、東京・銀座、新橋界隈で長蛇の行列をつくっている「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」。
その始まりは2011年9月のことで、彗星のごとく飲食の街に現れた。
1号店の「俺のイタリアン新橋本店」は16坪で月商1900万円をクリアするなど、軒並み驚異的な繁盛を呈している。
その「俺の」シリーズを率いるのは坂本孝氏。
坂本氏は「ブックオフ」の創業者であり、16年間で1000店舗に成長させた人物である。そして突然の退任。
一時はビジネス社会から姿を消した坂本氏だが、再びの挑戦になぜ飲食業を選んだのか。
前代未聞の繁盛店はいかにして誕生したのか。
そして、これからのビジョンをどのように描いているのか。
まさに事業を創り出す天才、坂本氏がこの本の中で余すことなく語り尽くす。

【引用ここまで】
────────────────────────────────────



9、早野透『田中角栄 - 戦後日本の悲しき自画像』 (中公新書)



私は昔から田中角栄が好きで、
20から30冊は角栄本を持っています。

政治的にはそのスタイルも性格も、
私とは違うなあと感じますが、

根底に流れているものは共感しますし、
気配り、戦う意志、日本を変えていこうとする力などには、
参考になるところ大です。

日々のビジネスにも大いに参考になるのではないでしょうか。



────────────────────────────────────
【引用ここから】

卓抜した頭脳と行動で54歳で首相に就任。
退任後も金権政治、ロッキード事件を追及されながらも隠然とした力を誇った「今太閤」の真実

「コンピュータ付きブルドーザー」と呼ばれた頭脳と行動力で、高等小学校卒から五四歳で首相の座に就いた田中角栄。
「新潟三区」という雪深い地盤に“利益誘導”を行い、「日本列島改造」を掲げた角栄は、戦後政治の象徴だった。
だが彼の金権政治は強い批判を浴び、政権は二年半で終わる。
その後も巨大な「田中派」を背景に力を持ったが、ロッキード事件では有罪判決が下った。
角栄を最期まで追い続けた番記者が語る真実。

【引用ここまで】
────────────────────────────────────





10、倫理研究所編『毅然と立つ ─ 体験で綴る経営者の決断』



私渡辺も所属しております、倫理法人会の一冊。

経営には日々さまざまな困難が立ちはだかります。

私自身もそんな困難に立ち向かうため、
いろいろな諸先輩方にご指導いただいたり、
倫理法人会のモーニングセミナーなどで学ぶことは大いにあります。


しかし、だんだんわかってきたことは、
大きな会社の実力のある社長ほど、
常に学び続けているということです。

そして大きくなっても、
常にさまざまな困難があってそれを乗り越えているということもわかってきました。

「倫理経営」の真髄を6人の経営者から学ぶ一冊。



────────────────────────────────────
【引用ここから】

成功の陰に“難き”を選んだ英断がある

『倫理ネットワーク』連載の「経営体験記」を単行本化。
親祖先への恩意識、社員への感謝、夫婦・家庭円満─1つひとつの真摯な実践が企業を真に輝かせていく。
幾多の危機を乗り越えた6名の経営者が“倫理経営”の真髄を語る。


大窮地こそ度胸の見せどころ 緒方一義(おがたフードサービス有限会社)
食品づくりの鍵は現場にあり 山崎貞雄 (株式会社 ニッコー)
許し合う心が“和”を築く 大村秀明(株式会社 綜和)
感謝の心が生むアイデア商品 池 龍昇(株式会社 土佐龍)
見る観光から体験する観光へ 中野吉貫(株式会社 中野屋)
創業精神に根ざした経営を貫く 照屋義実(株式会社 照正組)

【引用ここまで】
────────────────────────────────────




おもしろそうな本がいっぱいあります。
オススメの本がありましたら、ぜひみなさん教えてください。

明日に続けます。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1028-57d4836c
    この記事へのトラックバック



    fx