GWに読むオススメの本その1 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

GWに読むオススメの本その1

2013年04月26日 18:00

今週末からゴールデンウィークです。
ふだんは分単位の予定を刻み、ビジネスに追われている方も、
五月上旬までは少し余裕ができることでしょう。

こんな時にわずかの細切れ時間を使って、
読書をし、5月以降の自分の糧をつくっておくことは大事なことと思います。


このメルマガでは毎年恒例のことですが、

お休みの合間に私渡辺が読んでみようかなと思っている本、
そして周囲からおすすめされている本、
そして私の大学の後輩である大西氏おすすめの本を、

今日から複数回にわたってお伝えしようと思います。

この中から早速Amazonや近所の書店などで購入していただき、
ゴールデンウィーク期間中に英知を養っていただければ幸いです。




1、藤田晋『起業家』(幻冬舎)


藤田さんと言えば、まさに「起業家」ですが、
あのネットバブルからけっこうな月日がたったのを感じます。

起業家、あるいは起業をめざす皆さんにはオススメの一冊です。

端々に見られる藤田さんの表現の一言一言に共感するのは、
起業し、経営を続けていくことがいかに困難かということが根底でわかるからなのかもしれません。

規模はちがいますが、
同じような経験をきっと起業家はしていることでしょう。


────────────────────────────────────
【引用ここから】

ベストセラー『渋谷ではたらく社長の告白』から8年。
ネットバブル崩壊、業界の低迷、再びのネットバブル。
絶頂の中、発生したライブドア事件、親友・堀江氏の逮捕、株価暴落、そして社長の退任を賭けて挑んだ未知の領域──。

その時、起業家は何を考えていたのか?
抱えた苦悩と孤独、そして心に沈めてきた想い。
焦り、嫉妬、不安、苛立ち、怒り、絶望──。
すべての真相を、今ここに!

魂をゆさぶる衝撃の告白。

《本文より一部抜粋》
「これダメだったら、おれも責任をとって会社辞めるからさ」
(中略) 突き抜けなければアメーバも、おれも終わりだ。
私はそう覚悟を決めていました。
しかしそれは、その道が正しいのかどうか、その先にゴールがあるのかどうかも分からないまま走り続ける、孤独なマラソンのようでした。

「ニュース見たか? ライブドアに家宅捜索だって」
(中略)堀江さんが犯罪容疑者としてパトカーで搬送されていく姿を見て、何か自分の将来がどす黒いもので覆われたような感覚がして、茫然とその場に座り込んでいました。
人とは違う生き方をする者への、世間からの冷たい仕打ちを目の当たりにしたような気がしたのです。
起業家として、ゼロからベンチャー企業を立ち上げていくと、世間の反感を買ったり、既得権益を得ている人から邪魔されたりします。
それでも前に進み続けるためには、強靭でタフな精神が必要です。
しかし、何か巨大で抗えないものに負けてしまった……そんな感覚だったのかも知れません。

【引用ここまで】
────────────────────────────────────




2、翁百合、西沢和彦、山田久、湯元健治『北欧モデル 何が政策イノベーションを生み出すのか』


北欧諸国が、
手厚い福祉の代わりに高い税を負担しているという話はよく聞きます。

その光と影の面もあるということで、
犯罪率が高いという話も聞かれます。

しかし多くの日本人は光の面も影の面もイメージとしてとらえてはいるものの、
実際の北欧諸国がどのような政策を打ち出しているのか、
知らないことが多いことと思います。

北欧の最新政策を知る一冊。


────────────────────────────────────
【引用ここから】

現在、社会経済政策の運営に成功している国々として注目される北欧諸国。
「手厚い福祉の代わりに高い税負担」という従来のイメージを超えた革新性はいかにして築かれたのか。

そのダイナミズムの秘密を追うとともに、日本への応用可能性を探る迫真の書。

【引用ここまで】
────────────────────────────────────




3、松波竜太『借入は減らすな!』



「借金を減らすな」

と言ったら、普通は

「あなたは何を言ってるのか?」

ということになると思いますが、
本書の主張は一見不思議に思えても、
論旨を理解するとなるほどなあと思える話です。

経営の世界では「資金繰り」がショートしないために、
どうするかということが至上命題です。

起業家、経営者の皆さんにはぜひ読んでいただきたい一冊です。


────────────────────────────────────
【引用ここから】

「利息も発生するから、借入はできるだけしない。
借入しても最低限にして、できるだけ早く返す」
そんな考えは、大きな間違い!

「借りなくていい資金繰り」の人件費より、1,000万円借りても月々2万5000円の利息のほうが、はるかに安上がりです。
利息は、資金繰りから解放され安定した経営のための「保険」なのです。

経営で大切なのは、資金繰りがショートしないこと。
そのためには借入で現預金を多く、長く持つ必要があります。

「晴れの日に傘を貸し、雨の日に取り上げる」銀行とうまく付き合う方法、
それは借りなくていいくらい多く現預金を持ち、銀行が貸したい「晴れの日」を常に作っておくことです。

この本の手順通りに手を打っていけば、誰でも、頭を下げなくても、銀行から多くの融資を引き出し
銀行が「借りてもらえませんか」と言ってくる状態を作ることができます。
今まで銀行が冷たかった、満足に貸してもらえなかったのは、手順を知らなかっただけなのです。

【引用ここまで】
────────────────────────────────────



4、兼田麗子『大原孫三郎─善意と戦略の経営者 (中公新書)』



以前、クラレの大原孫三郎コレクションの展示を見に行ったことがあります。

大原孫三郎という人は、
単なる経営者ではなく、まちづくりの観点も持って、
社会事業に貢献した経営者でした。

この時代にしては先進的だったとも言えますし、
日本の経営者は昔からもうけを世のため人のために還元していたとも言えますね。

日本人として誇るべきことだと思います。



────────────────────────────────────
【引用ここから】

「わしの目には十年先が見える」

「新事業は、十人のうち二~三人が賛成したときにはじめるべきだ、七~八人が賛成したときには、遅すぎる」

─経営者と社会事業家の二足のわらじを履き続けた大原孫三郎。
クラボウやクラレなど、多くの企業の創立・発展させるとともに、町づくりに貢献。
三つの研究所を設立し、総合病院や美術館をつくった。
社会改良の善意をいかにして行動に移していったか、その波瀾にみちた生涯を辿る。

【引用ここまで】
────────────────────────────────────





5、細谷雄一『国際秩序 - 18世紀ヨーロッパから21世紀アジアへ』(中公新書)



国際秩序の基本構造は19世紀以来変わっていない。

このことを前提に、
国際政治を冷徹に見ていく必要があります。

国際政治を見誤ると、悲惨な戦争が起こってしまい、
国家が荒廃してしまうことにもなりかねません。

現在の国際情勢を見極めるためにも、
300年間の国際政治の変遷を知っておく必要があるでしょう。


────────────────────────────────────
【引用ここから】

均衡・協調・共同体の三原理をもとに、一八世紀ヨーロッパから現代に至る世界政治の構造を読む。
日本外交を本質から考えるために。

「均衡」「協調」「共同体」─近代ヨーロッパが生んだ国際秩序の基本原理である。
本書はこの三つの体系を手がかりに、スペイン王位継承戦争から、
ウィーン体制、ビスマルク体制、二度の世界大戦、東西冷戦、そして現代に至る三〇〇年の国際政治の変遷を読み解く。
平和で安定した時代はいかに築かれ、悲惨な戦争はなぜ起こってしまったのか。
複雑な世界情勢の核心をつかみ、日本外交の進むべき道を考えるための必読書。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────




おもしろそうな本がいっぱいあります。
オススメの本がありましたら、ぜひみなさん教えてください。

明日に続けます。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1027-9903c4b4
    この記事へのトラックバック



    fx