『デフレ脱却は危ない』 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

『デフレ脱却は危ない』

2013年04月07日 18:00

日銀は4日の金融政策決定会合で、
2年間で前年比2%の物価上昇率を目指す

「量的・質的金融緩和」

の導入を決めました。

政策目標を「金利から量へ」ということで、
黒田総裁は自ら発言したように「異次元の政策」に踏み込みましたね。


5日の株式市場は、株価が上昇し史上最高の出来高数。
株価だけ見れば、本格的な日本経済上昇の機運が見えてきました。

ぜひとも早く、実体経済が立ち直ってほしいものです。


そんなとき、


高橋淳二『デフレ脱却は危ない─アベノミクスに突きつけられるジレンマ』(技術評論社)


という本を献本していただきました。

ありがとうございます。


この十年、デフレ脱却が日本経済の至上命題であり、
そのために様々な議論がなされてきました。

私も含め、多くの日本人が、


「一刻も早くデフレを脱却せよ!」


という思いでいたことと思います。


しかし本書では、


「デフレ脱却を実現したら日本は大変なことになる!」


というテーマで論が展開されています。


え?

と思う人も多いかと思いますが、
実際に読んでみると、共感できる部分も多いですね。

いまマスコミでは手放しで「アベノミクス」が持ち上げられていますが、
いくつかの問題点が指摘されています。


本書を読んでみると、筆者の指摘する問題点は、


金利リスクをどうするのか

政府の巨額債務をどうするのか



このことを考えていなければ、

物価上昇→金利上昇→国債価格の下落

を招いてしまうのではないかということでした。

これは日銀が発表しているのですが、

わずか1%の金利上昇で、銀行だけで6.4兆円の損失を抱える

という試算があるのだそうです。


つまり国債価格の下落によって、
それを保有する銀行経営が厳しい状況に陥ってしまうのではないかということが指摘されています。


本書ではその回避のために5つのプランが提案されています。


1、貸出業務の利益でカバーする

2、預かり預金の金利を低く抑え続ける

3、資金繰りに困った銀行に日銀が緊急融資する

4、バブル後の金融不安と同じように政府が銀行に資本注入して危機を回避する

5、暴落した国債を日銀が特殊な条件で緊急に買い上げる


どれも今は現実感覚のないものですが、
次の次にありうる展開の一つとして、
今からこのようなプランを考えておくことは大事なことですね。


そして日本経済が破たんとなった場合、
筆者は日本の優良企業が外資の傘下に取り込まれる恐れもあると言っています。

ここで、アジア通貨危機で経済崩壊した韓国の事例を挙げています。

近年の韓国経済は欧米流の合理化がすすめられて「奇跡の復活」を遂げたと持ち上げられていますが、
実態は「外資の下働き」になっているとの指摘です。

日本もその恐れがあるのではないかと。


いずれにしても、

「好景気、物価上昇、金利上昇」

という組み合わせが原則だという主張が本書の論旨となっています。


現在は株価も急上昇し、大企業のボーナスも上がりそうで、
景気のいい話がどんどんきていて、これはこれでいいのですが、

こんな時だからこそ、その背後にある問題点を事前に把握し、
このようになった場合、このような問題が起きると勉強しておく、

そんな意味で本書をぜひ読んでみてはいかがでしょうか。



私のいまできることは、
仙台で起業支援を進め、
産業政策の末端で地域経済活性化の一翼を担うことです。

いかなる状況になってもやり遂げねばなりませんが、
いま新聞雑誌で報道されている内容とはちがった視点も、
このような本を読むことで頭に入れておきたいものです。






高橋淳二『デフレ脱却は危ない─アベノミクスに突きつけられるジレンマ』(技術評論社)


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1014-7733303f
    この記事へのトラックバック



    fx