昭和天皇をお育てした乃木大将─メルマガ「国際派日本人養成講座」を読む - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

昭和天皇をお育てした乃木大将─メルマガ「国際派日本人養成講座」を読む

2013年04月05日 18:00

私は900日以上毎日メルマガを発行していますが、
ほかのメルマガを読むこともあります。

しかし日々時間に追われたりするので、
たくさんのメルマガを読むわけにもいきません。

そんな中で、私にもやはりこれはいいなあというメルマガがいくつかあります。
今日ぜひみなさんにオススメしたいのは、


Japan on the Globe-国際派日本人養成講座



というメルマガです。

創刊14年目という老舗メルマガで、
多くの方はすでにご存じのこととは思います。

国際派日本人になるために、
欠かせない情報がたくさんありますし、

何よりも多くの読者があり14年も続いているということが、
必読メルマガである証左でもあります。


今回、このメルマガ編集長の伊勢さんにご了解をいただいて、
全文をみなさんにシェアさせていただきます。


昭和天皇をお育てした、乃木希典大将。
明治天皇の思し召し。


私は大学の卒業論文で、
乃木希典大将が明治天皇崩御に際しとった態度について、
当時の日本人、特にキリスト教徒がどのような言論を展開したか

というテーマで取り組みました。

なつかしいテーマでしたね。


このメルマガ「国際派日本人養成講座」の内容は、
日本人としてぜひ知っておくべきことと思います。

ぜひみなさんにオススメしたいメルマガの一つですね。



Japan on the Globe-国際派日本人養成講座



───────────────────────────────
【引用ここから】



■■ Japan On the Globe(792) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■

国柄探訪: 国史百景(4) 昭和天皇をお育てした乃木大将

 昭和天皇:「私の人格形成に最も影響のあったのは乃木希典学習院長であった」

■転送歓迎■ H25.03.31 ■ 40,527 Copies ■ 3,672,001Views■
無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/


■1.「孫達の教育を託するには乃木が最も適任と考える」

 日露戦争後、陸軍の大御所・山県有朋は、乃木の才幹と大功から、参謀総長に栄転させようと明治天皇に内奏したが、天皇は日を改めて、山県にこう言われた。

__________
 先日乃木を参謀総長にとのことであったが、乃木は学習院長に任ずることにするから承知せよ。近く三人の朕の孫達が学習院に学ぶことになるのじゃが、孫達の教育を託するには乃木が最も適任と考えるので、乃木をもってすることにした。[1,p210]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 明治天皇ご自身が若かりし頃、西郷隆盛の発案で、山岡鉄舟など武士道で鍛えられた人格者に厳しく育てられた[b]。それもあって、皇孫殿下らを立派な天皇・皇族に育てるには、乃木のような高潔な人物こそが適任だと考えられたのだろう。

 山県は後に「陛下の乃木に対する異常の御信任に感激せざるを得ぬ」としみじみ語っている。


■2.「いさをある人の教(おしえ)の親にして」

 天皇は学習院長任命の際に乃木にこう言われた。

__________
 あまえは二人の子供を(JOG注: 日露戦争で)失って寂しいだろうから、その代り沢山の子供を授けよう。[1,p210]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 いかにも乃木に対する慈愛の籠もったお言葉である。さらに次のような御製(天皇の御歌)を乃木に賜った。

 いさをある人の教(おしえ)の親にしておほしたてなむやまとなでしこ

「おほしたてなむ」とは「いつくしみ育てよう」、「やまとなでしこ」とは、三人の皇孫を含む生徒らを指す。「いさをある人」とは、乃木のことだが、戦功だけでなく、武士道精神にあふれた誠忠ぶりをも指すのだろう。

 乃木はあまりの大任に軍人たる自分はとてもその任にあらずとためらったが、かくも懇切なる思し召しには辞退する由もなかった。次の歌で決心を語っている。

 身は老いぬよし疲(つか)るともすべらぎの大みめぐみにむくいざらめや(身は老いて疲れれるといえども、天皇の大き恵みに報いないわけにはいかない)

■3.「士卒と労苦をともにしていつでも第一線にあって」

「陛下の乃木に対する異常の御信任」がどこから来たのかを示すお言葉がある。明治天皇はかつて藤波言忠にこう語られた。

__________
 乃木は他のものと心掛けが違ってをる。多くのものは休職になるとか、予後備に編入されれば遠くで挙行する演習地にはでかけぬ。でかけてもただ後方にあるのみであるが、乃木のみは決して左様ではなく、いかなる遠い場所にでも必ず来ている。来ておるのみでなく、士卒と労苦をともにしていつでも第一線にあって視察しておる。[1,p93]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 当時、義和団事件で大陸に派遣された乃木の部下が、分捕った馬蹄銀をひそかに私有したという事件があり、自らの直接の責任はないのに、師団長を辞職し休職を願い出ていた。その休職の間にも、かくも熱心に演習の最前線に出ていたのである。

 乃木の能力だけでなく、明治天皇は、その無私の誠忠ぶりを国軍将兵、広くは日本国民のお手本と考えられていたのだろう。

 日露戦争が勃発すると、乃木は第3軍司令官として最前線に戻ったが、それには明治天皇の深い思し召しがあった。乃木は見事にそれに応えて、旅順要塞の攻略で日本の勝利に貢献し、降将ステッセルとの仁愛と礼節にあふれた会見で、世界を感嘆させたのである。[a]


■4.「心からの御敬礼の誠を尽くされんことを」

 明治40(1907)年1月、乃木は学習院長に着任し、その4月、後に昭和天皇となられる裕仁(ひろひと)親王を学習院初等科に迎えた。その後、雍仁(やすひと)親王(後の秩父宮)、宣仁(のぶひと)親王(後の高松宮)が入学された。学習院には、そのほかにも皇族方の子弟が数多く在学していた。

 乃木は持ち前の誠忠ぶりで院長の職務に向かった。皇族方のご教育方針として、「行状よろしくない時は遠慮無く正すこと」「成績についても斟酌しないこと」「勤勉、質素にお育てすること」などを定めた。

 裕仁親王のご入学後しばらくの間、登下校の際に玄関で深々と頭を下げて、お迎えお見送りをした。裕仁親王が挙手の礼を返されると、乃木は親王を呼び止めて、こう申し上げた。

__________
 尊師に対されました時には、心からの御敬礼の誠を尽くされんことをひとえに懇願し奉ります。[1,p213]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 敬礼一つに対しても、心からの誠を込めるべきだという注意である。親王は真剣にやり直しをされた。

 親王も乃木を深く敬愛されて、何かにつけて「院長閣下は、、、」と言及されるようになった。制服や靴下が破れて侍女が新品にとりかえようとすると、こう言われた。

__________
 院長閣下が着物の穴のあいているのを着てはいけないが、つぎのあたったのを着るのはちっとも恥じゃないとおっしゃったから、穴のあいたのにはつぎをあてておくれ。[1,p213]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 昭和天皇は、戦後の復興の後も、つぎをあてたコートを着られていたという。


■5.「うちのおやじ」

 乃木には立派な院長官舎が用意されていたが、それを使わずに、中等科・高等科の全生徒とともに寄宿舎暮らしをした。朝は4時半頃に起き、寝具など身の回りのことはすべて自分でやった。

 その後、雨が降ろうと雪が積もろうと、寄宿舎6寮を巡視し、初夏から晩秋にかけては雑草刈りもした。朝食と昼食は生徒らとともにし、生徒らに親しく声をかけ、姿勢の悪い者には注意を与えた。

 8時からの授業では各教室を巡視。一つの教室では必ず始めから終わりまでの約1時間、後ろに厳然と立って、生徒の勉強ぶりを観察した。放課後には、自ら防具をつけって竹刀をとり、生徒に稽古をつけた。

 夕食の後、6時から10時まで生徒の自習の時間には、乃木は自室で読書をし、10時、消灯ラッパとともに、生徒と同様に床についた。赤坂の自宅に帰るのは月に1、2度であり、それ以外は、この生活を殉死の時まで、5年半続けるのである。

 陸軍大将にして伯爵という天下の名将が、こうした質素かつ献身的な生活を生徒らとともに送ったことは、多感な生徒らに多大な感化を及ぼさずにはおかなかった。

 学習院生徒は大半が華族の子弟で、ぜいたくに甘やかされて育ったものも多かったが、乃木ほどの人物が生徒とまったく同様の生活をしているのだから、不平不満の言いようがない。生徒らは一ヶ月もたたぬうちに乃木を慈父のように慕い、みな「うちのおやじ」と呼ぶようになった。


■6.生徒たちとの談話

 乃木の居室には、しばしば生徒が押しかけたが、いつも喜んで迎えた。そのような時の談話を通して、生徒に己の信ずる道を語った。

 乃木は吉田松陰の教えを、松陰の叔父にあたる玉木文之進(たまき・ぶんのしん)を通じて受けたが、松陰がさらに師としたのが山鹿素行(やまが・そこう)だった。ある時、乃木は素行の主著『中朝事実』を生徒に示して、こう語った。

__________
 この本の著者は山鹿素行先生というて、わしの最も欽慕(きんぼ)する先生じゃ。・・・

 さてこの書物の書名となっている『中朝』というはつまり日本国の事で、『事実』とは日本国存立の大事実で、それを正しく静観直視せしめて、皇道日本の将来を卜(ぼく、判断)したのがこの書名の根本精神じゃ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 その序文について、生徒たちにこう説いた。

__________
 人は愚かな者で幸福に馴(な)れると幸福を忘れ、富貴に馴れると富貴を忘れるものじゃ。高潔なる国土、連綿たる皇統のもとに生を受けても、その国土、その大愛に狃(な)れると自主独立すべき根本精神を忘却し、いたずらに付和雷同して卑屈な人間と堕する者が頻々(ひんぴん)として続出する。これが国家存立の一大危機というものじゃ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________
 どうじゃな、ここの中華とは中朝と同じく日本国家の事じゃ。これは決して頑迷な国粋論を主張しているものではない。

 よきをとりあしきをすてて外国(とつくに)におとらぬ国となすよしもがな

と御製にもある通り、広く知識を求め外国の美風良俗を輸入して学ぶことは国勢伸張の秘鍵(ひけん)ではあるが、それは勿論皇道日本の真価値を識り、その大精神を認識した上でのことでなければならぬのじゃ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■7.「世界精神と国家精神とは両立するものでありましょうか」

 田中という生徒が「世界精神と国家精神とは両立するものでありましょうか」と質問した。乃木はこう答えた。

__________
 うん、面白い、確かに両立するものだ。世界精神を発揚せんとするには、まず正しき国家精神を擁護熱愛せねばならない。各自の国家を完全な道義国として生長せしめることによって、始めて全人類も一大飛躍を生ずるのだ。

 日本国家を完全な道義国として生長せしめるためには、まず建国の基礎たる一君万民、君臣一如の精神を探求し、各個の品格を高め、破邪顕正(JOG注: 邪道を打ち破り、正しい道理をあきらかにすること)、救国済民(JOG注: 国を救い、民を苦しみから救済する)の大旆(たいはい、大きな旗)を世界に確立する大勇猛心を要するものじゃ。

日本にさし昇る道義の光輝をもって世界の闇を照らさしむということは最高最大の愛国心である。この愛国の赤誠と、田中のいわゆる自主的世界精神とは究極において必ず両立するものじゃよ。[1,p232]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「道義の光輝をもって世界の闇を照らさしむ」の一例が、降将ステッセルとの仁愛と礼節にあふれた会見で、世界を感嘆させたことだろう。乃木は当時、国際的にも広く尊敬されていた日本人の一人であった。その世界精神は、乃木の国家精神からもたらされたものであった。

 乃木が説いたこの言葉は、多感な生徒たちの胸に深い志を植えつけたであろう。裕仁親王もそのお一人だったに違いない。


■8.「私の人格形成に最も影響のあったのは乃木希典学習院長であった」

 明治45(1912)年7月30日、明治天皇が崩御され、9月13日の御大葬後に殉死するという覚悟を胸に秘めていた乃木は、9月10日、裕仁親王と両宮にご挨拶をした。

 乃木は裕仁親王に、これからは皇太子となり、いずれは皇位に就かれるための御学問も必要になるので、「一層の御勉学らせられんことを願い奉ります」と申し上げた。さらに山鹿素行の『中朝事実』と三宅観瀾(かんらん)の『中興鑑言(ちゅうこうかんげん)」を差し上げて、こう申し上げた。

__________
 これは希典が平素愛読仕(つかまつり)ります本にて、肝心のところには希典が自ら朱点を施し置きましたが、今はいまだお分り遊ばされざるべきも、御為になる本にて追々お分かり遊ばさるべく、只今のうちは折々お側の者にも読ませて、お聴きとり遊ばさるるよう献上仕り置きます。[1,p267]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 鋭敏な裕仁親王は、いつもとは異なる様子を感じとられて、「院長閣下はどこかへ行かれるのですか」と尋ねられた。乃木は、「御大葬に参列する英国コンノート卿の見送りで、18日の学習院始業式にはお目にかかれないかも知れませぬ」と答えた。

 これが裕仁親王と乃木大将との最後の接見となった。晩年、陛下は「私の人格形成に最も影響のあったのは乃木希典学習院長であった」と言われている。

 昭和天皇は大東亜戦争の終戦に際し、「私自身はいかになろうとも、私は国民の生命を助けたいと思う」と言われて御聖断を下され[c]、また戦後は焦土となった日本全国を約8年半かけて御巡幸された[d]。

 ご自身の事は一切構わず、ひたすらに国家国民を思われる至誠の生き方は皇室の伝統的精神を受け継がれたものであるとともに、ご幼少の頃の乃木大将の人格的感化も大きかった。裕仁親王を立派な天皇に育てたいという明治天皇の願いを、乃木大将は渾身の誠忠を持って果たしたのである。
(文責:伊勢雅臣)

■リンク■

a. JOG(783) 国史百景(3) 水師営の会見 ~ 乃木将軍とステッセル将軍
 敵将に対する仁愛と礼節にあふれた武士道精神は世界に感銘を与えた。
http://blog.jog-net.jp/201301/article_5.html

b. JOG(775) 国史百景(2) 山岡鉄舟、若き明治天皇を諫(いさ)める
 酒に酔って殴りかかった若き明治天皇を、山岡鉄舟は体を張って諫めた。
http://blog.jog-net.jp/201211/article_5.html

c.JOG(101) 鈴木貫太郎(下)
 終戦の聖断を引き出した老宰相。
http://bit.ly/X0iOyu

d. JOG(136) 復興への3万3千キロ
 「石のひとつでも投げられりゃあいいんだ」占領軍の声をよそに、昭和天皇は民衆の中に入っていかれた。
http://bit.ly/W8QdTi

■参考■(お勧め度、★★★★:必読~★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 岡田幹彦『乃木希典 高貴なる明治』★★★、展転社、H13
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4886561861/japanontheg01-22/

■編集長・伊勢雅臣より

 読者からのご意見をお待ちします。
 本誌への返信、またはTwitterで、@ise_masaomi あて、お送り下さい。

====================
Mail: ise.masaomi@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/#!/ise_masaomi

または本メールへの返信で
姉妹誌「国際派日本人のための情報ファイル」JOG Wing
http://blog.jog-net.jp/
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
====================



【引用ここまで】
───────────────────────────────
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1005-c4487ed4
    この記事へのトラックバック



    fx