fc2ブログ

【渡辺勝幸ご報告】今年令和6年度も東北大学大学院で「情報技術経営論」を教えることになりました!



みなさまにご報告ですが、
私渡辺勝幸は今年、令和6年度も、


東北大学大学院(仙台市青葉区)で、
「情報技術経営論」の講義をする機会をいただきました。


東北大学大学院情報科学研究科の非常勤講師ということで、
「起業と経営」を中心として、政策形成や起業家の生の声を、
大学院生に対し講義でお伝えするものです。




今期でついに11年目の大学講師業になりますが、
そろそろ本業との両立も考えなければというところもあり、
本年で最後の講師としたいと思っているところです。




株式会社つくる仙台として長年にわたり、
起業家支援、創業スクール事業を進めてきましたが、


宮城県議会議員としても種々の経済政策にも関わったりしておりますので、


ここで得た経験を生かし、
学生さんたちに対して


「起業家精神」


をお伝えできればと思っております。




また、私が公務日程のときには、
つくる仙台の起業家支援企画に携わっていただいたり、
仙台を中心に大活躍している起業家の方々に、
ゲストスピーカーとしてお話をしていただき、
大学らしからぬ講義を今年も展開していく所存です。


ここ数年はファイナンスについても、
掘り下げているところですが、さらにお伝えできればと思っています。


とりわけコロナ禍以降はオンライン講義と対面併用で、
Google Classroomやgroups、
グループワークは「Stock」を活用しましたが、


今年もいろいろと工夫をして、
学生どうしのコミュニケーションも図れる仕組みを作りたいと思っています。




また、こうしたテーマでの講演は、大学に限らず、
随時お引き受けいたしております。


公務がなく、時間が合えば、
全国どこにでもお伺いしますのでご連絡ください。






────────────────────────────
【以下シラバスです】


令和6年度情報技術経営論


■授業の目的・概要及び達成目標等
・授業の目的
起業家学。会社の作り方、ゼロから事業はいかにしてつくられるか、起業成功のエッセンスを学ぶことにより、ビジネスで成功する極意を習得し、受講者が修士終了後社会に出たときに即戦力として活躍できることを目的とする。


到達目標
・情報科学を基礎として起業することに理解を深める。


■授業計画


・起業に必要なものは何か―逆境こそチャンス
・起業戦略と新規事業立案戦略―6W2H
・起業支援政策の形成過程―政府の成長戦略とは
・ビジネスは問題から生まれる―問題把握、現状分析と客観視
・実際に事業を「つくる」
・どの会社にも必ず起業家がいる―起業家の歴史
・起業がうまくいくチームは「桃太郎」
・集客、営業の基本―ドラッカーの「顧客の声を聞く」
・値決めは経営―価格はどのようにして決められるのか
・起業とファイナンス
・公益経済と共通価値の実現(ポーターの経営論)
・プレゼンを学ぶ・ファイナンスについて(お金の借り時はお金を返せるとき)
・起業家ヒアリング(起業支援、「私が0→1ビジネスに挑む理由」、「日本と世界を繋ぐビジネスクリエーター 中小企業の国際化支援事業」、「クラウドファンディングによる起業と新しい出版のかたち」、「アクアイグニス仙台設立物語 ?復興から次のステージへ?」、「越境する福祉」など)


授業は資料に基づいて行う予定。




■成績評価方法及び基準
レポートで評価する


■教科書、参考書
資料を配付する予定


■関連ウェブサイト


■オフィスアワー(面談可能時間)
授業開始日に説明します。


■その他
オンラインでの質問を積極的にお待ちします。




【シラバスここまで】
────────────────────────────




東北大学大学院情報科学研究科
⇒ http://www.is.tohoku.ac.jp/


シラバス
⇒ https://www.is.tohoku.ac.jp/jp/forstudents/syllabus.html






今年も多くの学生さんとの対話ができることを楽しみにしています。



慶應義塾大学法学部政治学科玉井清教授最終講義に参加しました



令和6年3月16日、慶應義塾大学三田キャンパスにおいて開催された、
慶應義塾大学法学部政治学科玉井清教授最終講義・懇親会に参加しました。




私の大学・大学院時代の指導教授であった玉井清教授の最終講義。
玉井先生の近代日本政治史を学んでから四半世紀が経過しました。


当時の先生は今の私よりも若く、
学生時代の私は、先生の厳しい論文指導をいただいた記憶がありましたが、
先生は今でも元気はつらつ、滑舌のよさも変わらずでした。


慶應義塾のいわゆる「玉井の右翼政治基礎」から、
優秀な後輩が各界で活躍しているようで、これからも楽しみです。


ひさしぶりに三田キャンパスを歩き、
山食のカレーも食べました。




玉井先生からは、論文を書くことの難しさと楽しさを、
そしてある時代の空気を本や雑誌、新聞を読むことで
理解することを教えていただきました。


マイクロフィルムを縦横無尽に使って、
大学から離れた後も、それぞれの時代を感じることができたのも懐かしい思い出です。




そして、文章を書くこと、
難しいことをいかに簡単にわかりやすく書くかということも、
玉井先生から教えていただきました。


なかなか今になってもできないのですが、
難しいことをわかりやすく説明するというのは、
政治家にとっては重要な能力の一つであると今さらながらに感じるところです。




貴重な学びの場であった三田キャンパスに久しぶりに足を踏み入れ、
いずれ政治の世界から離れる時が来た際には、
ゆっくり学問の世界を楽しみ、読書をできればと考えたりもします。




引き続き、三田キャンパスで玉井先生は講義を受け持つとのことですが、
いつまでもお元気で活躍されることを心よりお祈り申し上げます。


玉井先生、ありがとうございました。





第391回宮城県議会(令和6年2月定例会)が閉会となりました



3月13日、

第391回宮城県議会(令和6年2月定例会)が閉会となりました。


この議会では、病院再編計画について


「県が関係者への丁寧な説明に努めること」


などを求めるとした付帯意見を付けた上で、
一般会計の総額でおよそ1兆238億円の新年度予算案などが可決・成立しました。


意見書では、


「生涯を通じた国民皆歯科健診の実現を求める意見書」、
「若者のオーバードーズ(過量服薬)防止対策の強化を求める意見書」、
「国の補充的な指示の創設に関する意見書」、
「会計年度任用職員制度の改善とそのための地方財政措置を求める意見書」、
「ライドシェアの導入に対する慎重な検討及び地域公共交通を守る施策の推進を求める意見書」


を全会一致で可決。


「巨大災害に備える『防災省(仮称)』の創設等を求める意見書」について、討論の後採決、共産、立憲無所属の一部が反対しましたが賛成多数で可決。




この議会で私は、自由民主党・県民会議の幹事長として、
自民会派の意見集約や会派を代表しての活動を中心に、
また、環境福祉委員会委員として活動したところです。




特に、1号議案である令和6年度予算については、
新年度宮城県の骨格となる予算として、
半導体関連、DX、インバウンド対策など、
様々なテーマの予算が計上されていましたが、


メディアで話題となっている病院再編問題についても
基金関連、調査費を含み計上されました。




会派として、自民会派所属議員33名全員からこの1号議案について、
一人ひとりご意見を伺ったところ、
当初予算について「三十三人三十三様」の声がありました。


同じ会派であっても、それぞれの地域事情や考え方があり、
二つの賛否どちらかという選択肢をとることは、
それぞれの議員にとって多様な思いを一つにする難しさがあるのだということをあらためて感じたところです。




結果として付帯意見をつけることを会派全員にご了解いただき、公明会派の皆さんとも議論し了解をいただき、
また仙台市選出議員としては知事に直接言うべきことを言う要望という形にまとめ、
最後は会派として賛成討論でも言うべきを言うという形になりました。


【付帯意見】
1 仙台医療圏の病院再編については、国の「重点支援区域」の選定において付された条件を踏まえ、県として、関係者等への丁寧な説明に努めること。
2 がん医療機能が将来にわたって維持されるように、県が責任をもって協議に当たること。


採決までのプロセスも含めて、村井知事をはじめ、
宮城県庁の皆さんには重く受け止めていただきたいと考えています。




いずれにしても、令和6年度の宮城県当初予算が成立し、
4月からまた新たな県政が動き出します。


宮城県が、より活性化し、元気をつくるような予算でもあり、
この一年がさらに楽しみです。


常に新しい県政をつくるという意気込みをもって、
新年度も取り組んでいきたいと思います。






ー-------------------------


引き続き、多くのみなさんの御意見を伺い、
衆知を集める政治を常に意識しながら、
今後とも全力で取り組んでいきたいと思います。


みなさまのご支援を引き続き賜りますよう、
改めてお願い申し上げます。



東日本大震災から13年ー次の時代へ、そして全国へ伝え続けること



本日3月11日で、


東日本大震災からちょうど13年の月日が経ったことになります。




毎年と同じように今日は、
私の地元六郷地区の東六郷コミュニティ広場にある、
東日本大震災慰霊碑の前で、地元の皆さんと14時46分を迎えました。


若林区沿岸部であるこの六郷地区では、
沖野地区の5名を含め126名の方が津波により亡くなられました。


このコミュニティ広場は、三年前の春、
被災した旧東六郷小学校跡地に新たにつくられたものです。




今日は、荒浜地区の観音様、井土地区の慰霊碑にも足を運び手を合わせ、
この東六郷地区の後には、毎年と同じように、
仙台市役所前の市民広場で開催された「キャンドルナイト2024」に伺いました。


このイベントで、美しい声で合唱をしている小学生も、
もう震災のことは直接知らない世代になっており、
13年という月日が過ぎ去ったのだということを感じさせられます。




しかし私としては、いまでもテレビや新聞等で、
あのときの映像が目に入ると、
心が落ち着かなくなり、いろいろ思い出しますし、


旅立ってしまった同級生、
あの友人やこの友人、お世話になった方々などを思い出します。






思い起こすと、平成23年は、あの震災があり、
県政で復興を実現したいという思いから私は県議選に出馬、
そして「落選した」年でした。


そういう意味では、
私にとっては政治を志す大きなきっかけになった年から、
13年の月日が経ったともいえます。




今後少子化が進み人口減少社会のなかで、
どのように地域を復興から次のステージへ発展させていくか、
非常に難しいところです。


被災地の課題はコロナ禍を経てさらに山積しているところですが、
この13年、震災からの復興のために、
全国、全世界から多くの方々にご協力をいただき、
また国からの支援があったことでここまで何とか来ることができた、


このことにあらためて感謝申し上げながら、
東北から元気を発信し、
お返しをしていかなければならないと思っています。






今年の1月1日に起きた、能登半島地震、
そしてその後、北陸で復興に尽力されている多くの皆さんには、
心からお見舞い申し上げますとともに、


東日本大震災で私たちが経験したことを共有し、
私たちの時より少しでも早く復興が進むよう、
できる限りの協力をしていかなければならないと思いますし、
宮城県庁としても様々な支援をこれからも進めていかなければと思います。




そして特に防災政策、復興政策などは、
今後も相次いで災害が起きることが予想されるわが国においては、


能登半島だけではなく、残念ながら今後あらゆる地域で起こるという前提で、
いざというそのときに活用できるようにしていかなければなりません。


これからは、東日本大震災からの復興を完遂することに加えて、
今後各地で頻発する災害対策に、震災における知見を活かすこと、
そして同時に震災で経験した被災の知見を被災地から発信し伝え続けること、


「支える側に回り、伝え続ける活動」


が、被災地の私たちに課された使命であると感じています。


そして若い世代、震災を知らない世代がこれからさらに増えていきますので、
風化しないための活動、次の時代に伝え続ける活動も、
今後重要になってくると思います。


もちろん、風化する、忘れてしまうことも、
私たちにとって心の安定という点では必要なことであるとも言えますが、
忘れてはならないこと、伝えなければならないことがあるのだろうと思うのです。






ーーーーーーーーーーー


あのとき。


私は、震災直後の信号機が壊れた仙台港近くを通ることがありましたが、
車の誘導をしているパトカーは、


「沖縄県警察」でした。


岩沼市で見かけた給水車は、香川県の


「丸亀市」


の支援によるものでした。




地元の沖野中学校の避難所には、
震災後すぐに「京都市」から支援をいただきました。




沖縄のパトカーを仙台で見ることなどもうないでしょうし、
香川の給水車からこの宮城県で水をいただけるシーンを見ることも、
もうないことでしょう。




震災からわずか数日で、
全国からこのような応援をたくさんいただいたことに、
とても驚きましたし、


その後も全国、全世界から応援をいただいたことは、
本当にありがたく、力強い心の支えだったと思い起こされます。




避難所で新学期に文房具がないということを知り、
このメルマガなどで発信し、
全国、全世界からほんとうにたくさんの文房具を万単位で
読者の皆さんから送っていただきました。




ありがたい気持ちが、
私たちの心にいまでも深く刻まれています。


みなさん、ありがとうございました。






ーーーーーーーーーーー




そして思い起こすと、
私自身もあの日、
そしてあの日からいろいろなことが一変しました。


平成22年、23年は私の人生のどん底で、
大転換期であったかなと今になってみると感じます。


あのころは別れが多く、
涙を流すことも多く、


悲しい思いもたくさんしましたし、
つらい思いもたくさんしました。




しかしどんな窮地に陥っても、


「いまここにこうやって生きている、
命があることだけでありがたいことだな」


と必ず思えたことで、
この厳しい時を乗り越えることができたように思います。




ーーーーーーーーーーーー


これからは、
私たちが多くの方に、少しでもいいので、
全国の方々の力になれるよう努力をしていかなければなりません。


私たち東北の人間が、
日本のために、世界のためにどこかで役立てるよう、


そして役立つことで私たち自身が
幸せを感じられるように
なっていかなければならないと思っています。




この13年間、
いつ死んでもいいという思いで、
あらゆることに取り組んできましたが、


ここからさらに、宮城県政の最前線で、
全力を尽くしていきたいと思います。


新しい宮城をつくる、
新しい日本をつくることを意識して、
この経験を必ず生かす政治を実現していきたいと思います。








東日本大震災から13年。


●全国の避難者等の数は、29,328人(令和6年3月1日現在復興庁調べ)
⇒ https://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat2/sub-cat2-6/20240301_hinan.pdf


●全国の震災の死者数は、15,900人(令和6年3月8日警察庁発表)


●全国の震災による行方不明者は、2,520人(令和6年3月8日警察庁発表)


です。


震災から13年たった現在も、この数字を見ると、
まだ復興が終わったとは言えない現状ですし、


悲しみやつらさをたくさん抱えた13年でしたが、
それでもやはり、


「破壊されるものがあれば、
そこには必ず創造されるものがある。」




そう信じながら同時に、


宮城県の政治家として
地域のみなさんの先頭に立って、


「つくる」


活動を継続していきたいと思います。




みんなで、がんばりましょう。






「東日本大震災から12年ー次の時代へ伝え続けること」(R5.3.11)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-3045.html


「東日本大震災から11年ー伝え続けること」(R4.3.11)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2953.html


「東日本大震災から10年、そして次の10年」(R3.3.11)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2834.html


「震災から九年─支えることと伝えること」(R2.3.11)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2729.html


「震災から八年─政治を志して八年」(H31.3.11)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2728.html


「震災から七年─震災後に生まれた小学一年生がまもなく入学」(H30.3.11)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2459.html


「震災から六年─小学一年生は卒業式」(H29.3.11)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2298.html


「震災から五年─「復興・創生期間」ここからが勝負!」(H28.3.11)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2121.html


「東日本大震災から四年─破壊から創造を」(H27.3.11)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-1726.html


「つくるの原点─震災から三年になりました」(H26.3.11)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-1354.html


「東日本大震災から二年─平了のハチマキというバンド」(H25.3.11)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-981.html


「東日本大震災から一年がたちました」(H24.3.11)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-607.html













ご支援御礼(令和元年10月)

渡辺勝幸は令和元年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,273票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に二回目の当選を果たしました。今後ともふるさと宮城の復興完遂のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(令和元年10月27日執行・投票率28.18%)
当 渡辺勝幸    自民現  10,273
当 三浦奈名美   立民新 7,634
当 福島一恵    共産現 7,047
次 高橋克也    自民新 6,486

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
32位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

メルマガを毎日書いています!

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
メルマガ購読・解除
 

ご支援御礼(平成27年10月)

渡辺勝幸は平成27年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,041票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に初当選しました。今後ともふるさと宮城に強い経済をつくるために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成27年10月25日執行・投票率31.28%)
当 渡辺勝幸    自民新  10,041
当 福島かずえ   共産新 9,433
当 細川雄一    自民現 7,490
次 千葉あさこ   民主新 5,849

渡辺勝幸後援会事務所

渡辺勝幸後援会事務所
984-0816 仙台市若林区河原町1-7-29-101
TEL 022-398-6266 FAX 022-398-6269

最近の講演報告・講演実績

検索フォーム

アクセスランキング

ご支援御礼

渡辺勝幸は平成23年11月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、5,042票という貴重な票をいただきましたが、落選いたしました。残念な結果ではありましたが、今後ともふるさと宮城の復興のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成23年11月13日執行・投票率34.65%)
当 細川雄一    自民現 7,728
当 本多祐一朗   社民現 6,536
当 千葉達     自民現 6,031
  福島かずえ   共産新 6,000
  渡辺勝幸    無新  5,042
  菊地ゆきお   み新 2,903
  小野寺かずたか 無新 978


120216 gaitorokuchonomeAkXOfoVCMAAmJYo 早朝街頭を続けています。平成24年1月撮影。

渡辺勝幸の政治活動を応援していただける方は、まず無料の「渡辺勝幸後援会メールマガジン」にご登録ください!

【渡辺勝幸応援団よりのお願いです】
渡辺勝幸後援会に入る方法

このブログについてご説明

このブログは、渡辺勝幸が3,300日以上毎日書いているメルマガ「日本一元気になるビジネスマガジン」の過去記事を中心に構成しています。メルマガでは、ブログに書けない話なども書いていますので関心のある方はぜひどうぞ。メルマガ登録はこちらから。

メルマガを3,300日以上毎日書いています

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。 9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。 政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、 意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。 1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。 失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。 著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。 起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Facebookページに「いいね!」

「いいね!」するだけで、つくる仙台の日々の更新情報が届きます。たまに「ここだけの情報」をお伝えします!