fc2ブログ

私は、「政治家ほどすばらしい仕事はない」と思っています



令和5年、仙台市議会議員選挙も明日が最終日、
7月30日が投票となります。


東日本大震災で選挙期日が延期され、
仙台市議選は平成23年以来、真夏の過酷な選挙となっています。


そして10月22日には、
宮城県議会議員選挙も予定されており、
今年は、「選挙の年」であります。




選挙のたびに私が感じるのは、


「政治家ほどすばらしい仕事はない」


ということです。


選挙が一つのスタートになるわけですが、
その後の政治家としての様々な仕事をやればやるほど、


少しずつ微々たるものですが、
そして私の力はまだまだ小さいので大きくはありませんが、


それでも、政治家は「世のなかをよりよくすることができる」
ということを選挙のたびに、そして日々感じているところです。




同時に思うのは、


「私たちはだれもが選挙に主体的に関われば関わるほど、
世の中をよりよくすることができる」


ということです。


逆にいえば、


「選挙を(あるいは候補者を)斜めから見て、
ただ批判をしているだけ、
ただ論評をしているだけでは何も変わらない」


とも言えます。




だからこその「投票行動」であり、
投票所へ足を運ぶ、
この行為が「世の中をよりよくする第一歩」なんですね。






その次に世の中をよりよくする行為、第二歩は、


「他者に投票行動を促すこと」


だろうと思います。


「●●さんを、●●党を応援してほしい」
とお願いすることは、
最初のうちは気が引けるものですし、
断られたらどうしようとか思うものですが、
ここが二歩目なんだろうと思います。






さらに世の中をよりよくする行為、第三歩目は、


「政治家を育てる」


ということだと思います。


後援会活動に積極的に参加したり、
ボランティアで選挙戦に取り組むことで、
自分自身が得られるものも大きいものですが、


政治家を応援することで、
世の中をよりよくする活動に本格的に参画することになるでしょう。






そして次に世の中をよりよくする行為、
第四歩目は、やはり


「自分自身が選挙に立候補する」


ことだと思います。


ここからのハードルは非常に高いと思いますが、
私はどの党であれ、どの立場であれ、どんな結果であれ、
選挙に出ようと決意をした方を尊敬しています。


主張は異なったとしても、
立候補するという行為は、


「人生を賭けて世の中をよりよくしたい」


という志がその前提にあるわけですから、


結果の如何を問わず、
素晴らしいことだと思います。


他党の皆さんとは、政策論争はもちろんするわけですが。






政治家に不満はあると思います。
政党に対する嫌悪感がある方もいるでしょう。


しかし私は、
政治に対して本氣で不満を抱く人は、
この「立候補」という行為に、
必ずや行きつくはずだと思っています。


「アベ政治を許さない」


でもいいでしょう。


「経済活性化政策をもっとやるべきだ!」


でもいいでしょう。


「自分でなければこの世の中を変えられない!」


と本氣で思えば、
「最終的には出馬にいたるはず」だと思っています。




そこまでではない、
自分にはほかにもっと大切な価値観があるんだ、
それはそれでよいことだと思います。
そのことを否定しているわけではありません。


その場合には、
これぞという政治家を応援したり、
投票所に足を運べばよいのだと思います。




まったく世の中が変わらない、
またはむしろ悪くなっていくのは、


「選挙を(あるいは候補者を)斜めから見て、
ただ批判をしているだけ、ただ論評をしているだけ」


の行為なのだと私は思います。




特定の政治家を批判したり、
特定の政党を批判すること、
これは民主主義国家で許されていることですし、
私自身も様々なところで批判されています。


批判されることが増えてきてありがたい限りですが。






そして残念ながら立候補を決意されても、
落選される方もいらっしゃいます。




私も落選を経験しているので、
そのつらさはご本人にしかわからないものがあるのですが、


それでも立候補するという行為は、


「人生を賭けて世の中をよりよくしたい」


という志がその前提にあるわけですから、
結果の如何を問わず、
素晴らしいことだと思う次第です。




必ずその思いは、
よりよい世の中をつくるパワーとして生かされます。


そして残念な結果にもかかわらず、
次へ向けて動き、活動を継続していった方には、
また新たな力が加わっていくはずと確信しています。








そして最後に、
最も世の中をよりよくすることができるのは、


「現職の政治家」


であると私は思っています。
政治家であること。




いろいろな人に後ろ指をさされたり、
新聞や週刊誌に悪口を書かれたり、
ネットでも嫌味を言われたり炎上されたりするわけですが、


政治家こそが、
世の中をよりよくしていくことができるのです。




私はまだまだ力不足なので、
少しずつ少しずつしか変えていけませんが、
それでも「少しずつ変えている」という実感を持っています。




ひとりでも多くの方々が、
政治をシニカルに論評するのではなく、
「行動を」してほしいと思っています。




一票を行使する、
あるいは政治活動をする、
そしてさらには立候補するという方々がどんどん増えていき、


世の中をよりよくしようという政治家が、
競い合うようになるとよいなあとも思います。




いずれにしても、
世のなかをよりよくするという点において、
政治家ほどすばらしい仕事はないと思うところです。




私もこれからさらにさらに頑張って
宮城県をよりよい県にしていきます。


そして政治家をめざしたいという
若い世代の方がさらに出てくるよう期待したいですし、


そんな志を持つ方がいらっしゃれば、
ぜひご相談をいただければと思います。




ともにがんばりましょう。

宮城県議会大震災復興調査特別委員会の県外調査で、福島第一原子力発電所、復興庁を訪問しました





令和5年7月26日から27日にかけて、
宮城県議会大震災復興調査特別委員会の県外調査で、
福島第一原子力発電所、復興庁を訪問しました。




メンバーは以下の通りです。


委員長 本木 忠一 (自由民主党・県民会議)
副委員長 熊谷 義彦 (社民フォーラム県議団)
委員 ゆさ みゆき (みやぎ県民の声)
委員 佐々木 奈津江 (みやぎ県民の声)
委員 三浦 一敏 (日本共産党宮城県会議員団)
委員 大内 真理 (日本共産党宮城県会議員団)
委員 遠藤 伸幸 (公明党県議団)
委員 佐藤 剛太 (自由民主党・県民会議)
委員 伏谷 修一 (自由民主党・県民会議)
委員 渡邉 重益 (自由民主党・県民会議)
委員 高橋 宗也 (自由民主党・県民会議)
委員 渡辺 勝幸 (自由民主党・県民会議)
委員 守屋 守武 (自由民主党・県民会議)
委員 石川 光次郎 (自由民主党・県民会議)
委員 畠山 和純 (自由民主党・県民会議)






●宮城県議会大震災復興調査特別委員会県外調査一日目。
「福島第一原子力発電所事故被害関連の対応について」
(廃炉資料館、東京電力ホールディングス株式会社新事務本館、福島第一原子力発電所構内)


福島第一原子力発電所各号機の状況
⇒ https://www.tepco.co.jp/decommission/progress/about/




東日本大震災から12年の月日が経過しました。
福島第一原子力発電所の現状と廃炉に向けた状況を含め現地調査、


東京電力ホールディングス株式会社福島復興本社の高原一嘉代表に対し、
宮城県議会として、


「福島第一原子力発電所事故に起因する被害への迅速かつ十分な対応
及び原発事故の早期完全収束を求める要請書」


を提出し、質疑応答をしました。


現在は廃炉に向けた作業を、一日当たり四千人の作業人数で展開、
冷温停止から30~40年後での廃炉をめざして動いています。


またALPS処理水の海洋放出についても、
安全確保のための設備についてご説明をいただきました。




宮城県議会としての要請はいくつかありますが、
まずは「被害の実態に即した損害賠償の実施について」。


宮城県内において原発事故がなければ生じることがなかった損害について、
その支払率は宮城県になるといまだに非常に低い状況にあり、
地域や期限の制限を設けることなく、実態に即した対応を求めるということです。




第二は、「福島第一原発のいわゆるALPS処理水の放出に伴い、
風評被害が発生した場合の賠償基準の見直しについて」。


東京電力は令和4年12月に賠償基準を公表しましたが、
風評被害を受けている宮城県の関係団体の理解を得ないままに定めており、
賠償基準の見直しをすべきとの要望。




第三には、処理水の対策について。
新たな風評が生じる懸念が多く、
これまで十年以上にわたり積み重ねてきた復興や風評払拭の成果が水泡に帰す懸念がある。


風評被害を生じさせないよう、国民・国際社会へ向けた科学的根拠に基づく説明と
理解情勢に向けた取組の強化など、国とともに最後まで責任を持って対応すること。




そのほか含め七項目の要望内容です。




福島第一原発に起因する課題は様々ありますが、
ALPS処理水の問題について、中国は日本の海産物を全量検査し、
日本の食品輸出にダメージを与える戦略に出ているのが現状です。


残念ながらこれにより、海洋放出がいまだ始まっていないものの、
宮城県内の水産関係者は今月から大きな打撃を受け始め、
カキやホタテ、アワビの漁業者を中心に、水産加工業者のみなさんは非常に厳しい状況に陥っており、
経営が大変厳しく、廃業を検討しているという声が非常に大きくなってきました。


外交的にみて中国のこうした対応に屈してはならないと考えますが、
一方で漁業者や水産加工業者が壊滅してしまい、
宮城県のみならず我が国の水産業界が取り返しのつかない状況になってしまってはなりません。


東アジア諸国への水産物輸出について販路拡大を急ぐとともに、
苦境に陥って廃業直前となっている水産関係者を守ることは大きな国益であると考えます。










●宮城県議会大震災復興調査特別委員会県外調査二日目。
「震災からの復旧・復興対策に係る要望活動」(復興庁)


霞が関の復興庁を訪問し、
小島敏文復興副大臣に対し、宮城県議会として、


「震災からの復旧・復興対策に係る要望書」  


を提出しました。


「東日本大震災復興関連予算の確実な措置」
「福島第一原子力発電所事故の損害賠償に対する支援」
「福島第一原子力発電所に係る処理水・汚染水・廃炉対策」


など11項目を要望しました。




宮城県はわが国有数の水産県であり、
今回の風評被害により水産業界はすでに大きな打撃を受けています。


安全で安心な水産物、しかもとてもおいしい水産物がたくさんありますし、
宮城の水産物を私も、毎日美味しく食べています。




しかし震災以降、厳しい経営状況下にある水産業界は、
今回の風評被害、そして今月に入っての中国による全量検査で瀕死の状況となっています。


美味しい水産物は、たくさんの人による人手を必要とし、
輸送という観点も重要でありますし、天候に左右されというる面もあります。


日々暮らしていると、当たり前のように美味しい水産物を食べているように思えますが、
たくさんの関係者の皆さんのご苦労とリレーで、
食卓で、飲食店で、美味しい水産物を食べることができているのが実態です。


日本の水産物は海外からも高い評価を受けるほど素晴らしいものです。




東日本大震災からの復興やエネルギー問題も含め、
様々な複合的な課題の解決は複次方程式を解くような難しい政策テーマではありますが、


食料安全保障という観点からも、
宮城県水産業の苦境に大きな力を与えていただきたいと強く思う次第です。








「処理水海洋放出について宮城県議会議員らが東京電力に要望」
(khb東日本放送 2023/07/26)
⇒ https://youtu.be/dopP9Zx-4G4







本日、仙台市議会議員選挙が告示されました

362611657_7304621742898322_1933065495997425257_n.jpg

362619097_7304621759564987_6030257397301950287_n.jpg

本日令和5年7月21日、

仙台市議会議員選挙が告示されました。

仙台市議会の定数は55ですが、
76人が立候補を届け出ました。

私の地元の若林区では、
定数7に対し10人が立候補、
倍率1.43倍と最も高い倍率になっています。

初日ということで私も地元若林区の市議会議員候補の応援をしましたが、
今日は宮城県議会の常任委員会日ということで議会日程もあり、
なかなか時間は取れませんでした。


今回の仙台市議選若林区では、

佐藤正昭(自民公認)
菊地崇良(自民公認)
菅原正和(自民公認)
猪又隆広(自民公認)


の四人を中心とし、友党公明党の竹中栄雄候補を含め、
他の四区の仙台市議候補も応援していきたいと思っています。

平成23年の東日本大震災以来、
仙台市議選は統一地方選からずれて夏に行われており、
暑いさなかの厳しい選挙となりますが、多くの皆様に支持を訴えてまいりたいと思います。

前回の仙台市議選若林選挙区の投票率は、35.7%でした。
3人に1人しか投票に行っていないという計算になります。

ぜひ多くの皆さんに投票場へ足をお運びいただきたいと思いますし
明日からは期日前投票が、若林区役所を含め各区の区役所と、
仙台駅前アエル5階にて実施されますので、
ぜひ期日前投票もご利用いただきたいと思います。


今日は片山さつき参議院議員が仙台へお越しいただきました。
国会議員や仙台市以外からも多くの地方議員の方々が応援に駆け付け、
候補者だけではなく、多くの弁士が仙台で訴えを展開していくものと思います。

街頭での演説や個人演説会など、
そしてSNSなどを通して候補者等の主張を聞きながら、
投票の参考にしていただければと思います。


選挙は多くの皆さんのご協力で成立します。
候補者の裏側で、今日も証紙貼りのお手伝いをしてくださった方や
演説会の準備に時間を割いてくださった方がたくさんいらっしゃいました。

民主主義の土台が選挙であり、
一票の行使だけではなく、候補者を支える活動もまた重要です。

政治に対する不満をぶつけるためにも、
民主主義のコストをみんなで少しずつ負担をしていくということも大切です。

ボランティアで各陣営でお手伝いいただいている皆様に敬意を表しながら、
四年に一度の審判に多くの皆さんがご参加されますよう、
お願い申し上げる次第です。


7月30日が仙台市議選の投票日です。

仙台市内、多くの皆さんにおかれましては、
ぜひ投票所へ足をお運びください。

ご支援御礼(令和元年10月)

渡辺勝幸は令和元年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,273票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に二回目の当選を果たしました。今後ともふるさと宮城の復興完遂のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(令和元年10月27日執行・投票率28.18%)
当 渡辺勝幸    自民現  10,273
当 三浦奈名美   立民新 7,634
当 福島一恵    共産現 7,047
次 高橋克也    自民新 6,486

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
21位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

メルマガを毎日書いています!

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
メルマガ購読・解除
 

ご支援御礼(平成27年10月)

渡辺勝幸は平成27年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,041票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に初当選しました。今後ともふるさと宮城に強い経済をつくるために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成27年10月25日執行・投票率31.28%)
当 渡辺勝幸    自民新  10,041
当 福島かずえ   共産新 9,433
当 細川雄一    自民現 7,490
次 千葉あさこ   民主新 5,849

渡辺勝幸後援会事務所

渡辺勝幸後援会事務所
984-0816 仙台市若林区河原町1-7-29-101
TEL 022-398-6266 FAX 022-398-6269

最近の講演報告・講演実績

検索フォーム

アクセスランキング

ご支援御礼

渡辺勝幸は平成23年11月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、5,042票という貴重な票をいただきましたが、落選いたしました。残念な結果ではありましたが、今後ともふるさと宮城の復興のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成23年11月13日執行・投票率34.65%)
当 細川雄一    自民現 7,728
当 本多祐一朗   社民現 6,536
当 千葉達     自民現 6,031
  福島かずえ   共産新 6,000
  渡辺勝幸    無新  5,042
  菊地ゆきお   み新 2,903
  小野寺かずたか 無新 978


120216 gaitorokuchonomeAkXOfoVCMAAmJYo 早朝街頭を続けています。平成24年1月撮影。

渡辺勝幸の政治活動を応援していただける方は、まず無料の「渡辺勝幸後援会メールマガジン」にご登録ください!

【渡辺勝幸応援団よりのお願いです】
渡辺勝幸後援会に入る方法

このブログについてご説明

このブログは、渡辺勝幸が3,300日以上毎日書いているメルマガ「日本一元気になるビジネスマガジン」の過去記事を中心に構成しています。メルマガでは、ブログに書けない話なども書いていますので関心のある方はぜひどうぞ。メルマガ登録はこちらから。

メルマガを3,300日以上毎日書いています

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。 9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。 政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、 意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。 1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。 失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。 著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。 起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Facebookページに「いいね!」

「いいね!」するだけで、つくる仙台の日々の更新情報が届きます。たまに「ここだけの情報」をお伝えします!