fc2ブログ

仙台市若林区荒井において、株式会社Punks Farmerのイチゴ栽培用鉄骨ハウス竣工式にお招きいただきました

315082962_6417406061619899_3674236913360056866_n.jpg


本日11月8日、仙台市若林区荒井に、
株式会社Punks Farmerのイチゴ栽培用鉄骨ハウス竣工式が盛大に開催され、

来賓としてお招きいただき、地元選出の宮城県議会議員として、
ご挨拶をする機会をいただきました。


この施設は、宮城県が進めている事業である、
「みやぎの企業的園芸等整備モデル事業」を活用し、
農業による地方創生、

さらには東日本大震災で被災した、
この仙台市東部沿岸地域における経済の活性化に寄与することで、

宮城県における園芸生産額の増大と、
新規雇用創出を実現する事業となることが強く期待されているものであります。


式典における、代表取締役の早坂亜由美さんの決意表明のご挨拶は
被災したこの土地の再生を実現するとともに、
これから美味しいイチゴを通して、
人々の笑顔がたくさんつくられるのではないかという大きな期待を感じさせるもので、
とてもうれしく、そして頼もしく思いました。

315032781_6417406124953226_2392448814507443375_n.jpg

早坂ご夫妻からは、ゼロベースのときから、
イチゴ農園をつくりたいという志を熱く語り、ご相談いただき、
私も一緒になっていろいろと動き、知恵を絞ってきました。

資金調達についても、なかなか厳しい状況が続きながらも、
粘り強く取り組まれたことにより、関係各所から事業計画やそのビジョンなど、
将来に期待される声が高まり、このたびの竣工に漕ぎつけられたことは、
本当によかったなと思いますし、困難に負けずに丁寧に説明をされていた結果だなと思います。



思い起こすと、平成23年の東日本大震災においては、
この荒井地区においても津波による被害はたいへん大きく、

私自身も震災の数日後に、このイチゴ圃場のすぐそばにある、
せんだい農業園芸センター付近を訪れ、

田んぼの真ん中に津波で流された車や泥、様々なものが投げ出され
あぜ道においては海から2キロ以上離れているにもかかわらず、
海の魚がたくさん打ち揚げられていたことを
昨日のことのように思い出します。

あれは絶望的な風景でした。


東日本大震災から、およそ11年8か月が経過し、
私たちが暮らすこの地域も多くの皆様の御努力のおかげで、
復興が進展しています。

震災前には想定できなかった被害、
そして復興により変化を遂げる街並みなどを見渡してみると、
時の流れを感じずにはいられません。

しかし、時がどれだけ流れていったとしても、
決して変わらないこと、
変えてはいけないことが世の中にはあるのではないか、
そう思います。


古来、「農業は、国の大本なり」と言われてきました。

国の発展は、どんな時代においても、
農業が支えています。

そして、私たち一人ひとりの生命を守っているのもまた農業であり
国家の安全保障の基礎もまた農業であります。


東日本大震災で大きな被害を受けたこの土地で、
美味しく濃厚な味わいのイチゴが、
そして人々を笑顔にするイチゴが誕生することを強く期待しながら

株式会社Punks Farmerのさらなるご隆盛、
そしてこのイチゴ栽培用鉄骨ハウスを中心として、
宮城県の農業園芸がさらに発展していくことを心から願いたいと思います。

竣工、おめでとうございます。
これからが本番です。


314962399_6417406208286551_4787743417389371166_n.jpg

宮城から九州、韓国、モンゴル、そして台湾との連携へ

314748110_6417388201621685_8920942044757128327_n.jpg


11月2日、弾丸日程ではありましたが、
宮城オルレ・トレイル推進議員連盟として、
畠山和純議員、守屋守武議員、柏佑賢議員とともに韓国・済州を訪問、
済州オルレ・グローバルファミリーナイトに参加してきました。

宮城県からも観光政策課を中心に、
村田町や東松島市、気仙沼市からも職員の皆様が参加、

済州オルレ関係者、九州オルレ関係者に加え、
モンゴル・ウランバートル市バツク・ダヴガヤムツ観光庁長官、
テレルジ国立公園エルデネブルガン・メンサイハン管理所長など
モンゴル関係者とも意見交換をする機会をいただきました。

そして年内には、本議連として台湾を訪問し、
宮城県と台湾トレイル協会との連携も深めていく予定となっています。

314584984_6417388114955027_4780122489320303796_n.jpg

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、
海外とのインアウトバウンドが下火になっていましたが、

少しずつではありますが観光政策の推進、そして海外への県産品輸出拡大など、
コロナ前に活動していた流れを、私自身も取り戻していきたいと思っています。


今回は、コロナ後初めての海外出張ということで、
韓国を訪れましたが、九州の方々やモンゴル観光庁長官とも意見を交わすことができ、
少しずつ国を越えた移動が戻ってきているかなと感じました。

一方で、日本に帰国した際には、
入管手続きにおいて感染症対策の審査が厳しく、
日本では水際対策がしっかりと行われているのだなという印象を受けました。

北朝鮮からミサイルが飛んだり、
韓国軍がミサイルを打ち返したりとなかなか厳しい情勢の中でしたが、
無事、弾丸で往復をしたところです


ここのところ、コロナ禍の難しいところではありますが、
宮城県観光政策課や宮城県観光連盟のみなさんのお力で、
少しずつ交流が戻ってきていると感じます。

感染者数がまた増えてきているのが心配ですが、
ウィズコロナで観光分野は何ができるか、
私も力を尽していきたいと思っています。

314683950_6417388061621699_8669494611610699848_n.jpg

自由民主党・県民会議 政務調査会長を退任しました!

314609245_6407595172600988_5568316984035198013_n.jpg



令和4年11月1日から、
宮城県議会の最大会派、自由民主党・県民会議は、

外崎浩子議員を新会長に選出し、
新たな体制で会派運営が進められることになりました。

この人事をもって、
私も「政務調査会長」の役職を退任することになりました。
一年間ハードでしたが、
やりがいのあるお役目であったなと感じます。


令和元年11月からは、高橋伸二会長のもとで「事務局長」、
令和2年11月からは、村上智行会長のもとで「事務局長」、
令和3年11月からは、佐々木幸士会長のもとで「政務調査会長」と、

自由民主党・県民会議の会派役員を三年間務めましたので、
宮城県政の最前線で仕事をする機会をいただき、
たいへんありがたいことであったなと思います。

今期は会派役員からは離れますが、
また11月議会からは別の仕事をすることになると思いますので、
少し落ち着いて物事に取り組みたいと思いますし、

しばらく議会質問をする余裕もありませんでしたので、
初心に帰って議会活動に取り組み、
来年秋の県議選に向けてアクセルを踏んでいきたいと思います。


振り返ると、この三年間は、
最大会派の役員として、
村井知事とも直接厳しい議論をすることもありましたし、

縁の下の力持ちとして、議会が円滑に動くよう準備をしたり、
あるいはこの一年、政務調査会長として、
自民党会派の政策づくりの中心で、
たくさんの議員と意見交換をし、調整に励んだなと思い起されます

改選までの残りこの一年間も、
与えられた役割を果たしながら、
新しい「政治をつくる」仕掛けもしていきたいと思います。

今後とも引き続き皆さんのご支援を賜りますよう、
よろしくお願い申し上げます!


ご支援御礼(令和元年10月)

渡辺勝幸は令和元年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,273票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に二回目の当選を果たしました。今後ともふるさと宮城の復興完遂のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(令和元年10月27日執行・投票率28.18%)
当 渡辺勝幸    自民現  10,273
当 三浦奈名美   立民新 7,634
当 福島一恵    共産現 7,047
次 高橋克也    自民新 6,486

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
20位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

メルマガを毎日書いています!

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
メルマガ購読・解除
 

ご支援御礼(平成27年10月)

渡辺勝幸は平成27年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,041票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に初当選しました。今後ともふるさと宮城に強い経済をつくるために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成27年10月25日執行・投票率31.28%)
当 渡辺勝幸    自民新  10,041
当 福島かずえ   共産新 9,433
当 細川雄一    自民現 7,490
次 千葉あさこ   民主新 5,849

渡辺勝幸後援会事務所

渡辺勝幸後援会事務所
984-0816 仙台市若林区河原町1-7-29-101
TEL 022-398-6266 FAX 022-398-6269

最近の講演報告・講演実績

検索フォーム

アクセスランキング

ご支援御礼

渡辺勝幸は平成23年11月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、5,042票という貴重な票をいただきましたが、落選いたしました。残念な結果ではありましたが、今後ともふるさと宮城の復興のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成23年11月13日執行・投票率34.65%)
当 細川雄一    自民現 7,728
当 本多祐一朗   社民現 6,536
当 千葉達     自民現 6,031
  福島かずえ   共産新 6,000
  渡辺勝幸    無新  5,042
  菊地ゆきお   み新 2,903
  小野寺かずたか 無新 978


120216 gaitorokuchonomeAkXOfoVCMAAmJYo 早朝街頭を続けています。平成24年1月撮影。

渡辺勝幸の政治活動を応援していただける方は、まず無料の「渡辺勝幸後援会メールマガジン」にご登録ください!

【渡辺勝幸応援団よりのお願いです】
渡辺勝幸後援会に入る方法

このブログについてご説明

このブログは、渡辺勝幸が3,300日以上毎日書いているメルマガ「日本一元気になるビジネスマガジン」の過去記事を中心に構成しています。メルマガでは、ブログに書けない話なども書いていますので関心のある方はぜひどうぞ。メルマガ登録はこちらから。

メルマガを3,300日以上毎日書いています

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。 9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。 政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、 意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。 1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。 失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。 著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。 起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Facebookページに「いいね!」

「いいね!」するだけで、つくる仙台の日々の更新情報が届きます。たまに「ここだけの情報」をお伝えします!