fc2ブログ

PTAをやってよかったと思う3つのこと

53267498_2595185360508674_7369396356395302912_n.jpg 


先日、本年度沖野東小学校PTA

最後の運営委員会を開催、

これでPTA会長としては来週の卒業式を最後に
退任ということになりました。

平成26年春から5年間小学校のPTA会長を務めましたので、
長かったように感じます。


夏祭りをはじめ学校行事、体育振興会、
健全育成や防犯、防災など、
子供たちのための活動を中心に年間70回ほどの会合に参加していました。


会長職は大変でしたが、
実際の運営は本部役員の皆さんが協力してあたってくださり、
公務で出席できない会合などは
副会長さんたちが代理で参加してくれたりして、
たいへん助かりました。


なにかと批判の多いPTA活動ですが、
五年間やってみて非常に勉強になる、
保護者にとっても学びの場であると感じています。

最初はいろんな方からPTA会長をやるべきといわれていましたが
大変そうなので断っていました。

しかし実際にやってみるととてもいい経験ができたと思います。

五年間もやってしまったという点では少し反省で、
PTA会長は地域を将来支えていくリーダーでもありますので、
たくさんの人にやっていただきたいですし、
そうなると地域が盛り上がるのではないかとも感じています。


ということで、PTAをやってよかった
と思うことは主に3つあります。



【1、学校の先生と親しくなれる】

PTAの役員をやると、
学校の先生といろいろなお話をする機会があり、
とても勉強になりますし、
小学校のこともよくわかります。

自分の子供のことだけでなく、
子供の友達のことや学校の先生のことも
子供以上によくわかったりして、
これはまたとてもおもしろいですね。


【2、保護者にとっても勉強の機会】

PTAは研修の機会を設けています。
講演を聞いたり、積極的に自分から行けば勉強する機会がけっこうあります。

また、同じ役員どうしで地域に友達がたくさんできますね。
大人になるとなかなか新しい友達ができるということはありませんが、
貴重な機会になりますね。


【3、子供は背中を見ているはず】

最後に大事なことだと思うのは、
親がPTA活動を一生懸命やれば、
子供も何かのために一生懸命やるのではないかということです。

必ずそうなるというわけではありませんが、
PTA活動などいろんな活動を外で積極的にやっていると、
子供も積極的に活動したりするものです。

子供は親の鏡である、とよく言われますが、
PTA活動など一生懸命やることの一番の意義は、
そこにあるのではないかと思うところです。



それでなくてもなかなか厳しいタイムスケジュールの中
やり繰りをしていますが、
この五年間のPTA会長としての活動は、
政治家としても貴重な経験であったと思います。

この春で小学校のPTA会長は
退任をするということになりましたが、
引き続き春からは中学校のPTA会長ということになりました。


また立場は変わりますが、
できる限りの活動をしていきたいと思っているところです。


「県議会から 検証に耐え得るチェックを/県広域防災拠点 突然の事業費増」(『河北新報』平成31年3月7日朝刊)

53321415_2599051313455412_960968481161871360_n.jpg 


「県議会から 検証に耐え得るチェックを/県広域防災拠点 突然の事業費増」
(『河北新報』平成31年3月7日朝刊)

本日の地元紙『河北新報』朝刊に、
私の宮城県議会予算特別委員会総括質疑の内容が取り上げられましたので、
皆さんにシェアしたいと思います。

『河北新報』
⇒ https://www.kahoku.co.jp/


────────────────────────
【引用ここから】

 県がJR仙台貨物ターミナル駅敷地(仙台市宮城野区)に整備する
広域防災拠点の事業費増額が波紋を広げている。
本会議の知事答弁で突然明らかになった形で、与野党双方から不満が高まった。

 総事業費295億円から324億円に膨らむ見通しを村井嘉浩知事が明言したのは
先月21日の代表質問。その答弁に議場はどよめきに包まれた。

 1、5両日の予算特別委員会の総括質疑では厳しい指摘が続出した
自民党・県民会議の渡辺勝幸氏は
「議会のチェック機能を果たす意味から看過できない」と語気を強め、
畠山和純氏は「事業費が青天井で増え続けている」と批判した。

 共産党県議団も「説明責任を果たしていない」(福島一恵氏)と追及。
事業への賛否が分かれる自民、共産両会派の議員の論調が珍しく一致した格好だ。

 議会に対する事前説明は限定的で、一般質問で言及できた議員は皆無だった。
村井知事は総括質疑の中で「しっかりと説明しなかった点はおわびしたい」
と陳謝せざるを得なかった。

 東北電力女川原発2号機の再稼働の是非を問う住民投票条例案の論戦に焦点が当たる今議会。
村井知事が掲げる創造的復興の象徴、広域防災拠点事業の存在感は薄い。
自民議員は「最も取り上げるべきテーマだが、住民投票と重なり、埋もれている」と漏らした。

 復興財源の確保が厳しさを増す中、事業費がなし崩し的に増額されることはあってはならない。
住民投票条例案の議論を通じ、議会制民主主義のありように関心が集まる。
後世の検証に耐え得る議員の厳しいチェックが欠かせない。

(報道部・吉江圭介)

【引用ここまで】
────────────────────────


皆様は今回の私の質疑内容につき、
どのように思われましたでしょうか。

全文をこのメルマガでは掲載してきましたが、
ご意見などありましたらお寄せ下さい。

渡辺勝幸予算特別委員会質疑の内容についてその6(終)─平成31年2月予算特別委員会総括質疑(平成31年3月1日)

53524140_2598440160183194_5614870716689154048_o.jpg 


3月1日、
宮城県議会予算特別委員会において、
渡辺勝幸は総括質疑(30分)に立ちましたので、

その質問内容等についてお伝えしたいと思います。


────────────────────────


6、商店街NEXTリーダー創出事業について

(1)商店街NEXTリーダー創出事業の概要について

渡辺:
次に、「商店街NEXTリーダー創出事業」についておうかがいします。

木下斉さんという人がいます。
全国各地のまちづくりに携わり、
政府の有識者会議委員なども務めておられる30代の社会起業家ですが、
先日この方がダイヤモンド社から出版された
『地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門』
という書籍を私は読みました。

地方衰退の「構造」とビジネスでの「変革手法」が描かれた小説で
シャッター街の再生、さらに地域全体の再生に取り組むという読みやすい本でした。

そのなかでは「補助金が地方のガンなんや!自分らの手で稼ぐ、
それ以外の方法で再生なんかありえへん」という人物の主張や、
悪い政治家が登場したりして、大変興味深く拝読したところであります。

この本はあくまで小説でありますが、日本全国それぞれの地域で、
特に商店街でまちづくりをしようとしている、
新たなリーダーがどんどん生まれて来なければならない、
そのためには、まちづくりの担い手を育てていくということが重要であると考えます。

今回、県が新規で取り組む「商店街NEXTリーダー創出事業」については先ほど、
佐々木賢司委員からも質疑がありましたが、
私もたいへん期待をしているところでありますが、
その概要をおうかがいいたします。


吉田経済商工観光部長:
事業概要でございますが、商店街の活性化を図るためには
次世代の商店街のリーダーや担い手を育成することが急務だと考えてございます。

このため、本事業では若手商業者セミナーを開催し、
先進的な取組を実施している自治体や、先進地を視察しながら、
実際の取組を体験することとしております。

また、若手や女性グループの自ら計画した商店街の課題を踏まえた実践的事業を支援するほか、
まちづくり会社との連携により魅力発信事業についても支援することとしております。


渡辺:
まちづくり会社との連携を非常に楽しみにしております。


(2)座学よりも先進的事例に取り組む人に会うことを重視すべきと考えるが如何

渡辺:
商店街の次なる人材を育てるためには、補助金をただ配るということではなく、
またセミナーやミーティングも重要であるとは思いますがそれにとどまらず、
全国で先進的にまちづくりに取り組む人物や、
同じように苦悩している全国の商店街の方々と、
宮城の次代を担うNEXTリーダーが、
直接会ってお話をし、ときに酒を酌み交わすなどし、
切磋琢磨していくことがよい刺激となり、
結果として県内商店街の活性化につながっていくのではないかと考えます。

先ほどの佐々木委員の質疑の中にもありましたが、
商工会青年部などとの交流というものもまた重要なことであると考えます。

この、人に会うということ、ネットワークをつくっていくことを、
座学よりも重視していくべきなのではないかと考えますが、
見解をおうかがいします。


吉田経済商工観光部長:
ネットワークについてでございますが、商店街NEXTリーダー創出事業では、
商業者セミナーの開催やトライアル活動への支援だけではなく、
ネットワークミーティングを開催することとしてございます。

このネットワークミーティングでは、セミナー参加者や、
トライアル活動を実施したグループのほか、
各地域で活躍している商業者を交えて開催いたしまして、
課題や先進事例への取組など共有することにより、
互いに刺激し合い、全県的な商店街の活性化への機運を高めていきたいと考えてございます。

合わせまして、県内の商工団体や地方振興事務所にも、
積極的な参画を促していきたいと考えてございます。


渡辺:
ありがとうございます。
以前私の敬愛する先輩から一緒にお酒を飲んでいた時に
「仕事は人と人からしか生まれない」という言葉を頂いて、
今回この議論を見ながらその言葉を思い出したところでございます

やはり「人と人とのつながり」から
新しい次の時代の商店街のリーダーが生まれるというように思っておりますので、
ぜひちゃんと進めていただきたいと思います。

以上で私の質疑を終了させていただきます。
ありがとうございました。



─────────────────────────────


以上で今回の質疑内容の紹介を終わります。
議事録文字起こしには、
学生スタッフの三塚君、田中さんのご協力をいただきました。
ありがとうございました。


質問内容についてのご感想、
ご意見、ご質問などいただければありがたく存じます。

すべてにお返事はできませんが、
今後の活動に役立ててまいります。



「渡辺勝幸予算特別委員会質疑の内容についてその1
─平成31年2月予算特別委員会総括質疑(平成31年3月1日)」(H31/3/1)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2596.html

「渡辺勝幸予算特別委員会質疑の内容についてその2
─平成31年2月予算特別委員会総括質疑(平成31年3月1日)」(H31/3/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2597.html

「渡辺勝幸予算特別委員会質疑の内容についてその3
─平成31年2月予算特別委員会総括質疑(平成31年3月1日)」(H31/3/3)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2598.html

「渡辺勝幸予算特別委員会質疑の内容についてその4
─平成31年2月予算特別委員会総括質疑(平成31年3月1日)」(H31/3/4)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2599.html

「渡辺勝幸予算特別委員会質疑の内容についてその5
─平成31年2月予算特別委員会総括質疑(平成31年3月1日)」(H31/3/5)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2599.html



「渡辺勝幸 宮城県議会県政活動報告」(ブログ)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-category-42.html



インターネット中継の動画等はこちらから見ることができます。
⇒ http://www.miyagi-pref.stream.jfit.co.jp/



─────────────────────────────
【平成31年2月定例県議会予算特別委員会
 渡辺勝幸委員質疑要旨】

1 復興・創生期間終了後の課題について

(1)平成33年度以降は、中期的な財政見通しの前提条件とは異なり、今までどおりの国の財政支援は難しいと思うが、現時点での見通しについてどうか。

(2)復興・創生期間終了後も必要な事業は確実に実施できるよう国に強く要望してほしいが、復興庁の在り方についてどう国に要望するのか。

2 被災地域交流拠点施設整備支援費について

(1)来年度当初予算における事業内容と採択予定箇所はどうか。

(2)被災者が活動を始めた地域では、コミュニティ再生・交流拠点の整備や地域活動を自己負担で行うのは難しく、平成33年度以降も事業が必要と思うが、今後の見通しはどうか。

3 広域防災拠点整備費について

JR貨物への補償費が29億円増加する具体的な理由はどうか。また、当初から増額を見込めなかったのか。さらに、今後追加費用が発生する可能性はどうか。

4 働き方改革推進費について

(1)新規事業として来年度当初予算に計上されている内容と目的についてどうか。

(2)本事業により、長時間労働から生産性の高い働き方に転換することで、県内企業全体の生産性の向上とともに、学校現場でも活気が出るようにすべきだが、働き方改革について見解はどうか。

5 創業加速化支援費について

(1)来年度当初予算における事業の概要について、昨年度からの変更点も踏まえてどうか。

(2)我が県の創業比率が全国2位と高く、地域で志を持ってチャレンジしている人が多いとの結果について所感はどうか。

(3)創業支援では、継続的支援やマッチング支援、営業広報支援が重要だが、平成29年度の「成果と評価」を踏まえて、創業支援の在り方と来年度の取組はどうか。

6 商店街NEXTリーダー創出費について

(1)来年度当初予算に計上されている事業の概要についてどうか

(2)商店街の次なる人材を育てるためには、先進的にまちづくりに取り組む人物や同じ悩みを持つ商店街の方々と交流し、ネットワークを作ることを重視すべきだがどうか。

─────────────────────────────


渡辺勝幸予算特別委員会質疑の内容についてその5─平成31年2月予算特別委員会総括質疑(平成31年3月1日)

53811015_2597624473598096_7550229911374397440_o.jpg 




3月1日、
宮城県議会予算特別委員会において、
渡辺勝幸は総括質疑(30分)に立ちましたので、

その質問内容等についてお伝えしたいと思います。


────────────────────────

5、創業加速化支援費について

(1)創業加速化支援費の概要について

渡辺:
次に、創業加速化支援費についておうかがいいたします。
震災からの復興にとどまらず、
人口減少社会に立ち向かうために必要な課題の一つが、
私は「創業支援」であると考えています。

平成31年度当初予算案には、
創業加速化支援費1億250万円が計上されております。
この概要について昨年度との変化も踏まえておうかがいします。


吉田経済商工観光部長:
概要でございますが、県では「みやぎ産業振興機構」を通じまして
県内で創業または第二創業するものに対し、
スタートアップに要する経費を補助するとともに
創業の提案・経過や持続的な発展に向けた、
バランスを持った支援に取組んでおります。

今年度は「みやぎ産業振興機構」において
内陸30件、沿岸60件の事業支援をしておりまして、
最近の事例としては、例えば、
気仙沼市と南三陸町のかまぼこ製造業の地域経営者が
新商品の開発、販路開拓のため共同で
新たな事業を立ち上げた事例などがございます。

県といたしましては、来年度も引き続き、地域経済の活性化を図るため、
市町村や支援機関とで創業支援を進めてまいります。


(2)創業比率第2位の評価についての所感

渡辺:
RESASという、インターネットで誰でも見ることのできるシステムがあります。
地域経済分析システムと日本語では言いまして、
内閣府のまち・ひと・しごと創生本部が運用している、
産業構造や人口動態、人の流れなどに関する官民のいわゆるビッグデータを集約し、
可視化を試みるシステムであります。

これは、地域課題などを見る際に非常に便利なのですが、
先日このRESASの全国企業活動の「創業比率」をチェックしてみました。

すると、平成28年の総務省・経済産業省「経済センサス」をもとにしたデータですが、
都道府県別創業比率でみると宮城県は何番目に位置するとみなさま思われますでしょうか。

なんと宮城県は第2位の6.74%なんですね。
しかし残念ながら45位が福島県、46位が秋田県、47位が山形県と、
東北は大変創業が厳しい環境にある、
そう考えますと地域経済活性化のために
東北全体で宮城県が果たすべき責任は大きいものがあります。


さらに、宮城県内市町村別創業比率で見てみますと、
どこが創業が盛んかわかりますでしょうか。

第1位は女川町で41.05%、第2位は南三陸町で38.82%
この二つの町で、ダントツの数字が出ております。

以下県内市町村は軒並み10%以下で仙台市は7.12%となっていますが、
それでも他県に比べれば創業比率は高いと言えます。

数字の解釈によっては人口規模でまたちがう評価もあるとは思いますが、
宮城県、そしてなかでも女川と南三陸の創業比率が高いということは、
それぞれの地域で志をもってチャレンジをしている方がいるということであり、
大変心強く感じた次第です。

この都道府県別創業比率第2位という結果を踏まえ、その所感を知事におうかがいしたいと思います。

村井知事:
このRESASでこのような結果が出たということは大変私も心強くおもっております。
女川町そして南三陸、震災で大きく被災したところで、
創業者が沢山出てきているということで、やはり素晴らしいと思います。

問題なのはこれに続いていくということですので、
技術革新や経営革新、また新商品の開発、地域資源の磨き上げ、
新たなイノベーションによる技術開発、
付加価値を高めるための支援をしていきたいと思っております。

引き続き、市町村や公益財団法人「みやぎ産業振興機構」、
こういったところと連携しながら、しっかりと育てていきたいと思います。


渡辺:
知事のおっしゃる通り、継続が非常に重要なことだと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。


─────────────────────────────


以降の質疑内容については、
明日以降に続けてご紹介したいと思います。



質問内容についてのご感想、
ご意見、ご質問などいただければありがたく存じます。

すべてにお返事はできませんが、
今後の活動に役立ててまいります。



「渡辺勝幸予算特別委員会質疑の内容についてその1
─平成31年2月予算特別委員会総括質疑(平成31年3月1日)」(H31/3/1)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2596.html

「渡辺勝幸予算特別委員会質疑の内容についてその2
─平成31年2月予算特別委員会総括質疑(平成31年3月1日)」(H31/3/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2597.html

「渡辺勝幸予算特別委員会質疑の内容についてその3
─平成31年2月予算特別委員会総括質疑(平成31年3月1日)」(H31/3/3)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2598.html

「渡辺勝幸予算特別委員会質疑の内容についてその4
─平成31年2月予算特別委員会総括質疑(平成31年3月1日)」(H31/3/4)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2599.html



「渡辺勝幸 宮城県議会県政活動報告」(ブログ)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-category-42.html



インターネット中継の動画等はこちらから見ることができます。
⇒ http://www.miyagi-pref.stream.jfit.co.jp/



─────────────────────────────
【平成31年2月定例県議会予算特別委員会
 渡辺勝幸委員質疑要旨】

1 復興・創生期間終了後の課題について

(1)平成33年度以降は、中期的な財政見通しの前提条件とは異なり、今までどおりの国の財政支援は難しいと思うが、現時点での見通しについてどうか。

(2)復興・創生期間終了後も必要な事業は確実に実施できるよう国に強く要望してほしいが、復興庁の在り方についてどう国に要望するのか。

2 被災地域交流拠点施設整備支援費について

(1)来年度当初予算における事業内容と採択予定箇所はどうか。

(2)被災者が活動を始めた地域では、コミュニティ再生・交流拠点の整備や地域活動を自己負担で行うのは難しく、平成33年度以降も事業が必要と思うが、今後の見通しはどうか。

3 広域防災拠点整備費について

JR貨物への補償費が29億円増加する具体的な理由はどうか。また、当初から増額を見込めなかったのか。さらに、今後追加費用が発生する可能性はどうか。

4 働き方改革推進費について

(1)新規事業として来年度当初予算に計上されている内容と目的についてどうか。

(2)本事業により、長時間労働から生産性の高い働き方に転換することで、県内企業全体の生産性の向上とともに、学校現場でも活気が出るようにすべきだが、働き方改革について見解はどうか。

5 創業加速化支援費について

(1)来年度当初予算における事業の概要について、昨年度からの変更点も踏まえてどうか。

(2)我が県の創業比率が全国2位と高く、地域で志を持ってチャレンジしている人が多いとの結果について所感はどうか。

(3)創業支援では、継続的支援やマッチング支援、営業広報支援が重要だが、平成29年度の「成果と評価」を踏まえて、創業支援の在り方と来年度の取組はどうか。

6 商店街NEXTリーダー創出費について

(1)来年度当初予算に計上されている事業の概要についてどうか

(2)商店街の次なる人材を育てるためには、先進的にまちづくりに取り組む人物や同じ悩みを持つ商店街の方々と交流し、ネットワークを作ることを重視すべきだがどうか。

─────────────────────────────


渡辺勝幸予算特別委員会質疑の内容についてその4─平成31年2月予算特別委員会総括質疑(平成31年3月1日)

53087102_2595324690494741_4192764705195950080_o.jpg 


3月1日、
宮城県議会予算特別委員会において、
渡辺勝幸は総括質疑(30分)に立ちましたので、

その質問内容等についてお伝えしたいと思います。


────────────────────────

4、働き方改革促進費について

(1)働き方改革促進費の内容と目的について

渡辺:
次に、働き方改革促進費についておうかがいいたします。
労働人口の減少、人材の確保は本県における多くの企業においても急務の課題となっており、
また多くの仕事を求める方々は「働きやすい職場」を重視するようになってまいりました。

この四月からは「働き方改革関連法」施行により、企業においても
長時間労働の是正・多様で柔軟な働き方の実現が、
求められているところであります。

県として新年度新規事業で取り組む「働き方改革促進事業」について、
その内容と目的についておうかがいいたします。


吉田経済商工観光部長:
内容と目的でございますが、我が県では平成27年に
「宮城働き方改革推進等政労使協議会」を立ち上げまして、
「働き方改革」に向けた共同宣言や優良企業表彰などを実施してきました。

また「宮城働き方改革推進支援センター」を設立したところです。

昨年7月の「働き方改革関連法」公布で、
例えば時間外労働の罰則付きの上限規制の導入などが
今年4月から順次施行されることとなっておりまして、
これを受けまして目的ですが、この法改正の内容を含めまして
県内企業の理解を深めるとともに積極的な取組を促しまして、
多くの労働者、事業者が「働きたい・働き続けたい」と思えるよう
魅力のある企業を目指すことです。

内容は「働き方改革」の取組目標それぞれの企業の実像に合わせて設定していただき、
「働き方改革」の宣言から具体的な実践まで、段階的な取組を促すとともに、
専用のポータルサイトを開設しまして、
広く発信したいと考えておりまして気運の醸成を図ると考えてございます。

県としましては、より多くの企業に魅力ある職場づくりを実践していただきたいと考えておりまして、
「働き方改革」に取組む企業の数を増やすことを目指すとともに、
関係機関と連携して、「働き方改革」に取組んでまいります。


(2)働き方改革について見解如何

渡辺:
先日、県内のワーク・ライフバランスコンサルタントの方と意見交換をする機会がありました。
この会社では、宮城県を中心として様々な業種の企業に出向き、
「なぜ、働き方改革が必要なのか」を社員に理解してもらい、
「自分達の職場の課題」を抽出し、
その課題をどうすれば解決できるかを会社全体で共有する「働き方改革」を推進、
コンテンツを提供しているとのことであります。

実際に成果が出ており、社内コミュニケーションが向上し、
人材の定着率が高まり、生産性が上がり、結果として売り上げが上がっている、
そんな企業が増えているそうであります。

また先日、文教警察委員会の県外調査で愛知県を訪問しました。
「教員の多忙化解消プラン」を実施している愛知県教育委員会では
教員の業務内容を洗い出し、学校における具体的な業務改善を
推進する事業を本年度行っているとのことであります。

近年教員の多忙化が叫ばれておりますが、
学校によっては単純に教職員の勤務時間を削減するために、
学校のイベントを減らしたり、
せっかく築いてきた地域連携が希薄化しているということも一部にみられているようです。

こうしたことでは、子供たちにとって本当に大切なことは何か、
ということが失われてしまうのではないか、
本末転倒ではないかと危惧しているところです。

近年私が違和感を持っているのは、
あらゆる職場において「働き方改革」が単純に「楽に働ける職場」をつくるのだ
という誤解があるのではないか、
「働き方改革」イコール「働かない改革」になってしまうのではないかということにあります。

様々な改善の事例をうかがい、
働く方すべてがもう一度自分の働き方を再点検する、
仕事のやり方を見直す必要があるのではないか、
それこそが必要な働き方改革なのではないかと思っているところです。

かつてのわが国のように、長時間労働が評価されていた時代から、
生産性の高い働き方に変えていくことこそが重要なことであり、
労働時間が短くなって利益も減少するということであれば
それは「働き方改革」ではありません。

この点が非常に重要なところであり、
ここを打ち出していくならば、
県の予算を使っていくことでさらに県内企業全体の生産性が上がり
「富県みやぎ」に大きく貢献していく、
また学校現場も同様に活気が出ていくのではないかと考えます。

働き方改革についての知事の見解をおうかがいします。


吉田経済商工観光部長:
「働き方改革」におきまして、
働く一人ひとりの生産性を高めていくことは極めて重要視しております。

また、企業が積極的に自社の働き方を見直すようにして、
「働きやすく、働き甲斐のある職場」にすることで労働者の意欲が高まり、
労働者の職場定着も進み、
結果的に企業の生産性や業績アップにもつながっているものとも考えてございます。

学校現場のお話もございました、
より充実した教育活動を行うためにも「働き方改革」の重要を意識してございまして、
平成30年度から教育庁内の「学校運営支援本部多忙化解消ワーキンググループ」において
教職員の「働き方改革」に関する取組方針の策定によって
具体的な検討を進めていきたいと思っております。

県としては、より多くの事業所において「働き方改革」に取組んでいただき、
学校現場を含めまして、魅力ある職場づくりを推進することにより
「富県みやぎ」に繋がることと考えてございます。

引き続き、関係機関と連携しながら、
「働き方改革」に取組む事業所を支援して参ります。


─────────────────────────────


以降の質疑内容については、
明日以降に続けてご紹介したいと思います。



質問内容についてのご感想、
ご意見、ご質問などいただければありがたく存じます。

すべてにお返事はできませんが、
今後の活動に役立ててまいります。



「渡辺勝幸予算特別委員会質疑の内容についてその1
─平成31年2月予算特別委員会総括質疑(平成31年3月1日)」(H31/3/1)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2596.html

「渡辺勝幸予算特別委員会質疑の内容についてその2
─平成31年2月予算特別委員会総括質疑(平成31年3月1日)」(H31/3/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2597.html

「渡辺勝幸予算特別委員会質疑の内容についてその2
─平成31年2月予算特別委員会総括質疑(平成31年3月1日)」(H31/3/3)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2598.html



「渡辺勝幸 宮城県議会県政活動報告」(ブログ)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-category-42.html



インターネット中継の動画等はこちらから見ることができます。
⇒ http://www.miyagi-pref.stream.jfit.co.jp/



─────────────────────────────
【平成31年2月定例県議会予算特別委員会
 渡辺勝幸委員質疑要旨】

1 復興・創生期間終了後の課題について

(1)平成33年度以降は、中期的な財政見通しの前提条件とは異なり、
今までどおりの国の財政支援は難しいと思うが、
現時点での見通しについてどうか。

(2)復興・創生期間終了後も必要な事業は確実に実施できるよう
国に強く要望してほしいが、復興庁の在り方についてどう国に要望するのか。

2 被災地域交流拠点施設整備支援費について

(1)来年度当初予算における事業内容と採択予定箇所はどうか。

(2)被災者が活動を始めた地域では、
コミュニティ再生・交流拠点の整備や地域活動を自己負担で行うのは難しく、
平成33年度以降も事業が必要と思うが、今後の見通しはどうか。

3 広域防災拠点整備費について

JR貨物への補償費が29億円増加する具体的な理由はどうか。
また、当初から増額を見込めなかったのか。
さらに、今後追加費用が発生する可能性はどうか。

4 働き方改革推進費について

(1)新規事業として来年度当初予算に計上されている内容と目的についてどうか。

(2)本事業により、長時間労働から生産性の高い働き方に転換することで、
県内企業全体の生産性の向上とともに、
学校現場でも活気が出るようにすべきだが、
働き方改革について見解はどうか。

5 創業加速化支援費について

(1)来年度当初予算における事業の概要について、
昨年度からの変更点も踏まえてどうか。

(2)我が県の創業比率が全国2位と高く、
地域で志を持ってチャレンジしている人が多いとの結果について所感はどうか。

(3)創業支援では、継続的支援やマッチング支援、
営業広報支援が重要だが、平成29年度の「成果と評価」を踏まえて、
創業支援の在り方と来年度の取組はどうか。

6 商店街NEXTリーダー創出費について

(1)来年度当初予算に計上されている事業の概要についてどうか

(2)商店街の次なる人材を育てるためには、
先進的にまちづくりに取り組む人物や同じ悩みを持つ商店街の方々と交流し、
ネットワークを作ることを重視すべきだがどうか。

─────────────────────────────



ご支援御礼(令和元年10月)

渡辺勝幸は令和元年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,273票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に二回目の当選を果たしました。今後ともふるさと宮城の復興完遂のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(令和元年10月27日執行・投票率28.18%)
当 渡辺勝幸    自民現  10,273
当 三浦奈名美   立民新 7,634
当 福島一恵    共産現 7,047
次 高橋克也    自民新 6,486

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
20位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

メルマガを毎日書いています!

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
メルマガ購読・解除
 

ご支援御礼(平成27年10月)

渡辺勝幸は平成27年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,041票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に初当選しました。今後ともふるさと宮城に強い経済をつくるために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成27年10月25日執行・投票率31.28%)
当 渡辺勝幸    自民新  10,041
当 福島かずえ   共産新 9,433
当 細川雄一    自民現 7,490
次 千葉あさこ   民主新 5,849

渡辺勝幸後援会事務所

渡辺勝幸後援会事務所
984-0816 仙台市若林区河原町1-7-29-101
TEL 022-398-6266 FAX 022-398-6269

最近の講演報告・講演実績

検索フォーム

アクセスランキング

ご支援御礼

渡辺勝幸は平成23年11月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、5,042票という貴重な票をいただきましたが、落選いたしました。残念な結果ではありましたが、今後ともふるさと宮城の復興のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成23年11月13日執行・投票率34.65%)
当 細川雄一    自民現 7,728
当 本多祐一朗   社民現 6,536
当 千葉達     自民現 6,031
  福島かずえ   共産新 6,000
  渡辺勝幸    無新  5,042
  菊地ゆきお   み新 2,903
  小野寺かずたか 無新 978


120216 gaitorokuchonomeAkXOfoVCMAAmJYo 早朝街頭を続けています。平成24年1月撮影。

渡辺勝幸の政治活動を応援していただける方は、まず無料の「渡辺勝幸後援会メールマガジン」にご登録ください!

【渡辺勝幸応援団よりのお願いです】
渡辺勝幸後援会に入る方法

このブログについてご説明

このブログは、渡辺勝幸が3,300日以上毎日書いているメルマガ「日本一元気になるビジネスマガジン」の過去記事を中心に構成しています。メルマガでは、ブログに書けない話なども書いていますので関心のある方はぜひどうぞ。メルマガ登録はこちらから。

メルマガを3,300日以上毎日書いています

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。 9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。 政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、 意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。 1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。 失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。 著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。 起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Facebookページに「いいね!」

「いいね!」するだけで、つくる仙台の日々の更新情報が届きます。たまに「ここだけの情報」をお伝えします!