Archives[ 2018年10月 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

私の原風景ー六郷村の田んぼ

2018年10月15日 23:14

44052381_2375668679127011_530605868975128576_n.jpg 


自分の原点、ここが人生の種だなあというものが
誰しもあるのだと思います。

そしてこの風景を見ると、
自分がリセットされる、
帰ってきたなあという気持ちになる風景がきっとあることでしょう。


私にとってその原風景は、
「仙台平野に田んぼが広がる風景」です。

石狩平野でも、越後平野でも、
田んぼが広がる風景は変わらないのではないかという気もしますが、

太平洋に面した微妙な太陽の位置や、
川や堀に囲まれた田んぼなど微妙に田んぼが広がる風景も違うものです。


そして私は小さいころに仙台平野、地元の六郷地区の田んぼで、
イナゴやカエル、ザリガニなどをよく友達ととって遊んでいたりしたので、
この風景が基準点になっているなあといつも感じます。

霞目駐屯地のそばにある堀を友達と長靴を履いて探検し、
カエルの卵やザリガニを大量に捕獲したり、

田んぼに住む生き物たちと、
青い空と黄金の稲穂の中で格闘していたものです。


いま考えると危険な遊びなので、
大人に怒られてしまうかもしれませんが、

田んぼのまん中でとても楽しかったことを覚えています。


いまは車で田んぼの真ん中の農道を行き来するだけで、
なかなか泥まみれになることはありませんが、

しかしこの六郷地区の田んぼが私の原風景だなあと、
景色を横目にしながらよく感じるものです。


誰しも持っているであろうこうした原風景の存在を
大切にしていきたいと思います。

君主の威厳が薄くなり臣下が驕慢となるとどうなるか

2018年10月12日 23:59

さて、周室の制度は
その詳細を知ることは難しいのですが、
私(注:吉田松陰)は常にそれについて深く感ずるところがあります。

周制においては、
天子・公・候・伯・子男を五等の段階とし、

さらに諸国においては、
君・卿・大夫・上士・中下・下士と六等の段階にしています。

周制は事ごとにこの精神で貫かれており、
籍田の礼、葬月の数の類も、すべて同じです。


思うにそれは、

「天子という地位は公・候より一階級尊いだけであり、
 君という地位は卿・大夫より一階級高いだけである」

と考えたものであって、

それ故に夏・殷・周の三代においては、
君主たるもの、地位が高いからといって人に誇ることなく、
謙虚な態度で下位のものに対する礼があり、
それ故に国家のうちは、和ぎ睦まじかったのであります。



ところが、春秋・戦国の時代になると、
君主の威厳・恩徳ともに薄くなり、
臣下は日々に驕慢となって、

その結果として、
田氏は主人を倒して斉を奪い、
韓・魏・趙の三氏は協力して主人を廃し、
晋を奪って分配するまでになったのであり、

最後には、君臣間の礼は全く破棄されてしまいました。

それゆえに、秦が天下を統一して天子となると、
君臣の分度を定め、
多年積もった弊風を直ちに改めて、
眼前、大いに快哉を誇ったものでありますが、

それ以来、三代の美しい精神は全く滅びてしまい、
そのまま今日に至っています。
まことに惜しむべきことであります。





ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






⇒ この本をときどき繰り返し読んでいます。







恨みや妬みの気持ちは健康を破壊する

2018年10月08日 23:32

b14e03f7e810f58b2ffe6ae9c73410cd_s.jpg 


精神科医の先生の話によれば、
妬みや恨み、怒りの感情は
できるだけ持たないように努力することが大事で、

こうした感情が人生において
大いなる毒になってしまうことに留意すべきなのだそうです。


メルマガの世界ではさほどでもありませんが、
SNSを見ていると妬みや恨み、怒りの感情が
湧き出る記事をときどき目にすることがあります。

私の場合は特に職業柄、
そうしたメールやSNSのコメントがくることがありますね。


怒りに満ちたメール、妬みのコメント、
人をここまでかと思えるほど貶める言葉の数々など、

私に一度しか会ったことのない人や、
一度も会ったことがない人からも、
ある日突然、ものすごい表現の言葉がつきつけられたりするんですね。


私も秘書時代から慣れていることもありスルーしますが、
警察に相談したら事件になってしまうだろうなと
思えるほどのものもないわけではありません。


しかし大事なことは、
私に対する害がどうかということよりも、

そうした妬みや恨み、怒りの感情を表現している方、
その人本人の精神、心が毒されていくことなのです。


だから成功者を見たり聞いたりしたら、
自分のまわりでいいことがあった人がいたら、

そのことを心から喜ぶようにすることが大事です。
決して妬んではいけないのです。


もし悔しくなることがあったなら、
そこまでは正常な気持ちです。

しかしそこから、その想いの力を自己成長に、
自分も頑張らなくちゃなあと
自らの努力に振り向けることが大事であり、
それができれば自分自身の人生も軌道に乗っていくことでしょう。


成功者を妬んだり、
怨んだり怒ったりしてそんなコメントを発すると、
その通りだ!と同調者が集まってくることでしょう。

しかし知らないうちに
自分の心が毒されていっているということも、
知っておかなければなりません。


比べていいのは他人ではありません。
比べていいのは、過去の自分と今の自分。
過去の自分よりいま成長しているかどうか。


一年前の自分よりいま成長していると実感できれば、
他者と比較する必要は全くありません。

その実感は心と体の健康を生み出していることでしょう。


この気持ちを大切にしたいと、
私自身も日ごろから思っているところです。


国家の政治上の第一の眼目は、祖法を守ること

2018年10月05日 23:59

古代のよい制度やよい意志が後世に伝わらないのは、
常に暴と慢という二つの力によって阻害されるからです。

「諸侯、その己を害するをにくみて、皆その籍を去る」、

諸侯は、おのれの勢力を拡張するために、
周の定めた序列が自分らを束縛するものであるとしてにくみ、
各国ともそれを記載した文書を破棄してしまいました。

というのは、それは暴のことをいったものであります。

後世、秦の李斯が、書籍を焼き捨て学者をあなうめにしたのは、
暴の甚だしいものですが、
その淵源は久しいといわなくてはならず、
それは、本章に、すでに「籍を去る」、
文書を破棄したという記事があることによって知ることができます

慢というのは、
記録することを怠り、
記録してもそれを修補することを怠り、
年がたつにつれて消え滅んでしまうことをいうのです。

『孟子』にもっぱら
暴のことばかりが記してあり、
慢に及んでいないのは、
記録の無くなった理由のうちの重大なものを特に挙げたからです。


いったい、国家の政治上の第一の眼目は、
祖法を守ることであり、
祖法は文書に記録されています。

『中庸』に「文王・武王の政治については、文書に記録されている」とあり、

告子下篇第八章に「祖先より伝来の文書を守る」とあるのも、
みなこの祖法のことをいったのであります。

今日は、名君賢相相遇のよい時代なので、
突然、暴によって文書を破棄するには至らないでしょうが、
慢によって文書がいつしか消えてゆくことに気づかないということは、
ないと保証しがたい。

君主・宰相が負わなければならない問題は、
文書保存の責務であります。






ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






⇒ この本をときどき繰り返し読んでいます。





【渡辺勝幸一般質問】答弁要旨(後半)【第365回宮城県議会】

2018年10月03日 22:18

42805494_1420501101414981_898229063485751296_n.jpg 


9月28日、
第365回宮城県議会(平成30年9月定例会)において、
渡辺勝幸は一般質問に立ちましたので、

このメルマガで数回に渡って、
一般質問の内容等についてお伝えしました。


今回も、質疑に対する答弁内容について、
お伝えしたいと思います。



ーーーーーーーーーーーーーー


【質問3 安全安心のまちづくりについて】


(1)今月、仙台市で発生した事件により警察官が殉職したが、
過去の殉職警察官の人数はどうか。
また、今回の遺族への対応及び治安を守る最前線の
「交番の安全対策強化」が急務だと思うがどうか。

警察本部長の答弁:
本県警察における過去の殉職警察官の人数は、平成元年以降では、
東日本大震災関連による15人を含め、22人。
今回の御遺族への対応については、
発生当初から県警察の被害者支援室が中心となって対応し、
これまで、御遺体との対面・引き渡しの付き添い、必要に応じた自宅への送迎、
通夜・葬儀の付添い等を実施。
御遺族の精神的・経済的負担は計り知れないものがあるので、
引き続き、御遺族のニーズに沿ったきめ細やかな支援を実施していく。
交番の安全対策については、過去の事案を教訓として強化を図ってきたところだが、
今回の事案が発生したことは、重く受け止めている。
二度とこのような事案が発生しないよう、9月21日、
警察本部内に「交番等セキュリティ対策プロジェクトチーム」を
設置したところであり、今後は、交番施設や装備等に関するハード面と、
人員配置や訓練内容等に関するソフト面の双方において検討を重ね
再発防止を努めていく。


(2)北海道胆振東部地震直後に北海道全域で大規模停電が発生し
我が県においても想定・対応を十分に考える必要があるが、
大規模停電が起きた際の県としての想定及び対策はどうか。

知事の答弁:
北海道胆振東部地震では、道内の全域が停電する「ブラックアウト」が起きたが、
東北電力では、各発電所の分散配置に加え、
東日本大震災後に管内の送電網の増強や、
東京電力との大容量の電力融通などの対策を講じたことから、
県内においては、現在そのような危険性は殆どないと聞いている。
しかしながら、様々な事態を想定して防災対策を講じておくことが重要であると考えている。
そのため、県地域防災計画において、企業や医療機関などの事業者に対しては、
非常用電源の確保など電力供給不足への対応や、
重要業務を継続するための計画の策定を求めているほか、
県民については、最低3日分の食料や生活物資の備蓄、
非常持出品の準備などの防災対策を進めることとしている。
県では、引き続き「減災」の考え方を防災の基本方針として、
企業や住民等に対し、災害への備えについて啓発に努めるとともに
平時からライフライン事業者と連携を図り、
災害時における社会経済活動への影響を最小限にとどめていきたいと考えている。


(3)主要農作物種子法の廃止を受け、種子生産体制の堅持やみやぎ米のブランド化、
優良品種開発のためには、他県の状況や法律廃止の趣旨も踏まえ、
要綱ではなく条例制定を検討すべきと思うがどうか。

農林水産部長の答弁:
我が県の主要農作物である、稲、麦、大豆の優良種子を
農家に安定的に供給することは、農業振興上、大変重要であると認識。
このため、県では、種子法廃止後も、優良種子の生産供給体制を維持していくため、
今年4月、新たに要綱・要領を制定したところ。
4月以降、この要綱・要領に関する説明会や、各種会議等での情報提供に努めた結果、
生産現場では大きな混乱もなく、円滑に種子生産が継続されている
また、みやぎ米のブランド化や優良品種の開発については、
古川農業試験場において、近年需要が増加している業務用米など、
新しいニーズに対応した品種開発に取り組んでいるほか、
民間で育成された新品種については、県で育成された品種と同様に
優良な品種を選定するための奨励品種試験の対象としている。
県としては、引き続き、新しい要綱・要領に基づき、優良な主要農作物種子を、
適正価格で安定的に農家へ供給していく。



【質問4 本県が推進する観光政策について】


(1)我が県では台湾にサポートデスクを設置しているが、
他県と共通の委託先となっており、差別化の観点から予算を増額し
専属化を図ることが重要だと思うがどうか。

経済商工観光部長の答弁:
昨年の台湾からの外国人延べ宿泊者数は、9万1,690人泊と前年比57.2%増、
今年1月から6月にかけては前年同期比84.8%増となっている
我が県では、平成28年7月に台湾・台北に現地サポートデスクを設置し、
独自のインセンティブツアーの誘致などを実現した。
現在、台湾のサポートデスクは、東北では青森県及び岩手県から同様の業務を受託。
県としては、台湾からの観光客は東北を広域周遊する場合が多いことから、
他県と連携したPRの実施と、教育旅行など我が県独自に差別化し
コンテンツの発掘・磨き上げの両面から注力している。
今後とも、現地サポートデスクが、他県との差別化も図りながら
我が県への誘客拡大に向け最大限の効果を発揮できるよう努めていく。


(2)「せんだい・宮城フィルムコミッション」が積極的に
ロケ地撮影支援や誘致活動を行っているが、差別化が重要であり、
宮城を売り込む意欲が大きな力となることから、
知事が先頭に立った映画の誘致を検討すべきと思うがどうか。

知事の答弁:
御指摘のとおり、映画等のロケーション地が聖地化され、観光名所となるなど、
映像を通したPRが観光振興に果たす役割は大きいものと認識。
近年では中国や台湾で製作されたドラマも県内ロケが行われたほか
国内向けでは、「殿、利息でござる!」や「図書館戦争」などの
映画作品のロケーション撮影の誘致を支援し、
宮城の魅力を広く内外にPRし、知名度向上に努めてきた。
今後も、「せんだい・宮城フィルムコミッション」と連携して、
国内外に向けて映画などのロケーション誘致を積極的に支援していきたい。
また、今年度、通年観光キャンペーンのPR動画を制作し配信しているが、
若い女性を中心に撮影地が聖地化しているところであり、
その結果、スタンプラリーも過去のデスティネーションキャンペーン時の
参加者の2倍となる2万人以上の方に訪れていただいている。
通年観光キャンペーンでは、秋・冬版のPR動画も10月に配信を予定しているが、
今後とも、私が先頭に立って、映像や動画手法による
県内観光地の売り込みに努めていく。


(3)来月、気仙沼市等でオルレが開設されるが、
東アジアに加え国内や欧米豪対象の誘客プロモーションの展開により、
海外や国内の既存オルレとの相乗効果が期待できると思うがどうか

知事の答弁:
宮城オルレは、今年4月の済州オルレ事務局の認定以降、
早速5月には中国、台湾、韓国、ロシアなどのトレイル団体で構成する
アジア・トレイルズ・ネットワークの運営委員に県観光連盟が就任し、
世界13か国の29にのぼる加盟団体及び友好団体との連携強化に努めてきた。
その結果、来月の宮城オルレ・オープン時には姉妹オルレである
済州オルレ、モンゴルオルレの参加はもちろんのこと、
ギリシャ、トルコ、台湾といった国からも参加いただける運びとなっている。
現時点では以上の5か国から数多くのインバウンドの方々に参加いただく予定であり、
国際的なオープニングセレモニーになることから、
世界へのPR拡大に期待している。
今後については、現在、私の指示のもと、宮城オルレの魅力を全世界に発信するため、
世界五大陸の著名なトレイル団体で構成する
ワールド・トレイルズ・カンファレンスとの連携を開始したほか、
九州オルレとの連携をより一層強化し、
持続的に国内外から観光客に来ていただけるよう取り組んでいく。


(4)インバウンドだけに重点的に取り組むのではなく、
宮城から世界への環境整備が必要であり、現在のアウトバウンド対策について、
他県にない今後の取組の進め方と併せてどうか。

土木部長の答弁:
東北の交流人口の拡大を実現していくためには、
インバウンド及びアウトバウンド双方向の取組が重要であると認識
県では、仙台空港から海外旅行へ出発する若者を対象に、
パスポート取得費用の一部を助成する「国際線利用促進キャンペーン」を
平成28年度から実施、これまでに県外を含め、
千人を超える方々から活用いただいている。
併せて、タウン誌やインターネットなどのメディアを通じ、
仙台空港から就航先の魅力を広く紹介するなど、旅行需要の拡大に努めている。
さらに、仙台空港国際化利用促進協議会を通じ、
学校の教員を対象とした海外修学旅行の事前調査への助成を行うなど、
海外修学旅行の掘り起こしにも取り組んでいる。
県としては、仙台国際空港株式会社及び関係機関と協力しながら、
引き続きアウトバウンドの拡大に努めていく。








質問内容についてのご感想、
ご意見、ご質問などいただければありがたく存じます。

すべてにお返事はできませんが、
今後の活動に役立ててまいります。





「渡辺勝幸 宮城県議会県政活動報告」(ブログ)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-category-42.html


───────────────────────────

【渡辺勝幸一般質問要旨】


【大綱1】県内各分野における地域リーダーの育成について
     以下3点について知事の所見を伺いたい。

(1)地域で将来活躍する青年世代の育成が我が県における真の地方創生であり、
  30年先に各界で活躍する人材を育てるためにも、
  青少年育成事業に本腰を入れて取り組むべきだがどうか。

(2)新規就農対策以上に、未来の宮城の農業を担う農家子弟など
  青年世代を育成することに重点を置くべきと考えるがどうか。

(3)町内会・自治会の会長、行政区長への知事表彰や研修充実、
  宮城県自治会連合会加入団体育成のための助成が、
  地域コミュニティの活性化に大いに資すると考えるがどうか。


【大綱2】外国人材の受け入れ推進とその課題について
     以下3点について知事及び警察本部長の所見を伺いたい。

(1)国では外国人介護人材の活用のための施策が進められているが、
  外国人の活用も含め、介護人材不足への対処について現状認識はどうか。

(2)外国人技能実習生と地域をつなぐプログラム等の取組を更に進めるとともに、
  外国人技能実習生等の移民に対し、
  日本語や日本文化を学ぶ機会を行政が提供すべきと思うがどうか。

(3)本格的な外国人材の受入や観光・インバウンド政策の推進に当たり、
  県民の安全・安心を確保すべきだが、
  我が県における外国人の犯罪の現状と今後の対策はどうか。


【大綱3】安全安心のまちづくりについて
     以下3点について知事及び警察本部長の所見を伺いたい。

(1)今月、仙台市で発生した事件により警察官が殉職したが、
  過去の殉職警察官の人数はどうか。
  また、今回の遺族への対応及び治安を守る
  最前線の「交番の安全対策強化」が急務だと思うがどうか。

(2)北海道胆振東部地震直後に北海道全域で大規模停電が発生し
  我が県においても想定・対応を十分に考える必要があるが、
  大規模停電が起きた際の県としての想定及び対策はどうか。

(3)主要農作物種子法の廃止を受け、
  種子生産体制の堅持やみやぎ米のブランド化、
  優良品種開発のためには、他県の状況や法律廃止の趣旨も踏まえ、
  要綱ではなく条例制定を検討すべきと思うがどうか。


【大綱4】本県が推進する観光政策について
     以下4点について知事の所見を伺いたい。

(1)我が県では台湾にサポートデスクを設置しているが、
  他県と共通の委託先となっており、差別化の観点から予算を増額し
  専属化を図ることが重要だと思うがどうか。

(2)「せんだい・宮城フィルムコミッション」が積極的にロケ地撮影支援や誘致活動を
  行っているが、差別化が重要であり、宮城を売り込む意欲が大きな力となることから、
  知事が先頭に立った映画の誘致を検討すべきと思うがどうか。

(3)来月、気仙沼市等でオルレが開設されるが、
  東アジアに加え国内や欧米豪対象の誘客プロモーションの展開により、
  海外や国内の既存オルレとの相乗効果が期待できると思うがどうか

(4)インバウンドだけに重点的に取り組むのではなく、
  宮城から世界への環境整備が必要であり、
  現在のアウトバウンド対策について、他県にない今後の取組の進め方と併せてどうか。


【一般質問要旨ここまで】
───────────────────────────






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx