fc2ブログ

政治家ほどやりがいのある仕事はない-京都智積院において林塾全国師走例会に参加しました

京都の智積院会館において、
林塾の全国師走例会が開催され、
参加をしてまいりました。

全国の若手地方政治家が集まり、
林塾の規模も100人を超えるようになってきましたので、
このように全国から同志が集まると、
地方の勢いを感じます。


30代40代の地方政治家が中心であり、
本塾では現在、30代40代で議長や市長もたくさん輩出していますが、

地位は結果として与えられるに過ぎないものであって、
中心となって活動している政治家の方々はその立場に関わらず、
人物として尊敬できる人ばかりだということを感じます。


政治家が政治家を見る目はとても厳しいものです。

有権者として政治家を見る目も厳しいように感じますが、
それ以上に政治家は人を見る目のある人ばかりですので、
その人の言葉に魂があるかどうか、
一瞬で見極められてしまいます。


もちろん礼儀はわきまえているので、
直接そう言われることはないわけですが、
見られている「視線」というものを強く感じます。


そう考えると政治家というのは厳しい職業ですね。

メディアでもたたかれますし、
政治家そのものを信頼しているという人は
わが国では少ないことでしょう。


そうであっても私は、

「政治家ほどやりがいのある仕事はない」

と断言できます。

こうした全国各地の地方を支える
熱い政治家と切磋琢磨できるだけではなく、

課題を聞くためにそれぞれの業界の方々とお会いする機会も多く、
まあとにかく、たくさんの人と出会うことができる職業です。

それぞれの立場や職業のことを
詳しく知ることもできますし、

それぞれの課題を解決するために
頭を悩ませることもまた貴重な機会です。

そしてたくさんの人の人生に、
より良い影響を与えることができる力を持っている、
そうとも感じます。


何よりも自分を支えてくれる人が、
地域にたくさんいるというだけで
やりがいがあるものですね。

課題解決の実現ができれば、
これもまたやりがいを感じます。


今までの人生がどうであったか、
学歴、経歴、職歴、賞罰も関係なく、

選挙で一定の支持を頂けたならば
自らの政治信念のもとに行動し実現する幅が大きく広がります。

お金はたまらないというのが残念なところですが、
そうであってもやはり、

政治家ほどやりがいのある仕事はありません。



少子高齢化、財政再建、限界集落、空き家の発生などなど、
地方をめぐる言葉は将来不安を誘うものばかりのように見えます。

地方政治家がどれだけ活躍するか、
そして自分の地域の地方議員にだれを選ぶかで、
わが地域の将来、ひいてはわが国の将来が
大きく変わってくる時代になってきました。

ある意味では自治体間競争の時代です。


そして、
地方が強くなれば、
日本が強くなります。

そのためには次の世代を担う地方議員が切磋琢磨し、
交流を図りながらも、
自分自身の人物を磨いていかなければならないと感じます。


全国各地の政治家とたくさん会うと、

この地域の人はこういう傾向があるのかなとか、
この地域はすごいんだなと感じたりもしますので、

ということは、自分自身は気付かないうちに、
「宮城県」を背中にしょっているということになります。


そして海外の方々と会えば、
自分自身は気付かないうちに、
「日の丸」を背中にしょっているということになります。


私自身はまだまだ未熟な点が多く反省ばかりの日々ですが、
宮城県がよりよい土地になるように
引き続き取り組んでいきたいと思いますし、

地方が強くなれば日本が強くなる、
地方にありながら国益を強く意識し、

わが国の伝統文化を基礎におきながら、
新たなる政治をつくる活動を、
来年以降もさらに進めていきたいと思っているところです。




年末年始、渡辺のオススメ書籍3冊!(平成29年末)その1

今年もあと少しで終わりですが、
ふだん分刻みのスケジュールの方も、
年末年始を生かして読書をしてみてはいかがでしょうか。


あらゆる人から学ぶ、
そんな気持ちを持っていると、
世の中のいろんな人々が書いた本を読むことこそ、
あらゆる人から学ぶことになるのではないかと感じます。


毎年このメルマガでは、
年末年始皆さんにオススメの本を紹介しています。





【1、田崎史郎『小泉進次郎と福田達夫』(文春新書) 新書】
⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166611488/cuccakatsu-22/ref=nosim


日本政治の次の世代を担うのは、
やはり安定して選挙が強い世襲政治家で、
その中でも優秀な政治家にならざるを得ないと思います。

十年以内には小泉進次郎氏が
軸に展開する可能性は高いと思われますので、
この二人は要チェックです。


───────────────────────────────────
【引用ここから】


「小泉家って親子の会話もワンフレーズなんですか?」(福田)

「そりゃね、ワンフレーズじゃ済まないよね」(小泉)

自民党若手政治家の中でもっとも期待される2人、
小泉進次郎氏と福田達夫氏の対談本が実現しました。

総理だった父のこと、世襲政治家の家のこと、
そして自分の夢のすべてを、初めて語り合った衝撃的な1冊です。

2人は2017年の農政(全農)改革で、
自民党の農林部会長と部会長代理という立場で、
初めてタッグを組み、大仕事を成し遂げました。

その過程で、お互いを知り、認め合い、
まるで昔からの親友のような関係になったのです。

「うちの親父(小泉純一郎元首相)は、
 政治家になると友だちなんかできないと言ってた。
 それが政治の世界だと」(小泉)

「確かに友だちはいなかったかもしれなかったけど、
 お父様には仲間がいた。
 うちの親父(福田康夫元首相)とか森喜朗首相は兄弟だった」(福田)

2人は驚くほど素直に意見をぶつけ合います。

農政改革の現場では、
敵陣に真っ先に攻め込んで暴れまわる騎兵隊長が小泉氏なら、
そのあとを粛々と占領していく歩兵隊長が福田氏。

個性は違うけれどもぴったりと息のあったコンビは、
小泉純一郎総理─福田康夫官房長官時代を彷彿とさせます。

司会はテレビの政治解説でもおなじみの、
時事通信特別解説委員の田崎史郎さん。

2人の本音をどんどん引き出していきます。
日本の未来を担う2人の本当の姿が見えてきます。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────




【2、藤重佳久『やる気と能力を120%引き出す奇跡の指導法』
⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591153371/cuccakatsu-22/ref=nosim


吹奏楽の世界では指導者によって、
結果が大きく変わるといわれていますが、

どの世界でもトップによって大きくその組織が変わるということは
言えるかもしれません。

教師の間でもこの本は注目されているということで、
リーダー論としても面白い本といえます。




───────────────────────────────────
【引用ここから】


「世界一受けたい授業」
「めざましテレビ」などで話題!

・全日本吹奏楽コンクール出場19回のうち金賞10回
・全日本マーチングコンテスト出場16回すべて金賞
・メジャーデビューCD『熱血! ブラバン少女』が
第29回ゴールドディスク大賞『クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー』を受賞
(以上、精華女子高校)、

・就任1年目で全日本吹奏楽コンクール出場
2年目には中学生から大学生までの混成バンドでマーチングバンド全国大会に出場
・3年目にはマーチングバンド全国大会&全日本マーチングコンテスト出場
(以上、活水学院)

など、実績多数の著者が実践する指導法。

著者の藤重先生は、吹奏楽コンクールの全国常連校である精華女子高校を、
部員5人の時代から育ててきた高校吹奏楽の名指導者。

毎年入れ替わる生徒たちをその都度導いて、
全国大会常連校の吹奏楽部を作りあげた。

そして2015年に、前年まで吹奏楽コンクールに出ていなかった活水学院に異動、
たった1年で全国大会に導くという快挙を達成した。


吹奏楽部というと運動系部活のように厳しい指導をするイメージがあるが、
藤重氏は「生徒一人ひとりの能力を引き出す」ことを重視し、
厳しさとやさしさをうまく使い分ける指導をする。

そんな著者が語る子どもの能力を引き出す教え方の極意を紹介する一冊。

吹奏楽の指導者だけでなく、他ジャンルの指導者や子育てに悩む親御さん、
部下指導に悩むビジネスパーソンの方にもオススメの一冊です。

(もくじより抜粋)
第1章/音楽は「自己表現」
・吹奏楽の曲に「歌詞」をつけて歌う
・指導の第一歩は「いい音」を聞かせること
・生徒同士の声の掛け合いの風土が「いい音」をつくる など

第2章/「やる気」がすべてのエネルギー
・私が就任1年目から「全国大会を目指す」と宣言した理由
・笑顔は心のビタミン
・「いい無理」はしてもいい。「悪い無理」はするな など

第3章/「社会に通用する人間」を育てる
・「日誌」に人間性が出る
・生徒の可能性の芽を摘まない
・「ほめる」から「気付く」 など

第4章/「指導者」としての考え方
・指導者は「自分の音楽」を信じ「我流」を貫く
・生徒が壁にぶち当たったときの対処法
・「役割」を成し遂げるため自分を成長させる など

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
藤重/佳久
活水学院吹奏楽団音楽総監督。活水女子大学音楽学部特任教授。
福岡県久留米市出身。武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科卒。
在学中より東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の一員として活躍。
1979年より精華女子高等学校教諭。
2008年に全日本吹奏楽連盟より長年出場指揮者表彰を受ける。
また、09年には文部科学大臣優秀教育表彰を受ける。
その後、15年より現職。
「全日本吹奏楽コンクール出場20回のうち金賞10回」
「全日本マーチングコンテスト出場16回すべて金賞」
「高校吹奏楽部としては異例となるメジャーデビューCD『熱血!ブラバン少女』が
第29回ゴールドディスク大賞
『クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー』を受賞」(以上、精華女子高校)、

「就任1年目で全日本吹奏楽コンクール出場」
2年目には中学生から大学生までの混成バンドでマーチングバンド全国大会に出場」
「3年目には全日本マーチングコンテスト出場」(以上、活水学院)
など実績多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


【引用ここまで】
───────────────────────────────────






【3、井上和弘『儲かる会社をつくるには赤字決算にしなさい』】
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4478061866/cuccakatsu-22/ref=nosim


会社経営をされている方は、
ぜひご一読いただきたい財務の本です。

特に中小企業経営者にとっては、
貴重な情報が満載だと思いますし、
決算書の意味をもう一度確認することができると思います。




───────────────────────────────────
【引用ここから】


■強い会社はなぜか赤字 お金を残す秘密とは?

■赤字にしたら、銀行の評価が上がる!

■経営書の名著『カネ回りのよい経営』の著者が明かす絶対に会社をつぶさない方法

■タブーだった「銀行」「国税庁」に交渉できる(秘)ノウハウが満載!


キャッシュを残すには、収入を上げるか支出を減らすしかない。

国内人口が減少し、海外との競争が激しくなる中で、収入を増やすことは困難だ。
一方、支出を減らして資金流出を抑えることは意外に簡単にできる。

資金の社外流出をストップさせる手段が、赤字決算である。

資産売却やオフバランス化、新しい減価償却制度の活用など、
正当な手法で赤字決算することで、
銀行からも評価され、キャッシュリッチな会社になる方法を伝授する。

さらに、銀行と交渉して金利や担保条件などを自社に有利にする方法、
税務調査の断り方や効果的な否認方法など、
これまで企業にとってはある種タブーと言える相手と、
きちんと交渉できる(秘)ノウハウも紹介。目からウロコの1冊。

普段はあまり気にしない「借入返済」と「税金」という
2大キャッシュアウトを抑えれば、お金持ち会社に変身できる。

内容(「BOOK」データベースより)
99%の社長が知らない衝撃の真実!!
赤字にしたら、銀行の評価が上がる!税金も払わなくていい!
無担保・無保証は当たり前!税務調査も怖くない!
「銀行」「税務署」マル秘交渉術。


【引用ここまで】
───────────────────────────────────






メルマガ読者の皆さんのなかでこれを読んだとか、
この本いいですよというオススメがあれば、
メールをください!

よろしくおねがいいたします!

オススメのクリスマスのすごし方─NORADのサンタ追跡と『素晴らしき哉、人生!』、モノポリー

クリスマスが近づいてまいりました。
クリスマスソングがたくさん世のなかに流れていて楽しい季節です

世のなかの大変なことを忘れさせてくれますね。
年末感が出てきています。

心なしか街を行き交う人々も笑顔が増えているような気がして、
なんだかうれしくなりますね。

毎年のことですが、私がみなさんにオススメしている、
クリスマスの過ごし方は2つあります。
今年から一つ「家族でモノポリー」を加えました。




【1、アメリカ軍がサンタさんを追跡する動画を一晩かけて見る】


毎年、NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)が、

トナカイのそりに乗って
全世界を駆け回るサンタクロースを
Google Earthで追跡するという、

イベントサイトがあります。

これを毎年わが家では見ています。


24時間全世界を駆け巡るサンタさんを
パソコンの画面からチェックできるというこの時代。

このNORADのサンタサイトによれば、

サンタが普通の時間感覚で作業したと仮定する場合、
1 軒あたり 0.0002~0.0003 秒の速さで
各家庭を回らなければいけないということになるのだとか。

異なる時空間で活動していると考えるのが合理的だそうです。

むかしは、わが家の子どもたちもこのサイトを見て
一生懸命起きていたのですが、

サンタさんが日本に来るころになると残念ながら眠気が勝ってしまい、
毎年サンタさんに会えないという残念な状況が続いていましたが、

成長するにつれて、
夜遅くまで起きられるようになってきたので、
時のたつのを感じますね。


米軍はサンタさんを執拗なまでに追跡するということで、
これもまたなかなか、敵ながらあっぱれと思います。



クリスマスの過ごし方、オススメの2つ目は、



【2、映画『素晴らしき哉、人生!(It's a Wonderful Life)』を見る】


この映画は、1946年(昭和21年)の映画です。

アメリカでは不朽の名作として毎年末にTV放映されることから、
それまでキャプラを知らなかった若い世代から再評価され、

今ではクリスマスにこの映画が流れるのは定番となり、

アメリカで最も親しまれた作品

としてよく知られる映画なのだそうです。


素晴らしき哉、人生! Blu-ray
ジェームズ・スチュワート (出演), ドナ・リード (出演), フランク・キャプラ (監督) | 形式: Blu-ray
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B00EYAXNGK/cuccakatsu-22/ref=nosim



─────────────────────────────
【以下amazonより引用】

フランク・キャプラ監督とジェームス・スチュワートの名コンビ
による、心温まる人生賛歌。

人生っていいものだ、人間ってすばらしい! と前向きになれる。
また、ラストの感動とすがすがしさは、観る者の胸に暖かい明かり
を灯してくれるだろう。

心やさしいジョージは故郷の小さな町を飛び出し、世界を舞台に
活躍する夢をもっていた。しかし、相次ぐトラブルで町にとどまり、
父の会社を継ぎ、そして家庭をもった。

町の人々からも慕われ幸せに暮らしていたが、クリスマスの日、
人生最大のピンチに見舞われる。

絶望感から自殺を図ろうとするが、そのジョージのもとに、なんと
彼の守護天使が現れる。キャプラはこの作品でも、コメディタッチの
オブラートに包みながら、ヒューマニズムにあふれる演出で
普遍的な感動を与えてくれる。

【引用ここまで】
─────────────────────────────



私は大学生の時に、
この映画を監督したフランク・キャプラに関心を抱き、
現在入手できる映画と書籍、論文などのほとんどを集めて、
研究していました。

なつかしいです。

30年代に多くのスクリューボールコメディを撮ったキャプラは、
40年代になると、陸軍で対日戦争の戦意を高揚させるため、
プロパガンダ映画を数多く撮ります。


そして戦争が終わって第一作目の映画が、この『素晴らしき哉人生』となりました。




私はクリスマスの時期、
または人生でつらいことがあったときこれを見ることにしています



「一人の人生はその他大勢の人生に影響を与える。
 一人いないだけで、世界は一変する。」



この一年、いろいろなことがありましたが、
それでもなお人生はすばらしい、
生きているだけですばらしい、

そう思える映画です。





素晴らしき哉、人生! Blu-ray
ジェームズ・スチュワート (出演), ドナ・リード (出演), フランク・キャプラ (監督) | 形式: Blu-ray
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B00EYAXNGK/cuccakatsu-22/ref=nosim



【3、家族でモノポリー】


ふだんみんな大変忙しく
なかなか時間が合わないわが家族ですが、

家族で集まれる冬休み、
モノポリーをしてみました。

盛り上がります。


モノポリー タカラトミー
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B0756GK7M7/cuccakatsu-22/ref=nosim


いまの時代ゲームといえば、
スマホゲームだったりテレビゲームだったり、
電子機器の発達で楽しいゲームはたくさんあるわけですが、

やはり家族がそろったときは、
アナログなボードゲームをするというのもいいのではないかと思います。

人生ゲームもまたいいですね。




みなさんも、クリスマスに
たのしいひとときをどうぞお過ごしください。



天皇陛下お誕生日に際し(平成29年)、そして本日の天皇陛下お誕生日行事一覧

本日は、天皇陛下のお誕生日であります。
日本国民の一人として心よりお祝い申し上げます。


平成31年に天皇陛下の譲位が決まり、
4月30日までが平成となります。


12月20日に行われた、
天皇陛下の記者会見について、
宮内庁のサイトから見ることができます。


天皇陛下お誕生日に際し(平成29年)
天皇陛下の記者会見
会見年月日:平成29年12月20日
会見場所:宮殿 石橋の間

⇒ http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/17

続きを読む

拉致問題啓発舞台劇公演「めぐみへの誓いー奪還ー」を鑑賞

本日平成29年12月21日、

拉致問題啓発舞台劇公演「めぐみへの誓いー奪還ー」

が多賀城市で開催されお招きいただきました。

この舞台劇は、
政府の拉致問題対策本部、
宮城県、多賀城市が主催したもので、

原田大二郎さんが横田滋さん役で出演、
劇団夜想会の上演によるお芝居でした。

私は現在、宮城県議会拉致議連の事務局長をしていますので、
今回この公演にあたり、
様々お手伝いしたところです。


90分以上にわたって熱演されたこの公演ですが、
拉致された横田めぐみさんのあまりにも悲しい思い、
ご両親のつらさが手に取るように感じられ、
すぐ隣の国でこんなことが起き、
わが国の主権がいとも簡単に侵害されている現状に、

政治家として何ができるのか、
今後何をしていかなければならないか考えながら見ていました。

そして考えれば考えるほど、
北朝鮮という国家が異常な状況にあり、
政治がひどいとこんなにひどい世界が生まれるのかと、
あらためて感じたところです。


日本にある自由、
平和、そして当たり前のように私たちが享受しているしあわせを、
あらためて感じながら、
何とかして早く北朝鮮から拉致被害者の方々が帰ってくるよう、
祈らずにはいられませんでした。


特に私も小学生と中学生の娘がいるので、
横田ご夫妻の気持ちは本当に痛み入ります。


拉致議連としての活動は精いっぱいやっていますが、
なんとしても結果を出せるよう、
さらなる活動を、そして外交も含めた奪還の判断を
政治家としてしていかなければならない、
そんな思いでした。


一日も早い拉致被害者の方々の帰国、
そして異常な状態にある北朝鮮が普通の国になるよう、
様々な活動を今後とも進めていきたいと思った次第です。



今日の拉致啓発劇は大変すばらしいものでしたが、
某党の県議さんは、
来賓紹介と政府の拉致事案説明が終わった後、
予定があるとのことで退席され、
この啓発劇をご覧になられずに帰っていました。

大変残念に思うと同時に、
今日ご覧になれなかった方には、
ぜひ全国各地でこの啓発劇は上演されていますので、
そちらへ参加していただければと思いますし、

また政府インターネットテレビで、
アニメ「めぐみ」を見る事が出来ますので、
こちらをご紹介しておきます。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アニメ「めぐみ」(政府インターネットテレビ)
⇒ https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1754.html

このアニメ「めぐみ」は、
昭和52年、当時中学1年生で北朝鮮により拉致された
横田めぐみさんの家族の苦悩や、
懸命な救出活動の模様を描いたものです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



わが国は戦後70年、
平和を守ってきたといわれますし、

平和憲法のおかげで戦争に巻き込まれずに済んだという主張もあるようですが、
どう考えてもこの拉致事件は戦時状態であるように思えてなりません。

脚本演出の野伏翔さんもおっしゃっていましたが、

レバノン女性拉致事件においては、
レバノン政府が右も左も挙げて北朝鮮に強硬姿勢を示し、
国交断絶を宣言、北朝鮮も折れ、
全員が帰還することができました。


わが国の現状をただ嘆くだけではなく、
具体的に国民の生命と財産を守る手だてを
政治が考えていかなければなりません。


拉致事案こそ、
目を背けずにしっかりと対策を練る必要があります。







ご支援御礼(令和元年10月)

渡辺勝幸は令和元年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,273票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に二回目の当選を果たしました。今後ともふるさと宮城の復興完遂のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(令和元年10月27日執行・投票率28.18%)
当 渡辺勝幸    自民現  10,273
当 三浦奈名美   立民新 7,634
当 福島一恵    共産現 7,047
次 高橋克也    自民新 6,486

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
20位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

メルマガを毎日書いています!

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
メルマガ購読・解除
 

ご支援御礼(平成27年10月)

渡辺勝幸は平成27年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,041票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に初当選しました。今後ともふるさと宮城に強い経済をつくるために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成27年10月25日執行・投票率31.28%)
当 渡辺勝幸    自民新  10,041
当 福島かずえ   共産新 9,433
当 細川雄一    自民現 7,490
次 千葉あさこ   民主新 5,849

渡辺勝幸後援会事務所

渡辺勝幸後援会事務所
984-0816 仙台市若林区河原町1-7-29-101
TEL 022-398-6266 FAX 022-398-6269

最近の講演報告・講演実績

検索フォーム

アクセスランキング

ご支援御礼

渡辺勝幸は平成23年11月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、5,042票という貴重な票をいただきましたが、落選いたしました。残念な結果ではありましたが、今後ともふるさと宮城の復興のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成23年11月13日執行・投票率34.65%)
当 細川雄一    自民現 7,728
当 本多祐一朗   社民現 6,536
当 千葉達     自民現 6,031
  福島かずえ   共産新 6,000
  渡辺勝幸    無新  5,042
  菊地ゆきお   み新 2,903
  小野寺かずたか 無新 978


120216 gaitorokuchonomeAkXOfoVCMAAmJYo 早朝街頭を続けています。平成24年1月撮影。

渡辺勝幸の政治活動を応援していただける方は、まず無料の「渡辺勝幸後援会メールマガジン」にご登録ください!

【渡辺勝幸応援団よりのお願いです】
渡辺勝幸後援会に入る方法

このブログについてご説明

このブログは、渡辺勝幸が3,300日以上毎日書いているメルマガ「日本一元気になるビジネスマガジン」の過去記事を中心に構成しています。メルマガでは、ブログに書けない話なども書いていますので関心のある方はぜひどうぞ。メルマガ登録はこちらから。

メルマガを3,300日以上毎日書いています

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。 9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。 政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、 意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。 1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。 失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。 著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。 起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Facebookページに「いいね!」

「いいね!」するだけで、つくる仙台の日々の更新情報が届きます。たまに「ここだけの情報」をお伝えします!