Archives[ 2017年02月 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評

2017年02月27日 23:59

平成28年は、渡辺勝幸が年明けから
県議会議員としてスタートを切る初めての年になった。

政治家として始まったこの一年に、渡辺は何を決意し、
どのように力を発揮していったのだろうか。

まず、渡辺が県議として力を入れたことは、
「強い経済をつくる」という公約だ。

渡辺は宮城県議会において、経済商工観光委員会委員に所属し、
宮城県の創造的復興の実現に向けて活動してきた。

仙台空港民営化をはじめとする県内経済の活性化、
中小企業の振興、インバウンド対策をはじめとする観光振興策の実現などに携わってきた。
県議会の一般質問では、渡辺は真っ先に、
宮城県が掲げる「創造的復興」の意義について知事に問いかけた。

その強い姿勢は、その場の質問ででは終わらない迫力を感じるものだった。
その背景には何があるのか?

渡辺は、県議になる前から築いてきた活動を、
平成28年も継続する決意をもって、
県議としての活動に挑んでいた。

渡辺は平成28年の年初に、
2つの大きな目標を掲げている。

1つ目は、「宮城県議会議員として、政策立案能力を極めること」
2つ目は「従来進めてきた起業支援活動を、進化させること」だ。

この2つ目の目標である「起業支援活動」の中心は、
平成24年に渡辺が設立した「株式会社つくる仙台」の活動である。

そこでは、起業支援の実務に加え、
宮城県に起業家を育成する教育にも力を注いできた。

特に平成26年と平成27年に開講した
「起業集団つくる仙台創業スクール」の卒業生の中には、
今、実際に起業をして活躍している者もいる。

県議となった平成28年は、公務が膨大に増え、
時間的には非常に厳しい制約があった。

しかし、それでも渡辺はつくる仙台の活動はやめなかった。

「つくる起業倶楽部例会」を継続的に開催し、
起業志望者や起業家を応援したいという経営者を実際にまとめるほか、
具体的なコンサルタントを通じても起業家を育て続けている。

もう1つの起業支援活動がある。

平成28年4月から8月にかけて、東北大学大学院情報科学研究科において、
情報技術経営論の講義を担当した。

渡辺がこの講座を持つのは今年で3年目となる。
起業家学を教えるこの授業では、
受講者が社会に出たときに即戦力として活躍できることを目的としている。

今、宮城県が目指す「創造的復興」には、
中小企業支援や創業支援を通した地域経済の活性化という要素が含まれている。

つまり渡辺は、「強い経済をつくる」という公約に向けた活動を、
県議になる前から実践していたのである。

なぜ、それができるのだろうか?

それは一言で言えば、渡辺は県議会に当選する前から政治家であったからだ。
議員であっても、選挙に勝つことだけが目的になったとき、
それは政治家とは言えない。

しかし渡辺は、選挙のためではなく、
宮城の発展のため、市民のために県議として何できるかを問い続けている。


その想いは、他の活動からも垣間見ることができる。

渡辺は、県議会の議会改革推進会議のメンバーとして、
政務活動費の在り方についての議論に加わった。

また、11月の議長選で渡辺は、
県議会一期生である守屋守武氏を擁立した。

守屋氏は選出されなかったものの、
渡辺の慣習を越えた行動からは
「今までと同じような政治をしない」という決意が感じられた。

渡辺の志の原点とはなにか?

県議会初登壇となった2月28日。
一般質問の冒頭で渡辺は、
東日本大震災で経験した「心が引き裂かれるような喪失感」を吐露しながら、強い口調で述べた。

「私が県政を志したのは、まさにこの震災が契機であり、
 この宮城県において『つくる』の旗印のもと復興の先頭に立ち、
 県政の場で自らの力を発揮したいと、
 強い決意と覚悟をもってこの議場にまいった次第であります。
 人の足を引っ張ったり、重箱の隅をつつくような議論をしたり、そのようなことをしている暇は、現在の宮城県にはありません」

この決意は、平成23年に渡辺が立候補を表明したときから変わらない。
渡辺は何のために自分が政治を志したのか、
誰のために自分は行動しているのか、
常に原点に戻ることを忘れない。

強い志を原動力とした渡辺の県議としての活動は、まだ始まったばかりだ。

(文・佐藤由樹)



【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2116.html

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-1841.html

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-1842.html



昨年の今日の一般質問、その後―広瀬川広瀬橋近辺の陸閘完成

2017年02月26日 22:25

三月一日の一般質問の準備をしているところですが、
過去に本会議や委員会で質問をしたことの進捗を確認することも
大事な作業の一つです。

当局から丁寧に報告をしてくれる場合はいいのですが、
皆さんお忙しいので自分の目で進捗を確認しなければなりません。


昨年のちょうど今日2月26日に、
本会議の一般質問に立ったわけですが、
そのときに触れた広瀬川の広瀬橋付近における陸閘が、
今月完成しました。

河原町近辺の皆さんからご要望いただいていたことでありますし、
私のベースとなる土地ですので、ほっと一安心です。

万が一の事態に備えて、
河原町の水害を防ぐ一助になります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【引用ここから】


平成28年2月定例会(第355回)-02月26日-05号

◆十八番(渡辺勝幸君)

【略】

大綱四点目、仙台市中心部を流れる一級河川広瀬川の河川管理等、
安全安心な暮らしについて県民から多く寄せられている声について
お伺いをいたします。

昨年九月の台風十八号の影響による関東・東北豪雨により、
県内陸部を中心として甚大な被害が発生をいたしました。

被害に遭われた皆様には、ここで改めてお見舞いを申し上げます。

この豪雨は、仙台市内におきましても大きな影響があり、
広瀬川を中心として、河川はんらん発生の危険が高まったとして
避難勧告が発令されました。

広瀬川は杜の都仙台を象徴する河川でもあり、
政令指定都市仙台の中心を流れる河川でもありますので、
一たびはんらんとなったときには、甚大な被害が予測をされます。

昨年九月以降は、とりわけ広瀬川周辺に暮らす県民の多くから、
また地元町内会を中心に、河川管理について心配する声が
多数寄せられているところでもあります。

とりわけ広瀬川の堤防について、
通常時は河原へと通行できるよう途切れさせている開口部分があり、
そうした箇所について、陸閘のある箇所とない箇所があり、
陸閘のない箇所について洪水時の越水を不安視する声が
多く寄せられており、その対応についてお伺いをいたします。


【中略】


◎土木部長(遠藤信哉君) 
大綱四点目、広瀬川の河川管理等、
安全安心な暮らしについての御質問のうち、
堤防の開口部についてのお尋ねにお答えいたします。

県では、広瀬橋上流から愛宕大橋付近までの区間におきまして、
平成十九年度からコンクリートの胸壁の改築を実施し、
平成二十六年度までに工事を完了しております。

この胸壁には、広瀬橋付近など三カ所に
車両の出入りのための開口部を設けておりますが、
平成二十八年度中に鋼製の陸閘を整備し、
洪水対応に必要な堤防の高さを確保してまいります。

なお、陸閘の整備前に異常出水が発生した場合には、
速やかに、大型土のうによる閉塞対応を実施することとしております。

また、現在、地域の方々の利用のために
開口部となっております八カ所につきましても、
確実な閉扉と利用者の利便性向上のため、
平成二十八年度中に鋼製ゲートを設置することとしております。

私からは、以上でございます。


【後略】

【引用ここまで】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


リーダーの行動は義に合っているかいないか

2017年02月24日 23:59

朱子の註に、

「為にすることありて言ふ」

とある、この意味を
深く研究しなければなりません。


立派なリーダーたるものの行為行動は、
すべて、

義に合っているか、合っていないか

のみを問題にするのです。

後でわざわいがあるかないかは
問題にしないのです。


もし後でわざわいがありはしないかと
心配するあまり、
人に善くないところがあっても、
黙っているのを自分の態度としたならば、

これは唐の韓退之のことばに

「歴史の書物を著す人物は、
 後で人から禍いを受けることがなければ、
 天から刑罰を課せられるものであるから、
 これを畏れることなくして
 軽々しくその筆を執るべきものではない」

とあるのと同類の議論であって、
非常に間違っています。


柳宗元のこれに対する駁論、

「一つの地位についている以上は、
 その責務を正しく行うことを考えるべきものであって、
 外から受ける刑罰や禍いなどを恐れるものではない」


というのが、最も正しい議論です。


しかしながら、
自分の職責上のことでもないのに、
好んで人を非難してその不善をいい、
そのために無益の刑罰や禍いを買うこともまた、
このうえなく愚かなことです。


それ故に孟子は、
このような人のためにこの言葉を発して、
戒めたのです。

故に朱子は

「為にすることありて言ふ」

特にいうべき理由があっていったことばである、
と註したのです。





ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。

⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4061584421/cuccakatsu-22/ref=nosim




起業するなら必ず知っておきたい補助金について

2017年02月23日 22:26

つくる仙台では、
2月26日に起業家向け補助金の勉強会を開催します。

⇒ 「起業・経営に関する新年度補助金最新情報勉強会」―つくる起業倶楽部第22回平成29年2月例会


ご参加の方には様々な最新情報の資料をお渡しする予定ですが、
そのなかでも、いま起業をお考えの方なら必ず知っておいていただきたい補助金があります。

それは、

「創業・事業承継補助金」(平成29年度予算)

です。

ここ数年、起業する際に200万円補助金として頂ける創業補助金制度が活用され、
実際につくる仙台の支援先や創業スクール卒業生が、
採択を受け、この補助金をうまく活用して事業を軌道に乗せています。

今年は、「創業・事業承継」を対象としており、

補助率は創業者が2分の1、事業承継者が3分の2とされています。
今年は外部資金調達の有無、
事業承継の事業転換の有無で補助金上限額が変わるとのことです。

この補助金は、平成29年度政府予算となりますので、
現在の国会での審議状況如何で大きく変化しますが、
おそらく4月に募集が開催されるものと思います。


現在、この創業・事業承継補助金の採択決定を実施する事務局の公募が行われております。
2月中に締め切られるようですが、例年電通さんが事務局の採択を受けていましたね。

今年はどうなるか。


ということで、
もしいま起業を考えておられる方がいらっしゃいましたら、
この補助金に挑戦してみる価値はあると思いますし、
事業計画をどうつくっていくか、
ここも大事なところですので、つくる倶楽部で詳しくお話をしていきたいと思います。



⇒ 「起業・経営に関する新年度補助金最新情報勉強会」―つくる起業倶楽部第22回平成29年2月例会


3月1日、一般質問に立ちます

2017年02月22日 23:27

渡辺勝幸が登壇する宮城県議会一般質問が

平成29年3月1日(水)午前10時の予定と決まりました。

お時間あります方はぜひ宮城県議会まで傍聴にお越しください。


日時 平成29年3月1日(水)午前10時(時間が前後する可能性があります)

場所 宮城県議会(仙台市青葉区本町三丁目8番1号)
Tel:022-211-3592


【質問内容 発言の要旨】

1、宮城県震災復興計画「再生期」の総仕上げについて
2、ベトナムにおける宮城県産品販路開拓支援事業等について
3、国語教育の充実強化と児童生徒の安全・安心な社会の構築について
4、公益経済の観点に基づく中小企業・小規模事業者の新たな取り組みの支援について

インターネット中継でも見ることができます。

議事録については、ホームページ、ブログ等で公開する予定です。







【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx