Archives[ 2017年01月 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

つくる倶楽部にロサンゼルスから参加者が!

2017年01月16日 20:54


昨日、起業志望の方々向けの勉強会、
第21回つくる起業倶楽部平成29年1月例会を開催しました。
http://www.tsukurusendai.com/news/20170116632


「起業家が知らなければならない集客の基礎ABC」
をテーマとして開催、

つくる倶楽部開始以来、
最も遠いロサンゼルスからの参加者もいらして、
話も弾み大いに盛り上がりました。

ロサンゼルスからいらした方は、
なんとこのメルマガの読者の方とのことで、
ここ数年来私のメルマガを読んでくださっていたそうです。

ありがたいことですね。

とても不思議な、
そして面白いご縁だなあと思い、
うれしくなりました。

たまたま日本に帰っていらしたとのことで、
わざわざ仙台へ来てくださり、
その行動力もすごいものだと感じます。

Kさん、どうもありがとうございました!



今回の内容としては以下のお話を中心に、
起業して最初に直面する集客のむずかしさについて、
お話をしました。

・集客が厳しい起業家の特徴
・集客の基礎は2つだけ
・価格より価値を伝える
・ほとんどの人はあなたのビジネスを知りません
・広報の手法(チラシの場合・ホームページの場合)
・集客の流れの基本
・見込み客を集める方法
・集客の4STEP(見込み客の顧客化)
・ペルソナとは?



【参加者のご感想】

●ペルソナについて大変勉強になりました。
またどのお話も選挙にも通じるなと思いました。
メルマガから参加させて頂きましたが、
予想通り、政治や選挙とビジネスを両立されていて
とても興味深く勉強になりました。

●ペルソナのことは知りませんでした。
客先では広告のターゲットを決めることが重要とお話ししていましたが、
ここまで細かく設定するとは驚きでした。
いまから広告を作成するときの参考にしたいと思います。
私のクライアントもすぐ値段で訴求しがちですが、
注意したいと思います。
今日はかなり勉強になりました。
ありがとうございました。(菅原さん)

●今まで体当たりで行動してきたことの良し悪しを理解できた。
「行動する」のみの人生だったので、
理論をわかり正しく行動することを強く感じた。(伊藤嘉樹さん)

●ペルソナをどのように設定してきたか?(Oさん)

●自分の仕事、他の方々の立場でお話を聞かさせていただきました。
宣伝の仕方、いろいろあるけど「情報の提供」それに限るかと思います。
日々勉強し、変化し続けていくことにつきます。(佐伯輝彦さん)


皆さんに喜んでいただけたようでしたので、
ぜひこれらを実践していただき、
ビジネスの発展につなげていただければと思います。


次回は毎年この季節のテーマですが、
「政府の最新補助金情報について」開催したいと思います。

その次は、ベトナム進出海外支援をテーマの勉強会としたいと思っております

起業志望の方はもちろんのこと、
起業に興味のある方、
経営者として基礎から学びたいという方、
起業支援をしたいという方などなど、
どうぞお気軽にお問い合わせください。


【お願い】このメルマガを読んでくださる皆さまへ

2017年01月15日 12:08

このメルマガも通算2315号となりましたが、
ほぼ6年にわたって毎日書いています。


⇒ 【初月無料】渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン


購読者数も一時期は四万部近くになるまで、
宣伝をしてきましたが、

最近は広報することもなく、部数も安定、
しかしじわじわと密度の濃い読者が増えているように感じますし、
時々様々な会合でお会いする方に、

「メルマガいつも読んでいますよ」

と言われると、
とてもうれしく感じます。


無料メルマガは1週間に1回から2回というペースにし、
日刊メルマガのほうは現在有料化しています。

【1通20円】ですので、

渡辺勝幸を応援していただける方、

起業に関心のある方、

政治に関心のある方、

などなどいろんな方にお気軽に読んでいただければ
と思いますので、ぜひご登録ください。
クレジットカードの課金となります。


⇒ 【初月無料】渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このメルマガは日刊です。
関心のありそうな方にぜひご紹介してくださればうれしいです。

また、
ブログやメルマガでご紹介してくださっている方がいらっしゃればご連絡ください。
このメルマガでも相互紹介したいと思います。

日 フリー(政治経済)・読者の声
月 元気の出る話
火 昭和時代の私の履歴書
水 フリー
木 起業・経営のヒント、つくりすと(つくる仙台公認コンサル)記事
金 フリー
土 music

基本的には渡辺の書きたいことをただ書くというスタンスです。
そして読者の声を大切に、そしてそこからスピンオフさせながらメルマガを書いていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


やはり無料で公開のメルマガよりは、
有料メルマガのほうが自分自身、書きやすいように感じています。

身内の皆さんに書いているような感覚でもありますね。

しかし無料版であっても、
日々の様々な出来事を情報提供していくことは楽しいものです。


読者の方から書いた記事について、
様々ご感想をいただくことがあります。

自分の書いた記事にさらに詳しい情報を教えていただいたり、
励ましなどをいただいたりするとやる気も出るものです。

情報発信を大量にし続けていると、
なぜか不思議なことに情報をいただけるんだなということを、
日々感じているところです。

しかしながら現在は公務の立場もありますので、
そこは気を引き締めながら、
有料版と無料版を使い分けていきたいと思っているところです。


今後も、メルマガ読者の方々と、
以前やっていたように直接お会いする機会を全国でつくりながら、
交流を図っていければと思っています。

あらためて、
有料メルマガのほうにもぜひご登録いただますよう、
よろしくお願いいたします!



⇒ 【初月無料】渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン
このページをシェアなどしていただければうれしいです!




読書したいけれどなかなか時間が取れないという方におススメの「Amazon Audible」

2017年01月11日 12:03

新年会シーズン真っ只中ということで、
日々会合に出席しご挨拶するだけではなく、
いろいろな事務作業もやらなければいけませんし、

いま話題の政務活動費の報告書をつくるために、
領収書を切ったりのり付けしたりという事務作業に思いのほか時間をとられたりして、

そんなこんなであっという間に一月も3分の1が過ぎ去ってしまいました。


少しすき間時間があれば休息をとったり、
睡眠不足をカバーしたりしているわけですが、

そうしていると次の議会のための勉強する時間がなくなったり、
本を読む時間も無くなってしまうので、
本末転倒になってしまいます。


なかなか大変です。


そこで最近は本を読む時間をカバーするために、


「AmazonのAudible」


をスマホアプリとして導入しています。


これは何かというと、
「本を聴く」ためのアプリです。

車で移動する時間がわずかながらありますので、
その細切れ時間にこのAudibleを立ち上げ、

本を「聴いている」のです。


まだまだ本の種類はこれからですが、
古典をはじめ最新本も色々と出てきましたので、
ぜひ通勤電車の中で、車の中でこの「Audible」を使ってみてはいかがでしょうか?
おススメです!


こちらをクリック


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【引用ここから】

深く考えることをしなくなった現代人を覚醒させる「安岡人間学」の入門書

政財官界の指南役が記した「最高の教養書」
東洋の哲学から学び、日本人としての道を模索し続けた安岡正篤は、生前ほとんど表に出ず、知る人ぞ知る存在だった。しかし没後、著書や講演録が相次いで出版され、現在においても己の生き方や国の在り方を真剣に考える人々に熱く支持され、深い感動と人生の指針を与えている。
本オーディオブックは、戦後間もなくから昭和52年頃までの間に、氏が諸方面から請われて行った講演録が中心の「新装版 運命を創る」を音声化したものである。悩みや迷いの多い浮き世で、自分は如何にあるべきか、またどのような基準を持ち、いかなる方向へ進むべきかなど、貴重な示唆や指標を与えてくれるだろう。

【引用ここまで】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


毎日忙しくて時間がないという方にはおすすめです。



「養う」の本当の意味とは?

2017年01月06日 16:05

「中や不中を養ひ、才や不才を養ふ」

中庸の徳を得た人物がその徳のない者を養い、
才能ある人物が才能のない者を養うとある、

その「養」の一字に最も注意して看るべきです。


朱子の註によると、

「養は、涵育薫陶してそのおのづから化するを俟つを謂ふなり」

といっています。


「涵」は、ひたすことで、綿を水でひたす意味です。

「育」は、幼児を乳でそだてる意味です。

「薫」は、香をたきこめること、

「陶」は、土器をかまどで焼き堅めることです。


人を養う場合も、
この四者のように自然に感化すべきであり、

不中不才の人を、
縄で縛り上げて杖で打ち、
わずかの間に中にしよう才あらしめようとするものではありません。


その人々を、仁義道徳の中にひたして、
知らず識らずのうちに、
善に移り悪に遠ざかり、
もとからしみこんでいた悪いよごれが、
自然に善に化せられてゆくのを待つべきことなのです。


これこそ、父兄たるものが子や弟に対する道であって、
父兄だけでなく、当路に立って政治を執る上でも、
人の師となって教えを施す上でも、
「養」の一字を深く味わうべきなのです。



ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。












平成29年の私の目標について

2017年01月04日 21:43

多くの方が新年の目標を立てていることと思います。

そして立てた目標を、
去年は実現できなかったなあという方も多いことと思います。


私は今年も個人目標を立て、
そのための努力を積み上げていきたいと思っています。

昨年も多くの活動をして、
目標を定めて実現に努力してまいりましたが、
今年も頑張りたいと思います!


今年は、満年齢42歳。
数え年後厄にあたりますので、
昨年に引き続き謙虚に、
慌てずに過ごしていきたいと思います。



ということで、
毎年恒例でありますが、
平成29年(2017年)の私の目標です。



【平成29年重点目標】

1、宮城県議会議員として、政策立案能力を極める。

2、宮城を全国に売り込み、世界に売り込む。

3、起業支援活動を進化させる。



【平成29年目標】

1、2020年代に、日本に新しい政治体制をつくるための下地づくりをする。

2、県民の声を多く聞き、政策立案し、よりよい制度を構築し、結果にこだわる。
この過程を広報する。

3、平成31年の宮城県議選において当選するために、
投票率が平成27年よりも5%上がる(目標36.28%)活動をする。

4、朝の街頭活動を年100回を目標に継続する。

5、県政報告会を議会定例会ごと(年4回)に区内各地で開催。
県政レポートを議会定例会ごとに発行する。

6、政治活動を活発化させるために、
後援会組織の充実、政治資金の安定的確保をめざす。


7、宮城県と海外をつなぐ活動を活発化させる。

8、憲法改正運動に取り組む。


9、中小企業支援とともに、起業志望者のコミュニティ、活動の場をつくる。
起業家を3人新たに宮城県で生み出す。起業支援コンサルタントを育てる。

10、起業を盛んにするための、起業教育に取り組む。
次世代を担う若い世代の志を立てるための取り組みを実践する。


11、仙台の小学生が育つ環境をよりよいものにする。

12、メルマガを毎日発行する。

13、全国にいるメルマガ読者と会い、さまざまな話を聞く機会を年に三回つくる。

14、オススメできるような本を月に5冊は読み、アウトプットする。

15、同じ志を持つ若い政治家を東北中につくる。
東北を知り、東北発世界の可能性を模索する。

16、日々流されることなく、2050年をにらんで勉強する。
エネルギー戦略、食料増産、地球を育てる。


17、健康な体をつくるために定期的に運動をする。







この目標を時折読み返しながら、
今年もがんばっていきたいと思います。

そしてこのように宣言してしまうと、
サボれないなという気持ちになりますね。



ぜひこれを読んだ皆さんからも、
何らかの形で私の目標実現にご協力いただければうれしいです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。










【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx