Archives[ 2016年01月 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

最近私が勉強している県政のテーマについて

2016年01月31日 18:00

日頃いろんな方々から、
困りごとや行政に関する要望をいただくことがあります。

それがたとえ小さなことでも、
見てみると大きな政策の一部であったり、

国や県や市町村といった行政機関のはざまの問題であったり、
地域が抱えている大事な要望であったりします。

それぞれの声が政策分野のどこに位置するのか、
行政の所管はどこか、
国の問題か県の問題か市町村の問題か、
いろいろ勉強していくとどんどんはまっていくので、

あまりやりすぎると政策マニアの私としては、
次の選挙に落ちてしまうので適度にしなければならないと思いますが、
できる限り多くの声を解決していきたいという強い思いは変わりません。



最近調査・勉強しているテーマは以下の通りです。

平成28年度予算に関する国に対する宮城県の要望内容について
県庁における海外事務所の現状について(他県の状況と比較)
県有地の現状と今後の利用
地域医療及び村井県政の保健福祉分野についての取り組み
平成28年度政府予算の「東北観光復興対策交付金」についての取り組み
事業復興型雇用創出助成金について
広瀬川(広瀬橋以西、県管理部分)河川管理について
土曜日授業の推進について
道徳教育の現状と平成30年度教科化に伴う対応について
特別支援学級において、医療ケアが必要な児童・生徒への現状対応について
スクールソーシャルワーカー制度の導入について


などなど、
このほかにも様々なテーマに取り組んでいますが、

1日は24時間という時間の限界もありますので、
適度に、しかしできることは全力で、
取り組んでいきたいと思っているところです。


また一月は、三重県庁と静岡県庁にお願いをして、
インバウンド、観光政策の実施内容や、
海外ビジネスの支援状況、海外誘客施策について、
テーマを絞ってお話を聞く機会をいただきました。

先進的な取り組みが他県にはいくつもあって、
他県と宮城県のちがい、
進んでいるところ、遅れているところが見えてきたように感じます。

他県の行政職員の方と意見交換することによって、
その分野の政策トレンドの最新情報を得られたり、

実際にお会いしないと聞くことのできない
生の貴重な情報をいただけたりするので、
非常に大きな財産となっています。

宮城県に共有していかなければなりません。



こうした政策テーマについては、
宮城県議会、先輩議員から話をうかがい教えていただいたり、

林塾のつながりで全国各地の同志政治家から情報を得たりして、
内容を深めると同時に、

宮城県庁職員のみなさんには
非常に大きな力をいただいています。



しかし私は一年生ですので、
政治家としての力はまだまだないわけですが、
力はないなりに工夫をしてがんばっていこうと、
気合いだけは入れていく所存です。


いずれ、「宮城県はすごいね」と
日本中で言われるような県になるよう、
小さなことの解決を積み重ねて尽力していきますので、
何らかの形で皆様にもぜひご支援、ご協力いただければうれしいです。


どうぞよろしくお願いいたします。

Suchmos

2016年01月30日 18:00

⇒ Suchmos "STAY TUNE" (Official Music Video)


サッチモがいま人気だというので、
ルイ・アームストロングの名曲をリカバリーかと思ったら、
全く今どきのバンドでした。。。


──────────────────────────
【wikipediaより引用】

Suchmos(サチモス)は、日本のロックグループ。
2013年1月に結成。
ACID JAZZ、HIP HOPなどブラックミュージックにインスパイアされた。
全員神奈川県出身である。
バンド名の由来は、ルイ・アームストロングの愛称であったサッチモから引用している。

【引用ここまで】
──────────────────────────


これから大きくなりそうなバンドです。
音楽的にはなんだか懐かしい90年代シブヤ系にも近いような感じ。

オリジナルラブをほうふつとさせるような、
まさにJ-WAVEですね。
ボーカルも田島貴男っぽいです。


そう考えると、
私もよく聞いていたシブヤ系の音楽というのは、
もう20年たってるんですね。

時の流れは速いですが、
音楽シーンでは次から次へと新人が生まれていますね。



⇒ STAY TUNE Suchmos 2016/1/13

悔いるよりも、今日直ちに決意せよ

2016年01月29日 18:00

教と養との二字こそ、
孔子・孟子の政治論の眼目です。

民に対する教と養との二面が備わり、
寿・富・安・逸もなし遂げることができたならば、

孟子のいう

「心を得」、心をつかみ、

「民を得」、民をつかみ、

「天下を得」、天下を手に入れることができるのです。


これは民を教え養った結果として、
自然に遂げられた効果です。



ただし、「心を得」「民を得」「天下を得」の
得るという字の意味をよく味わうことが大切です。

得るとは、
自分のものとし、
これが自分の自由になるという心持ちです。

天下を得たならば、天下は自分のもので、
自分の自由になるのです。

民を得たならば、民は自分のもので、
自分の自由になるのです。

心を得たならば、心は自分のもので、
自分の自由になるのです。

それ故に、民を得る、心を得るというのは、
孫子がいっている

「民をして上と意を同じうせしむ」

という意味です。

民の心が、君主の思う通りになることです。

君主が今、
外敵をにくんでこれを征伐しようと思えば、
民の心も同じく外敵をにくんでこれを征伐しようと思い、

君主が今、
城郭を築き艦砲を造り、外敵の侵入に備えようとするならば、
民の心もまたこれと同じようにしようと思うのです。


このように、
上下の心が常に一体一致であることが得るということであって、

もしも君主の思うところと、
民の心との間に、
少しでもくい違うところがあるならば、
得るとはいうことができません。


書物を読むものは、
文字上の意味でなく、
文字のうちに蔵されている精神を知ることが必要なのです。


「七年の病に三年の艾」

七年もの長患いに、
三年もかけてよく乾燥した艾(もぐさ)を求める、
というたとえは、実に古今の格言です。

艾はよく乾燥したものほどよいのですが、
そのようによい品は、
平生から用意しておかねば、なかなか手に入りません。


欧米の来攻は、
わが国にとって七年や十年どころの病気ではなく、
数十年百年以前からの病気です。

そしてそれに対する守備の艾は、
一日乾かせば一日だけの効果があり、
十日乾かせば十日だけの効果があり、

一年ならば一年、
三年ならば三年の効果があります。


そうであるならば、
今日直ちに艾をとってこれを乾かし、
万一の病気のために備えましょう。

一刻もぐずぐずしてはなりません。


またこれを学業のうえで考えてみましょう。

世間では誰も

「わたしが今十年早く生まれていたならば、
 この仕事をなし遂げたであろう、
 この技術を身につけていたであろう」

といいますが、
これはみな七年の病気に三年の艾のたとえのごとき、
悔いても致しかたがないくり言です。


悔いるよりも、
今日直ちに決意して、
仕事を始め技術をためすべきです。

何も着手に年齢の早いおそいは問題になりません。

「思い立ったが吉日」ということわざもあります。

これがまさしく、
万一の病気のために、
平常からよい艾を用意するための良法なのです。








ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






⇒ この本をときどき繰り返し読んでいます。






どの会社にも創業者がいる

2016年01月28日 18:00

起業についての記事を、
このメルマガではよく書いていますし、

私の履歴書のように過去の起業家の歴史を紹介したり、
つくる仙台周辺で活躍する起業家を紹介したりしていますが、

必ずしも世の中起業家だらけ、
というわけではありません。


ほとんどの方は会社員であったり、
あるいは経営者、会社役員であっても創業者ではなかったりして、

起業家などという人種は自分とは縁遠い存在、
そう思っている人もなかにはいらっしゃることでしょう。


しかし、そんな起業家とは程遠い人生を過ごしている方であっても、
自分が勤めている会社には、
必ず創業者がいたはずです。

老舗企業であっても、
ベンチャー企業であっても、

過去に誰かが必ず起業した会社であるはずです。


苦しい創業期を経て安定し、
いま自分は給与をもらっている。

つまり、どの会社にもいるはずの創業者がいてはじめて、
自分の仕事が今できているはずです。

熱い思いをもって取り組んだ創業者、
起業家の存在があったおかげで、
いまサラリーマンとして会社勤めができるわけですね。


そう考えるとやはり起業家は偉大な存在であると言えます。

過去の偉大な創業者の思いについて調べたり、
創業期にどんな危機があったのか、
調べたり聞いてみたりして見ると
また新たなビジネスチャンスが生まれてくるようにも感じます。

会社の原点にさかのぼるということはサラリーマン戦士にとって、
重要なことであるのかもしれません。

【再録】憲法改正がなぜ必要と考えるかその2─日本国憲法にない緊急権とほとんどの国にある緊急権

2016年01月27日 18:00

憲法改正の議論が今年は活発化するのではないかと思っています。

私渡辺は、改正すべきと思っているのですが、
なぜ日本国憲法を改正すべきか、

何回かにわたって掘り下げていきたいと思います。



私が憲法改正が必要と考える理由はいくつかありますが、
その一つとして前回、

「大規模災害のような緊急事態に対処できない」

から、ということを書きました。。


今回は、


なぜ緊急事態(法学的に言えば「国家緊急権」)が日本国憲法にはないのか?

諸外国の憲法に緊急事態はどのように規定されているのか?



について簡単に書いていきたいと思います。


緊急事態、すなわち法学的にいう「国家緊急権」とは、

「緊急事態において、国家が、
 平常時とは異なる権力行使を行う権限」


とされています。


[ 続きを読む ]




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx