Archives[ 2015年08月 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

組織を活性化させるために最も必要なこと

2015年08月31日 18:00

起業するにしても、
選挙に出るにしても、

あるいは毎日の仕事をするにしても、
家庭を守ることでも、

一つの組織を維持し活性化するために
必要なことは何か?


最も大切なことは、

「仲間のために汗をかけるか」

ということにあると思います。


これができている人の集まりは、
元気がいいし、

これができていない人の集まりは、
うまくまわりません。


私も昔はこのことに気づいていなかったなあと反省です。
知ってはいたけれども、
できていなかった、

そうも思えます。


「仲間のために汗をかけるか」

具体的に何をすればいいの?

と考えると、

「同じ組織の人が困っているとき、
 助けてあげる」


ただそれだけです。


小学校のクラスであっても、
政党であっても、

起業したての中小企業でも、
外資系大企業であっても、


この原則は変わりません。


そして意外と、

「仲間のために汗をかく」

のは楽しく、いい結果を自らにももたらしてくれるものです。



そう感じるようになれば、
もっといい組織が出来上がることでしょう。


私も来たる戦いに向けて、
たくさんの人が汗をかいてくれはじめています。

本当にありがたいと感謝の気持ちをもちながら、
私自身も「仲間のために汗をかく」ことを、
意識していきたいなと思います。

選挙になるとあらゆる職業の方の力を借りる

2015年08月30日 23:11

本日8月30日、
渡辺勝幸後援会事務所開きを開催しました。

雨の降る中、
100人を超える方々にお集まりいただき、
事務所も熱気であふれていました。

足をお運びいただいた皆様、
誠にありがとうございました。

また、全国から様々なご支援をいただいた皆様にもあらためて感謝申し上げます。




選挙にはいままで何度も携わっているのですが、

選挙というものほど、
いろいろな職業の方の力を借りるものはないなあ
といつも思います。


今日の事務所開きでは神事を執り行いましたが、
沖野八幡神社の宮司様にもお力添えをいただきましたし、
お供えの魚は、近所の魚屋さんにご協力いただきました。

神棚を据え付けるのに大工さんのお力を借りましたし、
プレハブを建てるのには工務店さん、
事務機器は電話屋さん、
警備会社の方にもお力をお借りし、防犯対策もします。


ポスターをつくるにもデザイナーさんがいて、
私のような普通の40歳男性でも見栄えをよくしてくれる、
美容師さんやスタイリストさんやカメラマンさんがいて、
評判のいいポスターが出来上がるわけです。



先日、車のバッテリーがあがってしまい、
政治活動で酷使していた車の調子を、
近所の車に詳しい方になおしていただき、

さらに今日はパワーウィンドウの調子も、
事務所開きを開催している間の時間に直していただきました。


大変助かるなあとありがたく思いながら、
このように選挙に向けて、
いろいろな職業の方に少しずつお力を頂いていて、

素人の自分からすると、
それぞれすごい技能だなあと驚くことが多いですが、

けっこうすごいなと思える方ほど、
ご自身の技能は大したことないと思っていらっしゃる方が多いです。


しかしみなさん、
それぞれの職業について誇りを持ち、
きめ細やかに仕事を仕上げ、
徹底して仕事をされているのを感じます。


こちらは選挙に出ようというだけですが、
多くの技術を持つ方々と出会い、
仕事をしてもらうことで、
あらためて技能を持つ方々に尊敬の念を持つようになっています。



そしてそれぞれの仕事、
持ち場持ち場をさらに生かすことで、

経済が活性化し、
まちに元気が生まれるのだと思いますので、

政治の仕事はそうした司々での仕事を、
スムーズにどんどん流れるようにしていくお手伝いなのだろうなと、
選挙準備をしながら感じていたところです。


あと47日間、
頑張っていきたいと思います!


明日は渡辺勝幸後援会事務所開きです!

2015年08月29日 18:00

明日8月30日に、
渡辺勝幸後援会事務所開きを開催します。

お一人でも多くの方のお越しをお待ちしております。


来たる宮城県議選のための政治活動を継続していますが、

明日後援会事務所を、
仙台市若林区上飯田に開設し、
事務所開きを午前10時より開催します。


この「後援会事務所開き」は、
いわゆる選挙事務所となる事務所なのですが、

告示日(次期宮城県議選の場合は10月16日)に届け出をして初めて、

「選挙事務所」

となり、告示日以前は「選挙事務所」と名乗ることはできません。

もし「選挙事務所」と名乗ると、
公職選挙法上の事前運動として違反になってしまうんですね。


なかなかむずかしいですが、

「渡辺勝幸後援会事務所開き」

ということで、明日は神事及び事務所開きを開催しますので、
お時間あります方は駐車場等もありますので、
ぜひお越しいただければうれしく思います。

よろしくお願いいたします。



【渡辺勝幸後援会事務所開き】

日時 平成27年8月30日(日)午前10時

場所 渡辺勝幸後援会事務所
(〒984-0838 仙台市若林区上飯田1丁目7-65
 TEL 022-398-6266 FAX 022-298-6269)

※旧大友外科跡地、七十七銀行沖野支店そば


【当日は、宮城県議選告示日まで、あと47日の日となります】

東北人が天下をとれないたった一つの理由

2015年08月28日 18:00

夏の甲子園、
地元宮城県代表の仙台育英高校は惜しくも準優勝でした。

応援していたので、
あと一歩というところでの敗退に悔しい思いをしましたし、
優勝旗が白河越えを未だにしていないということに、
残念な思いです。


試合が終わって、
地元でも仙台育英、
よく頑張ったという声が聞かれますし、
私自身もよくやったなあと思っていましたが、

ふとよく考えてみると、
東北人ってこういうあと一歩で負けてしまい、
悲劇のヒーローになることが多いなあということを感じました。


もちろん東北出身で、
世界一をとっている方々もたくさんいますので、
必ずしもすべてそう言えるわけではないのですが、

東北人が天下を取る一歩手前で終わるということは、
伊達政宗以外にもたくさんあるような気がしたわけです。


なぜだろうかと考えると、
東北人には貪欲さ、執着が決定的に不足しているからではないか、
そう思えてきました。


私も徹底的に何かをやったつもりでも、
あと一歩というところでやめてしまうということがあるなあと自己分析しました。

徹底的にやり、
相手にトドメをさす。

そこまでやることは少ないなあと感じました。


それから、あと一歩のところで負けたとしても、
周囲の多くの方々はとても優しい人ばかりなので、

「よくがんばった」
「惜しかった」
「次は行ける」

と励ましてくれる人がほとんどで、


「お前のあれはダメだ!」

とか、

「あんなので優勝できるわけないだろ!」

などと罵声を浴びせる人は周りを見渡してもほとんどいません。


仙台育英高校は必ずや次は天下を取ると信じていますが、
私たち東北人はもっと、

結果に執着し、
貪欲になっていく必要もあるのではないでしょうか。


せっかくのすばらしい能力、資源、人材があっても、
情熱、執着、貪欲さがなければ、

結果を出すことなく終わってしまいます。


それは本当にもったいない。


いざ戦いとなったならば、
徹底的に努力し、やり抜き、

最後の最後に相手にトドメを刺す。

それぐらいの勝利に対する執着心を、
私たちは身につけていくこともまた大事なのではないかと思うわけです。

【再録】街頭に立って渡辺が得られたものは何か?

2015年08月27日 18:00

私は平成23年に宮城県議選に無所属で出馬し、
落選しました。

ふるさと仙台、
ふるさと宮城の復興のために、
新しい日本の政治をつくるために、
立ち上がりましたが力は及びませんでした。



あれからまもなく3年がたちます。



落選の翌日から再開した街頭活動も、
現在337回目を数えました。


雨の日も、
雪の日も、
風の日も、
夏の暑い日も、
街頭に立ち続けました。


汗をかき、涙を流しながら、
この街頭活動を継続してきましたが、

継続しがんばったからと言って、
次の選挙で勝てるとは限りません。


組織の力や、
大きな力に勝つことはそう簡単なことではありません。

お金もあまりないですしね。


しかし、街頭に立ち続けることで、
私はたくさんのすばらしいものを得ることができました。


街頭に立ったことで得られた、
もっともすばらしいものは、


心地よい快晴のありがたさを感じられるようになったこと


です。


冷たい雨に打たれ、
風雪に凍え、
あまりに暑い陽射しを受けたり、
強い風に吹かれて息が苦しくなったり、

そんな経験を何度も何度もしていると、


心地よい気温のもと、
雲一つない快晴の空を見ただけで、

心から

「ありがとう!」

を叫びたくなるものです。



快晴のありがたさ、
過ごしやすい気候のありがたさ、

それを心から感じられるようになったのは、


冷たい雨に打たれ、風雪に凍え、
あまりに暑い陽射しを受けたり、
強い風に吹かれて息が苦しくなったり、

そんな経験をしたからこそ、なわけなんですね。



そう考えていくと、

日本全国を見渡してみると、
過ごしやすい気候の仙台で活動できることのありがたさ、

全世界を見渡してみると、
四季折々の美しい姿を見ながら、
極端な気候にならないわが国日本で活動できることのありがたさ、

をつくづく感じます。



苦しい経験をすると、
何でもないようなことのありがたさを
心から感じることができるのだと、
あらためて感じているところです。








(第1427号 平成26年8月11日(月)発行)





【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx