Archives[ 2014年12月 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

平成26年年末にあたり一年を振り返る

2014年12月31日 21:00

大みそかです。
年末になりました。

今年もメルマガ読者の皆様にはお世話になりました。

今日で365日、
今年も毎日メルマガを書き続けたことになります。

1,500日以上、
4年以上毎日書き続けております。


毎日読んでくださる方、
イイネのリンクをクリックしてくださる方、
本当にありがとうございました。

[ 続きを読む ]

平成27年(2015年)の政治経済見通し

2014年12月30日 18:00

以前からこのメルマガでも指摘していますが、


未来を予測することは一定程度可能である


と私は思っています。


たとえば平成27年5月10日に渡辺勝幸は40歳になる!

とか、

平成27年3月14日に北陸新幹線が開業する!

ということは、
もう予定として決まっているわけです。


私がむかし永田町で働いていたとき教えられたことは、
政治的作業の一番要の部分は

「日程を作ること」

だということでした。

だれがいつどう動くか?

これを知っていると、その後の動きが解るし、
世の中の制度がどのように変わっていくかも、
未来の日程が解れば推測できるようになります。


永田町に限らず
ビジネスにおいてもそうですね。


したがって、
どんな種類の手帳を使うか、
アナログかデジタルかということも大事かもしれませんが、

手帳に書いてあることをどう見ていくか

ということのほうが重要なわけです。


もちろん人の気持ちや、
突発的災害、事故、人の死などで、
情勢が大きく変化することはありますので、
そこもシミュレーションのひとつです。



平成27年は、

日本政治の世界は安倍政権の安定化により、
波乱なく統一地方選、自民党総裁選を迎えることとなりそうです。


日本経済の世界については、

消費税増税後、
停滞気味ではありますが、
安倍政権の安定化もあり引き続きゆるやかな景気拡大が見込まれます。

アベノミクス「三本の矢」については、
さらに成長戦略が改訂される予定ですが、
この内容にも注目です。

また、日銀がさらなる量的緩和の実施をすることも十分あり得ます。



国際的な情勢としては、

米国はオバマ大統領のレームダック化、
共和党・民主党の対立は収まらず、決まらない政治が続くものと思われます。

これにより、国際政治はリーダー不在となり、
地政学リスクが高まる恐れ。

国際社会による対ロシア制裁が継続するも、
強硬なロシアの姿勢から膠着状態を予想。

プーチン大統領がウクライナからの撤退を決断するとともに
辞任などあればサプライズですが可能性は低いか。


イスラム国は、内部分裂がなければ、
米国の関与も限定的であろうと推測されることから、
すぐに撲滅とはならない。

中国は、近隣諸国での軍事的台頭を継続。
中露関係の進展は日本にとっても注視すべき。
BRICS銀行、アジアインフラ投資銀行の動きに注目。






【2015年(平成27年)の予定】

1月17日 阪神淡路大震災から20年

1月18日 民主党代表選挙

1月25日 山梨県知事選挙

1月 通常国会召集

2月1日 愛知県知事選挙

2月 アップルが「Apple Watch」発売(春)

2月 ギリシア議会選挙の可能性

2月 英国ウィリアム王子来日

3月11日 東日本大震災から4年

3月14日 北陸新幹線開業(長野金沢間)

4月1日 法人税実効税率の引き下げ(予定)

4月12日・26日 統一地方選挙

5月7日 英国議会総選挙

5月17日 ポーランド大統領選挙

5月 ミラノ万博開幕

6月 主要国首脳会議(G7サミット、ドイツ)

6月 成長戦略第3弾骨太方針の閣議決定

8月 広島・長崎原爆投下、終戦から70年

9月 自民党総裁選挙

9月19-23日 シルバーウィーク(最大5連休、6年ぶり)

9月 臨時国会召集

10月 マイナンバーの通知開始

10月 国勢調査実施

11月15日-16日 G20首脳会合(トルコ)

11月 APEC総会(フィリピン)

12月 ASEAN経済共同体発足

12月 上海ディズニーランド開業


2015年度中にホンダが燃料電池車を市場に展開

2014年ブログ記事ランキングベスト10─その3(終)

2014年12月29日 18:00

このメルマガでは、
イイネと思った方にクリックをしていただき、
またFacebookへのいいね!が多かった記事をもとに
毎月一回ランキング集計をしています。


そして同時に、
メルマガ記事はブログにアップしています。

分析をしてみると、
ブログのアクセスが多かった記事と、
メルマガの評価ランキングはちがうようです。


そこで、毎年恒例のことですが2014年のブログ記事ベスト10を
みなさんにご紹介したいと思います。

2013年12月25日から2014年12月24日で
計算をしてみました。


今日はご紹介の最後、
今年のベスト3です。



第3位「大屋晋三、未亡人と関係を持ち、責任をとる─帝人社長(昭和時代の私の履歴書)」(12/1/18)


第2位「東日本大震災から二年─平了のハチマキというバンド」(13/3/11)


第1位「領収書に貼る収入印紙は「5万円」から!─平成26年4月からの印紙税法改正」(14/2/5)




第3位は、
帝人社長の大屋晋三。

赤裸々に女性との交友、
そして若いときに苦労したことの数々などを履歴書に残しています。

そのなかで時折見えてくる教訓は、
現代の私たちに伝わってくるものがあるように感じます。


第2位は、
私の仙台一高応援団の後輩である
平了君のハチマキというバンドについて。

いま平君は青空応援団を率い、
日本全国、世界で積極的に活躍しているようです。


第1位は、
今年の印紙税法改正についてが圧倒的アクセスとなりました。
従来領収書には3万円から収入印紙を貼らなくてはならなかったのですが、
今年の印紙税法改正により、5万円からでよくなりました。

つまり、このことを知っていれば業種によっては
支出に大きな差が出るということで、
たくさんの方から感謝の言葉をいただきました。

この記事が年間トップになるとは思わなかったのですが、
知らないというだけで大きな差が出るという典型的な事例だなと感じます。

来年もそんな情報をこのメルマガで、
どんどん提供していきたいと思います。


2014年ブログ記事ランキングベスト10─その2

2014年12月28日 18:00

このメルマガでは、
イイネと思った方にクリックをしていただき、
またFacebookへのいいね!が多かった記事をもとに
毎月一回ランキング集計をしています。


そして同時に、
メルマガ記事はブログにアップしています。

分析をしてみると、
ブログのアクセスが多かった記事と、
メルマガの評価ランキングはちがうようです。


そこで、毎年恒例のことですが2014年のブログ記事ベスト10を
みなさんにご紹介したいと思います。

2013年12月25日から2014年12月24日で
計算をしてみました。


昨日に引き続き、
今日は第6位から第3位のご紹介です。


第6位「江戸英雄(三井不動産会長)─昭和時代の私の履歴書」(11/8/17)


第5位「梁瀬、裏切られ社長を解任される─梁瀬次郎(ヤナセ社長)その5」(11/3/1)


第4位「打つ手は無限─万策尽きた滝口長太郎」(12/5/29)




第6位は、
戦後まもなく三井グループの再興、三井不動産の発展に尽力したのみならず、
戦後日本の都市空間を作り出した経営者、
江戸英雄の私の履歴書。

江戸は大病をし、
大変つらい思いをしますが、
それをのりこえ大きな仕事をしていきました。


第5位もまた私の履歴書、
梁瀬次郎の人生です。

社長に就任して一年。
得意の絶頂にいた梁瀬。

信じていた人に裏切られ、ひどい目に合うという衝撃。
梁瀬がそのときどのように感じ、
何をしたのか。


第4位は、滝口長太郎の経営観、
「打つ手は無限」について。

もう「万策尽きた」、
やるべきことはやりつくした、
もうすべて投げ出して人生を捨てよう。

しかし、万策尽きたと思ったところがスタート。
そんなことを学べます。


明日は今年のベスト3記事をご紹介します!

2014年ブログ記事ランキングベスト10─その1

2014年12月27日 18:00

このメルマガでは、
イイネと思った方にクリックをしていただき、
またFacebookへのいいね!が多かった記事をもとに
毎月一回ランキング集計をしています。


そして同時に、
メルマガ記事はブログにアップしています。

分析をしてみると、
ブログのアクセスが多かった記事と、
メルマガの評価ランキングはちがうようです。


そこで、毎年恒例のことですが2014年のブログ記事ベスト10を
みなさんにご紹介したいと思います。

2013年12月25日から2014年12月24日で
計算をしてみました。



第10位「TM NETWORKの歴代シングル売上ランキングBEST24」(13/8/3)


第9位「田口利八(西濃運輸社長)─昭和時代の私の履歴書」(11/3/1)


第8位「豊田佐吉と服部兼三郎のカネのやりとり─石田退三(トヨタ自動車工業社長)その2─昭和時代の私の履歴書」(12/5/29)


第7位「海外ドラマ「サム&キャット」(Eテレ4月開始)とAriana Grandeの「Baby I」」(14/2/1)



第10位は、TM NETWORKの歴代シングル売上ランキング。
私と同世代の方はTMを思い出してこの記事を検索してきてくれているようですね。

その後の小室ファミリーを思えば、
一つの時代をつくったアーティストだったなあと思います。


そして、昨年も一昨年もランク入りしていた、
田口利八が第9位。

西濃運輸社長田口利八の私の履歴書です。

たたき上げの創業者。
未完の自覚と初心忘るべからず。


第8位は、
トヨタ自動車工業社長石田退三の私の履歴書から、
トヨタの創業者豊田佐吉と服部兼三郎のお話。

おたがい全幅の信頼から、
巨額の寄付をめぐるやりとり。

それだけの力がお互いにあったのだろうと思います。


第7位は、アリアナ・グランデの
海外ドラマについての紹介でした。

今年はこのメルマガでもアリアナ・グランデの曲を
けっこう紹介したような気がします。

今年私がよく聴いているアーティストですね。




明日は第6位以降をご紹介します!




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx