Archives[ 2014年11月 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

日本、人の和

2014年11月30日 18:00

メルマガ過去記事で、

⇒ 国家は心をあわせ仲よくすること、人は忠孝の念を持つことがまず重要である(第1158号 平成25年11月15日(金)発行)


という記事が人気記事でした。


最近よく思うのは、
この記事にも出てくる、

「天の時は地の利に如かず
 地の利は人の和に如かず」


という言葉です。


つまり戦いにあたっては、味方の協和、
すなわち心をあわせ仲よくすることができてはじめて、
地形の有利さも、自然の条件も役に立つ

のだと。


テクニックはたくさんあっても、
さまざまな条件をよくしようとしても、


人の和


がなければ物事はうまくいかない。


さらに言えば、
人の和の本質、
人間一人で見た場合には
それは「忠孝の念」にあると。


「忠孝の念」のないものに、
学問・武芸を学ばせ、武器を蓄えさせたならば、

それはかえって害となり、
その身を全うすることができぬ本になるのだということです。


日本を俯瞰すると、
強い経済力、さまざまな工業技術や国防について大きな力を持っているとはいえるでしょう。

しかし、
日本が強い力を保ち続けてきたのは、
世界のどの国よりも、

人の和

が強かったからではないかと思うわけです。


東日本大震災では、
多くの日本人が強固なる人の和を見せてくれました。

どの国よりも人の和が強い国、
それが日本なのでしょう。


しかしこの人の和が日本からなくなってしまったらどうなるでしょうか。

そしてその本質である、
忠孝の念を日本人が持たなくなってしまったらどうなるでしょうか。


そんなことを考えながら、
やはり強い国日本をつくるためには、

人の和を、忠孝の念を
いかにつくるか、これが私の大きな目標です。

EDMのカルヴィン・ハリス─Calvin Harris - Pray to God ft. HAIM

2014年11月29日 18:00

Calvin Harris - Pray to God [Audio] ft. HAIM



2014年世界DJ長者番付で2年連続堂々1位。

Facebookいいね950万人以上、
Twitterフォロワー470万人以上と
名実ともに全世界N0.1DJと言われているカルヴィン・ハリスです。

先週に引き続き、
なぜか耳が引きつけられる曲があるので、
また紹介です。


ポップスの王様、
カルヴィン・ハリス


ジャンルとしては、
EDM、つまりエレクトロニック・ダンス・ミュージックになります。

私としては80年代ユーロビートに近いものを感じるので、
懐かしい感じで聞いているところです。

結局YMOやTMなんかも好きでしたので、
こういう曲を聴いて元気を出していたんだなあとあらためて思うところです。

いずれにしても、カルヴィンは自身が有名なDJであるだけではなく、
さまざまなアーティストもプロデュースしているので、
彼も、つくる人、なんだろうと思います。



モーション
カルヴィン・ハリス 形式: CD


営業のプロはモノを売らない

2014年11月28日 18:00

成功されている経営者や、
営業のプロ、セールスのプロと言われている方を見ていると、
あることに気づきます。


それは、

決してその方自身の会社のモノやサービスを売ろうとしない

ということです。


モノを売らないとはどういうことか?
彼らは何を売るのか?


実際のところ彼らはモノを売らずに、
サービスを売らずに、

自分自身、
「人」を売っています。



さまざまな活動のなかで、
約束を守り、
信頼を積み重ね、
ちいさなお役立ちを重ねてきた人が、

相手からこの人とだったら取引してもいいなという
信頼感につながり、
結局最後は、モノを買ってくれる。

そんなことになっているのだと思います。


しかし一方で、
無理にでもモノを売ろうとする人がいます。

押し売りと昔は言いましたが、
意外と起業直後は自分でも気づかないうちに、
「押し売り」をしていたりするものです。


その昔、つくる仙台に、
若い飛び込み営業の証券社員の方が
何度も来ていたことがありましたが、
そのときに起業家のみなさんが伝えていたのは、
いきなり株を買ってくださいと言って入ってきて株を買うやつはいないよ、
ということでした。


自分自身も知らないうちに
押し売りをしていないか、
気をつけていきたいものです。

ちいさな企業の経営の責任は100%●●にある!

2014年11月27日 18:00

先日、ランチェスター経営のあるお話を聞きました。

ランチェスター経営といえば、
弱者の戦略、強者の戦略など、
経営の戦略論で有名ですが、

ランチェスター経営によれば、
従業員が100名までのちいさな企業の場合、

経営がうまくいくか行かないかは、
ほぼ100%、経営者に責任がある


のだそうです。


自分自身に当てはめてみてもなるほどなと思うわけですが、

従業員6人迄の会社では100%、
10人~30人迄の会社では98%、
30人~100人迄の会社では96%が、

社長1人の戦略実力で決まる

のだそうです。


確かに経営の世界は実力主義であり、
トップの動き次第で組織は変わるわけですから、

ちいさな会社ならばなおさら、
トップ如何ですべてが変わっていきます。


トップがいかに勉強し、
行動し、実践していくか。

経営の世界は厳しいと感じます。

今年の流行語大賞の候補はこれです!

2014年11月26日 18:00

今年もあとわずかとなりました。

私も来年の手帳を買い、
移行作業をしていますが、

一年をそろそろ振り返る季節となりそうです。


世のなかの世相を振り返るとき、
わかりやすいのが流行語

流行語大賞の候補を見ると、
この一年わが国ではやったものがわかるようになります。

あれか!と思うようなものもあれば、
全然知らない。というようなものもあると思いますが、
流行語大賞候補を見ながら、
今年一年を振り返るというのもまたいいですね。


ユーキャン新語・流行語大賞




ノミネートされた流行語は以下の通り。

[ 続きを読む ]




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx