Archives[ 2014年03月 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

実は「桜が散る姿」は前向きなイメージ

2014年03月26日 18:00






春が近づいてきました。

仙台はまだ桜という季節ではありませんが、
全国ではそろそろ桜の季節というところが多いのではないでしょうか。


私の好きな花の一つが桜です。
一人暮らしをしていたときに、
靖国神社で買った1mぐらいの桜を毎年ベランダで育てていたことがあります。

やはりベランダでは育てるのは難しく、
数年でダメになってしまい申し訳ないことをしたと思っています。


しかしそれでも桜が好きなので、
花見だけでなくそばで常に見ることができたらいいなと思っています。


小学生の一時期、
私は青森に住んでいたのですが、
そこの地名が「桜川」でした。

実際ゴールデンウィークの季節になると、
町中が桜でいっぱいになり、
ちょうどそのころに根雪がすっかり解けて、
思いっきり遊べる季節になったことを覚えています。


いろいろな観光地で桜を見ましたが、
いつ見ても桜はいいですね。


しかし私も育てていたからわかるのですが、
桜というのは満開になるほんのわずかな時間だけが美しく、
それ以外の季節は地味な木です。

桜が散った後生い茂る若葉も美しいのですが、
虫がけっこうついたり、
葉っぱから病気になったりと、
なかなかむずかしいものです。


古来日本人は満開の桜を愛で、
桜の散り際に美しさを見出してきました。


それはなぜかと言えば、

「ちる」

という言葉に意味があります。


大和言葉でいうところの

「ち」

は、「血」「地」「千代に八千代に」などのように、
時代を超えて続いていく「タテイト」を現わします。

つまり、「ちる」という音が当てられているということは、
「散る」ように見える桜は、実は

「次の世代へと続いていきますよ」

というサインなのですね。


たしかに、次の年もまた次の年も春になれば、
また桜が咲き、美しい姿を見せてくれます。


物理的な現象だけを見れば、

花が散るということは花弁が落ちておしまい、

なわけですが、

「ちる」

という日本語には古来、前向きな継続の意味が当てられているわけですね。


「桜散る」

は、終わりを意味するのではなく、
次の時代へ継続していく一つのプロセスであるのです。

日本はすてきな国であり、
大和言葉はすばらしい言語です。

美しい桜と美しい日本語を
大切にしていきましょう。


信用金庫法の制定、城南信用金庫の理事長に就任─小原鐵五郎(城南信用金庫理事長)その10─昭和時代の私の履歴書

2014年03月25日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉



小原は観劇、続いて旅行への招待を景品にした月掛け貯蓄戦法を編み出しました。
この計画が当たります。

この作戦のおかげで、成績はぐんぐんあがります。
そして五年目には百億にこそ達しませんでしたが、
85億、16倍の預金獲得に成功したのでした。

[ 続きを読む ]

秀吉が出世した理由は部下力

2014年03月24日 18:00

最近「部下力」という言葉を聞くことがあります。
新書や雑誌などでも部下力が登場します。


調べてみると、「部下力」とは、

上司(リーダー)の指導力を引き出し、上司のやる気を支える力。
卓越したリーダーシップの陰に必ず存在するのが、優れた「部下力」である。

とされています。



たしかに仕事のできる人は、
上司の信頼も厚いからこそ、多くの仕事を任され、
さらにスキルを磨いていくということがいえますね。


このことは心理学者のドナルド・ペルツが、

「上方影響力」

という概念を使って説明をしているそうです。


ドナルド・ペルツは、フィールドワークにより、
以下の二つの現象が起こっていることを研究しました。


1、上司が部下に対して支持的行動を取ることによる効果の高さは、上司自身の上方影響力の大きさによって左右される。

2、上方影響力の低い上司による配慮はその度合が大きいほど部下の不満が溜まる。


つまりどういうことかといえば、

「上を上手に動かせるリーダーほど、下からの信頼が厚くなる」

ということなのだそうです。

これは会社組織に限らず、
いろいろな場面でいえることかも知れません。



日本の歴史上最も有名な「部下」といえば、

豊臣秀吉

を上げることができるでしょう。


織田信長の草履とりから大名になり、
そして天下を取った歴史上でもまれな人物で、
歴史上の人物でも人気の根強い人物ですね。


秀吉は部下力に優れ、信長の絶大な信頼を勝ち取るわけですが、
ただのゴマスリや口だけのおべっかで部下力を発揮したわけではありません。


あるとき、台風によって、
信長の居城である清洲城の塀が大きく崩れたことがありました。

この塀の修理を信長は命じますが、
工事がなかなか進みません。

短気な信長に秀吉は「三日で完成させてみせます!」と手を挙げたのでした。


秀吉はここで勢いだけで何の計算もなく手を挙げたわけではありませんでした。

実は事前に調査をし、
自分がこの仕事をした場合にはどうすべきかシミュレーションをし、

この人間を使い、ここでこうしていけば、
三日で終えることができるだろう、

そんな計算をすでにしていたのだそうです。


つまり、トップの抱えている問題点を共有し、
自分が仕事を任されていない段階から「我が事」として捉え、

事前に下準備をしていたうえで、
機会がめぐってきた時にすかさず手を挙げる。


上司の期待に見事応えられれば、当然信頼が厚くなるわけですし、

そうなれば上司もその部下の言うことを聞くようになります。


「上を上手に動かせるリーダーほど、下からの信頼が厚くなる」


というドナルド・ペルツの理論からすれば、
さらによりよい方向、「部下力の強化」にいたることになります。



上司に対する不満はどの組織にもあるものですが、
その不満を蓄積しているだけの人と、

部下力を磨くことに努める人とでは、

結果として大きな開きが生まれるのではないでしょうか。


社長は消費税増税により経営戦略を再検討する

2014年03月23日 18:00

いよいよ平成26年4月1日から、
消費税が8%となります。

そして来年平成27年10月1日からは、10%になる予定です。

一般消費者である私たちにとっては、
大きな負担率となりますが、

中小企業・小規模事業者のみなさんにとっては、
ここで対策をまちがえると大きな痛手となりかねませんので、
しっかりと経営見直しを進めていかなければなりません。


たとえば飲食店などお店であれば、
これを機に、メニューの再検討、リニューアルをしているところが多くあります。

つくる仙台のクライアントでも、
消費税増税に合わせてメニューを作り直しているところがあります。

メニュー再検討の際に考えられるのが、

「税抜き価格の強調表示」

です。

いままで法律でこれは認められていませんでしたが、

平成25年10月より「外税表示」「税抜き価格の強調表示」が認められるようになりました。
これにより、価格の値ごろ感を出すことも、消費者の誤解を防ぐことも可能になります。

ただし、平成29年4月1日からは総額表示に戻す必要があります。


しかしこうした価格表示といった工夫だけではなく、
ABC分析をしっかりすることによって、
メニューの利益率改善や売れ筋商品の確認、分析をするということも大切ですし、

そもそも経営を構成している各々の要因を分析し見直すことが、
この時期経営者にとっては大事になってきます。


「商品・サービスはどうなっているのか?」

「営業地域は変化しているか?」

「業界の動向・客層の変化は?」

「営業対策にどんなことをしているのか?」

「顧客を維持するための施策は?」

「組織が十分に回っているか?」

「資金繰りは?」

などなど、経営を構成するそれぞれの分野について
ゼロベースで再検討し、経営戦略を練り直してみるいい機会になると思います。


今回の消費税増税を機に、事業モデルを根本から見直し、収支構造を見直す。


今回の消費税増税は、社員全員が、利益・売り上げ・コストへの意識を高めるきっかけともなりうるわけです。


他にも、

業務を外注化し、消費税の負担減を図り、社会保険料の削減も図るなど、
いろいろなテクニックはあるわけですが、

いずれにしても、この3月から4月にかけて、
もう一度現在の経営戦略を見直すきっかけとしてみてはいかがでしょうか。



福島在住アーティスト─片平里菜「女の子は泣かない」

2014年03月22日 18:00


片平里菜「女の子は泣かない」Music Video


このメルマガ読者の常連でもあります、
サトウアキラさんから、

以前メルマガでご紹介したファレルウィリアムズのハッピーについて
メールのやりとりをしていました。

実はサトウさんとはメールのやりとりだけで、
どこに住んでいるのかおいくつなのかもわかりませんが、

好みの曲は私と非常に似てるなと思っていて、
それではぜひサトウさんのいま一押しの曲をお聞かせくださいと、
メールでお願いしたところ、



片平里菜「女の子は泣かない」Music Video





をご紹介いただきました。

彼女は、福島県福島市出身でいまも福島に住んで、
活動しているシンガーソングライター21歳。

いい声です。

それも、アラニスモリセットやアヴリルラヴィーンに影響されて、
カバーを歌っていたのだとか。


曲もいいなと思うと同時に、
福島出身で福島に住み、
日本中に歌を届けているというのが、

同じ東北に住む者の一人として、
うれしいですし、

これからの時代は、
地方に住みながら全国に向けた活動をしていくということができる時代なのではないかなとも感じます。


「夏の夜」という曲もオススメです。



─────────────────────────────
【ウィキペディアより引用】

2009年、高校3年生の夏休みに音楽活動を始めた。

アマチュアバンドでギターを担当していた3歳上の兄の影響でアコースティックギターを弾くようになり、
その夏のうちに地元の福島駅前やライブハウスなどで、
アラニス・モリセットやアヴリル・ラヴィーンのカバーを歌うようになったという。

また、ギターと同時進行で歌詞も書くようになった。

2011年9月、ギターを始めてわずか2年でTOKYO FM主催の10代限定の夏フェス「閃光ライオット2011」ファイナルステージに

出場。

オリジナル曲「夏の夜」を披露し、
1万組の中から審査員特別賞を受賞する。

その結果、ソニー「ウォークマン」ブランドの訴求キャンペーンの一環として立ち上げられたPlay You.レーベルの第1弾ア

ーティストに抜擢される。

事務所も決まり、アルバイトを辞めて音楽一本で生活するようになった。

2012年1月より、Play You.レーベルはTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」とコラボレーションを始める。

同番組は全国の10代リスナーたちがみんなで新人アーティスト・片平里菜を応援し、
一緒に楽曲を作り上げていくという「片平里菜 楽曲制作プロジェクト」を展開、
ロックバンド、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのベーシスト、山田貴洋のプロデュース協力を得て、
初めてのオリジナル楽曲「始まりに」が完成する。

「10代と一緒になって楽曲を作る」というキャンペーンの趣旨から、
制作過程は「mixi」と「Facebook」のそれぞれの「ウォークマン」公式ページ「Play You. Park」で公開されていた。

同年3月、「ウォークマン」の10代アーティストを応援するCMに「始まりに」が採用され、
自身もCM出演を果たした。

また翌月には同曲が1ヶ月限定で無料配信された。

3月、「Play You. Label presents SCHOOL OF LOCK!の春夜祭2012 AFTER THE SCHOOL 片平里菜ライブ! ゲストASIAN

KUNG-FU GENERATION 山田貴洋先生」に出演。

同年7月、ASIAN KUNG-FU GENERATION主催の「NANO-MUGEN FES. 2012」に、
デビュー前にもかかわらず出演し、
ほとんど初めてと言っていいバンド編成でのライブも経験する(バンドメンバーにはASIAN KUNG-FU GENERATIONのギター山

田貴洋、ベース喜多建介が参加)。

8月、福島テレビにて片平の活動を追ったドキュメント番組「きみこそみらい“シンガーソングライター片平里菜”」がオ

ンエアされる。

10月、大阪のミナミ地区にて3日間にわたり行われたサーキットイベント「MINAMI WHEEL 2012」に出演。

片平のライブは会場となったSoap opera classicsでの最多動員を記録し、
入場規制がかかる盛況ぶりを見せた。

11月からは自身初のレギュラーラジオ番組「片平LOCKS!」も始まった。


2013年1月16日、前回の無料配信で好評を得てTwitterやブログなどを通じてリクエストが殺到していた「始まりに」が、

iTunes、レコチョク着うたフルなどで配信を開始。

14日から先行配信されたレコチョクの着うたが、
同日付のデイリーチャートで新人としては異例の初登場2位を記録した。

2013年2月10日、『閃光ライオット感謝祭』のステージ上でポニーキャニオンからメジャーデビューすることが発表された



2013年4月1日から30日まで、
全20公演の全国弾き語りツアー「片平里菜 飾らない笑顔で 弾き語りツアー2013」を、
1カ月間にわたり行う。

2013年5月15日、都内のライブハウスで音楽業界向けコンベンションライブを開催。

ステージ上で、メジャーデビューの日程と、
ギブソン社傘下のギターブランド・エピフォンが日本人女性初のエピフォンアーティストとして片平里菜を公認したことが

発表された。

2013年8月7日、ポニーキャニオンよりシングル「夏の夜」でメジャーデビュー。
「夏の夜」は高校生の頃に書いた曲であり、
デビューのきっかけになった「閃光ライオット 2011」でも歌っていた原点の1曲。

【引用ここまで】
─────────────────────────────





サトウアキラさん、いつもありがとうございます!



女の子は泣かない [Single, Maxi]
片平里菜 | 形式: CD







【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx