Archives[ 2013年11月 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

最近の暴走族は信号で停止する─Avril Lavigne - Rock N Roll

2013年11月30日 18:00

Avril Lavigne - Rock N Roll




ロックンロールといっても、
最近ではロックは普通のジャンルなわけですが、

ロックンロールはそもそも「バカ騒ぎ」という意味だったそうで、
既成の概念からすれば、時代の破壊的な存在だったのだと思います。


エルビス・プレスリーもロックンロールですね。
当時白人のロックンロールは異端であり、

時代の開拓者は既成概念にとらわれない、
そして既存の勢力からは厳しく糾弾されるというのは、
どの世界でも同じですね。


しかしロックを愛し、
バカ騒ぎをするのは若者の特権でもあり、

そんな若者が少子高齢化により減ってきているのは、
日本の活力が失われていることと同義でもあります。


先日楽天パレードが終わった後の仙台市内で、
ひさしぶりに「暴走族」を見ました。

3台でしたが。


暴走行為を肯定するわけではありませんが、
昔に比べれば暴走族は減ってきて、
「バカ騒ぎ」も減ってきているそうです。

この前会ったある方のお話では、

「最近の暴走族は信号できちんと停止する」

とおっしゃっていました。


違法行為はいけませんが、
若者からロックの精神、
バカ騒ぎしてでも、
既得権益から、既存の勢力からにらみをきかされてでも、

立ち上がる、

そんな若者も必要ではないかと思う今日この頃です。





コピー&タブ譜 アヴリル・ラヴィーン・ソングブック (コピー&タブ譜) [楽譜]
萩野 裕二 (編集), 岡田 研二 (編集), R.G.S. (編集)

あとひとふんばりをクセにする

2013年11月29日 18:00

仙台も寒くなってまいりました。

「明日の最低気温は零度のよそうです」

などと天気予報を聞くと、
いやたいへんだと感じます。

私は仙台市内で朝街頭演説をしているので、
気温の変化は肌で感じるので、

ここ最近日々冷え込んでいくので、
なかなか難儀だなあと感じているところです。


場所は変えていますが、
一応始まりの時間と終わりの時間を決めています。

寒くなってくると、
もうそろそろ終わりでいいかなと最初に決めた時間よりも
早く終わろうとしてしまいがちですが、

そこでハタと考え直し、

「あとひとふんばり」

と、もう少しがんばってみます。


すると不思議なことに、
そのあとひとふんばりの時間に、

あたたかい声をかけて下さる方に出会えたり、
知っている方が車で通ったり、
かわいい子供が熱心に手を振ってくれたりします。


さっきサボろうとしてやめなくてよかった。
と思ったりするものです。


あとひとふんばりをクセにするようにすると、
またちがう世界が開けてくる。


そんな気がしています。

何かをはじめようとするときまず第一になすべきこと

2013年11月28日 18:00

会社をつくろうとか、
新しい事業を立ち上げようとか、

あるいはイベントをやってみようとか、
ぬいぐるみ展をやってみようとか、

習字をはじめてみようとか、
本をたくさん読んでみようとか、


何かをつくろうとか、
何かをはじめようとするとき、
まず第一になすべきことは何か?

それは、


「現状分析」


です。


いま会社をつくるための、人材や商品やお金はどれぐらいあるのか?

ぬいぐるみ展をやるためには、場所は確保できるのか、
展示できるぬいぐるみは今いくつあるのか?

習字を始めるためには何が必要でいま何をすぐに用意できるのか?


現時点で、自分はどういう状況なのかを把握すること


が大切ですね。


現状把握ができたうえで、
その後どうするかということが大切になってきます。


それではつくる仙台ではどのように現状把握をしているのか、
いくつも手法はありますが、

一つのやり方は「整理整頓」をするということです。


問題を把握するためのテーマをもとに、
現状の要素をたくさん拾い上げていきます。

現状こうなっているという情報をたくさんあげた後は、
それぞれをグループ分けします。


グループ化の過程で、
そのグループの中心的要素を拾い上げ、
中心的でない要素は切り捨てていきます。

グループが3つ4つできあがれば、
そのグループ同士の関係を見つけ出し、

因果関係なのか、包含関係なのか、並列関係なのかを考えます。

過去なのか?
未来なのか?


そして現状分析をしていく過程で、
主観的現状分析と客観的現状分析を交えていけば行くほど、

不思議なことに次なる手が見えてきたりするものです。


その手が見えれば、あとは行動のみ。


こうした現状分析を基本に、
さまざまな手法をもって、

つくる仙台では、
起業家といっしょになって新たなビジネスをつくり出しています。





起業集団株式会社つくる仙台

楽天優勝パレードの警備ボランティアをしました

2013年11月27日 18:00

11月24日(日)に、

仙台市青葉区において開催された、

楽天優勝パレード

の警備ボランティアをしました。


当日は7時30分集合ということで、
早起きをして出かけたのですが、

すでにパレード開催の東二番丁通では、
多くの方々が場所とりをしていて、びっくりしました。



─────────────────────────────
【引用ここから】


楽天が日本一パレード 仙台中心部を凱旋
2013.11.24 11:38




球団創設9年目で初の日本一になったプロ野球楽天ゴールデンイーグルスの優勝パレードが24日、
本拠地の仙台市で行われ、ファンらが沿道から「ありがとう」と歓声を送った。

パレードの実行委員会によると、人出は約21万4千人。

出発前に星野仙一監督が

「こんなにたくさんの人が集まってくれて1年間戦ったかいがあった。東北の皆さんが後押ししてくれたことに感謝したい」

とあいさつした。ユニホーム姿の田中将大投手も車の上から笑顔で手を振った。

パレードでは、楽天の1、2軍の選手ら約200人がオープンカーやバスに乗り、
仙台市中心部を南北に走る「東二番丁通」の約1・5キロを凱旋。


【引用ここまで】
─────────────────────────────


8時台にけっこうな雨が降り、
パレードもどのようになるのか心配でしたが、

開催の前には、
雲がなくなり、快晴となりました。

私は電力ビル前の警備担当だったのですが、
多くの方々が笑顔で選手たちに声をかけていました。


プロ野球日本一に地元球団がなるとはなかなかないことであり、
仙台を本拠地とする球団が日本一になるとは、
思いもしなかったので、大変貴重な経験をしたなと思います。


来年は楽天のチームがどのようになるのかわかりませんが、
また優勝パレードをするような強いチームでいつづけてほしいものと思っています。




おめでとう 東北楽天日本一! [大型本]

【再録】早川種三(興人相談役)─昭和時代の私の履歴書

2013年11月26日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈1〉


早川種三は、興人相談役、
企業再建の神様といわれた人物。


明治30年宮城県生まれ。
大正13年慶大卒。
昭和28年日本建鉄工業、39年日本特殊鋼、
46年佐藤造機、50年興人の管財人になるなど
多くの会社を再建。
企業を総体的機能で評価する手法をとり入れた。
平成3年11月10日死去。

「私の履歴書」は昭和55年12月に連載している。

[ 続きを読む ]




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx