Archives[ 2013年08月 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

苦しめば苦しむほど、喜びは大きくなる

2013年08月26日 18:00





私は一時期、山登りに勤しんでいたときがあって、
いろいろな山に登りました。

登山というのはよく人生にたとえられますが、
山があれば谷があり、

景色の美しい場所で楽しんでいたと思えば、
突然大雨や雷に打たれ危ない目にあうということもよくあります。


そして山登りをしていると、
急な登りで苦しみ、息もできなくなった後に頂上へつき、
そこから見る景色は何物にも代えがたい美しさだということを知りました。


苦しめば苦しむほど、喜びが大きくなる


わけです。

残念ながら高尾山にロープウェイを使って登山すると、
あっという間に頂上につきます。

確かに頂上なので景色はいいのですが、
喜びはさほどではありません。


一方で、私は二年連続富士山に登ったことがあります。

一年目は運の悪いことに大雨に打たれ、体温が下がり、
頂上目前にして呼吸が苦しくなって登頂を断念しました。

リベンジを賭けた二年目、
苦しい思いをしながらもなんとか頂上に登り、
そのときに見た御来光がなんと美しかったことか。


苦しみが大きかった分、
富士山のてっぺんに行った喜びは大きいものでした。


そう考えてみると、人生も一緒ですね。

苦しみが大きければ大きいほど、よろこびもまたひとしお。
そう考えると「苦しみ」そのものは悪いものでもありません。


私は苦しみは悪いと思わないのですが、
何もしないことはよくないと思います。

山に登ろうとしなければ、
苦しみもないわけですが、喜びもないわけです。

経験自体が存在しない。


そうだとすれば、
「苦しみ」は大いに受け入れ、
挑戦しないことそのものは損だと考える。

そう考えると物の見方が変わってくるのではないかと思います。


ネット選挙解禁の最新情報!─東北大学サイエンスカフェが8月30日に開催されます

2013年08月25日 18:00

東北大学サイエンスカフェ
第95回「ネット選挙解禁!? なにが変わり、なにが変わらないのか」



来る8月30日(金)午後6時から、
せんだいメディアテークにおいて、


東北大学サイエンスカフェ
第95回「ネット選挙解禁!? なにが変わり、なにが変わらないのか」




が開催されます。


東北大学大学院情報科学研究科准教授の、
河村和徳先生による約30分の講演と、

テーブルディスカッション、
質疑応答など、

ネット選挙に関心のある方は非常に勉強になるいい機会だと思いますので、
ぜひご参加してみてはいかがでしょうか。

全国的に見て、
今回の参院選からネット選挙が解禁となりましたが、
低調なものに終わりました。

ネット選挙の導入によって、
変わったこと変わらないこと、そして将来どのようになっていくのか、
そんなことを考えるいいきっかけになると思います。



私渡辺はこのサイエンスカフェにおいて、司会を務める予定になっています。
ご関心ある方、せんだいメディアテークですので、
気軽にお立ち寄りいただきご参加ください!


─────────────────────────
【河村和徳東北大学大学院情報科学研究科准教授】

1971年静岡県生まれ。
慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程を単位取得退学後、
慶應義塾大学法学部専任講師(有期)、金沢大学法学部助教授を経て、2007年4月より現職。

専門は政治学で、日本人の政治意識や地方政治に関心を持ちながら研究をしている。
東日本大震災後は、災後の政治・行政に関する資料収集・分析を手がけている。

─────────────────────────

都市は夜─Justin Timberlake - Take Back The Night

2013年08月24日 18:00

Justin Timberlake - Take Back The Night




ジャスティン・ティンバーレイクの新曲です。
どこかマイケルジャクソンの曲のように聞こえるのは気のせいか。



───────────────────────
【ウィキペディアより引用】

ジャスティン・ランダル・ティンバーレイク(Justin Randall Timberlake, 1981年1月31日[1] - )は、アメリカ合衆国の男性シンガーソングライターである。身長185cm。

6つのグラミー賞とともに2つのエミー賞を獲得している。
アメリカのテレビ番組「スター・サーチ」の挑戦者として登場して以来早くから名声を手にし、ディズニー・チャンネルのテレビシリーズ『ミッキーマウス・クラブ』出演して将来のバンド仲間JC・シャゼイに出会う。
1990年代後半、男性ポップグループイン・シンクのリード・シンガーとして有名になった(イン・シンクの設立は、ルー・パールマンの融資によるもの)。

2002年、ソロデビューアルバム『ジャスティファイド』を発表すると世界中で700万枚以上を売り上げ、『ライク・アイ・ラヴ・ユー』『ロック・ユア・ボディー』などのヒットも生んだ。
2枚目のアルバム『フューチャー・セックス/ラヴ・サウンズ』(2006年)はビルボード200で初登場1位となり、『セクシー・バック』『マイ・ラブ』『ワット・ゴーズ・アラウンド.../... カムズ・アラウンド』などもUSチャートで1位となった。
アルバムの累計販売は、900万枚以上である。

【引用ここまで】
───────────────────────




夜を取り戻せ、
というのはおもしろい表現ですね。

都市においては、
眠らない夜がどんどん増えているような気がします。

このPVはニューヨークのチャイナタウンだと思いますが、
都市が夜に眠ったら、
活力がなくなってしまうのだなと感じました。

若さと活力を集めるには、
夜を取り戻すのが大事なのか。


治安維持との兼ね合いも大切ですが、
夜をどう考えるのか、
奥が深いです。



20/20 Experience: The Complete Experience [Analog] [Import]
ジャスティン・ティンバーレイク | 形式: LP Record

夏休み終盤!小学生が読書感想文を一日で書き上げる方法

2013年08月23日 18:00

夏休みも終盤戦になってきました。

夏休みに読書感想文を書くという宿題があるお子さんも多いのではないでしょうか。
小学生だけではなく中学生でもあるかもしれません。

そこで、終盤の追い上げを図るために、

「猛追」

「競る」

「急追」


を小学生はこの数日でしなければなりません。


まず読書感想文を一日で書くためには、
本をすべて読んでいなければなりません。

本を読まないで感想文を書くことはできないので、
これだけはなんとしてもがんばってほしいものです。


【どんなことを感じたかを書く】

本を読んで、感じたことを書くというのが感想文の基本ですが、
いきなり文章を書こうとするのではなく、


楽しかった
ひどいと思った
悲しくなった



などの感情を書きます。

そしてそれぞれの感じた感情を、
具体的に「どこの場面で」思ったのかを書いてみます。


【共感したことを書く】

共感、つまり自分と同じだなあと思ったことを書きます。

たとえば主人公が妹のことについて書いていたならば、
自分にも妹がいた場合、「自分のことに重ね合わせて」どう思ったかを書いてみます。


【自分とは違うなと思ったことを書く】

共感の反対ですが、
主人公の行動が自分にはできないなと思うこともあります。

主人公は自分とどのようにちがうのか、
そしてそれをどう感じたかを書いてみましょう。


【自分のことを書く】

実は感想文は、感想を書いてはいけないとも言われます。
結局自分のことを振り返るのが大事だとされます。

そもそも本を読むことの意味は、
知識を得ることによって自分と対話することが大事なわけです。

小学生といえども、
本をただ読みどう思ったかを書くだけではなく、
自分を振り返る機会とすることが大事なのだろうと思います。



本を読まない小学生が増えてきたと言われています。
本を読めない小学生も増えているのだとも言われます。

きっとそれは、大人が本を読まなくなったからでしょう。


ふだんから大人が本を読んでいる姿を子供たちに見せていくことも大事ですね。


顧客のコミュニティをつくる

2013年08月22日 18:00

起業して顧客を獲得することが第一と、
このメルマガではお伝えしてきました。

無料起業相談でもこの話をすることが多いです。


それでは
顧客を獲得することが出来始めたら、
次に何をするか?

一つは商品と価格設定の再分析ですが、

もう一つ重要なのは、


顧客のコミュニティをつくる


という作業です。

これをやっている事業と、
やっていない事業では事業の活動エネルギーがちがってきます。



先日、私は仙台で開催された
本田健さんの講演会に行ってきました。

多くの熱心な方が集まり、
本田健さんのお話を聞いていました。

私も沢山の学びを得ることができましたが、

彼が長い間やってきたことは、


小冊子の無料配布


でした。


「幸せな小金持ちへの8つのステップ」


という無料小冊子をたくさんの人に送り、
多くの人の共感を得て、
そのファンがコミュニティをつくり上げていました。

本田健さんが出版した本は、
そのコミュニティの方々は当然読みたくなりますし、
おそらくそこにビジネスの種が埋まっているんですね。



また、ミュージシャンのライブイベントというのも、
顧客のコミュニティといえるでしょう。

既存顧客が集まり、
そのミュージシャンの音楽を聴きに繰り返し訪れる。

関連事業としてのCD販売、グッズ販売もあるでしょうね。



このメールマガジンも、
顧客のコミュニティになるかもしれませんね。


コミュニティをつくることで、
さらに顧客にサービスを還元していくことができる可能性も見えてきます。

よい循環を作り出すことができるわけですね。








【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx