Archives[ 2013年05月 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

国がよく治まるには、故家・遺俗・流風・善政の力が必要である

2013年05月31日 18:00


「故家」というのは、旧臣の家のこと。

「遺俗」とは、今に残っている古来の風俗のこと。

「流風」とは、上から下々へ流れ下った風俗風習のこと。

「善政」とは、よい政治のしかたのこと。


古代中国の夏・殷・周三代の聖人によって統治されたよい世の中には、
みな、この故家・遺俗・流風・善政の四者が必ずありました。

殷の時代の政治は、特に質朴を大切にし、
表面を飾ろうとしなかった上に、
聖賢の君主が多く出られたので、

とりわけ、故家以下の四者が盛んであって、
見るべきものがありました。


一国がよく治まり、いつまでも続くのは、
領土が広いためでもなく、
民が多いためでもなく、

ただこの故家以下の四者の力によるのです。


国家の頼むべきもの、この四者に勝るものはない。

だから、政治を行う人物は、
このことに心を用いなければなりません。


このことを認識せず、やたらに祖宗の定めた法を変え、
国家のよき風俗を改めるものは、国賊ということができる。


自分の家の祖先のことを考え、
また主君の家の祖先の事業を考え、

次には藩の家老以下、勲功のあった家の伝記をたずね、
古来の制度・風俗などに至るまですべて考究して、

世から消えたこと、
世にあらわれなかったことを明らかにして表彰し、

昔のよい国風を保存するように心掛けねばなりません。


以上のことに心を用い、その業績があがったならば、
それをもとにして一大著述を完成し、
広く世に伝え、それによって、

わが国の故家・遺俗・流風・善政がますます明らかになるようにしたならば、
これもまた国に役立つこととなるのです。









ということを約150年前に、
政治犯として牢屋の中で、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、
明治維新の原動力となり、
日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。



「強いチームをつくるリーダーシップとは」(ベガルタ仙台 手倉森誠監督 講演)「渡辺勝幸君を激励する会」を開催します!

2013年05月30日 23:00

ベガルタ仙台 手倉森誠監督 講演
「渡辺勝幸君を激励する会」のご案内


渡辺勝幸君は、仙台市内で毎朝街頭に立っております。新しい日本の政治を「つくる」ため、すてきな仙台を「つくる」ために日々様々な政治活動をしています。仙台から新しい政治をつくろうと奮闘している、渡辺勝幸君を激励する会を開催したいと思いますので、万障お繰り合わせのうえご参集くださいますようお願い申し上げます。

主催 ふるさと宮城22(渡辺勝幸後援会)

日時 平成25年6月19日(水)午後6時30分開場 

第1部 講演会(19:00-19:50)
  テーマ「強いチームをつくるリーダーシップとは」
   ベガルタ仙台 手倉森誠監督

第2部 懇親会(20:00-21:30)

場所 ホテル法華クラブ仙台2Fピア
〒980-0014 仙台市青葉区本町2-11-30  TEL022-224-3121

会費 1枚6,000円(育てる会、ふるさと宮城新風会員は3,000円)
七十七銀行河原町支店 普通5392225  名義人「ふるさと宮城22代表渡邊勝幸」


問い合わせは、022-398-6266(渡辺勝幸事務所)、またはこちらのフォームからお願いいたします。

起業とはスピード。先送りせず、完ぺきを求めない。

2013年05月30日 18:00

現在もつくる仙台では、
会社設立の案件、起業のプロジェクトなどが進行中です。

日々多くの起業家にお会いすると、
いろいろなことをこちらも学びます。


そんな中で感じるのは、


「起業とはスピードである」


ということです。


起業家の決断は早い。

先送りをすることなく、その場その場で決断をしていきます。


ある起業された方の話ですが、

「このタスクが終わったら、この案件に取り組みます」

という言葉を使う人は、起業してはいけないのだそうです。


予備校の先生ではないですが、
決断をしたら、その場で、


「今でしょ!」


と動けなければ、起業家ではないと。

「このタスクが終わったら」

という条件を付ける時点で、
スピードが失われ、言い訳に終わってしまうのだそうです。

「まずやれ」

ということなのだそうです。



マイクロソフト社はいまでは誰もが知る会社であり、
ビル・ゲイツと言えば世界一の億万長者ですが、
彼は起業をし、ソフトを開発した後、
すぐさま販売したのだそうです。

そしてそのソフトは、決して完成された製品ではなく、
順次改良がされていきました。

そのときのビル・ゲイツの方針は、


「バグなんてくそくらえ!」


というものでした。

ソフトに少々のバグがあっても、
世に送り出す。


そしてマイクロソフトのライバル、アップル社もまた、
商品を常に改良してバージョンアップさせています。



本当に深刻なバグがあるソフトでは、
全く売れませんが、
スピードを重視するわけですね。


起業とはスピードである
自戒しながら意識をしていきたいと思います。







会社設立・起業のご相談はこちらへ


起業集団株式会社つくる仙台


日本人が誇るべき自動販売機の話

2013年05月29日 18:00

あたたかくなってきて、のどが渇く季節になりました。

日本ではちょっと歩けば、
自動販売機がどこにでもあり、お茶を買ったりスポーツドリンクを買ったりできます。

冬にはあたたかいコーヒーや、
コーンポタージュまであったりしますね。


ところが、このどこにでもある自動販売機は、
世界では当たり前ではないようです。


外国の都市では商品が自動販売機に入っているため、
壊されて持っていかれてしまうこともけっこうあるのだとか。

外国では自動販売機があっても壊されていたり、
すぐにこじ開けられたり、お金が無くなったりするんだそうです。


日本では飲み物だけでなく食べ物、
そしてお札や電子マネーも使えるということで外国の方からはびっくりされるのだそうですね。


また最近では、
自動販売機は世の中の役に立つようにいろいろな工夫がされています。


たとえば、
自動販売機には住所表示ステッカーが貼られています。

つまり事故や火事に出くわしたときに、
この場所の住所はどこだろうと思ったときは、
近くにある自動販売機を見れば、
その場所の住所がわかるようになっているわけです。


また、最近の自販機には、
電光掲示板表示がありますが、
災害時の警報や避難指示がそこにうつしだされます。


そして災害時には自販機の商品が無償提供される仕組みがあります。
東日本大震災では多くの被災者に利用されました。


日本に自販機が多いということは、
治安がいいということの裏返しでもあり、
誇るべきことですね。


自販機が少なくならないよう、安全な世の中を守りたいものです。






【参考】
一般社団法人日本自動販売機工業会



朝鮮動乱に伴う会社の危機を乗り越え、小型ラジオに進出─井植歳男(三洋電機社長)その8─昭和時代の私の履歴書

2013年05月28日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉


多くの困難を乗り越え、
昭和25年4月に、発電ランプの事業一切を引き継ぎ、
資本金2000万円の三洋電機株式会社が設立されました。
井植はその社長に就任しました。

[ 続きを読む ]




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx